[2264] [2267] [2263] [2261] [2259] [2256] [2258] [2260] [2255] [2254] [2253]
オペラ「おぐりとてるて」、大好評公演中でございます!


初日があけてからというもの、お客様の反応に舞台裏でただただ感動してました…!


舞台裏、というのは今回僕は裏方だからなんですね~


ご覧になった方はご存知でしょうが、今回の出演者は一人でいろんな役を演じています。
あの壮大な小栗判官照手姫の物語を十人で演じるのですから、無理もありません。


では、誰が一番役が多いかと言いますと…
この二人です!


ベテラン岡原真弓さん
この方は最近ではオペラ「ピノッキオ」で物凄い早替えと段取りをこなしてますので、余裕のカメラ目線。おそれいります…


なにかと話題の?富山直人さん
この方もオペラ「まげもん」などで相当な役を演じていますから、意外と落ち着いたご様子です。


お二人はこのオペラでなんと8役も演じています!

ちなみに富山さんは舞台袖にこんなものも用意してあります。


自分の早替えの段取りを書いたノートです。しっかり者!


と、楽屋を見ると…段取りを記している方がまだいらっしゃいました。


高野うるおさんは きちんとパソコンでプリントアウト


大石哲史さんは図で解説してあります。


それぞれ個性が出ていますね。


ところで、反対に一番役が少ないのは誰かといいますと…


やはり主役の島田大翼さんでした。小栗判官と民衆の二役です。


舞台の裏方なのに、こんなに写真を撮って随分ヒマなんだなぁと思う方、そうなんです。
今回は裏の転換も、できるだけ出演者でやろうということで頑張っているので、本番中の裏方は結構余裕があるのです。


では裏方は、何を頑張ったかというと、ステージに登場する小道具類などをほとんど作ったんですよ~!
帰りがゴゼンサマになる日も少なくなく、本番があけるまでは本当に大変でした~


初日があけてからは公演がうまくいっている喜びを裏からしみじみと噛みしめています。


というとわけで、明日でもう千秋楽になってしまいます。せっかくつくったこの「おぐりとてるて」がこれからも末長く公演されることを願います!!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カテゴリー
最新コメント
[06/26 http://www.linux.co.uk/]
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/