[1] [2] [3] [4] [5]
『佐賀県立致遠館中学校・高等学校のみなさん、ありがとうございました』

トラックやワゴン車などの車両移動組はこんにゃく座を出発して約1,100km。2日かけて、やってまいりました佐賀市。
同じように、帰りにも2日かかるわけで。
なかなか時間の使い方が贅沢です。
今回の劇場は、佐賀市文化会館大ホール。

綺麗で立派、響きがとっても豊かな、これまた贅沢な空間。ここの1階席がほほ満席になる、とのこと。気合いが入ります。

朝9時、2台のトラックから荷物を降ろして仕込み開始。9月なのに暑いです。
搬入口からは、号令や気合いの入った声が聞こえます。隣は佐賀県警察学校なんですね、気合いが違います。
『ここを卒業した生徒さんに捕まる事があるかしら?』
と、言った女子がいたとかいないとか。
言葉の意味は良く分かりませんが、よほどの事がない限り、そんな、ある意味奇跡的な出会いはない、と思います。

さて。サクサク仕込みが進み。

(この照明、どこで使われたか分かりますか?)
いよいよ本番。
沢山の生徒さん、時々聞こえる笑い声や反応が嬉しかったです。
楽しんでいただけましたでしょうか?
これから先、たまにこんにゃく座を思い出してくれると、とても嬉しいです。
またどこかで会えますように。

『おぐりとてるて』
2017年秋ツアーのメンバーです。

(写真左から)
花島春枝:民衆四、説経師四、学者一、女一、大蛇、女房一、占い師、宿女将

鈴木裕加:民衆二、村人、照手

彦坂仁美:民衆三、説経師二、とりあげ婆、女二、女房二、千手観音、姥

山本伸子:民衆一、説経師七、兼家の妻、大蛇の美姫、女房三、視る目とうせん


(写真左から)
髙野うるお:民衆五、説経師一、村人、三郎、村君の太夫

大石哲史:民衆八、説経師三、兼家、横山、閻魔大王、藤沢の上人

島田大翼:民衆七、小栗

佐藤敏之:民衆六、説経師五、学者二、女三、村人、後藤左衛門、鬼鹿毛2

富山直人:民衆十、説経師八、学者三、村人、侍一、鬼鹿毛1、鬼王、万屋主人

(写真前)
北野雄一郎:民衆九、説経師六、女四、村人、小栗の家来、鬼次、上人の弟子


(写真左から)
サクソフォン:林田和之

ピアノ:服部真理子

打楽器:高良久美子
9月公演『スマイル-いつの日か、ひまわりのように』
昨日無事終了いたしました。ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

さて。スマイルが終わった翌日、つまり今日から
『おぐりとてるて』
の稽古です。

気温30℃の予報がでている中、装置を上げてすでに汗ビッショリ。昨日は六本木で雨の中、トラックで荷物を積んで濡れて。水もしたたるなんとやら。
スマイルのボタンとほくろは昨日までの余韻に浸る暇もなく稽古に突入。

『彦ちゃん、ひろかちゃん、毎日大変だねー。
ス・マ・イ・ル!』
なんて言ったら微笑んでくれるでしょうか…?

もうひとりのほくろさんが、お手伝いに来てくれました。ありがたや。

この夏は『まげもん』『ネズミの涙』『スマイル』と鄭作品祭り、だと思っていましたが、9月は
『スマイル』『おぐりとてるて』の立山ひろみフェスティバルでもありますね。
稽古場の立て込みが終わって、お昼ゴハンを食べて、これから稽古です。

一同、えいさらえい、と頑張ります。
(追記:今日の稽古は、先ほど夜8時で終了。朝の立て込みから1日、よく頑張りました。明日も頑張ります!)


左手でコロッケか何か掴んで食べようとしてみてください。あなたの左手を石川県に例えた時、我々はその親指と人差し指の間の水かきの辺りにおります。

世界一わかりやすい説明をしてしまいました。なんとか私の立っている位置を想像してみてください。『おぐりとてるて』チームは6月12日までの3日間の稽古を終え、長野で一泊してそのまま石川県の七尾市へとやって参りました。



いつも厳しくこの舞台を見守ってくれている演出助手の西田さん。本番では裏方としてあれを渡したりこれを閉めたりと忙しく働いておられます。今日もよろしくお願いします。

13日は15時から舞台を仕込み始めまして、19時30分から舞台で場当たり稽古。稽古場ではセットを全ては組みませんから、そのように劇場での動線やパネル開閉などを丁寧に確認してゆきます。



そして本日は14日、朝は9時からゲネプロ開始でございます。いざゲネプロという感じで気合いの入った男性陣。左のいい男にはもはや後光でも射しているような気がしますが気のせいでしょう。

ゲネプロでは演奏はもちろん、本番さながらの衣裳、照明、メイクで行われます。最終リハーサルですね。



自分の出ていない場面…というのもあまり多くありませんが、舞台袖から少し隠し撮りしてみました。後藤左衛門が照手姫に逆ギレするシーンです。このシーンを見るといつも、つげ義春の「ゲンセンカン主人」を思い出すんですが、同意を得られた試しがありません。



こちらも舞台袖からの隠し撮り。照手姫が売られてゆくシーンですね。今日は心なしか「能登、珠洲の岬」という歌詞の部分がいつも以上に丁寧に歌われていた気がします。大石先生が何故かこの場では着ていないはずの黒い衣裳を着て目立っていますが、気にしないであげてください。

ゲネプロは無事に終わり、11時45分より演出の立山さん、作曲の萩さんからみっちりとダメ出しを頂きまして、13時15分から本番でございました。今日の舞台を観てくれたのは田鶴浜高校の皆様。ありがとうございました。

ところで今日の本番中、舞台上にげじげじがいたらしいですね。私は気付きませんでしたが、きっとげじげじも楽しそうなオペラに出てみたかったんですね。



いつも厳しい西田さんも、どこか麗しく微笑んでおられます。ようやく初日が終わりましたからね。ところがどっこい同時に今季のツアー千秋楽でもございました。秋にもまた同じ10人でツアーやりますから、その時また頑張りましょうね。



今日はゲネプロと本番と、ほとんど2ステージやったようなものですから、やはり疲れましたね。そんな疲れを癒すために温泉へ。隙あらば旅をとことん楽しむのがこんにゃく座の良いところです。

お疲れ様でした。


今日はおぐりと照手の稽古3日目、最終日。

小道具係の私は新宿の東急ハンズに寄ってから稽古場へ。
手紙に使う和紙を、広島のハンズから取り寄せてもらったのを受け取りに。
時間は有効に使えるもんだと思っていたら、スマフォを忘れたことに気付く…

そう!
今日は長い一日。
13:00から通し稽古をし、演出のひろみさんや作曲の萩さんからダメ出しを受けてから、荷積みして、そのまま旅に出発するのです。

面白い写真をいっぱい撮ろうと思っていたのに…。

そんな私の失敗をよそに、
スケジュールは順調に進み、長野県塩尻のホテルに着いたのは夜。

このおぐり隊はねずみ隊に合流するのでトラック3台とワゴン車で移動します。
ワゴン車は女子四人で、本当に普通に女子会旅のノリ。疲れも忘れて、車中、お喋りに花が咲きました。
チームワークはバッチリ!

もうすぐ新しい「おぐりとてるて」がはじまります。


昨日のメンバーに加え、本日は演出の立山さん、振付の向雲太郎さん、サックスの野原さん、パーカッションの高良さんも加わり、濃厚な稽古の一日中です。


今日もヤル気まんまんだー!!


島田くんのバク転だって出ちゃいます!



演出助手の玲子さんは、冷房のキツさ対策に完璧な装いで挑みます。



全シーンを丁寧に当たっていきましたので、時計を見たら21:50になっていましたー!

が、さて着替えようとAスタジオをふらふら~と出ていきますと、何とBスタジオからは照手姫と大石さんの自主稽古の歌声が…。

まだまだ「えいーさらー♪」と歌っておられました。有難や、有難や~♪

明日はいよいよ稽古場ラストの通しです♪( ´θ`)ノ
5月の前半に10日間稽古した新キャストの「おぐりとてるて」
公演初日を前に、今日から3日間稽古をします。


「みんな頑張っていま~す」

今日は思い出し稽古。
続けて稽古しているときは立ち位置やタイミングなどを感覚で覚えていましたが、久しぶりにやると細かい部分が分からなくなっていたりして今回も右往左往しています。


「だんだん演出助手のれいこの近くに寄っていき確認する人々」


「気合入っています!」


「楽しみにしていてね!」
5月6日(土) 曇り
『おぐりとてるて』4月27日から始まった稽古はいよいよ最終日となりました!
通しの前にちょこっと気になるところだけ稽古して13:15から通しました。
12:40の稽古場では…
のぶぶが自分が使う小道具のチェックをしていますね
山本伸子

大ちゃんは鬼鹿毛くんに立ち乗りしてますよ~
島田大翼

富山さんは稽古場日記をアップ中
富山直人

うるおさんはもう衣裳を着てスタンバイしてます。
髙野うるお

そしてなぜか大蛇に巻かれる演出家ひろみさん、サックス野原さん、ピアニスト紀保子ちゃんの撮影会になりました!


無事通しも終了!みんな本当に頑張った~!
6月の稽古まで熟成させて6月14日、石川県での本番に臨みます!
おしまい
彦坂仁美(千手観音、姥他)
おぐりとてるて、演出助手の西田でございます。

本日は楽士入りの通しでございました。
この作品は、ピアノ、サックス、パーカッションで、楽士3人の豪華編成。いろいろなおとが聞こえて楽しい作品なのですが、中でも面白いのがこちら。

島田大翼 笙
雅楽のリード楽器「笙」かと思いきや、細い竹に包まれて音を作るのはハーモニカ。
島田さんの考案で作られました。
裏にはちゃんと何番を吸う、吐くと書いてあるの。
ふむふむ。

通し後、いつものカレー屋さんで、こんにゃく座初参加、サックスの野原さんの歓迎会。
皆さんこんにちは。
今日は鬼鹿毛(おにかげ)君が、演技していない時に何を考えているのか聞いてみました。


「この白いバー、くぐれるかな?」


「黒い柱、ちょっと好き。」


お?小栗役の島田さんが何かしてますね。
近寄ってみましょう。



何か修理をしているみたいです。

鬼鹿毛君は‥
「俺、乳牛じゃないよー。しかも俺、オスだし。」
と言っていました。

普段の鬼鹿毛君はとてもおとなしいのでした。


髙野うるお
島田大翼 志々雄真実
どうも、志々雄真実役の島田大翼です。

盛大に間違えました。

小栗判官役の島田大翼です。10日間の稽古も折り返し地点を過ぎ、本日は13時より2度目の通し稽古。連休で天気も良し。連休は我々に一切関係ありませんもので、朝からみんな気合いを入れて稽古の準備を始めています。

島田大翼 おぐり

私もいっそう気合いを入れるために、最近お気に入りのチップスター「アスパラベーコン味」「トマト&オリーブオイル味」を持って来ましたよ。せっかくですからそれぞれ「おぐり」「てるて」と名付けましょう。どうぞみんな食べてください。


3日ぶりの通し稽古は順調に進み。



夕方からは今期公演の楽士さんが揃いまして、頭から順に丁寧な音楽稽古。「おぐりとてるて」初演から出演されている打楽器の高良久美子さん、「おぐりとてるて」には初めて出演するピアノの榊原紀保子さん、こんにゃく座のオペラが初めてというサックスの野原孝さん。皆様どうぞよろしくお願いします。



ちなみにチップスターですが、「おぐり」の方が先に無くなりましたね。「おぐり」の方が人気があるというわけですよ。これを心の励みにし、明日からまた稽古を頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。
カテゴリー
最新コメント
[09/14 まり]
[09/14 おめめ、キラキラの]
[09/14 まり]
[09/12 おめめ、キラキラの]
[09/09 ゆず@リン]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/