[1] [2] [3] [4]

こんにゃく座の新作オペラ『銀のロバ』、たくさんのお客様にご来場いただきまして、無事に千秋楽を迎えました。

新作には珍しく、公演4ヶ月前の4月に走り出したこの作品。出演者は少ないながらも、座内で作品について語らう時間がたくさんあり、全員でじっくり取り組めたような気がします。

振り返ればこの『銀のロバ』の日々…


稽古に四苦八苦したりしながら


夢と希望を捕まえたり


なかなか生えないヒゲを待ち望んだり


ダブルココが同じ美容院でパーマをかけて


その美容院の近くにはマルセルがあって


陽気なジャックはロバを引き


陽気なチューイさんは妖気を感じ


謎のハイキングが行われたりして

なんだかとにかく楽しい日々でした。



台本のいずみ凛さん


作曲の萩京子さん


演出の恵川智美さん


制作チーフの田上ナナ子さん

と、女性が中心となって創っていったこのオペラ。柔らかい雰囲気の作品になったのは、この4人が打ち合わせという名の女子会を何度も重ねてきたからです。それぞれの熱い想いのこもった物語、そしてそのチームワークがものをいう作品でした。




チームワークを大切に、何度も何度もミーティングと自主稽古を重ねてきたA組


A組のココ、飯野薫さんは、なんとこれがこんにゃく座初舞台。なんという堂々とした歌役者ぶりで、

女子楽屋でみんなからおめでとうの嵐でした☆☆


一方、

特に約束しているわけでもないのに、何故かいつも集まってしまうB組


B組のマルセルとココはAB型の姉妹。


同じくAB型のチューイさんは、舞台上でたくさん食べるので、
いつも姉妹で食べ物の準備を確かめ合っておりました。

それぞれに、それぞれの想いと色があり、魅力を出していたチーム。
観るひとの立場や心情によっても、チューイさん、マルセル、ココ、パスカール、ファブリース、どの登場人物に感情移入するか、それぞれ違って、いろんな見方ができる物語だったように思います。
そしてその話の内容も、観るひとそれぞれに違った受け方ができるように、隙や歪みを残したいと、演出の恵川さんはよくおっしゃっていました。
観たひとの数だけ物語があるんだな、と思うと、全てが特別なお話のようで、なんだか素敵な気持ちになります。

あっという間の5日間でしたが、前売り完売の日も多く、劇場いっぱいのお客様がきらきらした顔で舞台を観てくださり、とっても幸せな公演でした。

この、オペラ『銀のロバ』は、来年4月に旅公演が始まります。新作初演は千秋楽を迎えましたが、作品としては船出をしたばかり。
透き通った風と冒険を運ぶ物語を、もっともっとたくさんのこどもたちに、そして、かつてこどもだったことのあるおとなたちに、お届けしていくことができますように。
その時の新たな出会いを楽しみに、俳優座劇場での初演は幕をとじます。

応援してくださったすべての方に心から感謝します!


ありがとうございました☆☆





文章:熊谷みさと   写真:座員のみなさま




本日はB組で11時と16時の2ステージ。
ステージの合間に「ファンクラブの集い」がおこなわれました。



この集いでは、こんにゃクラブの皆さんと集まって、
オペラの感想や、質問を聞かせていただける貴重な時間です。
今回は座員からの質問もいくつかありました。
本番直前は何をしてるの?とか、パスカールは将来何になるの?とか、
チューイさんはなぜそんなにロバのお話を知ってるの?とか…。
共演者同士でも初めて聞くような話を聞けたりして、楽しいです。



今日のエイエイオー。B組は何故か毎回気合を入れるこれをやります。
AB型ばっかりなのにエイエイオーとは…いや失礼しました。



私の化粧前、筆記用具がやたら転がっています。
エイエイオーの写真から察してください。

さて明日の11時のA組、16時のB組の公演でとうとうおしまいです。
もう舞台を見た方も、これからという方も、
よかったら作曲家インタビューご覧になってくださいませ。
http://www.youtube.com/watch?v=Jj0-2cgyW3I
さぁ、やってまいりました。
オペラ「銀のロバ」、初日です。
まずはA組の初日が開け、続いて翌日B組の初日を迎えます。
ということで、本日はA組の初日でした。
前売も完売し、当日券のお客様もいらっしゃったようで、有難い限りです。


大盛況の俳優座劇場のロビー。

そうそう、ロビーの販売ブースではいつものようにCD、DVD、パンフレット等の販売に加えて、今回の新商品、缶バッチ(3種類)、かえるくんのイラストいりコットンバック(パンフレットがちょうど収まる大きさ)も販売中。コットンバックに缶バッチを付けて街を歩く、という併せ技もありですよ。

さて、たくさんのお客さんに観てもらえた初日の舞台はどうだったのでしょうか?

…それは観た人自身が決めることなんだよ。

ということで、きっと観た人のよっていろんな感想があることでしょう。ファンタジーを味わった人、リアリティーの世界に繋がった人、ノスタルジーを感じた人、などなど。
素敵な音楽で語られていく「銀のロバ」の世界に身を委ねてみませんか?


俳優座劇場にて9/1まで上演中。

観に行こうかなぁ、どーしよーかなぁ、と悩んでいるそこのあなた、ぜひぜひお待ちしてます。
劇場入りして2日目。今日から舞台稽古です。
本番の舞台装置を稽古場に仕込んで稽古してきたので、劇場でもほぼ稽古通りに演じることができますが、やはり劇場空間に入ると、いろいろなことが少し変わってきます。

音の聞こえ方もそうです。
今回は客席で歌ったりもするので、聴こえ方に注意しなくてはいけません。
音を出した初日(つまり今日)は、なんとなくぎこちない聴こえ方なのですが、少しずつ「鳴り方」を探して行きます。
「音(声)をもんだりほぐしたり集めたりして」
初日までに良い響きを見つけます。

ピアノはスタインウエイのC型。
俳優座劇場にはピアノが無いので、いつもレンタルピアノを使います。
レンタルピアノはどんなピアノがやってくるか触ってみるまでドキドキします。
今回のはわりと良い感じ。
「わりと良い子が来たね!」というのが、ピアニストの真理子さんや紀保子さんと私の感想。
6日間おつきあいするうちに、もっと良くなるでしょう。

13時からA組の場当たりをして、ほとんど止めずに通しました。
そして18時すぎからB組の場当たりをして、やはりほとんど止めずに通しました。
二組ともやることができて、良かったです。
月曜日に劇場入りして水曜が初日、というのはいつもより1日少ないのですが、万事おおむね順調。
それもこれも、5月に試演会を経ているからだ、と皆口々に言います。

明日は初日。
苦戦していたチケット売りも、ここへ来てぐんと動きが出て来ました。
ありがたいことに前売り売り切れの日もあり。
でも、当日券も必ず用意してありますので、みなさま、ぜひ俳優座劇場に足をおはこびください。

初演というのは1回きり。
『銀のロバ』の誕生に、ぜひ立ち合ってください。

お待ちしています。
いよいよ、今日から劇場入りです。
目前に迫った公演初日を前に、駅から会場までの道をご案内します♪
以下の4ルートの中からお選びください。

○大江戸線・六本木駅より、最短ルート

○大江戸線・六本木駅より、階段を使わないルート

○日比谷線・六本木駅より、最短ルート

○日比谷線・六本木駅より、階段を極力使わないルート





○大江戸線・六本木駅より、最短ルート

一、六本木交差点・六本木ヒルズ方面改札(6番出口)を目指します
※ 練馬・新宿方面からは前方、両国・月島方面からは後方の車両に乗ってくると便利です

二、改札を出て


三、左前方へ


四、エスカレーターを上った先を、左(6番出口)へ進みます


五、エスカレーターと階段(約40段)を上ると、目の前が会場です


-つづきはこちら-





○大江戸線・六本木駅より、階段を使わないルート

一、東京ミッドタウン方面改札(7番出口)を目指します
※ 練馬・新宿方面からは後方、両国・月島方面からは前方の車両に乗ってくると便利です

二、改札を出て、右前方のエスカレーターを上ると地上に出ます


※ またはエスカレーター右の通路を進むと、エレベーターもあります


三、地上に出て正面(エレベーターで上がった場合は左方)の横断歩道を渡ります


四、100mほど直進すると大きな五叉路に突き当たるので、そこを左折します


五、程なくして左手に会場が見えてきます


-つづきはこちら-




○日比谷線・六本木駅より、最短ルート

一、六本木交差点方面改札(4a番出口)を目指します
※ 中目黒・恵比寿方面からは前方、秋葉原・日比谷方面からは後方の車両に乗ってくると便利です

二、改札を出て、右前方へ


三、突き当たりを右(4a番出口)へ進みます


四、階段(約40段)を上ると地上に出ます


五、直進して目の前の横断歩道を渡ります


六、そのまま直進すると、程なくして左手に会場が見えてきます

-つづきはこちら-





○日比谷線・六本木駅より、階段を極力使わないルート

一、西麻布方面改札(1a・1b番出口)を目指します
※ 中目黒・恵比寿方面からは後方、秋葉原・日比谷方面からは前方の車両に乗ってくると便利です
二、改札を出て、左の階段(約10段)を上ります


三、突き当りを右へ曲がり、NORTH TOWNへ入ります


四、成城石井の前を左へ曲がると、


五、左手奥にエレベーターがあります


六、1階へ昇り、左手の自動ドアを通り、


七、すぐ右の自動ドアから外へ出ます


八、右へ150mほど進むと、


九、大きな五叉路があります


十、五叉路、左手の横断歩道を渡ります


十一、右へ曲がり再び横断歩道を渡って、


十二、そのまま直進すると、程なくして左手に会場が見えてきます



※ 日比谷線から、階段を全く使わない出口(7番出口)に行くことも出来ますが、改札から出口まで200m以上、そこから更に会場まで150mほど歩くので、あまりお勧めしません。

-つづきはこちら-






以上、道案内でした。
ホームから会場まで少し距離があるので、どうぞ時間に余裕をもって、気を付けてお越しください♪

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

劇場初日、9時から始まった搬入は、人の多さと物量の少なさのおかげで、あっという間に終わりました。
ここからは早速、各部署に分かれて仕込みをします。

照明!


衣装と小道具!


お茶場!


制作!


舞台!

……はひと休み

ちょっと仕事をして、


もうひと休み(笑)

決してさぼっている訳ではありません。


照明となかなか並行して作業ができないため、はじめは待ち時間が多いのです


しっかり働きます!



そうして素敵な舞台が完成しました♪


食休み

嘘です。


明かり合わせの時間でした


BGMは八木さんのムーディーなピアノ!

これは、ほんとうです。



退館時間いっぱいまで作業をして、翌日につづきます。
今日は稽古場最終日でした。
まず、11時からA組通し、そして15時からB組通し、そして稽古場をばらして荷積みというスケジュールです。
A組、B組どちらの通しも観ましたが、それぞれすごく良くなっているし、AとBの違いも楽しいです!!!
これは是非どちらの公演も観ていただきたいです!!

そして、少し休憩をして


稽古場バラシ開始です!!


荷物を運んで


トラックにどんどん積んでいき、

 
稽古場はスッキリ!!


そしてそのあとは、昨日も歌わせていただいた盆踊り大会へ!

沢山の方に聞いていただけました!!是非劇場でお待ちしております!!

そして、まだお申し込みでない迷っている皆様、30日の14時、31日の11時、1日の16時の回は特にまだ良い席が残っているおすすめの回です!!
ぜひ夏の終わりに、ほっこりほんわりあたたかな気持ちを体験しに来てください!!
稽古場での稽古も、残すところあと二日ですね!
A組の通し稽古を見学しました。



今回のオペラ、
私のお気に入りをちょっとだけご紹介します。


*「何万もの溜め息~」のハーモニー。
知識に乏しく詳しく説明できないので、劇場で感じ取って頂けたらと思います。
続く言葉は敢えて書きません。とても詩的で綺麗な表現です。


*小道具のロバ。
これは私だけではないはず!
写真はありません。
劇場で見て欲しいので。


*ある部分に描かれている絵。


さて、どこに描かれているのでしょう?



*ある部分の布


何に使われているでしょう?
キラキラしてて綺麗なんです。




ダメだしの時は
ちょっと音取りをしたかったので、私は稽古場から退散。


二階から覗いてみました。
皆さん真面目に聞いてます。
(当然だけど。)




さて、
私が音取りをしてたのは、

夜の町内会盆踊りで歌う曲目!
(昨日曲目が決定したのです。)

座員なら誰もが知る曲目ではあったけど、実際歌った事は私はまだなくて、


慌てて楽譜とにらめっこ。



そんなこんなで



行って来ました!
天候にも恵まれて、無事に歌い終えました。



こんにゃく座を代表する女優達も来てました!



子供たちも一生懸命見て、手拍子もしてくれました。


明日もメンバーを変えて、歌いに行きます。
お近くの方は是非明日も聴きに来て下さい☆

銀のロバ、B組の通し稽古を見て来ました!

以前見た時よりも色々と変わっていたり、より内容が深く見えて来たり、
つくづく、色んな見え方ができる作品なのだなっと思いました(u_u*)

私は小さい頃、わりかし絵本や本をよく読む方だったのですが、
当時ファンタジーや冒険物語を読むと、決まって、自分が主人公になったつもりで脳内冒険をしていました。
気がついたら物語の主人公と自分が一緒になってしまうのですよね。

『銀のロバ』を見て、そんな小さい頃を思い出しました(u_u*)



さて!
そんなぼんやりしんみりはさておき、通し稽古が終わったら、ダメだし!
さっと着替えて役者さんが前に集まります。

ダメだしも見学。
写真はこっそり隠し撮りなため、ちょっと画質が悪くてすみません(u_u*)

いくつか紹介。



「うるおさん、ギャグを、もうひとひねり」


毎回、色々なネタがあるようですが、今日のはダメだったようです(u_u*)
いったいどんなネタがどこで出てくるのでしょうか。
本番が楽しみです。



ひょっこり久寿田さん登場


ちょっと見えずらいですが、真ん中の黒いTシャツの人が久寿田さんです(u_u*)

ダメ出しは役者にだけではありません。
ピアニスト、衣装、大道具にもこの場で言われるのです。
なので、みんなこの場にいるのです。


台本のいずみ凛さんより


原語と日本語との違いをしっかり指摘してくれました。

原作、訳、台本、作曲、役者……
と、作品がどんどん受け渡って行きます。
その流れの中で、原作はどうだったか、日本語だったらどうするか、など、
本当にどのセクションの人も、じっくり考えて作られているのだなっと、
なんだかドキドキしました(u_u*)




さて、本番までまもなく!
ドキドキワクワクしますね(・∀・)!
今日はA組の通し稽古をしました!
ピアニストはA組が本番でもお世話になります服部真理子さん。
稽古初日にいきなり通し稽古をして以来、真理子さんが稽古ピアノで来る日に決まった場面の稽古が続いたり、A組は自主稽古ばっかりしていたりして、真理子さんとはお久しぶりなシーンがいっぱいでした。




私がちょこまか走りまわって、大汗をかいて顔を真っ赤にしていると、田中さとみお姉さんに「梅干し太郎」というあだ名をつけられました。気さくで楽しい先輩です。
通し稽古を終えて汗びっしょりの衣装を脱ぎながら思いました。あれれ。オペラってもっと優雅なイメージだったんだけどな。

終わって、ダメだしです。



私は、音楽をBGMにしないで!と言われました。
歌と台詞と気持ちと音楽と…。
ひゃー!オペラって難しくって面白いなぁ!
帰りの電車で今日の通し稽古の録音を聴きながら思うのでした。

明日もがんばるぞー。






こんばんわ、
演出部の西田です。

今日は劇中で使われる小道具をのぞいてみましょう。


これ、可愛いでしょ。
ホーローです。ヤギさんがついているの。
中には…、何か入ってますねえ。
何が入っているかは歌のなかに出てきますよ。


これは、ビールのビン。
ベルギー製で、今でも買える。
彼と同じ味が味わえる!?


これは、パン。見れば分かりますね。
しかし、消え物(本物のパン)ではないのです。
何でどうやってできているか、わかるかしら?
ヒントはセットで多く使われているものです。



これはカンテラ。
演出家の注文で作られました。
実は西田が日常で多量に摂取するものの容器で、川合福太郎君がいつのまにか作ってくれたのです。
どこで出てくるのかしら?


そして最後はこちら。
可愛らしいヘイゼルナッツ色の瞳。
壹岐隆邦くん渾身の、今のカンパニーのアイドルです。
きっといつか皆様に出会えると思います。

時代があるものなど、今では手に入らないものや、特別な使い方などもあるので、舞台の小道具は作り物が多くなります。

どんな素材で、どのように作るかは演出部に任せられることが多いのです。

劇中にちょいっと出てくる小道具にいろいろ思いをめぐらせてもらえたら、幸せ♪
カテゴリー
最新コメント
[02/09 NONAME]
[02/08 おめめ、キラキラの…]
[02/04 コネコネコ]
[02/03 ちゃみ]
[01/29 コネコネコ]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/