[1] [2] [3] [4]
オペラ『白墨の輪』は、2月8日に無事千秋楽を迎えました。




1978年の初演から、37年の時を経て今に蘇ったこのオペラ。こんにゃく座では1990年以来、実に25年ぶりの上演でした。気合十分。稽古の始まった1月4日から、キャストもスタッフも大変に濃密な日々を過ごしてきました。



はじまりの頃はフラットな床であんなシーンを作ったりしていたのが



最後までとにかく一通り坂手さんに見ていただいた頃にはセットが組まれ



こんなドキドキシーンの稽古もばっちりできました



女歌手の幻の登場シーンや



幻のダンスラブシーンもありました。





稽古時に名札を貼って気合を見せる若者。

左側の高岡由季は、今回がこんにゃく座初舞台。大先輩たちの熱気に毎日激しく揉まれ、初々しく奮闘しておりました。


出演者が多く、みんな着替えがあるので衣裳合わせも大仕事。



音楽監督もカツベキのアクセサリーを一緒に選びます。


バッチリ☆

富山さんがこんなにイヤリングの似合う男性だったなんて、とんでもない新知見です。


もちろんミヘルくんもフィッティング!




衣裳が仕上がる前には役者が自分で仮のものを用意するのですが、

この老婆のイソギンチャクぶりといったら、お腹がよじれるかと思いました。


動くと海中のようにふわふわ揺れるのです。
この方は「おぐりとてるて」の時も千手観音の冠をナイキの真っ赤な空き箱で作ったりしていて(ちゃんと中央にナイキのマークがくるようにしてあったのです)、毎回仮衣装・仮小道具大賞をあげたいくらいです。今回も貴婦人の役でショールの代わりにジャージを頭にかぶってきたときはおもしろすぎて呼吸困難になりました。




さてさて、大変に見応えはあるけれども危険と隣り合わせだったこのセット。


世田谷パブリックシアターでの仕込みの様子も壮観でした。



楽器もこんな感じに。



一生懸命照らしたり


必死で材料を運んだ甲斐あって


迫力満点の装置ができました!



この舞台、3階席から見ると傾斜があまり感じられず、みんなが滑ってゆくのが、水面を泳いでいるように見えました。見る角度によって印象ががらりと変わる面白い装置です。

大御所も多いキャスティングで、みんなの足腰が心配な日々でしたが、大きな事故も無く乗り越えることができました。日々の鍛錬の賜物ですね!






素敵な装置と素敵な衣裳、そして劇場入りして驚いた、美しい照明。

みんなのテンションも上がってゆき、日々進化してゆくのが感じられて、とってもわくわくしました。


ワクワクしすぎてこの方はこんなジャラジャラしたイカサマ坊主になってしまいました。



ほんとうは、毎日若者の育成に力を注ぎながら、憎たらしくもチャーミングなアツダクをバーンと見せつけてくれる素晴らしい方なのです。



稽古場でも劇場でも毎日稽古していた「3つの声」チーム。


3人でバランスを取るのはなかなか大変なことです。誰がよそ見しても成立しない。チームワークがものをいいます。


こちらの3人は自由なのにどこか通じ合っていてとっても愉快。



そしてこちらも3人のイケメン。


一緒に出てくることはありませんでしたが、同じ宮殿の兵隊さん。洗濯する女中を一緒に眺めたりしていたかも?
この左側のシモンさん、

稽古中は魚肉ソーセージやバナナなど、長細いものばかりを食べていました。

誕生日はタルトよりもロールケーキがよかったかしら。

こうして作られたたくましい身体で

激しい転げ落ちぶりを披露するシーンも。


肉体疲労を恐れず肉体を披露する方です。



舞台上であんなに壮絶なバトルを繰り広げた領主夫人とグルシェも、舞台裏では和気藹々


料理女とだって仲良しです。



素敵な領主の旦那様は


自分の首が晒されている時、舞台の端でシンバルを叩いていたのです。


気付いたあなたはこんにゃく通!



舞台下からもその動きが注目されていたミヘル坊や


初めて見た日はただの人形だったのに


どんどん本当のミヘルくんになりました。


舞台袖で添い寝…ミヘルが2人!?



2人といえば、‘ダブル佐藤’の医者はいつでも息ピッタリでした。

達者なコンビ芸!


そして、「夫婦漫才」から始まった稽古の中、発展し、ぶつかり合い、支え合って進化した物語歌手の2人。


踏んできた舞台の重みを感じる、どっしりとした、それでいてどこかキュートな2人でした。




魅惑のBODYで視線を独り占めしたルドウィカさんの


あの「危険な武器」は、ご本人のお手製。縫っているのを近くで見ると手術のようで怖かったです。


現こんにゃく座員で唯一、『白墨の輪』初演の舞台に立っていたこの方までも虜にしてしまう肉体なんてすごすぎる!



そんなルドウィカに夢中になる姿も愉快にみせてくださった楽士さま方


スタンドプレイは、それはもうワクワクする瞬間でした。


木管カルテットとピアノに編曲されたこの2015年版白墨の輪。
この編成はこのオペラにとてもふさわしいとたくさんのお声をいただきました。
それもこれも、楽しく頼れる楽士さんがいてくださるからに違いないのです!



そしてこの方があのグルシェ


こんにゃく座の「白墨の輪」のこれまでの再演では、3人の役者が同時にグルシェを演じたり、交代でグルシェになっていったりする演出もあったのですが、今回はたった一人でこのグルシェ役に立ち向かいました。

毎日朝から晩までずっと稽古していた太田さん。


見るたびに、グルシェがグルシェとして生き生きと動くようになっていて、とてもドキドキしました。


お花を抱えて嬉しそう。やったね!


女の園!





こうして無事に千秋楽を迎えたこのオペラ。
本当にたくさんの方のお力添えにより、笑顔に包まれて終演できました。


木管四本とピアノという編成に編曲し直したこと、演出に坂手さんをお迎えしたことなど、再演といっても新しい物語が大きく生まれ、育っていった日々でした。
以前の『白墨の輪』をご覧になった方からも、また初めてご覧いただいた方からも、「素晴らしい作品だった」と言っていただけたことは、私たちにとってとても大きな財産です。


書ききれないスタッフの方々への感謝と、見に来てくださった、応援してくださったお客さまへの感謝、そして見守ってくれている光さんへのありがとうの気持ちを胸に、2015年の『白墨の輪』は幕を閉じます。
またいつかお目にかかれますように…




ありがとうございました!





写真:姫田蘭さま、座員のみなさま
文章:熊谷みさと






『白墨の輪』始まりました!

こんにゃく座にとって、25年ぶりの公演となる『白墨の輪』がどんな世界となっているのか、みなさん待ち焦がれていたのではないでしょうか。

私は販売物コーナーで、公演パンフレットのおぺら小屋や、こんにゃく座グッズなどを売っております。

販売物コーナー


販売物コーナーでは、お客様とお話しする機会が多いです。1978年の初演を観たという方とお会いしたり、2001年に行われたオーケストラ版の白墨の輪にオケで出ていた方とお話ししたり、静岡からいらしてくれたご家族などなど……。
前の白墨の公演の時の話を聞いたりし、まだ座歴の浅い私にとっては、お客様から教えていただくことがたくさんあります。


開場までの間たくさんの方とお話しし、そして、終演して客席から出てきたお客様の顔を眺め、あぁ、みなさんにこの『白墨の輪』がどんな風に届いたのかなぁっと、しみじみ考えるのでした。



さて!
そんな今回の『白墨の輪』には“バラ係”と言う係りがあります!どんな係りなのでしょうか。それは観てのお楽しみ♪
私はそんな初日の“バラ係”を担当しました。実はすごく緊張したのは、ここだけの話…(u_u*)



終演後は、ロビーにて初日乾杯が行われました。


たくさんの方に参加いただき、萩さん、そして演出の坂手さんのお話もありました。
こうやって、お客様も一緒に初日をお祝いできるのは幸せですね。

今のこの時代に、たくさんの方に、観ていただきたい作品です。



オペラ『白墨の輪』いよいよ明日が初日となりました!
ということで、恒例の道案内を。以下URLからどうぞ。

http://zakonnyaku.blog.shinobi.jp/Entry/1329/

雨でも雪でも、駅から傘を差さずに来られます♪



本日はゲネプロ。
稽古場最後の通しから、またパワーアップしていました!
上(2、3階)から観ても、下(1階)から観ても楽しいです。
まだ日によってはお席もございますので、是非とも会場に足をお運びください!

オペラ『白墨の輪』、いよいよ今日から劇場入りです。
午前10時から仕込が始まりました。
世田谷パブリックシアター。
2013年2月の『アルレッキーノ』以来2年ぶりです。
これまでは毎年公演しているので、久しぶりの感じがします。
今回の島次郎さんのデザインの舞台装置は巨大な滑り台。
稽古場にも本物の装置の一部を仕込みましたが、実寸より少し小さかったので、今日
実際の大きさを見て、やはり圧倒されます。
世田谷パブリックシアターは舞台の高さを変えられます。
今回は一番低くしています。客席と同じ高さです。
でも、装置が奥に向かってどんどん高くなっていますから、劇場全体が大きなすり鉢
のような感じです。
島さんの舞台装置はこれまでも開帳場(奥に向かって高くなっていく舞台)が多かっ
たのですが、今回は極めつけですね。
仕込も多人数、大掛かりで、壮観でした。
私は、ピアノと器楽奏者の位置決めをする役目でした。
劇場のステキなデザインである柱、舞台の両側に立派な石壁のような柱がそびえてい
るので、いつも悩まされます。
ピアノを置きたい場所に石壁があるんです!
押してみましたが、動きません!(あたりまえ!)
みんなに笑われました!
そんなこんなで、まあこのへんだろう、という場所に落ち着き、私はひと足先に劇場
を後にしました。
仕込は夜まで続き、明日も続き、明日夕方から場当たりという名の舞台稽古が始まり
ます。
初日の幕があがるまで、分刻みでことが進んで行きます。

どうぞみなさま、25年ぶりの『白墨の輪』をお見逃しなく!

萩京子
本日、稽古場最終日です。
沢井さんが通し稽古直前まで作っていた請願書!!
あぁー、これ、読んでみたい!!




通し稽古直前まで、お稽古する
グルシェとアツダク





通し稽古後には、編曲の吉川和夫さん、寺嶋陸也さんから、木管が入り随分雰囲気が変わった。この公演は素晴らしいものになると確信した。まだまだおもしろくなる。本番がたのしみ。
とお言葉をいただきました。

25年ぶりの再演…!!
今回出演している由季ちゃんや私が生まれたか生まれないかぐらいの頃です。
こんにゃく座や白墨の輪の歴史に改めてふわぁぁーっと圧倒されます。

お話は骨太だし
音楽は美しくて、耳に残って歌いたくなる曲ばかり。

出演者は貫禄の川鍋さんから、フレッシュな由季まで、幅があって老若男女ほんとうに色々な人がいて、ズラーッと並ぶとそれだけでかっこいいし、民衆が力強いです。グルシェや民衆やみんなの姿をみていたら、社会も自分の身にもいつ何が起こるかわからないし、いつも大なり小なりの選択の連続で他人ごととは思えないです。

舞台装置は見るだけでわくわくするし、
衣装も細かいところまですっごくかわいい!

わくわくすることだらけで、はやく劇場で観たいです!!

みなさま、劇場でお待ちしております!
本日は、衣装を着けて通し稽古!

やっぱり、衣装を着ると、より一層気合が入りますね(^ω^)

稽古場での稽古も、明日で終わりなので緊張感も高まってます。


食事休憩の時も衣装部さん達は、縫い物しております。



今日も10時頃まで頑張って作業してました!




あかね様も、毎日ツナギ服を着て道具を作っております!

明日も通し稽古です!

頑張るぞー^ - ^

雪が屋根から解けているのよ!

…というグルシェの台詞がありますが、今日は稽古の始まりに天井から水滴が落ちてきました。晴れているのに雨漏り?と思ったけれど、きっと昨日積もっていた雪が溶けて天井から漏れてきたのでしょう。これはいかん、とみんなであたふたしましたが、すぐに落ち着きました。めでたしめでたし。

そして稽古は今日も楽士の皆様と、場面ごとに細かく稽古してゆきます。明日からはまた通し稽古をやっていく予定ですから、じっくりやれるのは今日までかもしれません。最後の仕上げですね。佳境。正念場。まる一日かけて、なんとか全場面あたることができました。だんだん身に染みてきたこともありますし、新しく出てくる問題もそれぞれあります。うーんますます頑張らなくては。


ミルクは高くついたもの

…というグルシェの歌がありますが、みんなでコスパ良く牛乳を分け合うために、牛乳クラブの活動も盛んです。冬場は温かい紅茶やコーヒーが人気になりますからね。元気にカフェイン摂って、いつも元気に歌います。
もう1月も終わろうとしておりますね。
こんにちは、沖まどかです。

やはり本公演のお稽古中は毎日ですからね、みーんなお弁当を作ってくるのですね。えらいですねー。
私はあまりやりません。というか、全然やりません。ですが、ホント、8割以上の人はお弁当です☆みんなすごいなー♡

でね、全然関係ないですが、サーモンの冷凍をもらいまして


でかいのです!

だからね、事務所で作ってみたのです、謎のお料理。



でもまぁ、美味しかったからいーのです。味は少し濃かったけれど、うどんを入れたりすると美味しかったなぁ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そんなこんなで、そろそろ稽古場も終わります。
あとちょっとがんばろー♪ヾ('∀'o)ノ

衣裳部ゆずです!!
本日は午前中から衣裳パレードがありました。
パレードって言っても並んで行進するわけではなく。。。本番の衣裳を着て演出家に見ていただくのです。しかも今日は16時から初めての衣裳を着けての通しもあるという衣裳部にとっては大忙しのスペシャルデーでした☆
先週は衣裳合わせという初めて衣裳に袖を通す日があり、そこから我々衣裳部はスカート丈を詰めたり新たに帽子を作ったり今日に向けて準備をしてきました。そして衣裳家宮本さんの工房からもたくさんの衣裳が送られてきて。。。Bスタジオにざぁーと並べるとなんだかうきうきした気分になります(*^-^*)グルシェの衣裳はシャツもベストもかわいい!!兵隊さんたちの衣裳は本当に素敵な色合いでかっこいいし、領主婦人は美しいし、アツダクはなんだかすごい!!それからそれから。。。と言ってもまだお見せできないのが残念ですが、ぜひ衣裳も楽しみに劇場に足をお運びくださいね(*´∇`*)
そして今回もひとりで何役も演じる人たちがいます。1、2分での着替えという場面もちらほらあるのです(^-^; ですので簡単に着替えが出来るように加工したりするのがこれからのお仕事になりそうです。さぁ劇場に入るまであと少し!!
素敵な公演になるよう衣裳部も頑張ります☆
白墨の輪に出演させていただきます。
新人の高岡由季です。
去年までは憧れて止まない存在だったベテランの先輩たちに囲まれて(いや、今でも憧れですが)、その力に圧倒され、たくさんのダメ出しを受け、泣けるほどの優しさに包まれて毎日稽古に励んでおります。

今日もまたお掃除から始まりましたよ。
いつも「掃除しよう」と第一声をかけてくださり、最後には水拭きで部屋の隅も完璧にキレイにするまで気を抜かない富山さん。



今回の富山さんの演じる様々なキャラクターとその衣装のイメージからはなかなか想像できないオフショットかもしれません。
白墨の輪を観て頂ければわかると思います。

それにしても、つい最近、1月4日に稽古が始まったかと思うと、もう28日です。
「あ」とか言う間もないくらいあっという間です。
あ、今、ことわざ大好きなシモンさんみたいなこと言っちゃいました。
白墨の輪を観て頂ければわかると思います。

私はこの2週間、初めてのことだらけ。わからないことだらけ。できないことだらけです。
このオペラの瞬間、瞬間に存在していることだけでいっぱいいっぱいです。
しかしそれでも、自分の中に焦りを感じている暇なんかないくらい、日に日に増して稽古場は熱気を帯び、関係している全ての方々の手によって「白墨の輪」が凄いオペラになっていくのがわかるのです。全身でビリビリと感じるのです。
私は本当に幸せ者です。とにかく、全力で追いかけて走るしかありません。
どんどん面白くなっていくこのオペラの中に、私のエネルギーを加えられるように。
あと1週間ちょい、頑張ります。

沢山の方に観て欲しいです。
とにかく、感じて欲しいです。
全ては、
白墨の輪を観て頂ければわかると思います。




カテゴリー
最新コメント
[07/25 cara agar cepat hamil dengan aman]
[07/25 tempat Outbound di Bogor]
[07/24 paket tour wisata jogja]
[07/23 コネコネコ]
[07/22 alat pembesar payudara]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/