[1] [2] [3] [4]
5月6日(土) 曇り
『おぐりとてるて』4月27日から始まった稽古はいよいよ最終日となりました!
通しの前にちょこっと気になるところだけ稽古して13:15から通しました。
12:40の稽古場では…
のぶぶが自分が使う小道具のチェックをしていますね
山本伸子

大ちゃんは鬼鹿毛くんに立ち乗りしてますよ~
島田大翼

富山さんは稽古場日記をアップ中
富山直人

うるおさんはもう衣裳を着てスタンバイしてます。
髙野うるお

そしてなぜか大蛇に巻かれる演出家ひろみさん、サックス野原さん、ピアニスト紀保子ちゃんの撮影会になりました!


無事通しも終了!みんな本当に頑張った~!
6月の稽古まで熟成させて6月14日、石川県での本番に臨みます!
おしまい
彦坂仁美(千手観音、姥他)
おぐりとてるて、演出助手の西田でございます。

本日は楽士入りの通しでございました。
この作品は、ピアノ、サックス、パーカッションで、楽士3人の豪華編成。いろいろなおとが聞こえて楽しい作品なのですが、中でも面白いのがこちら。

島田大翼 笙
雅楽のリード楽器「笙」かと思いきや、細い竹に包まれて音を作るのはハーモニカ。
島田さんの考案で作られました。
裏にはちゃんと何番を吸う、吐くと書いてあるの。
ふむふむ。

通し後、いつものカレー屋さんで、こんにゃく座初参加、サックスの野原さんの歓迎会。
皆さんこんにちは。
今日は鬼鹿毛(おにかげ)君が、演技していない時に何を考えているのか聞いてみました。


「この白いバー、くぐれるかな?」


「黒い柱、ちょっと好き。」


お?小栗役の島田さんが何かしてますね。
近寄ってみましょう。



何か修理をしているみたいです。

鬼鹿毛君は‥
「俺、乳牛じゃないよー。しかも俺、オスだし。」
と言っていました。

普段の鬼鹿毛君はとてもおとなしいのでした。


髙野うるお
島田大翼 志々雄真実
どうも、志々雄真実役の島田大翼です。

盛大に間違えました。

小栗判官役の島田大翼です。10日間の稽古も折り返し地点を過ぎ、本日は13時より2度目の通し稽古。連休で天気も良し。連休は我々に一切関係ありませんもので、朝からみんな気合いを入れて稽古の準備を始めています。

島田大翼 おぐり

私もいっそう気合いを入れるために、最近お気に入りのチップスター「アスパラベーコン味」「トマト&オリーブオイル味」を持って来ましたよ。せっかくですからそれぞれ「おぐり」「てるて」と名付けましょう。どうぞみんな食べてください。


3日ぶりの通し稽古は順調に進み。



夕方からは今期公演の楽士さんが揃いまして、頭から順に丁寧な音楽稽古。「おぐりとてるて」初演から出演されている打楽器の高良久美子さん、「おぐりとてるて」には初めて出演するピアノの榊原紀保子さん、こんにゃく座のオペラが初めてというサックスの野原孝さん。皆様どうぞよろしくお願いします。



ちなみにチップスターですが、「おぐり」の方が先に無くなりましたね。「おぐり」の方が人気があるというわけですよ。これを心の励みにし、明日からまた稽古を頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。
新キャスト入り稽古が始まって本日で6日目。
本当に濃密な稽古の毎日で、三人の新キャストをメインにした稽古ながら、初演メンバーにとっても伝えたいことの根っこの部分の再確認が出来たりして、更にパワーアップした「おぐりとてるて」が誕生する手応えがビシバシ感じられます。
一通り全シーンを当たり終えたので、夕食後にもう少し丁寧に稽古したいところをやりました。





むむっ?何を三人で…

そうです。おぐりと大蛇のシーンをエアで稽古してたんですね。大蛇役の花ちゃんと大蛇の化身役ののぶぶが新しくなったので蛇無しでの確認でした。大蛇を操るのはほんと〰に難しいのです‼
妖艶なラブシーンのはずなのに何故か爆笑の連続!しかし必ずや怪しく甘美なシーンにしてくれるでしょう

さあ、明日は2回目の通しです。
夜には楽士さんも揃います。
楽しみです。


(おまけ)

この作品の縁の下の力持ちをご紹介します。

ヒロインてるて役の裕加に持ってもらっているのは[家具スベール]

大きい道具の下の部分に沢山張り付けてあります。
道具はスゴく重いので消耗が激しいのです。
この[家具スベール]無しでは成り立たない❗感謝‼
今日も『おぐりとてるて』演出家入りの稽古です。
さぁ、稽古を始めましょう、とその時、


バキッ!!

装置の一部が壊れた…
でも、大丈夫。
このチームの人々はすぐに修繕します。
何事もなかったように稽古再開です。


おーおー、怪しげな影絵

ひとしきり稽古して、夕食休憩になります。

暗がりの稽古場に何やら蠢くものが…


でたー、よ、妖怪!?

と思ったらのぶさんが見る目とうせんの動きの研究をしてました。
熱心ですね。感心します。

という感じで、順調に新生『おぐりとてるて』の稽古は進んでおります。
新メンバー3人を迎え三日前に音楽稽古を始めたばかりなのに、稽古隊長西田さんは、一昨日1幕、昨日2幕をざっと立ち稽古して本日、演出家の稽古はじめの日に通しましょう、と、のたまわった。私は口は挟まなかったが、「そんなに焦ってどうするの? もっとゆっくり丁寧に相手役と会話しながら作っていこうよ!役者が変われば芝居もガラッと変わるんだから」と内心強く思っていた。
そして今日、演出家、作曲家、振付師を迎えてほんとうに稽古はじめに通してしまった。 結果は「やってよかった!」 だった。たしかに、占い師は登場もドタンバタンした上に出てきても全く歌えなかったり、視る目とうせんも、キャラクターは楽しいんだが、息を切らして意味不明な言語を連発するわ、主役の照手姫にいたっては、えいさらえいーの神がかった歌で、なんとモンキーダンスを披露( 場内大爆笑 ) するわで、破茶滅茶空前絶後な通しではあったが、演出の立山さんが、3人のとってもいいところと悪いところを瞬時に理解し、的確に指摘してくれる、という結果を導き出してくれるという副産物が産まれたのだ。これは新メンバーにとってはこれからの各々の稽古方針がクリアーに見えてきたことだろう、一場面毎に丁寧に作り始めていたらこうはならなかったなあーと強く思った。西やん偉い!
それから以前の小栗の再演の稽古の時もあったんだが、今日も立山さんが「 ね、合唱のそこの箇所、歌い方変わった?」・・・・・みんなキョトンである。同じ様に歌っているつもり・・・・いや待てよ、なんか違う気がする。・・・・ああそういえばもっと小さく歌っていたかも・・・・そうだよ小さく歌って?でもなんでそうしたんだろう?・・・・みんな覚えてないんだ。ソロのうたの時はそうでもないが、合唱の時は何故そんな風に歌ってたんだ?動機はなんだ?・・・と、忘却の彼方なのである。 立山さんの歌い方への記憶はかなり鋭いのだ!
1日、みんなヘトヘトになりました。
怒涛のうた会が終わったと思った途端に次が始まるのがこんにゃく座!
うた会の翌日24日から26日まで、
オペラ『銀のロバ』の稽古。
そしてその翌日、27日からは
オペラ『おぐりとてるて』の稽古でございます。

今シーズンから新メンバーが3名入って、新しい『おぐりとてるて』です。

女性4名中3名が新メンバーです。


前例の女性から後列の女性へバトンタッチ。

はじめの3日で、動きや段取りなどを移します。

初日は朝10時から音楽稽古。
萩さんにアタマから聴いてもらいました。
昼過ぎに萩さんは、ロバ組の初日のゲネプロを見に青梅へ。

午後は、残ったメンバーで改めてアタマからラストまで。
新メンバーは残って、結局夜10時近くまでやったとか。
新メンバーも大変ですが、付き合っていただいたピアニストの榊原紀保子さんも大変でした…本当にありがとうございました。紀保子さんも、今回の新メンバーです。
よろしくお願いします。

2日目も、朝10時に集合して装置の立て込み。そして昼から実際に立って稽古です。この日は1幕、翌日は2幕。
初演キャストの先輩たちの指導のもと、動きを移していきます。


初演時にみんなで考えて作り上げた動きを、新しい人に伝えていくのは中々大変です。伝える方よりも覚える方が大変かもしれません。
しかし、新メンバーの頑張り踏ん張りは凄いです。
よくぞここまで…と感動します。

2日間で、なんとか全部を当たり、明日は演出の立山さんを迎えての初日。
明日、いきなり全部を通してみる予定。

ざっくり、本当にざっくりですが、全部を一回当たってみて、改めて細かく当たっていって、新しい『おぐりとてるて』を作り上げていこう、と思っています。

全体の稽古は終わり、今稽古場の隅っこで、この日記を書いています。
稽古場では、衣装のチェックや個人稽古が続いています。

下の倉庫では、うるおさんが何か装置の修理をしてくれている様子。

明日からまた、新しい『おぐりとてるて』がはじまります。


北野雄一郎 島田大翼

11月8日、昼。こんにゃく座の事務所に行きましたら、来年2月のオペラ『想稿・銀河鉄道の夜』のチラシが届いたというじゃあありませんか。さっそく貰って北野さんと二人で記念写真。北ンパネルラと島ョバンニをよろしくお願いします。

そんなわけでみんなで車に乗りまして13時頃に出発、本日は茨城県の鹿嶋市、鹿嶋勤労文化会館へと向かいます。夕方から舞台の仕込みなのでございます。安全運転で元気に楽しく参りましょう!



さっそく緊張感の走る車内。皆様お察しの通り、花島先輩がローソンで唐揚げを頼んだのに受け取り損ねてしまったまま乗車なさったのです。「足りない」「足りない」と呟き続けておられます。ほらチーズケーキがあるじゃないですか〜と気をそらしてみるも「違う」と一蹴。もう、どうすることもできません。

佐藤敏之 西田玲子

順調に到着しまして、15時半から仕込み開始。本日のホールは大きすぎず小さすぎず、いちばん仕込みがスムーズに進みそうなサイズ感でございました。照明部の佐藤さんも舞台部の西田さんもにっこり。そんな二人を見守る清水さんも、マスクの下ではにっこりしていることと思います。

彦坂仁美 りんご

りんごを齧ることに定評のある彦坂先輩です。今日は形が縦長の青いりんごを齧っていらっしゃいました。どんなりんごもとてもよくお似合いですよ。



床にパンチカーペットを貼っていく作業中、ドスンドスンと音がして振り返ると、「イライラ…」と声に出しながら激しく地面を踏みつける花島先輩の姿が。えっ、唐揚げのことをそんなに根に持っていらっしゃったとは。もう舞台監督が踏み潰されそうな勢いです、危ない!

でも安心してください、これはパンチカーペットとガムテープを踏んで貼り付ける、立派なお仕事なのです。しかも花島先輩は来週から再開する『ネズミの涙』ツアーの予習として「ライライライ…」と歌いながら振り付けの練習を同時にこなしていたのでした。天晴れです。



かつらを綺麗に整えるのは衣装部の仕事。ブラシで髪を梳かしていきます。ツアーも終わりですからね、この仕事とも今日でとりあえずお別れです。そんな衣装部チーフを労って髪を梳かしてあげるいい男も出現しています、お疲れ様でした。

仕込みも順調に進み、20時前には終了。明日はツアー千秋楽です。

太田まり 照手姫

そんなわけで11月9日、2016年の『おぐりとてるて』公演最終日の本日は、清真学園中学・高校の皆さんに観ていただきます。10時の回が中学生、13時20分の回が高校生、という具合です。照手さんも朝から気合いが入っていますね。日の出に輝く朝顔の蕾のように光っていきましょう。

岡原真弓

あー、やっぱり着ちゃってますね。岡原先輩がそれ着ると、なんだか朝顔がずいぶん妖艶な香りを放つ花のように思えてきましたよ。もう、夜顔です。

おぐりとてるて

千秋楽らしく、出演者で集合写真を撮りました。再びこのメンバーで公演ができるとは限りませんからね、今生の別れかもしれない別れを惜しみながら、はい、チーズ…とはならず、掛け声は「はい、チッチッ」でした。記念写真の合図が舌打ちって。このチームらしくて良いんじゃないでしょうか。

岡原真弓

えっ、また着ちゃったんですか!岡原先輩がそれ着ると、インドの神々にしか見えないんですよね。まあ仏教だし元はインドだから良いんですけど。



ただその、もう後ろとかぜんぜん留まってないんですよね。いいんです。自由な神です。次着る時までには留まるようにしといてください。



17時前にはバラシも無事終わり、時に渋滞にはまりながらもトラックは元気に帰っていきます。茜色の空がだんだん薄い青に変わっていっていますね。そうか、おぐりも終わって来週はネズミかあ…という気持ちが演出されているようです。



20時頃に帰り着き、トラックの荷物を倉庫に収納していきます。次に『おぐりとてるて』をやるのはもう半年ほど先のことになってしまうので、それまでに埃をかぶらないようにと、セットをビニールシートなどで覆う作業もございます。



すっかり空っぽになったトラック。来週にはこれが『ネズミの涙』の荷物でまたいっぱいになります。



21時過ぎには収納も済んで、さあようやくツアー終了という気分。お疲れ様でした。このあとみんなで行きつけのカレー屋さんに行って、小さな打ち上げをいたしました。

岡原真弓

あ、やっぱりインドの神々の方ですね。お世話になります。
各自楽しい休日を過ごした翌日は岡山県瀬戸内市にある邑久高校の鑑賞会で、瀬戸内市中央公民館での公演でした。

この会館の搬入口は



でーん!!!
かなり急な傾斜の階段&スロープですが、これは滑り台ではありません 笑
上から見るとこんな感じ



この傾斜におにかげ君も「僕登れるの??」と
不安そう。富山さんと北野さんがおにかげ君を落ち着かせています。



おにかげ君は、ロープをつけ上から引っ張る人と押す人とで見事に急な斜面を駆け上がっていきました!!





タンスだって



すごい斜めに登っていきます。

登って運んでは降りをくり返し、この階段を何往復した事でしょう。
普段こんにゃく座の稽古場の急な階段で鍛えられている私達ですが、いやーこの階段はすごかったです!!!

ホール内、ステージの前には指揮者が!



舞台上、袖は少し狭かったのですが、ここだけでていても使えないので、そして指揮者もいないのでこちらは撤去。
パネルや物の置き方、転換の場所、着替えの場所をどう確保するのか考えながら進みます。

今回のツアーで1番大変な場所だったのではないでしょうか。
しかし、そんな大変さをものともせず、結婚式の司会者や、スピーチする上司が現れたり楽しい先輩たちです!!





あっという間に開場時間。
開演前に学校の式典がありその後本番!

今日のホールは舞台と客席との距離が近く生徒さん達が本当によく観てくださっているのがより伝わってきます。

公演後はなんと!お手伝いをしてくださる生徒さんが!!!
一緒に運んでくださりあっという間に終わりました!!若い力素晴らしい!!!
こんにゃく号の前で一緒に記念撮影。



皆さんありがとうございました!!

残すところあと一箇所2ステージです。寂しいです。
次は茨城県へえいさらえい!!!
カテゴリー
最新コメント
[05/28 コネコネコ]
[05/27 コルシカ]
[05/20 NONAME]
[05/20 ちゃみ]
[05/18 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/