[1] [2] [3] [4] [5]
ロビーにてファンクラブの集いがありました。
今回は、4人の作曲家による裏話。

これは聞かねば!
とこっそりお客様の後ろに。

そこにいたのが、由佳里さんの息子、桜也(おうや)くん。

彼は大きなバッグから、自慢のウルトラマン人形コレクションを取り出して、一つ一つボクに名前を教えてくれました。20体ほど。

桜也コレクションの説明が終わる頃、
ファンクラブの集いも終わりました。

ある意味貴重なお話を伺いました。


おっと!
開演一時間前だ。

準備をせねば…。




2月23日

ゲネプロ後、元気だったらアップします!
と書きましたが、すいません。

もう、腰がズシーンと痛くて…。

帰って風呂に入って寝てしまいました。

今日は昼からダメ出し。
いやぁ…、個人的には…、言いますまい。

これから初日開演までもう一押し二押し。

さて…。

皆様、今日まで御愛読ありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか…。

後は、皆様を劇場でお待ちするだけです。

心から、心からお待ち申し上げております。
4人の作曲家によるオペラ、これはひとつの事件だと思います。

これまでのこんにゃく座、これからのこんにゃく座を見にいらして下さい。

感想など、こちらか掲示板へ書き込んでいただけると嬉しいです。

では、劇場で!
2月22日

今日は昼から楽士さん入りで抜き稽古。

音楽と芝居の細かいチェックと変更。
照明と場面転換の合わせなどを3時間。

早い夕食を食べて、いよいよゲネプロです。
舞台では照明チェック。
楽士さん達もそれぞれのチェックを。
楽屋では、衣裳チーフのひろかが衣裳の直し。

役者陣は、食事をとる者、アップする者、身体を休める者、こっそり写メを撮る者…。

さて、今夜のゲネプロはどうなりますか…。
終了後、元気ならアップします!







劇場では朝から照明作り、午後からの場当たりの準備に追われる中、作曲の萩さんとわたくし制作ただちは、11:30からの渋谷エフエムの番組生出演のため、渋谷マークシティ内のオープンスタジオへ。
何度か生出演させてもらっている「SHIBUYA VILLAGE VOICE」。
今日のパーソナリティは、キュートでソウルなSunshineさん。
もちろん内容は、「まっぷたつ」宣伝トーク。
最後に個人的な夢は?の質問に、行きたい国々がたくさんある(南米とか北欧とか…)と話す萩さん。オペラの舞台の中では、国も時代もそうとういろんなところへ行ってるけど、南米に行きたいと思ってたとは、なんか新鮮。
さて、23日からの「まっぷたつの子爵」、劇場に入ってからセットも衣装も照明も具体的に形になって、音楽も歌も演技もだんだんひとつのものになってきました。
あっという間に、物語の世界に連れていかれるような豊かな舞台になりそう。
お見逃しなく!
あっ、Sunshineさんも見に来て下さいね。

(オペラハウスのCDを持つ笑顔のSunshineさんとうれしそうなツーショットの萩さん)



2月21日

昨日今日の副題には、特に意味はありません。どちらかというと、座員に向けた座員の何人かが分かる物で…。すみません、内輪受けです。まさに楽屋落ち(爆っ!チュドーン!)
今日は衣裳メイク有りの場当たり。

実際に道具を動かし、何処からどのタイミングで出るかを考え、衣裳の着替えが間に合うか?ナドなどを各場面当たって行くのです。
写真は舞台奥に作られた衣裳の早替え場。
本番はもっと暗い中で着替えます。
ここが一番戦場らしいかも…。

酒井さんの向こうに不思議な格好の子がいますね。
はっきりとお見せできなくて、とっても残念。
気になった方は、是非劇場へ!


サクサクと進みながらも、13時から20時過ぎまでかかりました。
そこに途中、范さんの振り付けの時間が入って、しかも振りの変更とかがあって、アタマも身体もクタクタです。
クタクタでこんな顔してます。




2月20日

午前10時。
小雨降る中、世田谷パブリックシアターで仕込み開始。

今日から怒涛の一週間です。
1日はスゴく長いのに、あっという間に過ぎて行く…。
そんな感じなのです。
舞台上では、装置の位置決めの為に大きな三角定規が大活躍。
これ、ホントは小道具なんですけど…。
思わぬ使い道。

舞台奥では、ボクとパメーラ(今日が誕生日)が掃除をしています。
仕込み時は、いろんな材料(木材、テープ、パンチ、など)を切ったり削ったりするので大量のゴミが出ます。掃除も大事な作業です。
カメラを向けると、イキイキとする二人。

その3分後…。

二人が、掃除の手を休めて話し込んでいます。
どんな話をしていたか、というと…

パメ:「キキとララって、男の子と女の子なんだよ」
ボク:「え~!どっちも女の子だと思ってた。ショック~」

掃除しながらでも出来る話だと思うぞ。
誕生日にわざわざする話でもないと思うぞ、大きなお世話だが。


客席の上に浮かんでいる物体。
これは一体…?

ぜひ劇場で、皆さんの目で確かめてください
舞台も照明もカッコイイ!ですぞ。





今日は衣裳、メイクつき初通し!皆着替えでバタバタの通しでした。┐('~`;)┌
いよいよ追い込みです。さすがに疲れました~!



春一番が吹いたそうですね。

稽古場は熱気を含んだ嵐が吹き荒れております。

夜10時の稽古場。
トレロニー博士とボク。
パネルの裏では、コロス達が振り付けのおさらい。

…、

そして、夜11時…

パンチ部屋で悩む佐藤。

悶絶する佐藤。

西田に足裏マッサージを受ける佐藤。






今日は休憩中の様子をレポートいたします。

まずは今回のメインキャスト、まっぷたつの子爵から・・・



「悪い半分と良い半分の話し合い」

何か打ち合わせをしているようですね。向うでもボク役のまりちゃんが台本を見てブツブツ言ってます。


「岡林と直さんの心あたたまる光景」

あっ、こちらでは突然直さんが「氷砂糖が食べたい」と言ったようです。即座にコンビニで買い求めてきた岡林に直さん大感激!そんな心温まる光景。


「楽譜を真剣に見つめる大石さん」

椅子に座って楽譜を真剣に見つめている大石さん。その隣では・・・


「隣で全く関係ない本を読むナベさん」

ナベさんが全く関係のない本を楽しんでいます。

続いては夜は振り付けの稽古をレポート。

「振り付け稽古1」

「こうやるの!」と手前で誰よりも激しく動くハン先生。


「振り付け稽古2」

ラストのクライマックスシーン。予想以上に激しくなりそうです!



というわけで、今日は夜9時半過ぎまで熱い稽古が行われました。お疲れ様でしたー!!
『衣裳をつけろ』

今日はコロス ユグノー教徒 きのこ平の女たち は衣裳をつけて稽古しました。
13場のきのこ平の女たち(5人)の衣裳はカラフルです!何種類もの色で、いろいろな質の布地が使われています。
パーツも多いです。
まずビスチェを着ます。次にスカートをはきその上に帯を巻きます。
ビスチェの上にもうひとつ着て、両腕と片足に、きのこ平の象徴的なものをはめます。
最後にカツラ。形状は5種類。つけ方にはコツがあるので何回も何回も着けたり、はずしたりの練習をしました。
なぜって、その前はコロスで出ているからこの衣裳を着替える時間がとて短いのです。出番に間に合わないなんて、あってはならぬ事なので着替えも要稽古!です。
又衣裳を着けると、衣裳の特徴をいかした動きを新たに考えたりします。
逆に今までの動きが、衣裳の形状によって見えにくくなる場合もあるので、鏡でチェック!
やらなくちゃいけないことがどんどん増えてきます!
さあ明日も朝から衣裳を着けて稽古です。
頑張れ頑張れ自分!

カテゴリー
最新コメント
[03/25 ちゅうじ]
[03/20 NONAME]
[03/20 路都]
[03/19 NONAME]
[03/16 花島春枝@こんにゃく座歌役者]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/