[1] [2] [3] [4]
2016年の『Opera club Macbeth』、2月5日に初日が明け、前売り完売!満員御礼!で、14日に千秋楽を迎えました。



みなさまへの感謝を込めて、写真で振り返ってみたいと思います。

思えばいろいろな出来事がありました…

1月6日に稽古が始まったと思ったら、


翌日にはもう装置の仕込み。


ああでもないこうでもないと言いながら


床にテープを貼ったりしています。


隠れ家的ピアニストルームのできあがり!


そしてたくさんの稽古をしました。


殺陣も多いですからね、日々精進です。


毎日稽古です。


時々便乗する衣裳部も現れます。




お誕生日を迎えた人も。


そしてあっという間に衣裳合わせが訪れ


あっという間に劇場入りです。


トラックが舞台の中まで入ってしまうという驚きに包まれて、搬入搬入!


井村さんへ何かしらのビームが発せられていますね。


中身が気になる・・・!!


この作品の器楽は、ピアノ、フルート、打楽器の3パートからなっております。


初演から演奏してくださっている高良さん、姫田さん。そして今回のピアニスト寺嶋さんは、真っ暗闇の中でピアノを弾くというとんでもない技を披露してくださいました。格好良すぎる!!


男性陣は大変格好良く、女性陣は大変妖しく、それぞれに輝いていたこの作品ですが、稽古の合間には妙な存在もたくさん目にしました。


肉好き演出部チーフの鳥頭や


おでこに髭が生えてしまった人


偽物の五郎丸たちに


Lみたいななんか…なにこれ怖い…


ああ、怖い…


う、うずまき…!!ヒィ〜!!

この女優さん、普段は誰よりも女優オーラを出しているくせに面白いことは進んでやる方で、いつも大好きなロバートのコントを繰り広げているのですが、今回は


何かモノマネしてKURENAIかなあ…と思っていたら、某ヴィジュアル系バンドのボーカルの真似を披露してくれたりもしました。


こんな恐ろしい魔女たち、それぞれいろんな意味で強烈なソプラノ歌手ですが、個性がとても生きた3人組でした。


この3人の魔女たちを率いていたのは、更に上をいく強烈さを放っていたヘカティー様。


泣く子も黙る格好良さです。

このヘカティーの頭は、演出の眞鍋さんが「シンディーローパーみたいに」とおっしゃったのを元に、色々と画像検索をしたりして作成しました。


こんなおかしな仮装のようになっていた研究初め


どこかの娘の髪が伸びたらこんな感じになるのでしょうか…


このカツラを見事にシンディーローパーのくるくるにしたのがこの人。頑張りました。
なんだか赤いクラゲのようですね。


そしてどんな時でもかぶりものは逃さない衣裳部のムードメーカー。


洗濯をする時はポーズをとるのが女優と決まっています。



さらに今回、どういうわけか裸流行りだった現場。


シャワーマルカムに始まり


筋肉アピール(?)泉


そして水も滴るいい男。

このいい男のいい男ぶりは大変なもので、


ヒゲ面が斎藤工に似ていると噂になったり


変な髪型が板に付いたり


光さんとも仲良しのようです。

舞台に空いた穴から魔女たちがスッと消えるラストシーンはシステムを研究しながら何度も稽古したのですが、
そこにはいつも腕組みをして見守る監督が



これがそのいい男。
どういうポジションなのか謎ですが、ずっとそこから腕組みして覗いていました。


いい男が演じたレノックスはなかなか渋い男でしたし、


色々な殺し屋もなかなかの動きでした。




一方メイク前までセルフミーハーに余念がないこの方は


劇場で自撮りの捗る毎日


自らミーハーになるだけあって、マルカムのカッコよさを熱狂的に讃える声がたくさん届きました。



劇場の床にへばりついているこの人は、そんなマルカムの弟、ドナルベーン役。


この役に決まってから殺陣を習い始め、木刀も買って、先輩からの激しい励ましの嵐を受けながら稽古してきました。


そのドナルベーンが必死に戦っている頃、敵を睨みつけるだけで勝利を手にするというすごい強さを見せつけていたのがこの方、
シーワードさん。

初めてそのシーンを見た時の衝撃は忘れられません。


王様ダンカンはとってもおおらかな雰囲気。
「クラブマクベス」で最初に幕が閉められた時に劇団員が慌てるシーンで発せられる「ここカットアウトじゃなかったっけ?」という独特の茨城訛りの言葉は密かな人気で、それを楽しみに舞台袖にスタンバイする人が現れるほどでした。

ダンカンが最初の登場で乗っていた「イントレ」と呼ばれる足場は、


青竹踏みならぬイントレ踏みに使われたり


iPhoneを操作したりピアニカを吹いたりする憩いの場にもなりました。


そのピアニカを共同作業で地獄仕様にしてゆく2人
左側の泉篤史は、色々あって1月に入ってからフリーアンス役に抜擢され、隙あらば殺陣やらなにやら、先輩と共に精進してきました。


可愛い雰囲気なのに立派なヒゲが生えていて、年齢不詳のフリーアンス。
稽古の甲斐あって一番の新人とは思えない身のこなしでした。



こちらは例によってパイプを笛にして吹き鳴らす富山先輩


「大好き!」お茶目です。


マクダフがマルカムに、マルカムの両親の話をするところは、なんだかとってもジンと来ました。


革ジャンを加工するついでに拝借!ぶかぶか!!これを着こなす富山先輩の体格の良さを感じます…


舞台上では一緒にいることのなかった息子と父子水入らず。


舞台袖でパイプを覗く2人…何が見えるの?


覗いた先には、あら不思議!
ただの筒なのに、万華鏡のようにキラキラ光っています。これを見てたのね!

パイプを覗いていた右側の人、バンクォーは、衣裳合わせの時に「オダギリジョーみたい!!」と専らの噂になっていました。


うるおさんがこんなにロングコートの似合う人だったなんて、とんでもない新知見です。


そしてその死後は生前からは想像もつかないほどの剽軽な姿。
悲しみを感じさせないその姿。
シリアスなシーンなのにどこかほっとしたものでした。



舞台ではもちろんのこと、楽屋でもなんだかとっても格好良くて激写せずにはいられなかったこちらの方


ワケありのロスの格好良さもさることながら


「客」の不思議な存在感は、更にこの方ならではの魅力を感じさせてくれたように思います。



その現実の世界とマクベスの舞台の世界とを行き来し引き込んでいったのは、門番役のこの方。
物語を引っ張り「男」や観客を巧みに巻き込む姿はさすがとしか言いようがありません。


しかもこんなにオネエキャラが似合うなんて!びっくりです。


お肌のお手入れも念入りにネ☆



おや、こちらには2月だというのに夏のような人が


マクベス役のこの人は、イケメンな上に、役に入ると赤いシャツとベストが素敵に似合って、普段は隠している気品さえ滲み出てきていましたが


狂気のシーンの錯乱ぶりは更にリアリティ溢れていたように思います。


ちなみにその手にかけられていたワインの素がこちら。
水で洗える血糊「静脈用」でした。



普段はちょっと戯けた雰囲気を持っているのに、役に入るとその色気や気迫に驚かされた、男の妻・マクベス夫人


狂気の果てに旅立ってしまった姿は美しく、胸を締め付けられるようでした。



その狂気に惹かれ、翻弄され、破滅した「男」。


しみったれたサラリーマンが、大きな渦に飲み込まれ国王の座への欲望に燃えていく姿は、なにか抗うことのできない強大な力を感じて恐ろしくも引き込まれるものでした。


はじめのシーンのあの仕掛けのタネはこういうもので、


毎日「こいつが嫌いだ」と言う人の手を借りてセットされ


こうして仕込まれておりました。


始まりはあんなに情けないサラリーマンなのに、白塗りをした時の「男」の気迫ときたらもう見ているだけでビリビリしてしまうほどで、


レインコートの「鎧」と段ボールの「王冠」が、切なさを感じさせたり、また本物の鎧や王冠に見えたり、「男」の不思議な魅力が周囲までもを様々に変化させていました。



高瀬久男さんの追悼公演として上演された『Opera club Macbeth』、稽古が始まってからも、大変なこともいろいろありましたが、それでも稽古場はいつも和やかでした。

嵐の中を穏やかに導いてくださったのが、今回初めてのおつきあいとなりました、演出の眞鍋卓嗣さん



演出助手の花島さんとの素敵なコンビネーションで新たな風を吹かせてくださいました。


柔らかな印象とそのルックスにメロメロになった人も多いとか。


打ち上げでは眞鍋さんの前に長蛇の列が!(右の方で光っているのが眞鍋さんです)


切穴やイントレなど、見た目にハラハラさせる装置もありましたが、最後まで大きな怪我もなく走り抜けられたのは、みんなの気持ちが一つになっていたからだと思います。
そして天国から見守ってくれている、やさしいひとたちのちからだと思います。

2016年2月、この時に、『Opera club Macbeth』を再演したことを、私たちは忘れません。
満席のお客さまに温かい拍手をいただいたことを、私たちは忘れません。




ありがとうございました!!


















写真:姫田蘭さま、こんにゃく座員
文章:熊谷みさと
只今、クラブマクベス、上演中!

みなさま、こんにちは、北野雄一郎です。

吉祥寺シアターで公演中のオペラ「クラブマクベス」も折り返し地点を過ぎ、残すところわずかとなりました。
そんな夜公演の今日、劇場にある人物がやってきました。

その人物とは、そう、冬木です。こんにゃく座の座員、ふーゆーきー。怪我で入院していたのですが、無事に退院して劇場に来てくれました。


同期の高岡から冬木へ退院祝い

そして、冬木は今日の公演を観るということで、劇場3階ギャラリーへ。ここは照明操作のスタッフさんがいるところ。特別席です。


なんだか嬉しそうです。


ちなみにこんな風に見えます。

そして、今日の公演も無事終了。
冬木くん、クラブマクベスはどうだったかな?

ということで、冬木に注目した劇場日誌でした。
2月7日の公演終了後、やりました!
こんにゃくらぶの集い♪♪♪

たくさんのお客様に参加していただきました!ありがとうございます!

さてさて、本日は終演後、ロビーに怪しい白い人たちが‥‥


私は、ただのファン目線になってしまいまして‥‥なんだか、終演後の役者たちが衣裳のまんまロビーにいることにウハウハ興奮してしまいました^^;


ウキウキしていると目線くれました!なんのこっちゃ!


さてさて!


へカティ岡原によりまして、再びファンクラブの皆さまを客席へ。

今日はどんな座談会かなーって思っておりますと、なんと!バックステージツアーが始まります!わー!
今回は裏方でも出演者でもない私は、普通に楽しんでしまうのでした(☆∀☆)


2階舞台部分からグルーっと回って‥‥


狭い階段を登って、


3階ギャラリー部分へ!

吉祥寺シアターならでは!とってもオープンなスペースにピンスポットやら照明、音響卓が置いてあります。

またグルーっと回って、


今度は1階の袖部分へ。

とても狭い通路に所狭しとイスや小道具、衣裳などなどが置いてあります。
王冠やらマクダフの子どもやら枕やら‥‥


さて、楽屋を通りまして、


舞台の裏。で洗濯しているかわいこちゃんたちを覗き見。


今度は、皆さまを奈落の底へ‥‥……

うひょひょ。興奮しますな。


こんな所になっておりまして‥‥と説明しておりますと、

なんと!!!
お優しい舞台監督が、「階段出してあげるよ!」って!
うわーい♡(*´∀`*)人(*´∀`*)♡


へカティ岡原に続けー!


1人ずつ、切り穴から幻影のようにのそのそと‥‥


あかねさんも


マクベスも


レノックスも


ぅわーーー!出たー!ホンモノー!

サービス精神旺盛な富山さんが実際の衣裳で。この裾の裁きが大変なんだそうです。ですよね。狭いのに細いのに、裾が長い……大変だ

お客さまはもちろんのこと、私達座員も!そして出演者でも、穴から出てくる人は限られておりますから、とっても貴重な体験をみんながすることが出来ました♪♪♪


最後に、


質問コーナー!

大石さんの立ちションはどうなっているの?とか、マルカムは何のゲームをやってるの?とか、


ウォレットチェーンに繋がれたニンテンドーDSをピコピコしながら教えてくれるマルカムでした。

そんなわけで、今回のファンクラブの集いは無事に終了いたしました(o^^o)
バックステージツアーは毎回出来るわけではありませんが、またいつか、このような機会を設けることができるかもしれません!
なので、ぜひぜひ、こんにゃくらぶにご入会くださいませ♡(笑)そして、ファンクラブの集いにもぜひぜひ、ご参加くださいませ♡
さあて!今日は皆さん待ちに待った初日です!!



なんと前売り(ほぼ)完売!!!(2/5朝時点)

有り難や有り難や…!
この時点で残っていた13日夜の前売り券も、もうないそうです。
気になるのにまだご購入されてない方は、当日券が数枚だけ毎回1時間前に出されますので、そちらをお買い求め下さい。


稽古前に、愛妻家の富山さんが奥様からの差し入れをお茶場に提供して下さいました。


メロゴールド!

初めて食べましたが、
お、美味しい…………!!!!

沢山持ってきて下さった(このパックで幾つかあったみたいです)のに、あれよあれよと減っていきました。
小腹が空いた時、喉が渇いた時、口の中をサッパリさせたい時、などに、メロゴールド!と、いつでも美味しくいただけちゃうんですもの。




さて、稽古も終わり、本番前の張り詰める空気の中、



何かを見つめる二人…
(実際にはさとおさんは、ストレッチ中、うるおさんはセッティング確認?中)



そして、


妖艶な(?)光を浴びながら体操をしている茂さん。

もうあと数分で開場時間、という頃です。


開演してしまうと、思ったよりも時間が過ぎるのが早くて。
あっという間に終演時間でした。



無事に初日が明けましたが、
舞台監督の八木さんのお言葉「絶対に慣れないで下さい。」を念頭に、気を緩めることなく、千秋楽まで突き進みたいと思います!




おまけ


今回の私の好きな照明☆
きれーい。
吉祥寺シアターに劇場入りして4日め。
いつもだったら今日は初日です。
が今回は1日多く舞台稽古の日程がとれていて、昨日までに丁寧に全場面あたって、今日の午後手直しして、夜通し稽古、となります。



吉祥寺シアター入り口

吉祥寺シアターはよく芝居を見に来ている劇場です。
新しくてモダンな建物。
都心から少し離れていますが、渋谷、下北沢、吉祥寺という井の頭線ラインは、新しい演劇が生まれるラインでもあります。


吉祥寺シアター建物



ロビーに鍋さんご逝去のご報告


同じくロビーに高瀬さん追悼コーナー


「クラブマクベス」は三軒茶屋のシアタートラムで初演した作品で、シアタートラムのときと同じように劇場全体がクラブマクベスの空間になるような感じにしたかったので、今回は吉祥寺シアターが選ばれました。


客席にしつらえた演出席

客席数は少ないですが、舞台空間は贅沢です。
音の響きも良い感じです。
フルートとピアノとパーカッションのスペースを工夫して、舞台装着と解け合わします。
器楽スペースを客席から見て左側にするか右側にするか、美術打ち合わせの段階で熟考します。
今回は王道の下手(左側)。
音楽好きの人って、楽器のそばで聞きたがったり、遠くで聞きたがったり、いろいろですね。
演奏している人が見える見えないの問題もありますね。
舞台上の演技や仕掛けも、客席の位置によって見え方が違うのは生の舞台としては仕方がない、というより、だからこそ
面白いのではないかと思います。


打楽器の高良久美子さん


ピアノの寺嶋陸也さんとフルートの姫田大さん


さて、これは何でしょう?


いろいろな意味で、今回の「クラブマクベス」の舞台、面白いですよ。

今日の通し稽古は高校生と大学生の見学がありました。

舞台稽古を見るという経験も、本番を見るのとはまた違う興味を持ってもらう機会なので、今日の「クラブマクベス」が記憶に残ってくれるといいなあ、と思います。
初めてお世話になります、吉祥寺シアター!
こんにゃく座通でも初めて訪れる方が多いかもしれない!
ということで、駅から会場までの道程をご案内します♪



◆JR吉祥寺駅から

1.中央改札を出て、北口(左)を目指します


2.北口が更に2方向に分かれているので、右側、NEWDAYSの隣を下ります


3.地上に下りたら、更に右へ


4.JRの高架を右手に見ながら、高架に沿って進みます


5.高架下に郵便局が見えたら、その角を左折します(写真の茶色い建物の手前に入ります)


6.すぐにミニストップがあるので、そこを右折します


7.まもなく左手に、会場が現れます。壁一面に"吉祥寺シアター"と書いてあるので一目瞭然!




◆京王井の頭線吉祥寺駅から

一.改札を出て正面の階段を下ります


ニ.右手、BEAMSの下を北口方面へ進みます


三.北口が更に2方向に分かれているので、右側、NEWDAYSの隣を下ります


四.地上に下りたら、更に右へ


五.JRの高架を右手に見ながら、高架に沿って進みます


六.高架下に郵便局が見えたら、その角を左折します(写真の茶色い建物の手前に入ります)


七.すぐにミニストップがあるので、そこを右折します


八.まもなく左手に、会場が現れます。壁一面に"吉祥寺シアター"と書いてあるので一目瞭然!




会場までは、どちらからも歩いて5分くらいです。
どうぞ気をつけてお越しください!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

本日は、昨日に引き続き、各場面の動きを細かくあたっていきます。
もちろん裏方も、動きの確認をしっかりやります。

今回、演出部は開演中、後半の多くをここで過ごします。

ここは舞台の真下、"奈落"と呼ばれるところです。

みんな覗きにきます


覗き込みます


なんだかもぐら叩きのもぐらになった気分。

あ、また誰かが覗きにきた……

目潰し!!


いえ、仕事です。

こんな事もしています


何をしているかは、本番を観てのお楽しみ!
といいたい所だけど、なにせ舞台の下だから本番もご覧にいれることは叶いません。
どうぞ、本番を観て、きっとこのシーンだろうと想像を巡らしてお楽しみください。
小屋入り2日目です。



昨日、仕込んだ舞台は見事に出来上がり、鮮やかな照明がその空間を異世界色に染めています。私はそれを見てウットリするような、ゾクッとするような、不思議な感覚に襲われます。なんだかお酒を飲んだときの感じに似ています。


染めたといえば、今回のクラブマクベスために髪型および髪色を思いっきりチェンジしたキャストがたくさん。
忠地あずみ 島田大翼
こちらは、楽屋の前を彩る、アッシュカラー(灰色の入った髪色のこと)のお二人。マルカム役の大翼さんと、マクベスに関係なく(笑)いつも素敵なヘアスタイルの、制作のあずみさん。
みなさんを見ていると、視界がパーっと華やいで、私までソワソワします。なんだか刺激的なショーを観ているような気分になります。


こうやって公演の日が近付いて、作業も大詰めになってくると仕事している夢ばかり見ます。夢かうつつかマクベスか。
そして、そして、取り返しのつかないミスをしてしまう夢も見ます………でも、そういうとき私は大抵「これは夢だ」と気付き、早く覚めてくれーと願います。
でも、幸せな夢を見てるときはどんなにありえないことが起こっても夢だと気付かないで、起きてからガッカリして二度寝を試みたりします。
つくづく自分勝手というか、ワガママだなーと思います。
今だって毎日歌に芝居に囲まれて、夢なんか見なくていいくらい幸せなのに。
いや、待てよ?
ということは、今私がいるコレ、こんにゃく座の日々、この世界は、夢なんじゃ…。
どこかの別の世界で、別の私が夢から覚めるのを待っているんじゃ…。


なーんて考え出すと終わりのないことを、このクラブマクベス漬けの幸せな日々のなかで考えてしまう私なのでした。
高岡由季

続々と、チケットが売れております!
僅かですが、5日、12日、13日の夜に空きがあります。
当日券もございます。
是非!是非!!ご来場ください〜〜〜!!!
今年が始まってもう1カ月たったのですねー!!マクベス、いよいよ劇場入りです。
朝9時から仕込み開始しました。



トラックからの荷下ろし

吉祥寺シアターは劇場の中に車を入れてシャッターを閉めてからの荷下ろしします。なので今回はこんにゃく座トラックではなく2トントラックでやってきましたー!

搬入して、部署にわかれて作業です。




通し稽古を観てとっても楽しかったので、この劇場で、照明もはいってどうなるのかとっても楽しみです!!

チケット、前売りはあとわずかです。
是非お見逃しなく!!
当日券は開演1時間前から販売します。
稽古場での稽古は残すところ、今日を入れてあと2日。

本番前でピリピリしてるのかなぁと思いきや、稽古場からは笑い声が聞こえてくる。何度も!気になって縫い物の手を止めて作業場の窓から稽古場を覗いたりしてみる。

連日稽古でお疲れでしょうが休憩時間もぐったりもせず、どっかんどっかん爆笑が起こっている様子!
今日は眞鍋さんから差し入れに素敵なお菓子をいただいたので、座日記に載せよう!と思ったが、既に食べ終わって箱もゴミ箱の中。あっという間でした。もりもり食べて今日もみんな元気だ!!!

衣装部も最後の追い込みです。稽古場から聴こえてくる音楽を存分に楽しみながら(本当に音楽を聴いているだけでもおもしろいのです!稽古場を観に行きたくてうずうずしてしまう。)サイズ直しやら早替え用の工夫やら装飾を足したりしています。
通し稽古のあとは、汗びっしょりの衣装をお洗濯したり。

衣装のスタッフさんはもちろん、いろんな分野のプロの方のお仕事を間近でみることが出来るのがとても贅沢。出演しているときは自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうので、スタッフをしているときにいつも感じます。あぁあんなかっこいい大人になりたいなあと。(年齢的にはもう立派な大人のはずなのですが)

稽古が終わってからも、稽古場を覗くと先輩がなにか指導しているのかしら。



素敵だったので目線もらいました。かっこいいー!!


今日一番最後までお稽古していたのは大石さんでした。

隣のお茶場では稽古が楽しくってさ!!とビール飲みながら話がはずむはずむ。

帰り道、寒い!!
冬だ!!!
でもでも
マクベス稽古場、熱いです!!!
毎日お昼を過ぎると、頭上から、いつも同じリズムで、太鼓を打つ音が聞こえてきます。
そのリズムに合わせて、軽快にペンを走らせ、キーボードを弾き、華麗に紙束をさばく……
なんてことはなく、ただ黙々とデスクに向かい、皆さまのチケットを準備しています。制作の森です。今回のチケット係を担当しています。

マクベスの座日記を書いてくれないか、と頼まれたものの、連日繰り広げられている華やかな稽古に比べるとどうも地味で、はてどうしたものか、と困り果てています。

歌って、踊って、斬り合って、日夜続く試行錯誤の稽古場、その下(こんにゃく座は稽古場が2階で1階は事務所なのです。)で、制作陣も負けじと毎日せっせとお仕事しています。

そんな事務所の片隅にチケットデスク(チケット処理担当の作業スペース)があります。
ここがチケット係の住処です。

作業行程はお申し込みからチケット発送まで、ざっと数えて10個程です。
その一つ一つを丁寧且つ迅速に、チケットの発売が始まったあの日から、毎日コツコツ続けています。
お陰様で約2ヶ月で、ざっと500と50回くらい同じことを繰り返し、それはもうスムーズで正確な仕事ぶり! とは誰も褒めてくれませんが、これだけやれば慣れたものです。手が勝手に動きます。(嘘です。)
それでも、何度も見直し、ミスがないか、しっかり確かめます。(本当です。)

ありがたいことに、『Opera club Macbeth』は前売り完売日が続出しています。

忙しさに嬉しい悲鳴を上げつつ、チケット係は今日もコツコツ、紙と鉛筆で出納帳をつけています。









5年ほど前、大入袋を初めて貰って、ワクワクしながら開けてガッカリした日のことを思い出します。
その後、とてつもなく恥ずかしくなって、一人部屋の中でジタバタしました。
カテゴリー
最新コメント
[05/28 コネコネコ]
[05/27 コルシカ]
[05/20 NONAME]
[05/20 ちゃみ]
[05/18 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/