[1] [2] [3] [4] [5] [6]
行ってきました。座・高円寺。あやめ十八番第八回公演、「ダズリング=デビュタント」なのです。

同じ台本、同じ舞台、同じ曲で、キャストと衣裳と編曲が違う、『西洋画版』と『日本画版』を入れ替わりで上演するという、とんでもない公演でした。

そのとんでもない公演に、我らが島田大翼氏が出演するというので、これはもう行かないわけにいかないのです。



島田さんは、『西洋画版』では「医師」、『日本画版』では「妻」の役でした。

ざっくり言うと、「医師」は主役的な存在で、ある時代にヌイエという村で万延していた「柘榴痘」という病気の治療法を探っている人。
そして「妻」は、その柘榴痘患者で、夫と共にダズリング家の地下に閉じ込められているという人でした。


「ダズリング=デビュタント」日本画版キャスト

私は『日本画版』を先に観たのですが、なんというか、色々衝撃的でした…

広い舞台が段差のある空間で仕切られ、視点が次々に移ってぐいぐいとお話が進んでゆきます。
「翻訳劇のようにしたかった」という台本演出の堀越さんの言葉どおり、難しい台詞回しと覚えにくい名前だらけなのですが、なんて言ったらいいのか…とにかく面白くて。
『西洋画版』を基本にしているので、下駄をブーツと言ったり着物をドレスと言ったり、ちょっと不思議な気持ちになる部分があるのですが、それを不自然に感じないようなお芝居なので、後から更に不思議に思うのです。
そして、日本画版ではキャスティングの性別もあべこべだったりして、男性が女性を、女性が男性を演じていたりもするのですが、それも、最初はちょっと混乱するのですが、段々なんだかそれが当たり前に思えてくるので、やっぱり後から「なんでだろう…」と不思議が増すのです。

第一幕の終わりの方でクライマックスがあって、お話が終わってしまう!と思ったのに、第二幕が始まったら、またどんどん展開して、どんどん引き込まれて、一体本当に堀越さんの頭の中はどうなっているのか、すごすぎて、どうしたらいいのかわかりませんでした。あんな絡まって複雑なのに見やすくて引き込まれるお芝居どうやって創るんでしょうか。

島田さん演じる「妻」は、とても可愛らしくて、儚げで、後ろ姿なんかもう女性そのもので、なんだかドキドキしました。娘を守ろうとするところや、とんでもない騒動の最中に夫に「お帰りなさい」と言うところなど、胸が締め付けられる思いでした。劇中でうたう歌はどこか懐かしくて、切なくて、島田さんも、作曲の吉田能さんも、やっぱりすごい人だなあと改めて思いました。


「ダズリング=デビュタント」西洋画版キャスト

『西洋画版』は、こちらを基本にしているだけあって、なんというか、しっかりした感じ。
配役も、みんなぴったり!と思わせてくれるし、衣裳も装置もみんなぴったり!と思わせてくれるし、日本画版と違うけど同じで、同じだけど全然違って、これまた面白いのです。
同じ台詞でも、言う人が違って、音色や間が違うと、こんなに面白くなったり、儚くなったり、深刻になったり、色々変わるんだなあと改めて思いました。
先日までこんにゃく座で上演していたオペラ『タング-まほうをかけられた舌-』でも毎日「やる人がちがうと全然違って見えて面白いなあ」と思っておりましたが、やっぱりそうなんだなあ!と改めて思うのです。


そして音楽がとにかく格好良くて、入ってくるタイミングも「そう!ここ!!!」みたいに思うところで、本当に吉田さんすごいな!!と心奪われていました。全てを掻っ攫っていく音楽。毎回思うけど、あんな曲が本当にどうやって生まれてくるんだろうと不思議でたまらないのです。頭の中どうなっているんでしょうか…教えてください…天才なんですか…


しかしそしてこの『西洋画版』、島田さんは全く楽器も歌もやらないのです!なんてこった!うた役者ではなく俳優。本当にお芝居だけで舞台に立つのは、島田さんにとって初めてのことだったそうです。こんにゃく座にいるということは歌うのが仕事なのですから、確かにそりゃそうなんですけど、そうなんですよね。まさに俳優デビュタント。すごいことです。しかも主役。格好良すぎです!!

なかなか治療法が見つけられずに苦悩するところは悔しさがビシバシ伝わってきたし、両親を失った「娘」に特効薬を持って来るのが遅すぎると責められた時の「うん……うん……」という相槌は、切なくて、温かくて、苦しくて、攫っていかれそうになりました。ただ腰掛けて話を聞いているところも絵画のようだったし、軽口を叩いているところなんかとても面白くて、声もこんにゃく座の島田さんの役所ではなかなか使わないような低めの美声で、新鮮に惹きつけられました。


なんだか興奮しすぎて伝えたいことがちっとも文章にできてない気がしますが、とにかく振付も格好良くて、素敵な舞台でした。ありがとうございました!


そして、このダズリングデビュタントの公演は、4月23日まで…

みなさんお気付きでしょうか…

そう、うた会の日なのです。

『西洋画版』で千秋楽を迎え、その後猛ダッシュでこんにゃく座へ戻ってきた島田さん。


戻るや否や倉庫でひっそりうるおさんと合わせ…なんとギタリストもやるのです。


更に1人でなんか練習してる…


島田さんの歌った歌はMALICE MIZERの「ヴェル・エール~空白の瞬間の中で~」。

衣裳もぴったりでした。


本当におつかれさまでした!
「オペラ『タング-まほうをかけられた舌-』+うたのステージ」、4月16日に無事終了しました。ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。


暗い中キメてるしんちゃん。

2月13日に始まった稽古も、途中2つのチームに分かれて他の演目を公演し、ちょうど一ケ月の“温め期”を経て、3月28日に再始動しました。


街のウワサを語る人々。

『タング』は3月31日に全曲完成し、一気呵成に仕上げて本番までぐいぐい進んでいきました。


振り付けを覚えるために2組同時にお稽古。

「うたのステージ」も大幅な改編や振り付け、楽器の演奏があり、一同やってもやってもやることがたくさんある状態を駆け抜けて、初日の幕が上がりました。


ピアニストにメイクを施すA組ナツメグの玲子さん。


プロも唸った照明は、座員の佐藤敏之さんのプラン!愛情たっぷり注いでくれました。


萩さんはロビーで全労済マスコットの“ピットくん”と満面の笑み!


4月入座の新人2人も販売やお茶場係を頑張りました!左が白石静香、右が荒井美樹。真ん中は3年目の制作スタッフ森ちゃん。これからもよろしくお願いします!


劇場に入ってからも稽古稽古です。オペラのセットのまま、ソング「岩手軽便鉄道の一月」を歌うA組。


千秋楽、最後のステージを前に記念撮影するB組。

終演後のロビーにはお客様の笑顔が溢れ、私たちもホッと一安心。来年からは全国を旅します。みなさまとまたどこかでお会いできますように…。



おまけ

翌日はB組少年役のしんちゃんの実家(坂戸の焼肉屋さん!)で有志による打ち上げでした。


すっかりリラックスしてます。美味しかったぁ!

座日記をご覧の皆さま
初めまして。この春から入座しました荒井美樹と申します。これから叱咤激励いただけたら大変嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

入座して早々、新作オペラ『タング-まほうをかけられた舌- +うたのステージ』が、4月12日からスタートしました。
なんと私はお茶場係。出演者やスタッフさんにお腹と喉を潤していただけるよう、お茶やお菓子の準備したりするとても大切な係に任命されました。皆さんに心地よく作品に向き合っていただけるよう、先輩方に教えていただき、お茶場を懸命に守っております(汗)。

今日は、マチネとソワレの間に“ファンクラブの集い”があり、今回はB組メンバーが参加しました。
今回は、日頃応援して下さるファンの皆さまにあらかじめ質問が書いてあるクジを引いていただき、指名されたメンバーがそれに答えるという形で進行しました。いくつかご紹介させていただきます!


◎なんの妖精に会いたいですか?
あかねさん:味の妖精です♪

◎オペラ『タング』の魅力はなんですか?
沢井さん:妖精タングの登場です。タングの歌は、音の跳躍がたくさんあります。少年の成長を見れるところも魅力です。自分で決断して行動する大切さを感じることができます。

◎歌のステージでのお気に入りは?
しんさん:せんねんまんねん。普段、4人でアンサンブルをすることが珍しいです。4人で寄り添って歌うことがすごい気持ちいい〜。

◎『タング』で、聴いてほしいところは?
かおるさん:最後の詞です。最後の詞は、最初なかったけれど、朝比奈さんが書き足してくれました。この詞が足されて作品がより素敵になりました!

あかねさん:最後の歌、素敵ですね!“魔法はある 時々ある”という歌詞が出てくるのですが、“みんなが魔法使い、みんな魔法を持っているんだよ!”と感じて帰っていただけたら嬉しいです。そして、ソングの「ます」のハーモニーも。詩の情景が伝えることができたら嬉しいです。

沢井さん:妖精タングの登場です。タングは必ず、“ドゥドゥチャ、ドゥ、チャ”のリズムで登場します。これが妖精タングのテーマなのです。

◎どんな人に観て欲しいですか?
かおるさん:どんな人にでも観て欲しいです♪小さなお子様から大人の方まで、誰でも楽しんでいただけます。



出演者たちは、稽古や作品について感じていることをとても熱く語っていました。ファンクラブの皆さまが、それを楽しまれて聞かれている様子を見ることができて、私も皆さまの温かさを感じることができました。
そして、沢井さんは妖精タングを演じることを心から楽しまれているのだな〜と思いました♪



話している時も自然とグッタンポーズ!?


B組が“ファンクラブの集い”に参加している時間、この日ソワレのA組は入念な合わせを行っていました。
この安らかな様子は何のソングでしょう??ぜひ会場で確認してみてください♪

オペラ『タング-まほうをかけられた舌』は、明日16日、A組11時、B組15時の残る2回です!
まだ間に合いますので、素敵な魔法を味わいに、ぜひ遊びにいらしてください。
会場でお待ちしております!
はじめまして。 この 4月からこんにゃく座に入座した白石静香です。 どうぞよろしくお願いします!

入座して間もないですが、4月12日から始まった 「オペラ『タング-まほうをかけられた舌-』+うたのステージ 」の公演にスタッフで参加しています。

初めて知ることばかりでフラフラですが、舞台の本番に立ち会うことができて嬉しいなぁ。嬉しいなぁ。嬉しいなぁ!

終演後に座員同士で「ここの歌い方はこうしたら?」とか「あそこが良かったよ」などと話しているのを小耳に挟んで、いつも「ほおお...!」「へええ...!」と心の中で発見しています。

今回の公演は新宿のスペースゼロで4月16日まで上演しています。

今週末何しようかな?と思っている方、当日券もありますので是非いらしてください お待ちしてます!

そしてそして!今回はタングノートが新発売です!
ノートの中には劇中に出てきた あれのあのイラストが...とっても可愛い!
A組B組どちらも観て500円分のタングタング券をゲットすると100円で買えちゃいます!お得ですね!

ナツメグ役の西田玲子さん♪
お待ちしてまーす!
さあ、今日はB組の初日です!!

稽古して、

ゲネプロして、



ダメ出しして、



本番前は思い思いの時間を過ごします。

ギリギリまで楽屋でアコーディオンの稽古をするピアニストのいぐまゆさん。



舞台の加湿に余念がない金村さんとあかねさん。



そんなB組を応援する、昨日 無事に初日を迎えたA組のみなさん。



A組の楽しさとも全然違って、すごく楽しいB組のステージ!!
楽屋のモニターで観ていてもわかるほど、
たくさん笑い声が聞こえました。



写真:姫田蘭さん

今回のオペラでは、最初に少年に魔法がかけられます。

私、ハリーポッターシリーズが大好きで、ハリーポッターの小説を読んで、魔法使いに憧れながら大人になったといっても過言ではないのですが、その中で「1番偉大な魔法は、“愛”だ」と言われます。
小学生の頃の私はこの言葉に大変な感銘を受け、大人になった今でも、
「私は偉大な魔法使いだ」と思っています!

…さすがにこれは言い過ぎましたが、
作り話の小説やオペラの中だけでなく、私たちが生きるこの現実の世界にも、いろんな魔法があると思います。


音楽にうっとりする、幸せな気持ち。
面白い動きに、わくわくする気持ち。
おかしな会話に思わず笑っちゃう楽しい気持ち。
夢を叶えるために頑張ろうと思う気持ち。

そんな、
力強く暖かい“魔法”が、今日のお客様の心に宿ったことを願ってやみません!!


オペラ『タング−魔法をかけられた舌−』+うたのステージ
16日まで毎日公演しております。

いま、まだ迷っているみなさんの心に、絶対に観に行きたくなる魔法をかけました。


ぜひぜひ、ご来場ください!!
ぱんぱかぱーん!!
とうとう、とうとう、オペラ『タング-まほうをかけられた舌-』+うたのステージ、本日幕が上がりました!!
ひゃー!長いようで短かった濃密な稽古の日々…!

昨日はAB両組でしっかりと場当たりをしまして…


(写真:姫田蘭さん)


本日はA組の初日です!

朝から佐藤敏之さんは照明を直していました。


タングは短いオペラですが、照明はこんなにたくさん。愛を感じますね。

お昼にゲネプロをして…

(写真:姫田蘭さん)

うんうん、かなりめきめきと、仕上がっております!!



ゲネプロの後もみっちり自主稽古をするA組の面々


バックステージの暗がりでは、おや…


B組も明日のために、ちゃーんと自主稽古していました。


そんな中、楽屋で突如ハッピーバースデーの歌が…


同期からろうそくを立てたプリンをもらい、本日お誕生日を迎えたのは壹岐くん。
壹岐くんは今回初めてのチケット係をしています。タングのチケット受付で壹岐くんにも会えますよ☆


初めてお客様に披露したこの作品、客席では笑い声や感嘆の声も聞こえ、ドキドキしながら見つめていた私もとっても嬉しくなりました。


新作オペラ『タング-まほうをかけられた舌-』+うたのステージ、明日からの公演も、まだお席がございます!今からでも、急に予定が空いた方も、是非!新しいオペラの誕生を目撃しにいらしてくださいませ☆☆
今日から劇場入りです!!
東京のど真ん中、新宿にあります「スペース・ゼロ」という劇場で『タング-まほうをかけられた舌-』を上演するため、今日から一週間、奮闘していきます!

まずは搬入の為に、トラックを搬入口へつけるのですが、

新宿は交通量がとても多いため、かなり大変でした。
そして、トラックがついたところで仕込み開始です!!

せっせと仕込みを進めていると、とある用途で短めの延長コードが必要になりました。
そこで、

演出部の北野さんが、延長コードを短く改造してくださいました!

慎太郎さん、玲子さんと僕は、その北野さんの作業を見て、勉強させてもらいました。
普段何気なく使っているものは、こういう作りになっているのだなぁ、と思いました。

そして、怪我人もなく無事に仕込みを終えることができました!
またひとつ、勉強になりました!

いよいよ初日が迫ってきました!ぼくたちの新しいオペラ『タング』を、どうぞお見逃しなく!



おまけ

仕込み中に爽やかな笑顔で写真に写ってくださった、少年役の慎太郎さんと篤史さん



さあさあ、稽古場でのタングの稽古も今日が最終日。明日からはとうとう劇場入りです!!

そんな日に、B組ピアニストの「いぐまゆ」こと、井口真由子さんがタングにぴったりのカレーを差し入れてくださいましたー!!
この前のカレーパーティーの時にも美味しいカレーを持って来てくれたいぐまゆさん。
みんな大喜びでもりもり食べます!

元気になったところで、稽古場最後の通しがスタート。
お互いの組を見合って、いろんな意見を聞いて、新たな発見がたくさんあって。
まだまだより良いオペラにできそう。
明日はいよいよ劇場へ乗り込み!!

よーし、頑張るぞー!!
昨日のみっちり稽古を経て、今日は両組通し稽古!

演出家さまと、演出助手さま!なにやら楽しいひらめきが?!


休憩時間、大流行の冷凍パスタを食べる人たち!
このタングの稽古場、毎食必ず誰かが冷凍パスタ食べてます。流行らせたのは演出部の佐藤敏之さん。このパスタ部長は、慎太郎さんのお誕生日に一週間分のパスタをプレゼントしただけでなく、なんでもないわたしにも「普及活動中なんだ!」と言ってパスタをプレゼントしてくれたりしました。普及活動大成功で、本当に大流行中です。本当にね、おいしいのにね、安い!のにね、おいしい!!是非おためしくださいー!


休憩中に、振付の確認をするタングと少年。ソングのステージは楽しい振り付けもたくさんありますー(*^^*)


衣裳部さまも作業中!天使の羽をつける、天使のような由季さま。


明日も通し稽古!積み上げていきたいですー!どうかどうか!新作初演のオペラ『タング』!お見逃しなく!!です!!!劇場でお待ちしています!
今日はB組のみんなとは離れて、1日中A組のみんなとソングとタングをやりましたよ♪ヾ('∀'o)ノ
稽古場ではあとほんの数日しかないですけど、まだまだきっと高まっていけると思うでありますo(*''▽''*)/☆゚’
楽しんでもらえるオペラになるようまだまだ精進です!!!

A組も、B組もとっても集中した1日でしたね!

A組のみんな(*ノ´∀`*)ノ♡
カテゴリー
最新コメント
[04/08 コネコネコ]
[04/02 コルシカ]
[03/25 ちゅうじ]
[03/20 NONAME]
[03/20 路都]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/