[1] [2] [3] [4] [5] [6]
オペラ『まげもん-MAGAIMON』ツアーが終了しました。
2014年の5月〜7月のツアーのあれこれを写真で紹介いたします!


舞台上では……

偶然並んだ三味線隊



熱唱中のうるおさん(曲目は「旅立ちの日に」)



照明入りで佐藤さんのHAPPY BIRTHDAY



プレゼントボックスの仕込み中の黒衣2人



橋の上から……



橋に座って……


袖中から……




こっそりピース!


舞台裏の愉快な仲間達……



色んなパターンがあるんです…



こんなパターンもあります



ウサギのイメージ



本物はこうなる



通り過ぎるついでにポーズする人もいる



トイレのマークになりきる人もいる(Tシャツの色がこだわり)




格さんになりきる人もいる




電気系が壊れたってお任せ!



まげもんにかかせない!黒衣たち……

男前の黒衣たち



キューティーな黒衣



お茶飲む黒衣



花つける黒衣



バランス黒衣



こっそり出演黒衣



黒衣!?…いや、忍者です………。




お麻ちゃん、真っ白事件もありました…





嵐山写真館







会場の外では……

洗濯する人がいて、それを眺める人がいたり



海で黄昏れる人がいたり



トラックも黄昏れたり



5月10日のシアター1010での公演から始まり、7月9日まで本当に盛りだくさんの旅でした。
たくさんの思い出はほんまもん!
本当に、ありがとうございましたーーー!!!









最後に………

キラキラキラー!






写真:まげもん組の皆様・文章:大久保藍乃
4月に稽古が始まり、北千住のシアター1010での本公演、関東・関越地域でのツアーを経て、最後の公演場所へとやって参りました。
京都府の南丹市園部町という所です。


園部というと、僕が小学生の時に林間学校で来たという記憶がかすかににありますが、遠い昔の事であまり覚えていなかったです…。
20数年ぶりに来てみると、山に囲まれた、とても綺麗な場所でした。
近くの公園には大きなカワセミの石像がありました。きっと自然豊かな土地だからでしょうね。




お城!?





園部城を模しているのでしょうか。
このお城の様な建物が、今回の公演場所、南丹市園部公民館という所です。





公民館と言っても、立派な劇場です。
しかし、ステージが少々狭いので今回は舞台前面を張り出し、最初で最後の小橋での公演です。




まずは、張り出しをして、ステージを広める作業。




専用の脚と平台があり、指定の場所に置いていきます。



完成。




そして、太鼓橋が大橋から小橋になるため、諸々確認の為の場当たり稽古をしました。
まげもん最後の公演は園部高校の皆さんに見て頂きました。
どんな反応が帰って来るか、ドキドキしましたが、皆さん集中して見て頂き、沢山笑って頂けました。きっと良い公演になったのではないでしょうか。




バラシも終わり、全てが終わった〜っと、アイスを食べながら思い出に浸るマリさんとゆずの二人。


4月の稽古からずっと続いて来ましたので、長かった様ですが、あっという間だった気もするまげもんのツアーでした。
とうとう首都圏&関越ブロック演劇鑑賞会ツアー最終日を迎えました!

1ヶ月以上続いたこのツアー、初日は果てしない気持ちでしたが、お客様の笑い声や拍手に励まされて今日までやってこれたと思います。

そして千秋楽の本日は何と僕の故郷の新潟!
新潟演劇鑑賞会様とは初お目見えです。
実は長年この公演を実現するべく働きかけ続けて漸くこの日を迎える事が出来たという記念すべき公演なのです。
その上、個人的になりますが、約27年前の高校生の頃、僕はここの会員だったのですよ!そう思うと何か嬉しいような怖いような不思議な感じです。

ここ数年毎年のようにお世話になっている[りゅ~とぴあ]さんに来るといつも思うのですが、立派で素敵なホールです。


搬入に演観の会員さん達が大勢お手伝いして下さって、順調に仕込みも終了!


本番を待つのみです。


本番前にエネルギー補給&リラックスタイムを過ごせるステキな空間です。


誰かのスタンバイですが、何やら気合いの入り過ぎている僕に「リラックスしていけよ~」と言ってくれてるようです。

さて、いざ本番!
客席での販売では手拭い完売!
本編に入ってからは細かい芝居に色々反応があって嬉しくなりました。
役者もそれに答えてイキイキしてやっていたみたい。
やっぱり舞台はお客様と一緒に作り上げるモノなんだなあと、つくづく実感出来た千秋楽でした。

後片付けも多くの会員さん達に手伝って頂いてあっという間に終わりました。

これからも新潟演劇鑑賞会様には「こんにゃく座」を御贔屓にして頂きたいっ!と切に思っておりますです。

毎度ッおおきに~!

佐藤'狸のじっさま'敏之


オマケ

実は前日が自分の誕生日だったのです。
サプライズでツアーメンバーの皆から♪ハッピーバースデーを歌って貰いました。その上プレゼントまでっ

本当に涙が出る位嬉しかったです!!
みんな有り難う~!



まげもん組の楽屋がとても華やかな1日でした。

咲き乱れる季節の花花花。まげもん担当サークルの方のお家のお庭で咲いていたお花なんだそうです。みんなの鏡前に飾る前に記念撮影。


目に楽しいだけではありません。お茶場のテーブルからこぼれ落ちそうなくらいのごちそう!
冷蔵庫の中に隠れていたスイカとメロンを見つけたときは、狂喜乱舞いたしました。


ロビーはどんな感じかな?


[フィガロの結婚][夏の夜の夢][まげもん]こんにゃく座が、深谷虹の演劇鑑賞会で公演した演目のポスターがずらりと飾ってありました。
「こんにゃく座のポスターをもっと増やしていきましょうね」と事務局長さんが言ってくださいました。おおいに私たちの励みになります。ありがとうございます。


余談ですが、6月28日は深谷のゆるキャラ“ふっかちゃん”の誕生日
折しも会館のお隣で誕生日パーチィーが開かれていたそうです。
深谷が暑い一日でしたね。
今日は前橋市民文化会館で前橋勤労者演劇協議会の皆さんに観て頂きました。
まげもんも残り4ステージ!!
わぁ~ぎゃ~!心が落ち着きません。
悔いの無いようにめいっぱい頑張ろうと意気込んで北千住から駆け抜けてきましたが、何度舞台に立っても、新しい発見があったり、新しい感情が生まれたり、きっと最後まで落ち着くなんてことはありませんね。
ふいに言葉や音楽や、その場の空気や、お客様の反応、色々なことに魂が揺さぶられます。

今回のツアー、パンパパンパパーン♪と花火のシーンで傘が開くと全てのステージでおおー!!と歓声があがります。嬉しくてたまりません。

そうそう、発見と言えば…私は2006年に初めてまげもんの舞台に立たせて頂いていたのですが、今年初めて、この背中のマークの意味を知り、驚きましたっ☆
これです、これ!


メンバー全員背中でキリっ☆(この時黒衣福ちゃんは一人舞台で三味線で魅せてます☆)
紺色の2本の矢に数字の9…紺、2本、矢、9…こん、に、や、く………。
はい~っ!
それですっ!
どうです?
私はびっくりして嬉しくてっ。
まだまだまげもんにはステキが隠されているに違いない!!
終われませんね~。まだまだ続けましょうよ。ね。そして沢山の方に「まげもん-MAGAIMON 」を観て頂きたいなぁ。

まげもんから沢山の宝物をもらった私め、そして今でも沢山喜びをくれる愛しい作品です。(外は暑いのに、暑苦しくてすみません。)
感謝を込めて、最後まで全力で頑張ります!!

~たとえば、ちいさな苦しさも、たとえば、ちいさな寂しさも、嘘が真になったなら、たとえば、ちいさな希望にかわる。~

*まり@麻*


おまけ



二幕冒頭「黒衣からのお願い」でお客様を魅了すべく、いつも休憩時間にお三味を練習する福ちゃん☆
あれ、睨んでる?!邪魔しちゃった!?ごっめんね~♪


さぁ、本日もはりきって参りましょう。ということで、今日はお昼から仕込みなので、その前に行ってきました、世界遺産『富岡製糸場』。



おぉ~。


絹を紡ぐ機械が。


ちょこっと観光に満足満足。

そして、本日の劇場、伊勢崎市文化会館。今日も仕込みます。そんな中、


旅の合間にお洗濯。

楽屋に戻ると、素敵な差し入れが。


ありがとうございまーす


本番前に主催の皆さんと記念撮影。


本番はお客様の笑い声、拍手を頂き、よい舞台が出来たのではないでしょうか。

そして、まだまだ続きますよ、関越ブロックの旅。最後の新潟まで頑張っていきましょー。
本日は高崎演劇鑑賞会様の公演です。
吾輩は猫である、夏の夜の夢など今までもたくさんこんにゃく座を呼んでくださっています!!ありがとうございます(*^^*)
少し早く着いた待機中のトラック組を搬入口前でパチリ☆


昨日熊谷虹の演劇鑑賞会様にいただいたかわいいお花を手にした爽やかな男性陣です!!


お花は今日の楽屋でもお部屋を明るくしてくれましたょ*ありがとうございます(*^^*)


さぁ!!仕込み!!

今日のホールはこんな感じ。真ん中に座っているのは明かりチェック中の照明スタッフの大竹さん(*´ω`*)


今週から一緒に旅しているあずみさんはピンクの法被で販売物の準備中です☆

まげもんはたぬきの恋物語なので…毎回舞台の上に可愛いたぬきの地絣をひくのです。数えてみたら全部で38匹のたぬきが!!

しかもポーズも顔もちょっとずつ違う!!

地絣は舞台部さんが弛まないように


蹴って


蹴って蹴って


釘で止めています。



お片付けの時は各地の鑑賞会さまにお手伝いいただいてきれいにたたんでトラックに乗せられていきます。まげもんにはかかせない大切なものですね☆

まげもんツアーもいよいよ後半戦!!
不安定なお天気も続いてますが明日からも頑張りまぁす♪
この旅の初小夜食です。


うどん 美味しい


おにぎりも美味しい。





本日は青汁スペシャルの作り方もご紹介します。


まずは材料。ペットボトルのワインボトル、青汁の素3袋、砂糖2本。


それぞれをペットボトルに入れます。


半分くらい水を入れ


よく振ります。


粉が溶けたら、いっぱいまで水を入れて、出来上がり。





気がつけば、テーブルに花も飾ってくださいました。




ありがとうございました。

高野うるお
「まげもん」今月最後の旅の始まりは、「宇都宮演劇鑑賞会」主催、栃木県総合文化センターメインホール18:30開演です。
鑑賞会さん恒例の、席詰め無し、一般公演のような始まりです。
今日からピアニスト交代、大坪夕美さんが、ピアニスト。気合い充分元気にチームに加わります♪
関越ブロックは、2011年の、「真夏の夜の夢」以来のお招きです宜しくお願い致します♪
まげもん衣装部の大久保です。
本番中は袖中から見守っております。

ってことで、
客席から見えない舞台上を紹介します!



月之丞と星之丞、待機中。

早替えを追えて一息つく間もなく、すぐ舞台上にいます。
うるおさんがヤクルトを3つ飲んでいる間ののれんの裏側の様子でした。


菊池文吾の説明、待機中。

観客から必ず笑いをもらう、うるおさんによる、早技。お麻ちゃんが茂平に菊池文吾の説明をするシーンです。
うるおさんの後ろには、黒衣の福太郎と、のれんをあけるために舞台監督の久寿田さんも待機。
カメラを構えたら、ポーズまでしてくれました。


女湯の悲鳴、待機中。

茂平を追っかけて来た彦左衛門が女湯から出て来たのを、お麻ちゃんに見つかり、慌てて女湯に戻ってきます。
その時、橋の下から「きゃー!」っと悲鳴があがります。実は黒衣の福太郎の声なのでした。



大五郎、待機中。

なめくじ長屋では、愉快な仲間たちが出てきます。その一人大五郎は、舞台前で大人たちが会話をしているときは長屋の中で一人待機しています。なにやらもぞもぞ動いているなーっと思ってみていたら、地絣(舞台床面にしかれた布)のたぬき模様を足でナゾって遊んでいました。
それ以外にも、背中の赤ちゃんをあやしていることもあるんだとか。お客さんに見えない障子の向こうでも、色んなお芝居をしているのですね。



さてさて、ここまでは1幕。
2幕はクライマックスの吉原でのシーンでの裏側をいくつか紹介します。
権田原が現れ、嵐山が走り回り、のれんの裏は大忙しです。
嵐山も、ベージュ色と茂平が化けて出てくる茶色い嵐山の2体を3人が早替えで来たり脱いだりします。


茶色嵐山、待機中。



お絹さんの登場したとき、橋の下では茂平が吉原の女の子から茂平に変身中。



権田原がお絹さんに呼び止められてのれんから顔を出している所。
橋の下ではすごい勢いで嵐山の早替え中。




早替え中の奥をお春ちゃんがくぐっている。



嵐山の早替え終了。すかさず出番の終わったベージュの嵐山を舞台監督の久寿田さんが紗幕裏へ運ぶ



お春ちゃん、のれん裏に待機中。嵐山も橋の下で待機中。



静かになった橋の下。
橋の前には黒衣も福ちゃん、橋の奥にはうるおさんが寝ている。




ちなみに、そんなうるおさんを下手袖からアップで撮影すると、こんな感じ。



橋のさらに奥では、舞台部が青い布の準備中。





まだまだのれんの裏や橋の下で紹介したいシーンがたくさんありますが、早すぎて写真が撮れなかったり、暗かったり、袖幕が邪魔だったり……
でも、客席から見えないところではこんな色々な事が起こっているのだと、少し紹介できたかなーっと思います。舞台袖から眺める舞台上も、なかなか面白いのです。



袖からの写真でお気に入り写真を1枚。

高尾大夫(彦左衛門)が権田原に刀を向けるシーン。
黒衣も大活躍。照明も太鼓もかっこいい。
上手袖から見ると、本当に目の前でのお芝居なので、ハラハラドキドキします。


全体集合前の橋。

照明チェックが入っていたので、星空の橋の上です。
なんだかロマンチックですね。




仲良し嵐山。
カテゴリー
最新コメント
[05/28 コネコネコ]
[05/27 コルシカ]
[05/20 NONAME]
[05/20 ちゃみ]
[05/18 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/