[1] [2] [3] [4] [5]
7月末の稽古インから駆け抜けた、新作オペラ『おぐりとてるて』。9月14日に、無事、千秋楽を迎えました。前売完売!満員御礼!!みなさまへの感謝を込めて、写真で振り返ってみたいと思います。


えいさらえいとみんなでひいたこのオペラ

出演者も、スタッフも、みんながそれぞれにこの作品への熱い思いを持っていて、それが集まって大きな熱として昇華していったような、そんな作品でした。


そんな熱気でなんと初日の開演を前にして前売完売!


自慢気にふんぞり返る人々

これはひとえに、演出家の立山ひろみさんのお力でもあるのです。


ひろみさんは一見すると美しくおしとやかな女性ですが
その中身はとても熱く厳しく温かく、そして愉快で大胆、かつ繊細な方で、


自ら餓鬼阿弥メイクを実践されたり


稽古場に浴衣であわられたかと思ったらすごい勢いでサングリアを作り始めたり


鬼鹿毛が稽古場に届くと誰よりも先に乗りまわしていました(写真の鬼鹿毛はまだ加工途中のものです)。

そうそう、この鬼鹿毛という人喰い馬、こんにゃく座には珍しいタイプの道具だったように思いますが、稽古場に現れた時から大人気で、


本物が登場する前から仮小道具の鬼鹿毛(名前は「カーリー」)を自ら作成し


乗り回していた


島田大翼氏演じる小栗殿はもちろんのこと、


打楽器奏者の高良さんや


照手姫の太田さん


作曲の萩さんも、鬼鹿毛に夢中でした。


萩さんは大蛇にも興味津々!


大御所岡原さんの演じたこの大蛇も素晴らしく恐ろしく


川中ゆうころんの美姫の美しさも相まって妖艶なものでございました。



大人気といえば、とにかくこのお方!


彦坂さん演じる千手観音は楽屋でも一目拝もうとする人々が後を絶たず


冠は奪い合いになり


中には衣裳まで無理やり着ようとする人も…!(鏡に映った背中は見なかったことにしてください)


どさくさに紛れてちゃっかり冠をかぶった衣裳部のこの人、飯野薫は


意図せずして全く同じポーズでボーズになったり


ボウズ(カツラ用のボウズマネキン)に紛れたりもしました。


そんなこんなで今回ボウズになった敏之さんと富山さんは、


かの人喰い馬・鬼鹿毛で素晴らしきコンビプレイを魅せていましたが

お茶場では初めてのストッキングかぶりに興奮なさっていて


かっこよさげにポーズをとったり


プロペラごっこをしたりしていました。


ボウズつながりと言えるかどうか、大人気だったゆうころんの視る目とうせんと大石さんの閻魔大王のコンビ。
その視る目さんのボウズ目玉頭を


こっそりかぶって記念撮影していたのは、弟子やら家来やらで出ずっぱりだったイケメン北野さん。


視る目とうせんの持つ、通称「目杓文字」もみんなが欲しがる大人気ぶりでした



そんなこんなで白熱した稽古の日々。


稽古場を明るく厳しく引っ張っていたのは、打楽器もやっちゃう演出助手、西田さん。
この人のからっとした感じが、なんとも楽しい稽古場の雰囲気を作り出していたように思います。


稽古場には暗号の書かれたホワイトボードがあったり(赤丸の位置がヒントだそう)


時折歌舞伎の人が現れたり


コスプレイヤーが出現したり


お墓の向こうで笛を吹いたり


女装(?)してレッスンを受ける人もいました

このカツラを生成するために


床山部屋と化した衣裳作業場には


カツラから外された毛たちがすだれのように並び


かき分けて覗く人や


外された毛を付けまつげにしようとする人もいたとかいなかったとか。

事務所ではチケット係と楽譜係をこなす裕加さんや

今回の制作チーフ・田上ナナ子さんがバリバリ働いてくれていました。


倉庫では演出部の久司さん、壹岐くん、冬木が道具作り(写真を撮られる間もなかった演出部の代わりに衣裳部熊谷が写っております)。


船やら何やら色々作り(写真を撮られる間もなかった演出部の代わりに衣裳部熊谷と飯野が以下略)


小屋入り後の劇場のロビーでも作業は続けられました(この2人は小屋入り後の強力助っ人ふくちゃんとあかねさんです)。


ロビーでは衣裳作業も行われ(この2人は小屋入り後の強力助っ人花島さんと大久保さんです)


こんなに美しい衣裳たちが出来上がっていきました。


舞台上にはリアリティー溢れるスリラーが現れたり


なんとも神々しい方が出現したりしました(この画像を待受にすると幸福が訪れるそうです)。


ゆず子からの差し入れ、「小栗判官」と「照手姫」は


ご本人方もお気に入り!(小栗さん亡くなっちゃってますが)


このお二人、たいそう美しく、素晴らしいお二人でしたが、


美しい姿よりも、こっちの方が更にぐっときたりします。


三郎役として、大石さん演じる父・横山と共に小栗毒殺を企てたと思ったら


なんとも魅力的な太夫になったりして笑わせてくれたうるおさんは、


物語を中心となってぐいと引っ張る説経師がとても素敵でした。


特別な席でしか体験できないこのアングルで登場する藤沢の上人とその弟子。


大石さんがこの上なくかっこいい、心奪われるシーンだと思います。

たくさんの魅力的なキャラクターを、柔らかくもどっしりと包みいざなってくれた楽士さまは、高良さん、真理子さん、林田さんのお三方。


衣裳姿も大変お似合いでキュートでした。


そして舞台に登場したキャラクターのみならず、ここに書ききれない、載せきれないたくさんの方々のお力添えや、熱い思いがひとつになったこの舞台、『おぐりとてるて』。書ききれないことが悔やまれてならぬ程です。

演出の立山ひろみさんは、稽古が始まる時に、「この作品が出演者全員の代表作と言えるものにしたい」とおっしゃっていました。出演していなくとも、その言葉を聞いたときには強く感銘を受けました。そしてその想いがみんなにしっかりと届いた舞台であったように思います。
この想いが、お客さまにも届いていると信じています。

この物語、俳優座劇場での新作初演は幕を閉じましたが、2015年12月には各地を旅することになります。
今回関わってくださったみなさま、劇場に足を運んでくださったみなさま、応援してくださったみなさまに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
この「おぐりとてるて」が、みなさまに末永く愛される作品になりますように。


そうして、再び「生きている」人々のもとへ
流れ行け「おぐりとてるて」。物語よ。








写真:姫田蘭さま、座員のみなさま
文章:熊谷みさと


オペラ「おぐりとてるて」、大好評公演中でございます!


初日があけてからというもの、お客様の反応に舞台裏でただただ感動してました…!


舞台裏、というのは今回僕は裏方だからなんですね~


ご覧になった方はご存知でしょうが、今回の出演者は一人でいろんな役を演じています。
あの壮大な小栗判官照手姫の物語を十人で演じるのですから、無理もありません。


では、誰が一番役が多いかと言いますと…
この二人です!


ベテラン岡原真弓さん
この方は最近ではオペラ「ピノッキオ」で物凄い早替えと段取りをこなしてますので、余裕のカメラ目線。おそれいります…


なにかと話題の?富山直人さん
この方もオペラ「まげもん」などで相当な役を演じていますから、意外と落ち着いたご様子です。


お二人はこのオペラでなんと8役も演じています!

ちなみに富山さんは舞台袖にこんなものも用意してあります。


自分の早替えの段取りを書いたノートです。しっかり者!


と、楽屋を見ると…段取りを記している方がまだいらっしゃいました。


高野うるおさんは きちんとパソコンでプリントアウト


大石哲史さんは図で解説してあります。


それぞれ個性が出ていますね。


ところで、反対に一番役が少ないのは誰かといいますと…


やはり主役の島田大翼さんでした。小栗判官と民衆の二役です。


舞台の裏方なのに、こんなに写真を撮って随分ヒマなんだなぁと思う方、そうなんです。
今回は裏の転換も、できるだけ出演者でやろうということで頑張っているので、本番中の裏方は結構余裕があるのです。


では裏方は、何を頑張ったかというと、ステージに登場する小道具類などをほとんど作ったんですよ~!
帰りがゴゼンサマになる日も少なくなく、本番があけるまでは本当に大変でした~


初日があけてからは公演がうまくいっている喜びを裏からしみじみと噛みしめています。


というとわけで、明日でもう千秋楽になってしまいます。せっかくつくったこの「おぐりとてるて」がこれからも末長く公演されることを願います!!
昨日無事に幕が上がり、初日は大盛況のうちに終わりました。

今日は2日目。役者のみんなは夕方には劇場入りし、舞台稽古が始まりました。

その頃楽屋では…

衣装部の薫ちゃんが“カツラ部”さんになって、御髪を整えていました!


人形の口にはまち針が!

こうして椿油で整えたり、スチームをかけたりして、美しい姫さまを盛り上げているのですね。

そんなところにも注目しながら、オペラ『おぐりとてるて』、大いにお楽しみください!


今日は13時から、昨夜のゲネプロのダメ出しということで、わたくし島田は午前のうちに渋谷駅地下街の三善渋谷店(タイガー)へ買い物に参りました。ここでは舞台用のメイク道具を揃えることができます。ありがたいお店です。



ダメ出しの前に、舞台に集合。劇場入りからバタバタとここまで来てしまったので、演出家の立山さんが「空間と仲良くなろう」の時間を設けてくださいました。皆で思い思いに、自由に、しかし人と接触せぬように動き回ります。



それから昨日のダメ出しを聞いて、細かい道具の段取りなどを確認していきます。照明も決まってきて、いよいよ本番なのだな、と気分も高まってまいります。



演出の立山さんとぱちり。メイクも完了して準備万端、ぬかりはないぞ、あとは待つだけ幕開きを。オペラ『おぐりとてるて』まもなく開場でございます!
本日は小屋入り3日目です。
昨日の続きからの場当たり稽古と、ゲネプロが行われました。



本番さながらのゲネプロは、数々の珍事件が起きつつも、ぐいぐいと進んでゆきました。劇場に入ってからもどんどん進化しているこのオペラ。たくさんの方に観ていただきたい!と心から願うのですが、既に前売りは14日の昼夜の数枚を残してほぼ完売状態です(10日現在)。前売りが完売しても当日券は各回必ず出ますので、まだチケットをゲットされていない方は当日券を狙ってくださいませ!

素敵な衣裳や舞台の写真をたくさんお届けしたいのですが、なんだかもったいないような気もして、劇場でびっくりして欲しい!という気持ちでぐっと我慢して、突然ですが、このあたりで侍烏帽子の作り方を紹介したいと思います。


この人たちがかぶってるやつです。

稽古が始まって衣裳部も活動を始めた頃、どのような因果であるのか、侍烏帽子を作る係になったのです。現代の日常には登場しないアイテムですが、テレビなどではちらほら見かけるし、ネットで探せばコスプレイヤーさんとかが作り方アップしてくれてるだろう、大丈夫大丈夫!…と思っていたんですよ。甘かったですね。

前置きが長くなりましたが、始めます。


侍烏帽子は立烏帽子を折って作る」という情報と、完成形の資料をヒントに、とにかく形をつくってみます。


ちなみに立烏帽子はこんなやつです。
(これも見よう見まねで作ってみました)


適当な素材(私はポスターの裏紙にしてみました)で適当に立烏帽子を作り、なんとなく折ったり切ったりしながら調整して形にしてみます。

侍烏帽子、こんな感じ?

これを開いて型紙を作ります。


こんな感じ!

折り位置や角度など色々調整が必要なため、ここまでが一番大変でした。


資料によると、烏帽子は和紙で作られ、漆を塗って固めていたんだそうです。(薄い布でつくられることもあったみたいですが)
そこで今回も紙で制作することにチャレンジしてみました。

そして私はiPhoneユーザーではあるけれどもiPhoneを使いこなせていないのだということを改めて思い知らされました。というのはですね、「おぐりとてるて」の衣裳デザイナーである太田雅公さんから、突然FaceTimeがかかってきたのですよ。「かける」という言い方でいいのかどうかすらもわからないのですけど、要するにテレビ電話ですよね、FaceTime。初めて使いました。そして「紙を傷めずに綺麗にシワを入れる方法」というのを教えていただいたのです!いやあ、感動しました。遠くにいながらにして作業のお手本をやって見せてもらえる。文明の利器ですね。この日私はFaceTimeの便利な使い方と、紙の加工の仕方、2つの大きな新知見があったわけです。また賢くなっちゃいました☆←

…話がそれるとどんどん長くなってしまうのでほどほどにしたいと思います。

とにかく教えていただいた方法で紙をしわしわにしていきます。


芯になるもの(木の棒などが良いそうですが、見当たらなかったので生地を巻いてあった芯を使いました)に紙を緩めに巻き付けます


それを縦にしてぐしゅーっとしちゃいます(端から端までくしゃくしゃになるように!)


それを丁寧に戻し、広げます。1回だとこんな感じにウロコみたいになります。


縦横斜めの8方向で、この「巻きつけてぐしゅーっとする」をやります


こんな感じ。丁寧に広げたらこれで紙の準備はOK

なんだかこのペースだと終わりそうにない気がしてきたのでざくざく進みますよー

先ほどの型紙から接着芯を切り、例のシワシワにした紙にアイロンでしっかりと貼り、それを両面作ってミシンで縫い合わせます。かぶりくちになる部分は折り返すので縫い代を5cmくらいとっておきます。


貼って縫って端を折り返したところ
(紙の色が白茶黒と色々に入れ替わりますが、何も計画せずに写真を撮ったためです、ご了承くださいませ。普通は大体黒だと思います)


そこを裾上げテープなど(伸縮性のあるものがよい)でとめます


カーブが急なところに縫い目ギリギリまで切り込みを入れていき


丁寧にひっくり返すとこんな感じ。これを


こう折って


ひっくり返してこう折って


綺麗に折り目をつけていきながら


こんな形にします


一番最初に試しに形を作ってみたときのものを参考に、折り位置のしるしを型紙につけておいて、それにあわせて折るとやりやすいです。

あとはこの形をキープしてくれるように適当な位置を縫い止めれば完成。


こんな感じ



そして必要に応じて内側に帽子テープを縫い付けたり(ミシンでOK)


ゴムや紐をつけたりします。

島田大翼 侍烏帽子
素晴らしい出来栄え!!


このように試行錯誤を重ねて本日まで参りました。みんなで毎日少しずつ成長しながら作ってきたオペラ「おぐりとてるて」、いよいよ明日、開幕です!!
今日は劇場入り2日め。
午後は明かり作り、夜から舞台稽古が始まった。

歌役者は午後1時に集合して、各自の鏡前や小道具や早替え場所を準備したり、舞台監督に呼ばれたら場面を転換したり、などなど。
18時半より、細かいことを確認しながら、一場面ずつ稽古して行く。

稽古場でほぼ実寸で稽古していたとは言え、やはり劇場に入るといろいろ違っていて、その違和感を各パートが感じつつ、時間の制約の中で進めるこの稽古は、スリルがあって、喜びと焦燥感入り混じる、まさに舞台芸術の醍醐味ですね。

21時で稽古は終了。出演者は解放。スタッフは残って作業あり。

私は俳優座劇場ロビーにあるHUBでビールを飲んで帰りました!



楽屋鏡前でチケットの仕事をするひろか


楽屋入口の名札


ロビーで繰り広げられる衣裳の仕上げ作業


出番を待つ美しい衣裳


ロビーで行なわれるチラシ挟み込み作業


セッティングされた楽器群とサックスの林田さん


舞台稽古直前の舞台


萩京子
今日からいよいよ劇場入り!
お馴染み俳優座劇場へとやって参りました。
直前まで降っていた雨も止んで、ひと安心。全員で搬入開始です。

今回のオペラは大きな道具が多い。なかでも際立つのが、何度か日記にも登場している鬼鹿毛という馬。
トラックを開けると威武たる構えで皆を見下ろし、六本木の通りを座員を従えて闊歩し、劇場の神棚の前に堂々と鎮座する!
写真でお見せ出来ないのが残念……。

そんなこんなで順調に搬入も終え、各部署に分かれて作業開始。
舞台部はお馴染み久寿田 さんや最近たくさんお世話になっている八木さん、神永さんも助っ人に登場し、豪華スタッフ陣と共に舞台づくり。釘を打ち込んだり。


照明部は2脚の長い脚立を駆使して丁寧にたくさんの照明を仕込んでいく。それから照明のデータを打ち込んだり。
衣装部は搬入ののち、12時間後に久々に再会。きっと60人分の衣装の仕上げに没入、仕事に打ち込んでいたのでしょう。

退館時間まで作業して、明日へ持ち越し。
新しいオペラの誕生に向けて。その瞬間はもうすぐそこまで迫ってきています!



最後に、最近恒例となりつつある、駅から会場までの道案内を載せておきます。
皆様どうぞお楽しみに!

道案内はこちら
本日は宿河原の稽古場ラストDay!
13:00から『おぐりとてるて』の通し稽古です。
久々に観に行った稽古場は終始和やかなムード。
通し稽古前の楽士さまたちもにこやかです!



漂う空気から、順調に稽古が進んでいることがうかがえて、ますますこの後の通し稽古に期待が高まります!!

さとちゃんもヤル気満々☆
貫禄のお腹デス(^_−)


そして迫力の富やんと、飄々としたうるりんの相合傘ショット!
チャーミングな2人なんです♡


通し稽古は期待通り、なかなかの迫力!!
後半に現れる♪えいさら〜の歌にノックアウト。ふぅー、興奮しました。
これから劇場での舞台稽古やゲネプロで、更に密度が増すだろうと思うと、ワクワクしちゃいました♪

通し稽古の後は、座員みんなで舞台装置や衣裳、照明機材などをこんにゃくトラックへ積み込み、いよいよ明日からは六本木の俳優座劇場へ!

チケットもだいぶ残りが少なくなってきましたが、是非、お見逃しなきよう☆お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ




こんにちは、演出助手の西田です。
稽古を毎日前から見ているわたくしの、個人的見どころ。

髙野うるお。

あのね、[この場面]とかではなくてね、[髙野うるお]という役者。
今回の作品は一人一役ではなく何役もこなし、十人で六十人もの人物を登場させる。
うるおさんもいろいろやるけど、大きな役では説経師、三郎、村君の太夫の三役。
その三役、全く違う人物が出てくる。

まずは説経師、説得力のある良い声でピリリと場面を引き締めながら語り場面を進めていく。
うるおさんの説経師は最初から最後まで重要なポイントで登場する。


その間、一幕後半でうるおさんが演じるのは照手の兄、横山家の三男、三郎。
うん?三郎?あちゃらかオペラ『夏の夜の夢~嗚呼、大正浪漫編』でもうるおさんは三郎という役を演じていた。
あの人も人としてどうかと思ったが、こちらもなかなか。三男ということで、家督を継げる可能性が低く、身を守るためどうにか父に気に入られようと常に計略をめぐらす男。

三郎が初めて登場するシーン。父である大石扮する横山の後に続いて出てくるのだが、
さっきまでどっしりと落ち着いて語っていた説経師うるおさんが、このときは歩きはちょこまかと、目線も下でキョロキョロと一目見ただけで卑屈な男に。
ひと言も喋らなくてもその人物が分かる。
続く酒宴の席でもこの人の目線を見ているだけでストーリーが解る。
小栗暗殺シーンでも舞台すみでおどおどする姿は三郎という男が良く見えて感心させられる。
さすがこんにゃく座に関わる全ての演出家から信頼され、一目置かれる歌役者。

休憩後は流れ着いた照手を助ける村君の太夫。
姿勢も歩き方もさっきとは打って変わって、まるでほのぼのとした漫画を見ているよう。
極めつけは村君の太夫の退場シーン。
音楽と身体の使い方、そして声の使い分け。
何度見ても、どこから見ても、「うまいなあ。」とつぶやいてしまう。

一つの作品の中で次々と全く違う役を演じていく髙野うるお。
その変わり方の鮮やかさ、是非見ていただきたい。






ぜひお楽しみに。
今日は、「衣装付き、器楽入り」の通し稽古でした。



なので、


記録用のカメラが、こんな所に仕込まれてました!


スタッフの方々も含め、
見学者もたくさん。



私は今日、初めて最初から最後まで通したのを観た訳ですが…



もう、なんか、凄い!
色々と、凄い!!
と、感動してしまいました。


演出のひろみさんの世界観と振り付けの向さんの世界観の融合によって作られている不思議な感覚、


何役もこなす出演者が(慌ただしく)着替える衣装も素敵だし、


大道具、小道具も素敵。リアル!!
扱いが上手だから余計にリアルに感じられるのかも知れません。




そして何より、作曲!
私はもともと萩さんのつくる音の重なりが好きなのですが、今回はゾクゾクしてしまいました。

器楽が入ると尚更素敵です。


特に私が好きなのは、
大蛇の二人の重唱、
馬の二人の重唱が、
なんとも不気味でイイのです!

あとはお坊さんの三重唱も好きです。

そして、みんな大好き「えいさらえい」。
頭に残ります。



これはもう、劇場で生で聴いて味わってもらうしかないです!




今日は実際に劇場で操作して頂く照明さんも来ていました。

明かりが入るだけで、世界が更に素敵になります。
私も劇場で観るのが楽しみです!



もうすぐ、劇場入り。
早くお客様にも、このドキドキワクワクと、ゾクゾクを味わって欲しい、そんな風に思ったのでした。
カテゴリー
最新コメント
[11/17 forfait internet illimité]
[11/17 Wiki.Markyrosongaming.com]
[11/17 Coberturas em zinco em curtiba]
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/