[1] [2] [3] [4] [5] [6]
3月9日から始まったオペラ『想稿・銀河鉄道の夜』のツアーもいよいよ千秋楽。最後の会場は名古屋市芸術創造センターです。


寒い日が続いたけど最近やっと少し春を感じますね。そろそろ桜も蕾が膨らんできたかな。そんなことを思いながらいざ仕込み開始!

さて今日の搬入は舞台のせりを使います。普段は荷物を降ろしながら同時進行でどんどん準備を進めていくのですが、今日はみんなでまずトラックから全部荷物をせりに乗せて、一緒に準備開始。時間はかかるけどみんなで同じことをするのはちょっと楽しい。最後だし舞台部、照明部、衣装部、制作部みんなで仲良くね。


せりに乗って上がっていくのはなんとなく楽しいのです。ワクワクする人々✨

最初は時間がかかってどうなるかと思った仕込みも、回を重ねるごとに効率が上がって早くなりました。さすがだなぁ。そんなこんなで今日はちょっと余裕があったので、照明部はみんなでWBCを見ながらお昼を食べました。こんなにゆっくりご飯を食べながら話せるのはこのツアーで初めてかも。楽しい時間でした。日本は負けちゃったけど。。。


畳だとなんだか寛ぎたくなります。お昼寝もする照明スタッフ様。

本番前のお稽古もスペシャルでした。千秋楽だから!というわけではなく。。。
なんと!
今日は!


富山先輩のお誕生日だったのです(≧∀≦)
舞台が銀河ステーションに転換されるお稽古の時、車掌さんの前に赤い球が降りてくるところに。。。なんとプレゼントも一緒に降りてくるという演出でした。


びっくりしてもらえたでしょうか?
富山さんおめでとうございます!

今回の名古屋公演はいつもこんにゃく座を応援してくださるファンの方の「名古屋でもこんにゃく座の公演をやりたい」という熱い言葉から実現しました。今日までこの公演のためにたくさんの力を貸していただき。。。おかげでいっぱいのあたたかいお客様に囲まれて、このツアーの千秋楽を迎えることが出来ました。


ちゅうじさん、まきさん、本当に本当にありがとうございましたm(._.)m
また名古屋で公演出来るよう私たちも頑張ります!!

これでオペラ『想稿・銀河鉄道の夜』すべての公演が終わってしまいました。大好きな作品だっただけにちょっと寂しい。でも東京公演から京都、広島、町田の高校公演、長野、名古屋とたくさんのお客様に見ていただけ、この作品ならではの空間を共有出来て、幸せな時間だったなぁと思います。またいつか?公演出来る日が来るかな?来たらいいなと思いつつ。。。
みなさま本当にありがとうございました!!


おまけ


たくさんお世話になりました楽士さま。最初に登場する時、各々自由に教室の机に座ったりされているとか?個性豊かな素敵な方々です。またご一緒出来るのを楽しみに。。。


名古屋は私のふるさとからも近いのです。たくさんの方に見にきていただけ嬉しかったので1枚だけ。


おしまい。
長野市芸術館は改装されたばかりだそうでどこもピカピカで、
用途に合わせてホールがいくつもあるのですが、今回は客席が150席程のアクトスペースという場所。
お客様が目の前で、臨場感溢れる舞台となりました。


これまでのホールとは距離が随分違うので、バミリを取り直し、転換の動きも変える必要があります。長野スペシャルバージョンです。


リングが益々の存在感です。
星を映し出す場面では、プラネタリウムのような美しい空間に包まれました。


制作マネージャーの花さん。


本番中はこのようにムービング(照明)のキュー出しをしています。0.何秒のタイミングを逃さぬよう真剣な眼差しです。


こちらは舞台スタッフの玲子さん。星座表の修理をしているところ。
強力で温かなこのお二人のおかげで、銀河の初ツアーは大変ながらも楽しく進んでいます。

出演者のなかに長野出身者(梅村さんと橋爪さん)がいることもあり、アクトスペースでの公演は2日間ともほぼ満席。
18日のほうは子どもたちもたくさん来てくれました。
小さな子には少し難しいかな?と予想したのですが、大学士や鳥捕り等はキャッキャッと笑ってくれ、楽しいシーンは多いに盛り上がり、シリアスなシーンはじっくりと観入ってくれているようでした。
役者のほうもその手ごたえを感じてノリノリで、本当にお客様と一緒に作りあげた舞台となったのでした。

私の地元富山からもお客様が来てくださいました。小学校の時の担任の先生。先生には子どもの頃、宮澤賢治の作品の面白さをたくさん教えてもらいました。
いつか富山にも賢治オペラを届けられるといいなあ!
「暖かい」「爽やか」「明るい」「華やか」「優しい」……ポジティヴな言葉って響きも明るいものが多い気がします。
さて、ロボット組は、
神奈川県川崎市宿河原から、和歌山県和歌山市和歌山市民会館へ。
ア段が多いとなんだか元気になりますね。
海が近く、風も強くで肌寒い日ですが、『テトのパンは"あ"』を歌って緊褌一番。そう、この曲もア段が並びます。そんなところも、この歌の持つパワーのいち要因なのかもしれません。
本番前の稽古の終わりには、皆で『テトのパンは"あ"』を歌いながらプリセット(準備)をします。これからやるぞ、って感じがして好きな時間です。

今日は和歌山こどもの広場、和歌山みなみ子ども劇場、きのくに子どもNPOの皆様に観ていただきます。
おやこ劇場主催の公演は、毎回ロビーを観に行くのが楽しみのひとつ。
今回のロビーには手作りロボットがところ狭しと並んでいました。


他にも宣伝に使った凧に、帽子やエプロンも、もちろん手作り。

こちらも負けていられません。
準備から入念に。

最近、毎回のように小道具の修理をしている藍乃さん。

なにかと激しいオペラですから、消耗も激しいようです。

いざ開演。


修理していた小道具も無事に役目を果たしました。



暖かい拍手と声援が送られ、とても良い舞台になったと思います。
カーテンコールではワークショップを受けた親子たちが舞台にあがって、一緒に『テトのパンは"あ"』を歌いました。

(リハーサル時の写真)

送り出し中には泣いている子がちらほら。
怒られたとかではなく、ラストシーンに感動してとのこと。
大人ももらい泣き。

入念な準備から搬出のお手伝いまで、本当にありがとうございました。
また和歌山に行ける時を楽しみにしています。



最後にプレゼントまでいただきました。
正しい使い方をしているのは誰でしょう。






正解は、紀州檜を使った靴べらでした。
なんでも会員さんのご家族の手作りとのこと。
本当にありがとうございます。
ロボット組は、愛知県尾西市民会館にやってきました!!
尾西おやこ劇場さん主催の公演です。

この日も、せっせと舞台装置を組んで、照明さんが照明をセッティングして、一息つこうかなと楽屋に向かっていったら、



慎太郎さんが搬入口の近くで自主稽古!
寒い中、空いた時間を有効に使って自主稽古する姿……かっこいい!!
いつでもどこでも精進せねば!そんな気持ちになりました。

そして、楽屋の方へ戻ってきたら、



美味しそうな小夜食がずらり!
んー、どれを食べようか迷っちゃいます!
とっても美味しい小夜食に、みんな嬉しそうでした!

そして、もうひとつ!とっても嬉しいものが……!



小腹を満たすために用意してくださった、おやつロボットくんです!
とっても可愛い♪
子供たちが一生懸命作ってるところを想像すると、さらに嬉しくなりました!
余談ですが、今は中身のおやつは食べてしまいましたが、我が家のテレビの前では「小物入れロボット」として活躍しています(笑)



美味しい小夜食と、おやつロボットくんの力を借りて、無事に公演を終えることができました!

本番中は自分が感じたことを素直に、ツッコミのように発する子供がいて、とても楽しい本番でした!
普段、当たり前のようにやっているシーンも、ひとりひとり感じ方が違うのだなと、改めて思いました!

次の公演は横浜市にあるみどりアートパークです!
どんなお客様がいらっしゃるのか、いまからワクワクです!
町田市民ホール
成瀬高校の公演。
この旅で唯一の高校公演。
この旅で唯一の関東公演。


リフトで搬入~
演劇部の生徒さんが仕込みお手伝いにきてくれました。
搬入後も照明機材の仕込みにも少し参加してもらいました。

佐藤さんが先生役

公演日。
公演は、1、2年生が観劇。
『えっ?!3年生は?』と不思議な心持ちになりましたが、そういえば高校の卒業式は3月の前半で、長ーい春休みを過ごしたことを思い出しました。

高校生はとても静かで一般公演とは違う集中で、観てくれました。

終演後、楽屋に来てくれた生徒さんがいました。
中学生の頃、[銀河鉄道の夜]をやったことがあったそうです。

先生・尼さん役
の梅さんと萩さんと4人でプチ交流会

私たちも新鮮な高校公演でした。
岐阜県にあります、東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホールにやってまいりました!


客席に提灯が!和風です。

主催の“中津川おやこ劇場”の方が、「ここで歌舞伎は観たことないんですけどね〜(笑)」とおっしゃっていました。

ロビーでは、会員のみなさんが行ったパン作り、ロボット作りのワークショップの写真や手作りロボット、1月に萩さんが訪れてワークショップを行ったときのレポートなどが展示されており、今日の日をみなさんでとても楽しみにしていてくださったことがとても伝わってきました。





等身大ロボットと、制作マネージャーとしてきびきび走り回ってくれている彦坂さん。



たっぷりの小夜食を用意していただき、本番前に腹ごしらえです。舞台監督の中島さんと裏方としてロボットツアー初参加の壱岐くん。



稽古中の一コマ。以前もこのショット撮りましたが、なんだか好きなんです。みんなでどこを見るか決めてるところ。

本番が始まると、最初は静かに観てくださっていましたが、だんだんヒートアップして、最後は大盛り上がりで終わりました。

バラシもみなさんで積極的に手伝ってくださって、たくさんのこどもたちも残ってくれました。


笑顔がたくさん!本当にありがとうございました!


今日は愛知県、岡崎市で公演でした!


仕込み前に、気合いを入れて木登りを始める井村さん(^_^)とっても元気です!


仕込みもだいぶ慣れてきて、さとるくんもテキパキと、パネルを組み立てています!頼もしいー!!


衣装を念入りにチェックしている、薫さん!
今日はテトの靴が剥がれていた所を直してくれました!
いつもありがとうございます!!


今日の劇場は500席程で、ほぼ満員のお客さんが観劇してくれました(^-^)
岡崎おやこ劇場のお客さんは、小さい子供も沢山いて、みんな本当に集中して観てくれて、とっても嬉しかったです(o^^o)


今月は後、2回公演があります!

25日に、横浜市緑区民文化センターでの公演はチケットはまだありますので!!是非!!
観にきてくれたら嬉しいです(^-^)
2017年度最後のツアー、ロボット組のメンバー紹介です!
2015年5月のロボット組の一番最初から見守り続けた、演出助手で、旅では裏ロボットだった小林ゆず子さんにみんなのことを書いてもらいました★


テト * 金村慎太郎

ある演目のお稽古の時「これからはお弁当を作る」と宣言したしんさんはその演目のお稽古の間中、毎日いろんなものを作ってお弁当を持ってきてました。それに影響されて周りの人たちも手作りのおかずを作ってみんなで交換したりして。。。なんか食卓を囲む家族のようで楽しそうだったなぁ。しんさん、またやって!


ココ * 飯野薫

美味しいものを食べている時、本当に幸せそうな顔をする薫さん。あの笑顔は人を幸せにすると思う。テトの作ったパンを食べて喜ぶココがとっても可愛いのはきっと薫さんが美味しいことの幸せをよく知ってるからなんだろうな。


ママ・モンロー/ノーマ * 相原智枝

お稽古場で飲み会が始まると、あいさんが手料理を振舞ってくださることがあります。おかあさんが作ってくれるご飯みたいで、なんだかあったかくて嬉しくて。稽古後のお疲れのところすいませんと思いながらもあいさんご飯が嬉しくて仕方ないのも本当のところだったりするのです。


ダイヤ/エド/ドリトル * 井村タカオ

まげもんの旅に行ったとき、井村さんの食欲にびっくりしたことを今も覚えています。しっかりお弁当を食べて公演に挑んで、休憩でもうお腹が減ったと言っておにぎりを2つくらい食べ、終わった後もまた何かを食べて。茂平はそれだけ大変なんで全部消費しちゃうんですって。ほぇ。。。


ヘンリー/マニー * 武田茂

茂さんはちゃんとお弁当を作ってお稽古にきます。シャケ弁当。茂さんに料理ってあんまりイメージ出来ないなぁと思っていたのですが。。。台所に立ってご飯を炊いて鮭を焼いている茂さんを想像してみるとなんだか素敵なんじゃないかと最近思ったり。なんてったって今度味の妖精タングをやるんですから!


おっちゃん/花子/ジーン * 沖まどか

『食べることは生きること』『生きることは食べること』1年前にやったソロコンサートでまどかさんがやったオペラにこんなフレーズがあります。それにちなんでまどかさんが美味しそうに食べている写真だけを集めて、島田先輩が素敵な画像を作ってくださっていたのです。本当に元気のもらえる素敵な素敵な画像。食べてる姿で人を元気に出来る人をだと思う。


サファイア/シオン * 泉篤史

この細い身体のどこにそんなに入るの?というくらい本当によく食べます。日本昔話に出てきそうな、お茶碗に山のようにもられたご飯を、おかわりしながら最後まで美味しそうに、そしてゆっくりと噛み締めながら食べる人を初めて見た。どんなものも時間をかけてちゃんと味わう。食べることを大切にする人。


ルビー/ハロー * 大久保藍乃

いつの旅だったか。。。調理器具をもって旅に出た藍乃さんは毎晩ホテルのお部屋でスーパーで買ってきた食材をやりくりしてご飯を作っていたそうな。昨日はこんなの作ったょというメニューがおしゃれで素敵でびっくりしたものです。料理を振る舞うのが好きなんだって!いつか食べさせてもらわなきゃ♪


ピアニスト * 湯田亜希

旅先でのご飯は、ツアーメンバーで集って食べに(飲みに?)行くことも多いのですが、湯田さまもよく「行く行く♪」と一緒に来てくれます。おしゃべりなわけでもないのに、ふと気がつくと湯田さんの話題になっていることもしばしば。ほんわかした雰囲気でみんなを包んでくれる本当に素敵ピアニストさんです。


裏ロボット * 大久保哲

大きい身体がポイントの哲だけど、実は私はあんまり食べてる姿を見たことないのかも。。。まだまだ若い哲は食生活の乱れをお姉さま方から指摘されたりしてます。ちょっと微笑ましい。なんて笑。アドバイスを聞いて少しずつ大人になっていってね。


制作マネージャー * 彦坂仁美

美味しいものが大好きな彦さん。旅先のお茶場でもあれが美味しかったよ!これは絶対食べた方がいいから!とにこにこ教えてくれます。そして野菜も果物も大抵のものは皮ごと食べます。にこにこしながらバリボリ食べます。彦さんのパワーの源は美味しいものを食べることなんだろうな。


舞台部 * 鈴木あかね

旅先のお茶場で『あかねさんからの差し入れです』と書かれた素敵なものに出会います。その土地のお菓子とか果物とか。バタバタしている旅の中で、その土地の空気を感じさせてくれるそれらの差し入れにお腹だけじゃなくて心も満たされたりしています。


舞台部 * 壹岐隆邦

スイーツ男子な壹岐さん。行きつけの美味しいケーキ屋さんがあったり、美味しいお饅頭を差し入れてくれたり。さすが様々なことにこだわるお方です!!今度壹岐さんの好きなケーキ屋さんにこっそり行ってみようと目論んでいるわたしです。



演出助手 * 小林ゆず子

鄭さんが来るときは、鄭さんのお気に入りのチョコレートを。稽古場でのお茶場のお菓子もいっつもバランスよく用意してくれたり、コーヒーなどにもちゃんと気配り。演出助手としても、みんなの動きを把握し、稽古場に誰かお休みがいれば、どんな役の歌も歌ってしまう。本当になんでもできちゃうみんなのお姉様!!!
ちなみに、実の妹さんはももこさん。お店に柚子商品と桃商品が並んでいると、すぐに妹さんに報告しているらしい。かわいい。





2017年度3月はこのメンバーでお届けします♪
お楽しみに!



文章:小林ゆず子、大久保藍乃(ゆず子の紹介文)
京都から車を走らせ、広島県へと向かいます。


空にのぼるジョバンニ


負けじと宙を走る!


鉄道博物館でお土産を買ってきてくれた富山さん。素敵な缶に入ったチョコレートです。

移動日にもいろいろなお楽しみポイントがあるものです。


さてさて、本日の広島公演は、仕込み時間がなかなかタイト。


スピーディーにリングを吊って


スライド投影スタンバイ!


重い道具だって1人で動かせるもんねー!


明かりの下で楽しそう
ふざけてるわけじゃありまけんよ、楽士さんはこの辺ですーと位置を教えてくれているのです。



と、突然はしゃぎ出す人々が

「素粒子」と呼ばれるものが舞台に立つとき、三角形の照明が当たるのですが、その光の中に入ると不思議な面白さがあるそうで、梅さんや真理子さんは、明かりが動いて三角形が出る度に大喜びでその中に入っていました。

慌ただしい中でも楽しみを忘れない、大切なことです。



コンパクトな舞台でしたが、みんなで精一杯ダイナミックに動き回って、銀河の世界を創りました。
たくさんの笑い声やすすり泣きが聞こえて、やっていて嬉しい気持ちになりました。


いちごとバナナが盛られたバケツをいただき、喜びの香りに包まれるジョバンニとカムパネルラ


広島のみなさま、ありがとうございました☆☆
次は町田、そして長野、名古屋へと旅をします!
3/25に横浜市のみどりアートパークで行われる「ロはロボットのロ」の事前ワークショップに行ってきました!

井村さんと飯野、ピアニストは湯田さん。この三人でぷかぷか(3/25の公演を主催してくださるおいしーいパン屋さん!)のワークショップに行くのは3回目!
二年前にもぷかぷかさん主催でロボットの公演をしていただき、その際も2回ワークショップをさせていただきました。

今回もこどもから大人まで!40人程、たくさんの方が参加してくれました。2年前に見た懐かしい顔もたくさん(*^^*)

ワークショップでは、

大きな声をだしてみたり。大きな声を出すと体も温まるし、なんだかすっきりする!

ピアノにあわせて、ライオンや蝶々やお魚やおばけや蜂になって歩いてみたり。元気いっぱいのサメやおばけや蜂に追いかけられ、大人はへとへとでした(・ω・`*)

オペラを体験してもらったり。日常会話に歌をつけて即興で会話をしてみる!これがちょっと恥ずかしいけど、やってみると日常会話がなんだかいつもよりちょっと楽しい事みたいに感じます。不思議。

ロはロボットのロからは

パン工場で働く「パンロボット」になってもらったり、

テトが冒険するシーンを使って皆に山や川や森や色々な道行きを作ってもらいました。新聞紙を使って、ガサガサ、ザワザワ、ヌルヌル、色々な音や風景を作ります。

2年前のワークショップが大変たのしかったので、みんなと一緒にやってみたいことを事前に(当日の思いつきも)3人でたくさん考えたもんだから、時間が足りなくなってしまって。もっともっと音楽や体を使ってみんなと遊んでいたかったなぁ。皆、自由にそれぞれのペースで楽しんでくれている様子が感じられ嬉しかったです!

楽しい時間をありがとうございました!本番も楽しんでいただけますように☆

ワークショップの様子は【ぷかぷか日記】からもご覧ください!



3/25のみどりアートパーク公演、チケットまだございます。

この公演は、地域の大人たちとぷかぷかで、《子ども達にオペラをプレゼントしたい!》という思いから、チケット代はこども500円!

中高生2000円 大人4000円(寄付金付きは5000円)

是非親子で、ご近所の皆さんで、お友達もいーっぱい誘って劇場へお出かけください!

最後に、ワークショップ終了後も居残りをして素敵な絵を描いてみせてくれた画伯の絵です!じゃん!
カテゴリー
最新コメント
[03/25 ちゅうじ]
[03/20 NONAME]
[03/20 路都]
[03/19 NONAME]
[03/16 花島春枝@こんにゃく座歌役者]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/