[1] [2] [3] [4] [5] [6]
久しぶりのネズミです。
そして、久しぶりの体育館での公演です。
前日10月2日にこんにゃく座を出発して岩手県一関市へ。

当日3日は、朝8時に一関工業高校の体育館で仕込み開始。
沢山の生徒さんが、お手伝いに来てくださいました。
一緒に搬入したり、幕をパイプにつけたり。搬出にも沢山の生徒さんにお手伝いいただきました。。ありがとうございました。

体育館は学校によって条件が違うので、その場その場で臨機応変に対応しなければいけません。
それぞれの体育館をそれぞれのオペラハウスにします。
今回はこんな感じ。

写真がブレてて、申し訳ありません。
開場5分前に慌てて撮影しました。
体育館版の動きの確認や稽古を開場ギリギリまでやっていたのです。


いざ本番!
楽しんでいただけましたでしょうか?
久しぶりの体育館。お客様との距離が近く、ネズミたちの鼓動など、細かいところまで感じていただけたのではないでしょうか?

楽屋は隣の体育館。
こちらには、2つ体育館があります。


こんな貼り紙が。


調子に乗らず、いつも原点に立ち返りなさいよ。という意味だと納得しました。
頑張ります。

秋田県大曲にやって参りました。
本日久しぶりの「ネズミの涙」の公演です。

前日に泊まった大曲のホテルから向かうトラックのイケメン三人衆

爽やかです。

会場はリニューアルされたばかりなのかキレイなホールです。

久しぶりの仕込みでタイトな仕込み時間でしたが、スムーズに進みます。

調光室(舞台の照明を操作する部屋)から見た舞台はこんな感じです。美しい明かりです。

あっという間に仕込みも終わり、いよいよ本番。大曲高校の皆さんはどんな感じで観てもらえるでしょう。

久しぶりなので、ああだこうだ出番直前まで頭の中でシュミレーションしながらドキドキしてましたが、ネズミ達の前説から生徒さん達の笑いや拍手が沢山あってホッとしました。
シリアスなシーンでは集中して観てくれて、生徒さん達と一緒に良い舞台を作れたかなと思いました。
後片付けも生徒さん達が手伝ってくれて本当に助かりました。
有り難う~!

今日中に一関まで移動して、明日には座に戻ります。
怒涛の秋田公演。夢か幻のよう…
今度「ネズミの涙」をやるのは来月。

10/9には千葉県の佐倉市民音楽ホールで一般公演をやりますので是非観にいらして下さいませ!

お待ちしてま~す(*^_^*)

佐藤マンガン敏之
京都労演の皆さまから2ステージとも温かいダブルコールをいただき、熱くお見送りいただき、次に向かった先は…。
そして、神戸…です。

京都労演と神戸演劇鑑賞会ツアーの5日間、旅に帯同している僕には、京都も神戸も学生の頃に過ごした思い出の場所。
やはり自分のゆかりの地で公演ができるのは嬉しいものです。
宿泊先のホテルから会場までは少し距離があるのですが、懐かしさもあり、夜公演で日中時間に余裕のあった中日には、歩いて劇場へ向かいました。


北野の異人館街から、


三宮のセンター街から元町の旧居留地へ。


神戸のシンボル、ポートタワーに挨拶して、


中華街で豚まんをほおばり、


ホールへ到着。

神戸演劇鑑賞会は1400名を超える会員の皆さまがおり、3日間3ステージに分かれ舞台をご覧いただきました。バラシのない1日目と2日目には、終演後にロビー交流会も。

歌役者勢揃いの交流会は会場もにぎやか。
出演者に制作の僕を含め、全13人もが机に並ぶ交流会は、どうやら神戸の鑑賞会では初めてのことだったよう。どこでも全力なこんにゃく座!
舞台も交流会も、『ネズミの涙』の例会を盛り上げ、一緒にお芝居を観る仲間を増やそうと頑張ってきてくださった鑑賞会の運営サークルや事務局の方々の期待に応えるものであったら何よりです。

こんな方とも出会いました。


神戸演劇鑑賞会の小前さん(右)。
大学の同期と判明したのも奇遇でしたが、さらにお話していたら、父親どうしが同じ名前で出身地域もほど近いところ…と。
縁が連なっていきます。

京都でも神戸でも素敵な方々とお会いすることのできた5日間。
僕は普段はツアーに同行することが少ないので、より濃密に旅公演での出会いを感じた日々でした。


高岡さんの得意技、フリーハンドレタリングが炸裂している昼下がりの様子です。富山での公演終わって、そのまま京都へやってまいりました。この二日間は京都労演の皆様に『ネズミの涙』を観ていただきます。全員分のサイン色紙をお贈りするので、高岡さんはその支度をしているわけです。ご苦労様です。



仕込みが済んだら気合いを入れてお稽古です。『ネズミの涙』という作品には通常のバージョンに加えて30分ほどカットされた「短縮版」が存在するのですが、このツアーではまだ短縮版しかやっておりませんでしたので、今回の公演のために通常版の確認をじっくりいたしました。

ちなみに10月22日に六行会ホールで行う『ネズミの涙』こども劇場公演(18時の回)は一般チケット販売がありますが、こちら短縮版での上演となりますのでご注意ください。どうしても通常版を観たい!という方は是非、10月9日の佐倉市民音楽ホールの公演に足をお運びくださいませ。

オペラ『ネズミの涙』2017年一般公演情報 - こんにゃく座 News!



おや、楽屋のピアノで仲睦まじくお稽古している方々も。これはきっと、こんにゃく座ファンクラブ・秋の大感謝祭のコンサートの練習ですね。そうです秋になりますとこんにゃく座は色々なイベントが増えて忙しいのです。皆さんも機会あったらぜひ何かしらのコンサートに来てくださいね。

そんなわけで京都での公演も無事に終わりました。終演後にはロビーでお見送り。「元気を貰えました」と言っていただけるのとても嬉しいです。我々もますます元気になれそうです。そうして夕日を追いかけながら神戸へ。明日からも元気に頑張ります。お疲れ様でした。


富山県教育文化会館で公演です。
今回のお客様は、八尾高校の皆様方です。

前日に富山に参りまして、
私は会場から車で30分の高岡の実家に泊まります。



うちのパグです。



めっちゃ可愛いんです。

一晩だけの帰省を十分に楽しんで、
朝から仕込みです。



ネズミはいつもこんにゃくトラックと、レンタルトラックの2台で旅まわりをするのですが、今回はこんにゃくトラック1号と2号!
なんだかワクワクします。

仕込んだら、稽古です。



ブレない男、うるおさん



ライライ

そして本番。
八尾高校のみなさんは、とっても集中して観てくれていたのではないかと思います。
楽しんでくれていたら、とても嬉しいです。

バラしを終えて、帰宅途中の元気な八尾高校生たちと少しおしゃべりして、元気をまたもらって、
次の公演に向けて、京都へ車を走らせるのでした。
オペラ『ネズミの涙』2017年後半のツアー、スタートしました。
初日は神奈川県川崎市での公演。
こんにゃく座のホームも川崎市。地元です。
会場の川崎市教育文化会館は川崎区、こんにゃく座は多摩区、クルマで約30分、電車と徒歩だと約50分。川崎は広いです。

前日の24日の朝9時から会館に入って仕込んで、場当たり(実際に劇場に入って、出入りや舞台転換など動きをチェックする事です)をして、ゲネプロ(舞台装置や照明や衣装やメイクなど本番と全く同じように行うリハーサルの事です)をやって、ダメ出し(歌や振付や芝居など作品をもっと良くするために注意する点や訂正する点を確認する事です)。
劇場を出たのが午後9時ごろでしたから、半日いた事になりますね。
その前日まで10日間ほど毎日、朝から夜まで稽古していましたから、なかなかハードな1日でした。

そして翌日。
朝11時から稽古をして、午後にいよいよ初日の開演です。
横浜桜陽高等学校のみなさんに観ていただきました。
楽しんでいただけましたでしょうか。

客席からいろんな反応が聴こえてきて、こちらも精一杯張り切ってやらせていただきました。

時々、こんにゃく座やネズミの涙の事を思い出していただけると嬉しいです。

8月から新たにスタートした『ネズミの涙』
今回は岩手県から鹿児島県まで、笑いと涙と汗を振りまいて参ります。
一般公演もございます。
お近くの方は是非ご覧ください。お待ちしております。

26日からはちょっとお休み。
ホッとしたのか、2日間寝込んでしまいました。

次の富山公演からまた頑張ります。

そういえば、川崎の2日間はいろいろ盛りだくさん過ぎて、写真を一枚も撮っていませんでした…。
なので、照明スタッフさんが撮った初日開場前の貴重な写真を一枚お借りしました。
オペラ『スマイルーいつの日か、ひまわりのように』の稽古がおこなわれているウラで、いや縁の下では…

オペラ『ネズミの涙』の稽古がありました。
オペラ『まげもん』の1ヶ月のツアーが終わった翌週からプレ稽古、音楽稽古、サムルノリの稽古を終えて、

装置を組んでの稽古です。

場所は、錦糸町駅から歩いて15分、スカイツリーが見えるスタジオ。

私たちが借りたスタジオには窓がなく、スカイツリーは見えなかったのですが、縁の下の感じはあるかな、と個人的には思います。

連日、笑って泣いて汗かいて、歌って踊って汗かいて、汗かいて汗ふいて汗かいて。
Tシャツを3枚ほど使う毎日でした。
稽古が終わったあとのビールも、いつものようにありました。

今回は前回のツアーからキャストの変わっています。
初めての人や6年振りの人も。


この小道具は何に使うのか…?

演出の鄭さんは、『ごめんよ〜』と笑いながら、細かいところを何度も繰り返します。何度も繰り返します。いつものように。

明るく細かく厳しく優しく。
『スマイル』『まげもん』『ネズミの涙』
や『ロはロボットのロ』
鄭さんの作品、全てにあります。
この夏は偶然か必然か、こんにゃく座が総力あげての、鄭義信&萩京子によるオペラフェスティバルになりました。

25日はネズミの初日。
お客様に楽しんでいただけるよう、全力で参ります。

今回のツアーは、千葉、東京、鹿児島で一般公演もございます。
是非ご覧ください。お待ちしております。
ついにやって参りました。
ネズミの涙、今期ラスト公演。@龍谷大学付属平安高校 講堂3階

公演の前日は龍谷大学付属平安高校の生徒さんと先生にもお手伝い頂き、「張込み」です!
ん?張込み?そうです。今回のツアーの大きな出来事のひとつに「張込み」というこんにゃく用語が生まれた事があります。
今回のツアーのマネージャー(普段は歌役者として大活躍している)山本伸子先輩が「張り出し」(※舞台前方に舞台の奥行きを広げる為に足場を作り、平台を並べて舞台を広げる事)と「仕込み」(※公演の準備)がある事を伝えようとして、「29日は張込みがあります!」と発言し、ネズミ組一同が、「え?!張込み⁈」「そんならあんぱんと牛乳必要か?」「牛乳はやっぱりビンでしょう」などなど話が一向に進まなかった事件から生まれました。「張込み」…実に便利な言葉です。これからどんどん使って行きましょう!
こんにゃく的には間違った「張込み中」のお写真。富山先輩いい顔しています。


※マリペディアより。(情報がぼんやりしていて不確かなサイト)

大変な事もちょっと楽しく感じる「張込み」の日は我らが佐藤敏之先輩のお誕生日でした!みんなでハッピーバースデー!花島先輩チョイスの可愛くて美味しいケーキ♪

富山先輩からも素敵なプレゼント。

部屋着に使って下さいと渡していらっしゃいましたが、敏之先輩は次の日この格好で現れました!やっぱり役者さんって違うなぁと周りの方から羨望の眼差しを受けた事でしょう。

3階までネズミの大道具などを階段と人用のエレベーターを使って荷上げしました。汗だくになる大変な作業でしたが、沢山の生徒さんと先生方のお力で誰も倒れる事なく無事に舞台を仕込む事が出来ました。本当にありがとうございました。

そして30日当日。いよいよラスト公演2ステージ‼︎京都の高校生はなかなか舞台を見る目が厳しいイメージがあり、苦しい戦いになるかと思いきや、始めから笑い声が沢山聞こえ、沢山の反応があり、とても温かく観て頂けました。本当にありがとうございました‼︎

終演後はアフタートーク!

富山先輩がMCです。たぶん質問は出ないと思いますと公演前に先生から聞いていましたが、「スランプになったらどうしますか?」「キスシーンは本当にしているのですか?」「ラブシーンはどうやって作りますか?」などなど沢山質問して頂けました。
それだけしっかり観てもらえたのかなぁと心の中で大喜び♡

終演後も再び生徒さんと先生方にお手伝い頂き、無事に荷下ろしを終えました。
平安高校の皆さん、本当にありがとうございました!

ネズミ組今期ラスト公演記念にみんなでパシャリ。


関わって下さったみなみなさま、本当にありがとうございました‼︎

秋はまた新たなキャストでネズミの涙をお届けします☆

なんと一般公演もあります!
★10月9日(月祝)
佐倉市民音楽ホール(千葉県佐倉市)

★12月23日(土祝)
宝山ホール(鹿児島県鹿児島市)

そしてそしてネズミの涙の台本、演出の鄭義信さん台本、おぐりとてるての台本、演出の立山ひろみさん演出のオペラ「スマイル」‼︎
9月14日(木)〜17日(日)
俳優座劇場(東京都港区 六本木)

今回出会った沢山の高校生の方にも観て頂けたら嬉しいなぁ。
学生券、大っ変にお得です♪

詳しくはホームページをご覧下さい☆
http://www.konnyakuza.com/

おまけ
ちょっとポーズを変えてみんなで
「ギョエ〜‼︎」


*まり*
今日は大阪の国際障害者交流センタービッグ・アイで「ネズミの涙」の公演です。
お客さまは大阪商業大学堺高等学校のみなさま方です。
昨日の夕方に仕込みをして、本日は朝・昼の2ステージ。
朝早くから稽古します。
そして、本番のスタンバイ。

楽屋に戻ると、うるおさんの鏡前にたくさんのハンガーが。しかも、名前入りの私物。



どうやら最近、本番中に衣装のタンスから衣装を取って、しばらくして戻ると衣装を掛けていたハンガーがなくなっており、掛けるハンガーがなくて困ってしまうため、このような作戦に出たということ。
僕もこのロストハンガー現象にはよく遭遇するので、その気持ちわかります。

さぁ、1ステ目張り切って参りましょう!

1ステ目を無事に終え、1時間後には次のステージが始まります。2ステ目の準備をしている間に舞台上のでは生徒さん達のバックステージツアーが行われています。



休憩中にこんにゃく座を応援してくれているはっちゃんから団子の差し入れをいただきました。ありがとうございます。



2ステ目も張り切って参りましょう!

2ステ目も無事に終了。
今日の2ステージは共にお客さんの反応もたくさんあり、楽しんでやれました。ありがとうございました。

今期のツアーも次の京都2ステージを残すのみ。がんばりまっしょい。
『ネズミの涙』ツアーも中盤になってきたところで、このツアー初の通常バージョンの公演。
ツアーがはじまってから今までずっと上演時間の短いカットバージョンの公演だったので、前日に念入りにお稽古。

カットバージョンでは出てこない小道具たちも今期初出動!

天竺一座の切り札、大きなチーズに


紙袋。


この中にはハンバーガーの肉汁が染みた包装紙、世界地図の切れはしなんかが入ってるの。

この他にも、ネズミ取りや御札、用語解説の看板など結構あるの。

そして、花島さんを叩くためのハリセン。


これはカットバージョンでも出てくるけど、通常バージョンでは叩く回数が桁違いに多いため、ニッケル役の島田くんに新たに作ってもらいました。
新しいと張りがあって、音も良いし、叩かれたときの痛さが少ないのです。

そして迎えた公演当日。
北陵高校の2年生に観てもらいます。こちらには2年前も呼んでもらっているのですが、開演前の先生のお話しでもその事に触れ、
「一昨年も来てもらいましたが、とっても良かったのでまたお願いしてきてもらいました。」って、嬉しいお言葉!
いやー、張り切っちゃいました。


カットバージョンもいろいろ考えて作られてはいますが、やはり通常バージョンは、それぞれのキャラクターの個性が際立ってストーリーもわかりやすい。
やっている方もしっくりきます。

終演後のバラシは、北陵高校の生徒さんが手伝ってくれました。

照明の部品をはずしてもらったり、衣裳や小道具を運んでもらったり、
舞台の前に張られていた細長い幕を畳んだり、


床に張られていた地絣(じがすり)をこれまた畳んだり。



とっても助かっちゃいました。
どうもありがとうございます。

また来れたら良いな。
カテゴリー
最新コメント
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/