[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2012年3月24日、こどもの森保育園。
まんまるな瞳をきらきらさせたこどもたちと、森を愛する人たちに見守られながら、2005年にスタートした高瀬久男演出の『森は生きている』は、温かな拍手の中その幕を下ろしました。
頂いた色とりどりの花々が、その花道を飾ってくれているかのようで、それはそれは幸せな千秋楽でした。

『廃墟に森を創る』というコンセプトのこの作品は、3.11を共に生き、ひとつの核心に辿り着いたのではないかと、今はそう確信しています。


***



八尾・和歌山ツアーを終えた森組は、8時間の車移動の翌日、


8時間のサムルノリ稽古を経た夜に、


壹岐くんやさとみ様に手伝って頂きつつ、


無事、荷積み完了!翌朝、早々に栃木へと向かいます。


山羊のさくらちゃんが出迎えてくれた保育園のホールは、


既に木が並んでいました!


そして男性陣はこぞって


天井の高さをチェック!


何故ならば…


トラスが凄まじく天井ギリギリだからなのです!


今日の照明家さまの調光スペースは


これもやっぱり保育園サイズ♪


最後の仕込みを終えた後も、


やっぱり森組らしくマイペースに、


客席 de ランチを楽しんだり、


客席 de ライブを楽しんだり、


客席 de 昼寝を満喫したり、


『片付けられない森の精たち』が出現したり、


いつもと変わらぬ情景が広がっておりました。


4ステージ、全て満席。
木の温もりに包まれた、小さな芝居小屋のような空間の中で、沢山のお客様の熱気に押し上げられるように、光と音が渦を巻いて昇っていくのが見えました。
7年間そこにあったもの。当たり前のような奇跡。

1日目の2ステージを終えた夜、こどもの森保育園の皆様と交流会をさせて頂きました。
心からのおもてなしをして頂き、感謝の気持ちをこめて歌を贈り、そしてみんなで記念撮影。


笑顔満開!

『一瞬の今を千秒にも生きて、この嬉しさを胸に刻もう』

千秋楽の終曲で、盆の上から見たあの光景を、私はきっと忘れません。


楽しかったね~!


***


2005年初演時から関わって下さった、全ての皆様に感謝を。
本当に7年間、ありがとうございました!
高瀬久男演出『森は生きている』ファイナルツアー、全行程をつつがなく終了致しました。
総集編に先駆けまして、ファイナルツアーのメンバー、レジェンドたちの紹介をさせて頂きます。
今回は、スペシャル他個紹介でお送り致します。


***


CAST




武田茂(1月の精&総理大臣)
森チーム男声歌役者の中で一番年上。
クリアーハイボイスがどんな鳴りの悪いホールでも響きわたる。
そして力持ち。きっとグランドピアノも一人で持ち上げられるに違いない。
(From 高野うるお)



沢井栄次(2月の精&オオカミ)
彼は、 テノールです。歌好きです。カルメンの「花のうた」良かったですよ。
そして話好きです。話題が豊富で、継ぎ穂の挿し方が絶妙です。つまり、頭が良いのですな。
孤軍奮闘して、すでに「冬の旅」をコンサートに歌っています。さて、次のコンサートに何を歌うか楽しみです。
(From 武田茂)




相原智枝(3月の精&女官長)
相さんは座トップレベルの色香とキュートさを持つ。
女の武器を最大限に活かし、誰かに頼み事があるときは必ず冒頭に「ネェえーん」(ポルタメントがかかる)と声をかけてきます。
「ネェえーん」と言われた人はもう頼み事を断ることができないのです。
(From 沢井栄次)




島田大翼(4月の精&カラス)
彼はとてもいろいろなことができます。 洋裁は得意中の得意。本公演で出演しないときは衣装チーフをすることが多いですがプランナーからも絶大な信頼を得たりします。
ケーキ作りも大好き。
同期のお誕生日や旅公演の思わぬ時にケーキを焼いて来たりします。
とても美味しいし、嬉しいですね。
やはり人を喜ばせることが好きなんでしょうと思います。
なんだか、やりたいことがいろいろあって、「本当は僕は何をやりたいのだろうか?と考えることがあります。」って言っていたことがあります。
良いなぁって思います。
こんにゃく座で欲張って、いろいろなことを試して欲しいです。
楽しみにしています
あっ、もちろん歌うことも、ピアノを弾くことも大好きだし、打楽器も得意、アコーディオンも座に入ってから練習してとても上手になりました。
凄いでしょう
(From 相原智枝)



沖まどか(5月の精&ウサギ)
入座して半年くらいで八月の精役として森デビュー。翌年からは五月の精役。
大阪生まれだけど好きなキャラクターは熊本の「くまモン」。確かに少し似ている。
中学〜大学は女子校。よく使う言葉は「若干」。フライドチキンとかピザを好んで食べる。
沖さんが接近してくることばかりは、足音だけで確信できる。声も大きく賑やかな存在。
(From 島田大翼)




萩千尋(6月の精&姉娘)
彼女に任せれば宴会はカンペキ♪
お腹も満足♪財布も満足♪
みんなの喜ぶ宴会を完璧にプロデュースすることが得意です(*^^*)

完璧なる脳内電卓を持ち、
また素敵な文才の持ち主で、
彼女の書く文章が好きだとファンもいるほど(*≧∀≦*)
眼鏡をかければ可愛い図書委員♪

いつも私とピザを食べて楽しい祭りをやってくださる優しい先輩です☆

スイーツ大好きマカロンプリンセスです(*´∇`*)
(From 沖まどか)



豊島理恵(7月&娘)
抜群のセンスを持つお洒落番長、極旨イタリアンを繰り出す一流シェフ、豆知識には事欠かない健康オタク。
様々な分野でトップを独走し続ける美人さんは、とっても気配りのできる素敵女子。
ツアー中の、ストイックなまでの体調管理は、まさにヒロインの鑑です。
いつまでも三つ編みが似合い続けるのもまた奇跡!
(From 萩千尋)




齊藤路都(8月の精&大使夫人)
るっちゃんはとってもおかしなガールです。自分の中心で愛を叫んだり、リリさーん(私の事をこう呼びます。)と言って両手を広げてすごい勢いで駆け寄って来たり、あははっと妖怪もとい妖精の様なキラキラした笑い声で近づいて来ます。軽ーくひきますが、心根はすごく純粋で、一生懸命で、ちょっと不器用なところも可愛い、エキゾチックフェイスながら和服を着こなし、人に着せるのもとっても上手!
そして本をこよなく愛する富山を誇る文学少女です♪
(From 豊島理恵)



花島春枝(9月の精&おっかさん)
花さんは優しさとおいしいもので、できています。

コートのほつれを見つければ、ちょちょいのちょいと直してくださいます。

凹んでいるときに花さんの隣にいると、いつもアドバイスをくださいます。その言葉に優しさと元気をもらいます。花さんに「大丈夫だからね」と言ってもらうと、みるみる元気になれちゃいます。

花さんは、こんにゃく座一、美味しいものレーダーが鋭い方です。花さんが制作マネージャーの時のお弁当チョイスは、いつだって百点満点。
そういえば美味しいお店を見つけると、いつもケイタイにメモしていらっしゃいましたね。

そんな花さんが演じるのは意地悪なおっかさん、そして9月の精。
パワフルなおっかさんとして仁王立ちになって舞台に立っている花さんは、むかうところ敵なしです。

しかし焚き火のシーンで、娘に向ける眼差しの暖かさは、花さんそのものなのです。
(From 齊藤路都)



鈴木裕加(10月の精&女王)
《取扱い説明書》
外見の小ささに惑わされてはいけません。
わがままな少女から、狂った老婆まで幅広い芸を披露、また制作マネージャーもテキパキとこなす事ができます。
ただしON・OFFの差が激しいので、御用の際は必ずONであることを確認してください。目がパッチリとキラキラ輝いていればONでございます。
まぶたが半分閉じている時は電池切れ、OFFでございます。
食べかけのお弁当も処分しないでください。たとえ伸びきったラーメンであっても、次の休憩には続きを食すのでございます。
(From 花島春枝)



富山直人(11月の精&兵士)
じつは!座内一のジェントルマン。
困っていると「どした!」と声を掛けて助けてくれます。
食事中、お皿が空くと、ささっと料理を取ってくれます。
落ち込んだ時は励ましてくれます。
座内一と書くと他の男性座員がちょっぴり焼きもちを妬いてしまうかもしれませんね。
でも富山さんは座内一のジェントルマン!
(From 鈴木裕加)



高野うるお(12月の精&博士)
ボクが入座した翌年入座だから、かれこれ10年以上の付き合いになる。

常に穏やかなようでいて、
時にご機嫌ななめだったり、
ななめかなと思ってたら、
ご機嫌だったり、
冷静なようでいて、
感情が露わになったり(怒ってはいても爆発することはないのだが)、
タフなようでいて、
突然エネルギーが切れたり、
少食に見えて、
結構食べたり、
理知的なようでいて、
とんでもなくぶっ飛んだオモロい事を言ったり、
いじわる〜と思ってたら、
めっちゃ優しかったり、
無口なようで、
饒舌だったり、
細かいようで、
ザックリしてたり、
マイペースなようで、
みんなを見守ってくれてたり、
お酒はあまり飲めないのだが、
酔っ払う感じが楽しかったりするらしい。

よく分からんようで、
とってもよく分かったりする。

大人なようで子供のような、
少年がそのまま大人になったような。

そんなうるおさん。
(From 富山直人)



大坪夕美
美容に気を配り、可愛い物を愛で、精力的に仕事をこなす、キュートでガーリーでアクティブでパワフルなピアニストさまです♪
(From 萩千尋)

STAFF



増子顕一(照明チーフ)
出来る男だね。照明の仕込みはあっと言う間さ。さっさと仕込みを終えたあとは飲みに行こうぜ、的な。
時折、作品、さらにはこんにゃく座についての熱い想いを語ってくれる先輩的な存在。
(From 北野雄一郎)



中島透(舞台監督)
柔らかい物腰で懐のでかい男だね。何か困ったことがあれば言ってください、すぐ対応します的な。
様々な場面で気遣い抜群、率先して動いてくれる頼れる隣のお兄さん的な存在。
(From 北野雄一郎)



北野雄一郎(座内スタッフ)
笑顔でご飯を食べ続け、ビールを飲み続けるというその見た目からは想像のつかない特技の持ち主である。いつ怒るのだろう。たぶん怒らない。どこかに怒りの表情を忘れて北野だろう。笑顔で乗り切る。それもまた良し。表でも裏でも笑顔のゆうちゃんであった。
(From 増子顕一)
本日皆さんにご紹介しますのは、鉄道ファンの方々にはたまらないローカルな電車「小湊鐵道線」

こちらに乗って上総牛久までプチ列車の旅~。


全国各地の電車に乗りますが、千葉にこんな素敵な電車があるなんてオドロキでした。


切符だってレトロ!


車窓から広がる風景も趣があります。


みんなも心なしかウキウキ。


どうやらこの鉄道、映画やドラマのロケによく使われているらしいのです。



皆さんも房総に行く機会があったら是非この列車に乗ってみて下さいね‼

リエ


☆☆☆


和歌山から帰ってきて、
1日空きまして…ぃえ、空いたといっても、皆、春の演目のプレ稽古を朝から夕方までゃり、トラックの荷替えをやったんですけどね(^_^;)

まぁそんなこんな、朝から座を出発してやって参りましたは
栃木県のこどもの森保育園♪


名前の通り、保育園は森に囲まれて自然豊かな素晴らしい所です!!
まず出迎えてくれたのは、元気な元気な子ども達と
可愛いヤギさん♪



みんながホールに到着するとすぐに、先生方が給食を出してくださいました!!

おにぎりにお漬物に、オレンジに、

見て見て(*^^*)美味しい唐揚げ♪


見て見て(*^^*)美味しい炊き込みご飯♪


相さんがよそってくださって、みんなで美味しくいただきました☆


みんな美味しくておかわりをしまくると…

あっとゆー間に空っぽ(笑)


こんなに美味しい給食を食べれるだなんてほんと幸せな子どもたちだなぁ☆


美味しい給食をたらふく食べた後は、小雨…ちゃんとした雨が降る中、仕込みスタート♪ヽ(´▽`)/

ホールの高さを測って……

測っているのは、今回舞台監督をしてくださる中島透ちゃん♪




なんとこのホールは森は生きているの装置がぴったりんこサイズのホール!!!!
とゅー訳で、今日の作戦はコレでいきますっ( ̄∇ ̄*)ゞ笑

コチョコチョしてもぴったりなことに変わりはないけどなっ(笑)



それで、今日のこどもの森特別ver.の照明をシュートしてくれるのは、
森ではお馴染みの増子顕一さま♪


こんな感じに仕上がっていくのですよ(^-^)



そして今日は、久々の体育館ver.であり、こどもの森特別ver.ということで念入りに場当たり&お稽古をやりました!!

終了後には保育園の先生方と顔合わせ、先生方が楽しみにしてくださってることも伝わり、こちらもますますヤル気マンマンになりますっ(*≧∀≦*)



本日のお宿は3チーム♪少し離れたホテルに泊まる2チームとこどもの森保育園に泊まる島田さん。

ホテルに泊まっている何人かで少しお先に打ち上げに参りました♪


楽しかったねぇー(*´∇`*)
そして、明日からの4ステージ悔いのないょーに楽しんで頑張ろっヽ(´▽`)/


☆★☆おまけ☆★☆


富山さん♪ハッピーバースデー(*^^*)



☆☆☆



「歌も舞台もバスに詰め込んで旅を続ける僕たち…」とこんにゃく座のテーマソングにありますが、今回のツアーはズバリ車旅です。
座員は4トントラックと2トントラック、ハイエースに分乗して旅を続けています。

普段、座の車を運転しない私も今回はちょっぴり運転をしました。
途中、カーナビが「左、左」と私を導くので左に行ったら、何故でしょう…道を間違えてしまい大阪に行く予定が一度名古屋で高速を降りるはめになってしまいました。

「カーナビに騙された!」とカーナビの責任にして再び高速へ。
その間、うるおさんの携帯ナビに「道を間違えた、間違えた」と何度も言われ、涙涙で(ウソです)湾岸長島のパーキングへ。

道を間違えたせいかもう真っ暗。ジェットコースターナガシマも美しく照らされています。ライトアップされたナガシマも見られたし、まぁいいとするか。

…ハイエースメンバーのみなさんごめんなさい〜m(__)m


巻き添えにあったハイエースメンバーと


ライトアップされたナガシマ



☆☆☆


高瀬さんの演出による「森は生きている」、いよいよ今日は最後のホール公演です。
ということは舞台セット全体を使うのも今日が最後!



このうち一部のセットは本日千秋楽です。およそ7年のあいだにホール公演、体育館公演あわせて約350ステージを共にしてきた、いわば「共演者」。ほんとうにおつかれさまでした!!

さて今日の主催は和歌山市の3つの子ども劇場。一昨日の田辺の公演実施が決まった直後に、せっかく和歌山に来るんだったら、もう1ステージを…と、力をあわせて呼んでくださったのでした。



受付の飾りもバッチリ! 歌役者も気合いが入ります。

実はこんにゃく座にとって和歌山はどちらかと言うと縁遠い土地。大阪にはよく来てるけど、なかなか紀ノ川を越えられない。山(森)もあって海も近くて、素敵な自然あふれる土地。2回も公演できるのが楽しみでした。
同時に、田辺は半年前、台風によって大きな被害にあった場所。自然の巨きさを歌う「森」が、どのように受け止められるか、実はドキドキしていた部分もあったのでした。
でも一昨日もそうだったし、今日もそう。公演を楽しみに準備を進めてくださった主催のみなさまや会場のお客さま(子どもたち)から、しっかりと元気をもらってしまったのでした。
あっ、ついでに素敵なプレゼントもいただいちゃいました!




最後は恒例、手伝ってくださった劇場スタッフのみなさまと出演者との記念写真。



もう一泊、和歌山ライフを楽しむツアーメンバーに別れを告げて、また公演しにくるぞ!と、ひとり帰京で関空に向かうのでした。


☆☆☆


今日は移動日。動物園に行ったり、パワースポットに行ったり、それぞれ寄り道をしながら和歌山市を目指します。
ハイエースチームは時間に余裕があるということで高速を使わずわざと一般道を使って海を眺めながら移動することにしました。

お昼は和歌山マリーナシティに寄ってちょいと観光です。



人工島にテーマパーク、フィッシャーマンズワーフ、温泉とご機嫌な施設です。



中は活気に満ちて海産物がたくさん並んでいます。



マグロの解体ショーが始まりました!



みんな和歌山グルメを満喫して明日の公演に備えます。


☆☆☆


私が1980年に入座する前に入っていた、品川区で活動していたアマチュア劇団「喜善」(当時顧問の様な立場にあった劇団民芸の作家の大橋喜一氏と演出家の山田善靖氏からそれぞれ一字を貰った)の先輩二人が南紀白浜の串本に家庭を作って住んでいる。
最後の稽古日にはっと思い出して案内の葉書を書いた。

間に合ったかどうか心配していたのだが、夫婦して来てくれた。
何年振りの再会になるだろうか?

そう、思い起こせば、当時入座3年目に黒テントの「演劇の作り方」と言う講座に通っていて、その卒公にもこの先輩は見に来てくれました。
嬉しいことです。

全く個人的な日記になってしまいました、失礼。

武田


☆☆☆




2005年に新演出でリスタートした
「森は生きている」
いよいよファイナルツアー。

大阪府八尾市へやってまいりました!

7年一緒に走ってきた舞台装置とも、もうすぐお別れ。

今日はちょっと舞台装置の紹介を♪



鉄骨で出来たスロープ。
これは、7分割されるのですが…




よーく見て下さい。

鉄骨で出来ているのですが、自然な傾斜で床面と平行になってるでしょう?
これ、鉄骨が微妙にねじれているように作らないと床面と平行にはならないのです。
これって物凄い技術がないと出来ないんですよ!

二次元の舞台装置図面を三次元に起こして作る技術。
匠の職人さんの技術の粋が集められているのです。

ボクの拙い説明と携帯電話で撮影した画像でどれだけ伝わるか心配ではありますが(笑)

じっくり鑑賞してください。


おまけ。

初代&二代目の女王様と新しい森を見せてくれた演出の高瀬さん。


貴重な3ショット。


☆☆☆


本日は『森は生きている』ホール版稽古二日目です。

現演出の『森は生きている』はこのツアーがラストツアーということで、稽古場での稽古も本日がラスト。
ということでラスト通し稽古です。

その通し稽古を一目見ようと、見学の方もいらっしゃいました。
『夏の夜の夢』でもお世話になっている立山ひろみさん。
そして、座員のちゃみ(熊谷みさと)。

そんなギャラリーに見守られ、通し稽古開始。

通し稽古の様子は写真から妄想してみてください。



通し稽古終了。
ダメ出しの後、今日は解散。
明日、稽古場の舞台装置をバラし、トラックに積み込み、大阪に向かって出発です。

さぁ、ラストツアーも張り切って参りましょー。


☆☆☆



カテゴリー
最新コメント
[02/09 NONAME]
[02/08 おめめ、キラキラの…]
[02/04 コネコネコ]
[02/03 ちゃみ]
[01/29 コネコネコ]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/