[1] [2] [3] [4] [5] [6]
どうも。高岡由季です。
8月から稽古が始まり、9月14日に幕を開けた新作初演オペラ『グスコーブドリの伝記』は、
毎日満員のお客様に支えられ、18日に無事に千秋楽を迎えました!!

その興奮も冷めやらぬまま、すぐに始まる旅公演に向けて3つの演目「ネズミの涙」、「森は生きている」、「銀のロバ」の稽古がスタジオを入れ替わり立ち替わりで始まっています。

が、ここでゆっくりとオペラ『グスコーブドリの伝記』にかけた日々を振り返っていきたいと思います!!

まず、私が今回つとめました衣裳部は、
ほぼ全ての衣裳を1から作るということで、けっこうな気合いで挑みました。

舞台美術、衣裳をデザインされた乘峯さんの素敵な衣裳画を具現化すべく、ひたすらミシンに向き合った日々。。。



土台となる服を作り、



試行錯誤して、



完成したときは、かなりテンションが上がって記念写真を撮ってしまうくらい達成感がありました!
最高に楽しかった!
親バカとでも言いましょうか、みなさんが衣裳を着た姿が愛おしすぎて。。。



背中ファスナーの三人娘がお互いに着せ合う姿も、
可愛くてしょうがない!眼福。



その愛のあまり、岡原姐さんの衣裳のメンテナンスするつもりが逆に汚れを付けてしまう事件もありました。(写真はヤラセですよ。もちろんね。)

そして稽古場では、衣裳よりはるかに厳しくも楽しい試行錯誤が繰り返されておりました。



持った瞬間に心の中で『重ッッ!!!』と叫んでしまった、この舞台装置のさばきかたから始まり、

色んなシーンをより魅力的にみせるため、



舌を真っ赤にしてみたり。



はたまた緑にしてみたり。



大翼さんと泉まで舌を黒くしてました。

こちらの泉くんは今回、毎公演でちょっと笑ってしまう前説をやってくれました。
泉の前説を聞くために、舞台袖までやってきて耳をすます出演者やスタッフもいたとかいなかったとか…。


時々休んだり、



団欒したりしながら、



みんな一丸となって、
毎日あーでもないこーでもないと言いながらグスコーブドリの伝記を作っていました。
出演者もスタッフも本当に仲良しでした。



いつだったでしょうか、稽古場の窓から見えた大きな虹も、そんな彼らの稽古を応援してくれているようでした!

劇場に入ってからも、みなさんの探求は最後まで続きます。





オノマトペたちがトランクから出てくるときに使った奈落はたくさんの人の手によって作られました。
(敏之さんが興味深いTシャツを着ている件については後ほど…)

魔法のように荷物をまとめるべく、楽屋でも小道具さばきを稽古するクーボー大博士。



そこらへんにあるものを文鎮にしながら、巨大おりがみをするいっくんさん。





おや?いっくんさん、今回の公演のためにお髭を生やしました。すごく似合う!!



エネルギーチャージも忘れずに!!



彦坂さんも、お茶場をこしらえて満面の笑顔でサポートしてくれていました。

舞台袖では、こんな遊びも。



劇中で、ブドリが履いた靴を一度脱ぎ、また舞台袖で履いて舞台へ出ていくところがあるのですが、
敏之さんは本番ごとに楽しくその靴をデコレーションしてブドリが履きに戻ってくるのを待っていました。

みんなの仲良しっぷりも相変わらず、



衣裳部は狭い廊下を並んで歩いたり、



女子楽屋でキャピキャピと記念写真を撮ってみたり、



岡原さんに



みんな似てきたり。



とくに薫さんは髪型までお揃いで、「コカハラ」(小岡原)と呼ばれたりもしていました。



こちらのお二人も。
赤毛の大阪コンビ、息ぴったりです。

こんなにもみんなが団結したのも大きな力となり、素敵な舞台を作り上げることが出来たのでしょう。



優しく、儚く、誠実で、真っ直ぐな、久さん演じる宮沢賢治。



まさにこの後すぐ、トランクから飛び出すべく奈落にスタンバイするオノマトペたち。

この、宮沢賢治が生んだ言葉たちが彼自身に憩い、物語を紡いでいく姿はお茶目でキュートで楽しくて、そしてミステリアスで。
「グスコーブドリの伝記」を書いた、宮沢賢治さんのことを想わずにはいられませんでした。

公演後の挨拶で、萩さんが、「この『グスコーブドリの伝記』が新しくこんにゃく座のレパートリーに入ることが嬉しい」と言っていました。
しままなぶさんの台本、寺嶋陸也さんの作曲により書き下ろされたこのオペラ、私もずっと舞台袖で口ずさんでいました。
再演を願います!

そんなこんなで、暖かい拍手に包まれて
オペラ『グスコーブドリの伝記』は幕を閉じました。

本当にありがとうございました!!!


《おまけ》

座内スタッフたちも張り切って、オノマトペ衣裳になぞらえてスタッフTシャツを制作いたしました。



それぞれ、スタッフにゆかりのあるオノマトペ?が書かれています。



可愛いでしょ。

写真/こんにゃく座のみんな
こんにゃく座のファンクラブ「こんにゃクラブ」では、東京主催公演の際、出演者と交流ができるイベント「ファンクラブの集い」を毎回開催しています。

オペラ『グスコーブドリの伝記』公演4日目に、この「ファンクラブの集い」が開催されました。

今回は、終演後の余韻が残る劇場で、まさに今、公演を終えたばかりの出演者によるアフタートークを行いました。



司会のあかねさんが、様々な角度から切り込みます。

出演者たちに自分の役名にもなっている “オノマトペ” の説明をしてもらった後、寺嶋さんの音楽やしまさんとの稽古の様子、苦労話やウラ話をたっぷり語ってもらいました。



"オリザの病気" の秘密も語られました。


その後、こんにゃクラブの皆さんにも舞台上に上がっていただき、舞台美術に実際に触ったり、動かしたり、真近で『グスコーブドリの伝記』の世界を体験していただきました。



釤文字たち"が出てくるトランクの中を覗いています。

25名以上の方に参加していただき、とても充実した楽しい集いになりました。
『グスコーブドリの伝記』も無事に終わり、皆の興奮も冷めやらぬ中、座では『ネズミの涙』と『森は生きている』の稽古が同時に始まりました!

こちらBスタジオでは、『森は生きている』の稽古が行われます。9月21日から24日まで、セットを使わずに、音楽稽古と動きの確認をしていきます。

今年の『森は生きている』は、まず10月第1週目に始まるチームをA組、第2週目に始まるチームをB組と名付け、それぞれのチームで丁寧に稽古していきます。

『森は生きている』は、ホールで一般のお客様を対象に上演されるものをM、学校の体育館で上演される少し短い版をTMと称し(体育館Mの意)ています。「今日はB組でTMをやります!」というように、それぞれのチームでいろいろなパターンを稽古するのです。

今回のツアーで初めての組み合わせなどもあり、稽古場では狭いながらも熱い稽古が繰り広げられました。


宮廷に仕える廷臣のみなさま。


女王陛下と取り巻きのみなさま。

明日からは隣のAスタジオに移り、セットを組んで、また丁寧に稽古していきます。

まだ稽古は始まったばかり!ツアー開始まで熱くがんばります!
9月19日(月祝)曇りのち雨

オペラ『グスコーブドリの伝記』連日満席で無事千秋楽を迎えられました!感謝感謝です!

その翌日、我らが梅さん(梅村博美)がゲスト出演するアンサンブルポトフの第1回目のコンサートに行ってきました!
アンサンブルポトフの楽器はピアノ、ヴァイオリン、フルート、 声(バリトン)の4つで、ピアニストはこんにゃく座が大変お世話になっている服部真理子さんです!

会場は祐天寺にある聖パウロ教会

祭壇にはこんな素敵なパイプオルガンがあります。
祭壇の前のスペースで演奏されました。

前半は宮沢賢治の詩によるソング(独唱、二重唱)やピアノ、ヴァイオリン、フルートによる小品他
後半はバッハのコーヒーカンタータを日本語で聴かせて頂きました!
梅さんの天真爛漫な娘役、可愛らしかったです!梅さんが訳した所もあったそうで会場から笑いが起こってました(^-^)


そして衣裳もステキ!


なんと!大ちゃんが作ったそうで、終演後一緒にパチリ

お疲れ様でした~!


彦坂仁美
こんにゃく座の新作オペラ、グスコーブドリの伝記、いよいよ初日を迎えました。

ありがたい事に前売り券は全日完売!



役者陣も昨日今日とゲネプロを済ませ、



富山さんの差し入れ、カヌレで糖分を補給して、



演出部も大忙しで、合間に立ち食い蕎麦をきめて、



今夜の本番に備えます。

当日券も各日、若干枚でるので、急に予定が空いた方もお越し頂ければ幸いです。

新商品も揃えてお待ちしています!



俳優座劇場への道案内はこちら
昨日9月12日は俳優座劇場での仕込みでした。
スタッフと仕込みメンバーが仕込みをしているその間、私は次の公演で三菱UFJ 信託芸術文化財団の助成金をいただくので、大手町の銀行倶楽部というところで行なわれた贈呈式+パーティーに行って来ました。
いろいろな方にご挨拶して一旦家に帰り、それから夜は元さん(山元清多さん)の7回忌ライブというのが下北沢で
あり、元さんの奥さんのなっぱさん(稲葉良子さん)が歌うのを聞きに行きました。
なっぱさんの歌とおしゃべりで、元さんをたっぷり懐かしむことができました。

さて本日、午前中ものすごい雨でした。
午後は少しおさまりましたね。
劇場では昼過ぎから、ピアノやクラリネットの位置なども確認をして、奈落からの出入りも確認し、13時前から止めながら舞台稽古をやりました。
たいへんスムーズに進み、18時45分から第1回目のゲネプロ。
今日までに細かく細かく工夫してきたことが実って、とても良くなってきたと感じました。
明日もう一度ゲネプロをやってから、初日を迎えます。
初日までまだまだ出来る限りのことをやるでしょうし、初日からの本番でまた気づくこともあり、千秋楽まで舞台が成長して行けるよう、つとめていきたいと思います。



客席でリハーサルのはじまりを待つ衣裳係の3人


ロビーで挟み込みの準備をするうめちゃんとあずみちゃん


お客さまに配られるのを待つごあいさつのプリントとチラシ類


全体リハーサル前の演奏者のおふたり


出番を待つ小道具たち


客席で談笑する制作チーフとちびっこ出演者


賢治の部屋


萩京子
今日から俳優座劇場に小屋入りです!朝9時から元気よく仕込みが始まりました。

座員みんなでトラック2台から荷物を降ろしてせっせと運び、その間に舞台では照明スタッフのみなさんがせっせと仕込みます。

楽屋では、衣装部さんが衣装を整えたり、最後の仕上げにかかっています。

照明さんの仕込みがひと段落すると、次は舞台の組み立てです。床にパンチカーペットを敷き、その上に少し高さのある台を仕込みます。

ピアノの搬入も済み、舞台上が整ってくると、今度は照明さんの明かり合わせが始まります。

小道具をセットしたり、道具を片付けたりして、本日は終了です。明日も朝から残った作業をして、夜のリハーサルに向けて準備をします。

出演メンバーも、朝から自分の担当部署の仕込みに加わっていましたが、明日もお昼から夜までみっちりなスケジュールなので、今日は早めに終了…のはずが、なにやら楽屋に残って作業する方が…



なんだかほのぼのとしてきましたね。

いえいえ、決して遊んでいるわけではないのです。

劇場で彼らに会うのをどうぞお楽しみに。いよいよあさって、初日を迎えます!


9月11日は稽古場最終日でした!
日中は14日からの本番に向けて通し稽古をし、夕方から夜にかけて、稽古場一杯に広がっていた舞台装置をバラし、衣装や小道具などの道具と一緒に、2台のトラックへ積み込みます。



こちらはトラック一号の様子。
搬入口のギリギリまで、舞台装置が積み込まれています……!!



こちらはトラック2号の様子。
小道具や、仕込みに使う道具などが積まれていて、まだまだ余裕がありますね!

そして、これらを運び出した稽古場は……



この通り!
少しだけ広くなったようにも感じます(笑)

全ての道具をトラックへ積み込み、俳優座に向けて準備万端です!!
宿河原の稽古場でのブドリ稽古もあと2日となりました。本日も衣裳付きの通し稽古です。

ここのところ連日通し稽古をしているのですが、今日は全体的にちょっと集中力が足りなかったかな?という感じ。最後の最後まで作品をより良くしていきたいという思いが空回りしちゃう時もある…。

そんな日もあるさ、と気を取り直すことも大事だいじと自分に言い聞かせ、せっせとストレッチに励む夜でした。

写真は前髪シスターズ♡

本日は3度目の衣裳付き通し稽古をしました。

衣裳デザインをされた乘峯さんもいらっしゃいました。
通し稽古の前に、衣裳へのダメージを与えるようアドバイスをいただき、心を鬼にしてヤスリをかける私たち。


うおおおおお!


いやあああああ!


ひいいぃぃぃ!!


な゙ん゙でだよ゙ぉ゙ぉ゙ぉ゙!!!


せっかく用意した物をボロボロにするのは心が痛んだりもするものですが、使用感を出すのは大切なことですからね!それもこれも素敵なオペラを創るためなのです。


このところ通し稽古が続いていますが、やっぱりやる度にどんどん進化しているなあと感じます。



稽古を見に来た女優に感想を求める出演者たち


お茶場には懐かしのお菓子が


食べている人?よりも背後の握り拳の方が気になってしまいますね。


それから少し返し稽古をして、今日も早めに解散です。
そろそろ劇場入りが近付いていますから、怪我や事故のないように、みんな力を蓄えねばなりませんものね。

みんなが帰ってからも、演出部は黙々と残りの作業を進めていました。

稽古場にいられるのもあと2日。
残り少ない稽古時間を濃密に過ごし、みなさまへより良い舞台をお届けできるよう、みんなで精進してゆきます。
カテゴリー
最新コメント
[09/17 コネコネコ]
[09/12 コネコネコ]
[09/09 NONAME]
[08/27 コネコネコ]
[08/27 コネコネコ]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/