[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2007年5月31日(木)

朝7時ロビー集合。
昨晩は、ピノッキオ全13ステージの打ち上げだったので、飲み過ぎの人が、よれよれになって、ロビーに現われる。
車で30分ぐらいで、ビエンチャンの空港に着く。なんと人の少ないこと。チェックインのところには私たちしかいない。貸し切り?

大使館の小野寺さんと西村さんとお別れし、飛行機に乗るまでのぼんやりとした時間を過ごす。
二日酔いや睡眠不足で、ベンチに横になっている人、買い物をしている人など。
そういえば、二日酔いでしばしベンチに倒れていた岡原真弓が、むっくり起き上がり、買い物に燃えていました!

さて、ラオスからまたタイのバンコクへ。
ラオスからは日本への直行便がないため、バンコクに飛び、一泊して日本に帰る、という計画である。
5月31日は、タイでは仏教の行事の関係で一年に一度の禁酒デーだそうで、私たちの唯一のお休みの日が禁酒デーとは!と嘆いていたのだった。
おまけに、昨日(5月30日)、憲法裁判所の判断で政党解散、という大変な事態になって、大きな政治集会が行なわれるかもしれない、というので、王宮前広場には近づかないように、というお達しが出た。
タイは一見平和そうに見えるが、軍部が強く、政情には緊張感がある。ベトナムからタイに降り立ったときは、落ち着いた感じがしたのだが、静かなるラオスからタイに着くと、ものすごく都会だな、と感じた。

舞台の道具は、空港のバッゲージに預け、個人の荷物だけ持ってホテルへ向かう。
チンダーさん運転のバンが迎えに来てくれた。
舞台衣裳の洗濯。ズボンはクリーニングに。上に着るシャツは各部屋に備えつけられている洗濯機で洗う。
私たちが泊まるホテルは滞在型なので、キッチンと洗濯機が備え付けられているのがありがたい。
各自も、日本に帰ってから洗濯しなくてすむように、せっせと自分のものを洗うのだった。

近くのスーパーの地下のフードコートで簡単にお昼を食べてから、買い物ツアーに出かける。
この間、岡原真弓という人は、帰国後の『まげもん』に備えて、お部屋でお勉強。(二日酔いも残っていたしね!)
夕方ホテルに戻り、夕食は、基金の内田さんがタイすき(タイ風すきやき)をご馳走してくださった。
内田さんは、今回のツアーの仕掛け人である。
小さな編成で、タイの地方をまわろう。というのが、このツアーの起こりだったのである。
チェンマイで公演するコースも考えられていたが、タイ東北を車で北上し、ラオスまで行く、というコースに私たちは飛びついた。車で旅をするのが、こんにゃく座の原点だから。ラオスまで行くことができてよかった。

マレーシア、インドネシア、ベトナム、と、各国であたたかく迎えてもらい、公演も好評で…、ほんとうにうれしい打ち上げ。
そうそう、この企画だったので新作『ピノッキオ』をつくることができたのである。たった4人の出演者で、荷物も少なく……。

禁酒デーではあったが、店ではビールを出してもらえた。なんというありがたさ!
夕食の帰りに、パッポンという繁華街に出て、夜店で買い物。
今日は禁酒デーのため、幾分静かだというが、眠らない街、という感じ。
ゴーゴー・バー(懐かしい言葉!)がひしめいている。仕上げにタイ古式マッサージ二時間コース。バンコクの夜を堪能しました。


6月1日(金)

バンコク最後の日。
フライトは夜の22時半なので、一日たっぷり遊べるのである。が、体力温存しなくては、という気持ちがある。
日本に帰ってからの現実が、急に迫ってくる。『ピノッキオ』の歌役者たちは、帰国したら皆『まげもん』チームである。すぐに稽古が始まる。
すでに、ピノッキオ組以外のメンバーは稽古を始めている。
岡原真弓はこれまで「お春」を演じてきたが、今回「お絹」をやる。初役である。「お絹」はソプラノの役だったのだが、岡原のためにメロディーも書き換えた。こんにゃく座では、よくあること。
岡原は語学地獄が去った今、イヤホン聴きながら「お絹」の音と格闘している。

山崎、田中、萩は、11時すぎに、基金の事務所にご挨拶に行った。無事、タイ東北公演とラオス公演を終えて帰ってきたことを吉川所長に報告。お世話になったドアンチャイさんとラワンさんへのラオスのお土産を託した。
事務所を後にして、一階に降りてきたら、ラワンさんと会えてびっくり!ラワンさんは、ホテルに私たちを訪ねてくださったのだが、私たちがいなかったので、事務所の方に来たところ、私たちと会えたというわけ。(事務所とホテルは徒歩5分くらいの距離である。)
ラワンさんからみんなへのおみやげをもらった。ロボット、ゴーシュ、そしてピノッキオと、ずっと通訳していただいているラワンさん。今回、旅を共にして、一層親しくなれた気がする。

さて、ラワンさんと別れて、田中さとみは伊勢丹へ。山崎、萩はチャトチャック公園のウィークエンド・マーケットへ。なんだかんだといいながら、まだ買い物しようという根性である。
市場はとっても広い。
暑くて目が回りそうである。
今日は金曜日なので、まだ静かで、準備中のところが多かったが、人が少ないのはよいことで、開いている店では、落ち着いて買い物できた。
ホテルのチェックアウトは15時。
ぎりぎりにホテルに戻って、大慌てで荷造りする。チェックアウトをすませても、出発までまだ時間がある。18時半にホテルを出て空港へ向かうのである。

お昼も食べずに買い物していたので、昨日と同じスーパーの地下のフードコートで食事。
井村くんは昨日も今日も、「ラーメン」と日本語ののれんがかかっている店で、チャーハンとギョーザかなにか食べていた。
私はトムヤム麺と言うものを食した。100円くらいで食べられる。
そして、出発までの時間、井村、田中、山崎、萩、というメンバーで、最後のマッサージへ!
この休日の過ごし方をどうするか、というとき、タイが初めてのさとみちゃんに、エメラルド寺院とか行きたくない?と聞いても、あまり行きたくなさそうなのだ。さとみは大仏が大嫌い。そして仏像というもの全般、あまり好きでなさそうであった。だからお寺に行く気になれないみたい。
タイでの休日は、結局観光はせず、買い物とマッサージでした。

18時半、ホテルに集合して、空港へ出発。
すごい渋滞で、いろいろな街並みをゆっくり車窓から眺めることができた。無事、空港に到着。預け荷物…ドンゴロスやトランク…を受け取り、その中に、お土産を詰め込む。
内田さんとのお別れはちょっと切なかった。
ほんとうに旅は出会いと別れの連続だなあ、と思う。
さて、チェックインした後、夕食を、ということになった。このツアーではじめてのメインメンバー7人での食事。空港内でのちょっとおしゃれなレストランでタイ料理の食べおさめ。食べた!食べた!

22時25分発、JL718便で日本へ向かう。
途中すごく揺れて目が覚めた。そもそもぐうぐう眠っていたのは私だけかな?眠れなかった人もいたようだ。
日本時間の朝5時、私の時計はまだ3時だったが、「みなさまおはようございます!」という有無を言わさぬさわやかな声で起こされる。そしておかゆの朝ご飯が配られる。3時だよ!3時!
と言いたいが、時差は2時間、もう5時なのであって、6時半には着陸。

成田には、土居麦運転のハイエースが迎えに来てくれていた。
忠地あずみ、田上ナナ子も一緒に。早起きして、来てくれたんだね。
ありがとう!無事、帰ってきました。

この『ピノッキオ』アジアツアーで得たものを、これからどう生かしていくか。たくさん、考えなくてはいけません。でも、ひとまず、お疲れ様、です!
この長い長い報告を読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

萩京子

タイ人、タイ人、タイ人。あっ違った…


タイ語通訳のラワンさんと。オフ日なのに基金事務所のビルで偶然会いま
した。うれしい再会です。


神業!預け荷物は20キロ以内。



7人で打ち上げ。24日目にして、この旅で初めて7人(メインメンバー
のみ)での食事。"


いろんなところ旅したね。岡原タイのマクドナルドでゲット!
まだまだあります!アジアツアー秘蔵画像!


アジアツアー最後のメイク。気合い入ります。



開場!金属探知器をくぐりいざ会場へ!100人ぐらい待っていてくれました。




文化会館本番中。間口は15メートルくらい。キャパ1300。




お世話になった、基金の内田さん、大使館の小野寺さん西村さんと一緒に
ラオプラザ前で。
ピノッキオ組の7名、29日間のアジアツアーを終え、
本日無事日本帰国しました!
お迎えに行ったハイエースの前で最後の集合写真です。
昨夜遅くバンコク発早朝成田着便なので、ほとんど寝てない人達、
さすがにお疲れ気味だが、みんな無事です。

いろんな所へ行って…いろんな人に会って…

オペラ「ピノッキオ」は、物語と同じように成長して戻ってきました。
各地で支えてくださったたくさんの方々、
作品の誕生とこのツアーの実現に力をそそいでくださった
元さん、多恵さん、良さん、クスダさん、あきちゃん、
そして日本で応援してくださっている皆々様、
ありがとうございました!

ピノッキオ組のみんな、ほんとうにお疲れ様でした~

5月30日(水)

歌役者諸氏は、ラオ語のセリフの勉強をしつつ、ゆったりと半日を過ごしたはずである。
基金の内田さんと、山崎、萩の3人は、昨日ワークショップを企画してくださった
ラオス日本センターの施設を見学に行く。
日本センターの花園千波さんが迎えに来てくださって、朝9時出発。
ホテルからそう遠くはない。
そもそもビエンチャンの町がそんなに大きくないから、どこへ行くにもそれほど遠くないのかもしれない。
日本センター(ラオス日本人材開発センター)は、ラオス国立大学の膨大な敷地の一角に、
経済学部の建物と隣接して建っている。
この経済学部の建物と日本センターを、日本の資金で建設したということだ。
ラオス日本センターには、ビジネス教育、日本語教育、
文化交流という3つの柱があり、日本に関する文献を集めた図書館や、
パソコン実習室など、充実した施設内を、佐藤幹治所長(チーフアドバイザー)が案内してくださった。
ラオス大学の学生が積極的に利用している様子である。
午前の早い時間なのに、大勢の学生が来て勉強していた。
「次回、ラオスに来たときは、ぜにここで公演してください」と、見せてもらったホールは、
フロアも広く、後方は階段になっているので見やすいだろう。
300人以上収容できる。
『ピノッキオ』をここでやることも可能だ。
街中から少し離れているので、一般の人は来にくいだろうが、
ラオス国立大学の学生に見てもらうことが可能である。
所長の佐藤さんとお話していると、すぐ次のラオス公演が実現できるような気になってしまう。
まだ今回の公演が終わってもいないのに(!)
ラオスには、「ロミオとジュリエット」と同じ物語が語り継がれているので、「ロミオとジュリエット」を上演すれば受けること間違いなし、
とか、「一休さん」とよく似た話もあるので、それを題材にオペラを作ったらどうか、とか、
どんどん話が盛り上がってしまうのだった。

日本センターを後にして、次に、市場に連れて行ってもらう。
ホテルから歩いてもいかれる距離にあるタラート・サオという市場。
市場へ行く途中、タート・ルアンというラオスのシンボル的な黄金の塔に立ち寄る。
正方形の塔をぐるっとひとまわりするうちに、にわか雨が降ってきた。
雨はすぐにやみ、さて市場。
ラオスの市場はおっとりしている。
「らっしゃい、らっしゃい!安いよ、安いよ!」というような呼び込みがない。
商品を見ていると、ニコニコとそばに来る。
座員へのおみやげなど、おみやげリストを片手に、汗だくになって買い物。
ラオスの通貨はキップだが、ドルも通用するし、タイのバーツもOK.
「いくら?」と聞くと、何ドル、と答えてくれる。
私たちはドルを持ってきていないし、キップにも両替しなかったのでバーツで支払う。
ドルだといくら。キップだといくら。バーツだといくら・・・・。
ラオスにいる間中、この3種類の通貨の数字が、頭の中をグルグルした。

お昼は地元の食堂でカオピックという餅米の麺を食べる。
タイでもそうだが、テーブルの上には、唐辛子、お酢などとともに、砂糖がおいてある。
コーヒー用ではなく、料理に入れるのだ。
こちらの人たちは、運ばれた料理にこの3種類をかけて、辛く、酸っぱく、甘くして、食べるのある。
地元のやり方にしたがうのがモットーだけれど、どうもまだ、お砂糖をかけて食べる、ということはやれていない。
唐辛子と黒酢をかけて食べた。
おいしかった。

13時に劇場入り。
準備をして、16時から通し稽古。
昨日も今日も、衣裳をつけず、稽古着のまま通しをしたので、
通訳のサリさんが、「衣裳はあるのですか?」と心配そうに聞いてきた(笑)。
そして最後のセリフのチェック。
通訳のおふたりに、「たいへんよくなりました」と、誉めてもらって、
いよいよ本番。

アジアツアー最終ステージ。
ラオス・ビエンチャン公演。
会場は1300人収容のラオス国立文化会館。
最前列はVIP席。
桂日本大使ご夫妻、ラオスの情報文科省の副大臣、カンボジア大使、韓国大使、中国大使・・・・・・・など、
まあVIP席が足りなくなるほどたくさんのVIPが家族連れでご来場。
こんなことはラオスでもめずらしいことだそうだ。
私たちも、こんな状況は初めてである。
「『森は生きている』の宮殿の場面だと思えばいいよね」などと
ばかなことを、舞台の袖で言い合っている。
一般のお客様の入りも上々で、一階席(約1000席)が8割方埋まった。

これまでの国では、「ピノッキオ」のものがたりは、一般的に知られていたが、ラオスでは知られていないとのこと。
開演前に、通訳のワンさんがかげマイクで、あらすじを紹介した。

さて開演。
ラオ語の反応も上々で、とても良い感じで進んでいった。
オペラをはじめて見る人がほとんどだが、外国人の観客もたくさん来ていた。
オペラ、ということで興味を持ってくれたのだろうか。
だから、客席からはいろいろな反応があった。
最後に、人形である4人の歌役者がドンゴロスのなかに入り、ピノッキオの手だけが「バイバイ」をする。
客席からは大きな拍手。
一同礼をすると、「ブラボー!」も聞こえた。

クアラルンプールで幕を開け、ジャカルタ→ハノイ→バンコク→ナコン・ラリャシマー→コーンケン→ウドンタニ、
そしてビエンチャンと旅してきた。
ハノイあたりまでは、作品が立ち上がっていく過程と言えるだろうか。
そしてバンコクからの旅で、少しずつ自由になってきたと思う。
各地の言葉と格闘しながら、ここまで来た。
感動的なラストステージだった。
みなさん、お疲れ様ー!

そして最後のパッキング。
ラオスから日本への直行便はないので、バンコクに一度立ち寄り、日本に帰る。
完全なパッキング。
23時ころ劇場を出る。
斜め向かいのホテル(徒歩1分)まで、車で送ってもらう!
さて、それからホテルの部屋で、打ち上げ飲み会。
日本センターの花園さんも参加。
基金の内田さんはワインを赤白2本、用意してくれていた。
ラオスはフランスワインが豊富で、しかも安いのです!
飲んでしゃべって、話はつきない。
でも明日の出発は早い。
午前2時ころ、おひらき。

アジアツアー13ステージ、無事終わった。
一同、大きな病気もケガもなく、ここまで来ることができ、本当によかった。

仕掛け人の内田さん、ありがとうございました。
そして、各地でお世話になってみなさん、
日本で応援してくださったみなさん、
日本で活動している、こんにゃく座のみんな!
ありがとう!
5月29日(火)

今日は、岡原と萩は、ラオス日本センターがセッティングしてくれた、
ラオスナショナルシアター、ラオスオペラシアター&ラオスパペットシアターとのワークショップに出かける。
ラオス日本センターの正式名称は、「ラオス日本人材開発センター」で、
JICAが運営している。
JICAとは、独立行政法人国際協力機構。
ラオスには、国際交流基金の事務局がないので、今回のこんにゃく座公演に関しては、
日本大使館が全面的に協力してくれているのだが、日本センターも協力の名乗りを上げてくれた。
国際交流基金の事務局が無い国では、日本センターが、国際交流基金と同じ役割を
果たしているそうだ。
カンボジアやミャンマー、ウズベキスタンなどでも、日本センターが日本文化を紹介している、
とのこと。

ワークショップは、午前9時から、ラオスナショナルシアターの稽古場でおこなわれた。
上記各劇団の劇団員が30名くらい参加してくれた。
ラオスオペラシアターという名称だが、その「オペラ」は西洋オペラではなく、
ラオスの伝統的な歌芝居である。
はじめに、ラオスオペラシアターの成り立ちについてお聞きした。
1992年に設立され、現在劇団員は40名ほど、というところは、こんにゃく座と似ていなくもない。
劇団は5つの部署から成り立っていて、①計画部(これは企画制作+文芸部にあたる)
②演技部③音楽部④演出部⑤事務局、となっている、というようなお話を興味深く聞いた。
ラオスの若い人たちが、タイから入ってくる新しい文化に興味が行ってしまって、
ラオスの伝統文化にどうようにして興味を持ってもらうか、という点で苦労
されている、とのことだった。

次に、こんにゃく座について、私が話をした。
そして、ソングを何曲か演奏。
(岡原のアコーディオン、萩のピアニカ、という編成でできる曲を、昨日ホテル
で練習したのだった!)
それから、こんにゃく体操を一緒にやり、最後に、『ピノッキオ』のテーマソングを歌唱指導した。
「ピ」「ノ」「キ」「オ」という音を表すラオ語の文字を紙に書いてもらい、、
それを指し示しながら、ことばあそびで成り立っている「ピノッキオのテーマソング」を
歌ってみせると、あっという間に一緒に歌うことができた。
その後、ラオスの伝統的な歌芝居と、人形芝居の一場面も見せていただいた。
このような機会を、ラオス側のみなさんはとても喜んでくださった。
私たちも、ラオスの舞台芸術にふれることができて、とてもよかったと思う。

昼食後、公演場所であるラオス国立文化会館へ行く。
岡原、萩以外のメンバーは、午前10時から仕込みをしてくれていた。
大きい!
キャパは1300くらい。
今ツアー最大の広さである。
仙台の宮城県民会館などに似ている。
なつかしい感じです。
会場の音の響きは悪くなさそうである。
ただ、ピアノの状態が悪い。
ヤマハのS4。
何をどうしたら、このような状態になってしまうのか、というほど、弱り切っているピアノである。
当初、弦が3カ所切れていたので、日本から弦を送り、張り替えてもらった。
新しい弦はピカピカで、他の弦はさびている。
でもピアノがあるだけでありがたい、と、思うことにする。

13時から、場当たりを兼ねて、ラオ語のセリフを通訳のワンさんとサリさんに
チェックしてもらう。
それが17時くらいまで。
まあ、このへんで、今日はおしまいかなー、と思っていると、歌役者諸氏が「通しをしよう」と言い出す。
明日の本番前も通したい、と言う。
通してやらないと、ラオ語のセリフが心配なのだそうだ。
わかりましたー!
やりましょう!
そして、通しで鳴らないピアノと格闘するうちに、なんだか少し鳴ってきたような・・・。
20時ころ劇場を出る。
朝、ワークショップをやって、夜、通しをやって、私はもうクタクタです!
でも、残すところ明日の1公演のみ。
がんばろうね!
ラオスへの道




ウドンタニからラオス国境まで40分くらい。
その間に事前学習する岡原。勉強熱心なのはいいが、このリラックスぶり!
すっかり現地の人です。




さて!これからボーダー(国境)越えだ!
ラオス大使館の車がタイまで入国してくれていたので、荷物をトラックに移し替えます。
舞台監督の久寿田さんと基金の内田さんが積み込みしている姿は壮観。




イミグレーションでビザ待ちの人々。どこに電話してるの?萩さん。
岡原が来ている黄色のポロシャツはタイ人なら必ず持っているアイテム。
やはり現地の人。



ラオス無事到着。メコン川の夕日。
対岸はタイです。時間が雄大に流れていきます。
5月28日(月)

タイからラオスへ移動する日。
タイ東北地方の旅を共にしてきた、基金のドアンチャイさんとラワンさんは、飛行機でバンコクへ帰る。
朝8時にお見送り。
また数日後にバンコクで会えるものの、お別れはちょっともの悲しい。
タイのウドンタニという場所で、タイ人のおふたりのお見送りをする、というのも、なんとも不思議なものである。
私たちは10時にホテルを出る。
国境の町、ノーンカイまでは、1時間くらい。
まっすぐな道が続いている。
メコン川を渡り、国境を越えるのである。

まず、タイ側で出国手続き。
タイ側まで、ラオスの日本大使館の小野寺麻希子さんが迎えに来てくれていた。
ラオスのトラックに荷物を積みかえる。
タイでの荷物を運んでくれた運転手のナットくんともここでお別れ。
それから、私たちを運んでくれたチンダーさんともお別れ。
(チンダーさんとは、またすぐバンコクで会える!)
そして今度は、ラオスへの入国手続きをすませ、一同、ラオスの日本大使館が用意してくださったバンに乗り込み、国境を越える。
メコン川にかかる橋の名前は「友好橋」。
タイ側と橋の上は左車線。
ラオスに入ると右車線になる。
ビエンチャンまでは、すぐだった。
とても静かな街。
ラオスの人口は北海道と同じくらい。(600万弱?)
土地の面積は本州と同じくらいだそうである。

お昼前にホテルに着く。
ホテルのすぐそばに、公演場所であるラオス国立文化会館が見える。
立派な建物である。
中国政府の援助で建てたのだそうだ。
今日は会場を見ることはできない。

お昼はホテルの近くのレストランで、ラオス料理を食べた。
竹の籠に入ったもちごめのご飯。赤米と白米、めでたく紅白二色食べた。
タムマークフン(?)という、パパイアを千切りにしたサラダやソーセージ。
いきなりラオス料理を満喫した。

午後の時間はラオスの言葉、ラオ語の勉強。
それから、岡原と私は明日行うワークショップの打ち合わせなど。

そして夜は大使公邸での夕食会があった。
問題は服装である。
一同、旅の服装と言えば、仕込みをしたり、体操をしたり、動きやすいカジュアルなものばかり。
それでも、とにかく持ってきている服の中で一番きれいなかっこうをしていこうと、アイロンをかけるやら、道中で買ったスカーフを巻き付けるやら、いろいろ
工夫したのであった。
メコン川沿いに建つ公邸の庭からの眺めはすばらしかった。
川の向こうはタイなのである。
メコン川の向こうに、真っ赤な太陽が沈んでいった。
お料理は、長旅の私たちを気づかってくださって、たいへんうれしい日本料理だった。
大使公邸での夕食会なんて、私たちはなかなか経験できることではないだろう。
桂大使といろいろお話できて、楽しかった。
今日もまた、未知の世界に一歩足を踏み入れた気がする。
お礼に歌を数曲歌って、大使公邸を後にしたのでした。
カテゴリー
最新コメント
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
[06/01 冨川博江]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/