[1] [2] [3]
12月24,25日のクリスマスイブ~クリスマスにかけてこんにゃく座ではオペラ塾によるオペラ「森は生きている」を上演しました。
メンバーはこちら。
わたくし、初めて演出助手をさせて頂き、てんやわんやだった太田まりがご報告させて頂きます。


演出は岡原真弓またの名を鬼軍曹(笑 )みんなを時に愛情たっぷりに厳しく罵り、時に褒め、見事に個性を輝かせていきました。みんなそんな岡原さんの魅力にメロメロです。
オペラ塾に集まる方は様々な職種の方がいて、それはそれは個性豊かなメンバーが揃っています。
みんなで舞台を作り、色々な困難を乗り越えたメンバーは絆も強く、とても仲が良く、まるで家族のようです。そういえばこんにゃく座もよく家族みたいと言われます(笑)
12月の土日は朝10時から夜21時頃までみっちりとお稽古。
今回はあの「森は生きている」です。
こんにゃく座の文化庁の公演でもやっているように、お客様にもまつゆき草を咲かせてもらおう!という訳で、塾生みんなでまつゆき草を作ります。
家に持って帰ってみんなの分の花びらを切ってきて下さる方、別荘からもみの木を切って運んで下さる方、みんなのおやつにみかんやりんごを持ってきて下さる方、旦那さまがカレーを振舞って下さった方(よっこさんの旦那さんのけいいちさんありがとうございます!)、稽古場のお手洗いを自主的にお掃除する方、段取りをきっちり把握して下さっていた方、何だかふわっと楽しくチームをまとめて下さる方。
その他沢山の叡智と努力と根性と様々な才能を結集させて、本番に挑みました。
今回舞台監督をしていた北野雄一郎くん曰く、本番中舞台裏でもとても落ち着いていたとの事。もしかしたら北野くんがいる安心感でみんなもより一層、落ち着いていたのかも。

そんな本番の様子を我らが姫田蘭さんが映像の傍ら、とても素敵な写真を撮っていらっしゃったので、お写真を、お借りしましたm(__)m




元気で可愛いウサギとリスのシーン。
しおたんウサギは月の精の時、と~ってもゆっくり歌うシーンがあります。歌いながらパッチリしたお目目が益々大きくなるのです。「ゆっくり歌い」が素晴らしく上手!


みるみる可愛くなっていったむすめはまちゃんと優しい兵士じゅんじーの出会いの場面。すごく素朴で自然で、ほっこりします。
じゅんじーの家で何度も特訓をしたとか。その甲斐あってか、このシーンに塾長の萩京子さんも大満足していらっしゃいました。




本当にワガママな、小学生位の女の子に見えたどばちゃん。色々な表情がとっても魅力的で可愛いどばちゃん女王。女王はすごくエネルギーがいる役だと思うのですが、それは見事に演じ切っていました!
そして今回衣裳を担当したのは座員の高岡由季ちゃん。どばちゃんが初めて衣裳を着た時は稽古場で可愛いコールが出ました!月の精全員分の衣裳も作り、染め、由季は本当にセンスが良い!すごい子です!


稽古を重ねる度に役を掴んでいくうめっきー博士。どんどん博士として舞台で生きていく姿はとても素敵でした。


今回の演出に欠かせない女官長と女官達。一人一人がすっごく良い味を出していて、こんなに人数がいるのに、全員の顔がはっきり分かる!すごい!




おっかさんはっちゃんの笑い芸誕生!堂々とした役者っぷりに感動。
森が大好きなんだなぁって泣き虫はっちゃんの泣きっぷりにもらい泣きを堪えるのが大変でした。「一瞬の今を」でむすめを見守る月の精はっちゃんの表情はそれはそれは優しい素敵な顔です。


きっちりよっこさんとダラッダラべきょの姉娘。原作では姉娘は1人なのに、まるで原作から2人だったかのような面白さ。性格は全然違うのに、歌はピタっと揃う面白姉妹。

そして今回の照明を担当して下さったのが、大御所成瀬一裕さん。ものすごい量の照明を釣り、出来上がった光はそれは素敵で森への愛?オペラ塾への愛?こんにゃく座への愛?!音楽への愛?!が溢れておりました。
おっかさんと姉娘達の家のシーンでは、照明増やしちゃおっかなぁなんて成瀬さんが言うので、家族三人はライトが増えるっ♪増えるっ♪と小躍りしていました。踊りが揃っていてめちゃめちゃ可愛いかったです。動画で撮りたかった。

大量な照明機材を使ったので、明かり合わせ中、何度もブレーカーが落ちたり、古い機材を駆使したので、明かりの球が切れてしまったり、ヒヤッヒヤな思いで寿命を縮めながら照明操作をしたのはこんにゃく座の高野うるおさん。歌役者として舞台に立ち、仕込みは照明をする事が多いうるおさんの頼もしさったらありません。


セクシーおおかみズ。親分ちかちゃんと子分ナオネコさん。親分ちかちゃんは宮殿のシーンではバイト女官という設定でやる気がない女官を演じていたが、笑顔がとても可愛い。声も本当によく通ります!
子分役だけれど大っ変しっかりしているナオネコさんは全ての段取りを把握。風邪をひいて倒れそうになりながらも焚き火の棒を出したり、脚立をセットする姿に鬼軍曹岡原さんの目にも涙。森の精の大らかで柔らかい雰囲気はナオネコさんそのもの。


じゅんじーが実際にご自分の別荘で切ってきた木をじゅんじーがセット。折り紙飾りの指導もじゅんじー。色々と本当にありがとうございました。塾生が美味しそうなお弁当を食べてるなぁと思ったら奥さまののぶさんが作っていたり。どれだけ優しいご夫婦なんだっ!


楽しくておちゃめな大使と大使夫人。ふみさんのタップとはるちゃんのアドリブがとても素敵。ほんっとに良い味出しています。どう頑張ってもあんな味出せませんっ。

ピアノを演奏したのは、24日が大坪夕美さん。25日は小林夏衣さん。
夕美さんはこんにゃく座で、あらゆるチームの時に「森は生きている」を演奏をしています。稽古中も塾生に森の色々な事を伝え、引っ張っていって下さいました。
夏衣ちゃんは森のむすめのように心が開けていて、自分から生まれる森を楽しもうと音源も聞かずに練習していったそうです。そんな夏衣ちゃんの演奏が新鮮で刺激的だったと夕美さんが言っていました。そう言える夕美さんだからあらゆる森を楽しみ、導いていけるのだなぁと2人の素敵なピアニストさんにも感動しました。



でんがな王国のチャラー王さま。
チームを楽しくまとめるまささん。
衣裳似合い過ぎでんがな。1月の精でみんなを従える姿は普段のまささんの培っている人間力が光り、温かくかっこよい!


キメ顔の決まりっぷりが半端ないオシノさんと、存在感と説得力が半端ないなっぱさんの名シーン。オシノさんはこんな面白い方だったのかとビックリ。なっぱさんはものすごい迫力にも関わらず本当にこんな女官長がいるのだと思ってしまう説得力。


みきちゃん(紺と赤の衣裳を着ている美人さん)も頭に小鳥とかつけたら?と軍曹に言われたところ、とんでもない飾りをつけてきた!みんなどうしてそんなに愉快なの?少年のような魅力が光ります。


みんないい顔!









まがり演じるカラスがこの作品を引き締めます。独特の澄んだ雰囲気でお客様の視線を集めます。


杖を振るくぼちゃん。色々な場所で歌や芝居に磨きをかけているくぼちゃん。キリッとした台詞も決まっていた。


こんにゃく座の新入生はオペラ塾に参加します。新人ジャイアン、優しくてシャイな四月の精。大きな身体で舞台を軽やかに飛び回っていました。声もいいんです!


そして要所要所で、「カズちゃん、ニコニコして」と岡原さんから演出を受けていたカズちゃん。カズちゃんのピュアなニコニコはこの作品をぽっと明るく照らし、お客さんの心もぽっと明るく照らしたんじゃないかなぁなんて思います。



一人一人が演じる喜びや、「森は生きている」に出演する幸せ、新しい自分との発見や再会。そして仲間とひとつのものを作る喜びに溢れていて、そんな雰囲気が「森は生きている」と溶け合っていて、ピュアにキラキラと輝いているように見えました。
歌い演じる喜びを目の当たりに出来て、本当に感動しました。

そうそう、






12月10日は高岡由季ちゃんのお誕生日でした。…が、ゆきはこんにゃく座の「森は生きている」の旅公演に行っており、塾生は会えず、どうにもお祝いしたい塾生達は23日に決行!
おおかみゆきちゃんや、アコーディオンゆきちゃんや、ネズミゆきちゃんのアイシングクッキーでサプライズ‼︎
ゆき、めっちゃ愛されてますっ。
ゆきは大喜びでサプライズ大成功‼︎どんなに忙しくても愛の枯れない素敵な塾生達なのでした。



反省会で、講師の方々から公演の感想、次に向けての一人一人へのメッセージを受け取った後は、こんにゃく座の壹岐隆邦くん作曲、塾生のみんなが作詞、の「ぼくたちのオペラ塾」を塾生のみんなから講師陣にプレゼント。


鬼軍曹もにっこり。オペラ塾のみんなを導いた講師の梅さんもにっこり。同じく講師の大石さんは急いでおとみっく「カルメンゲーム」へ。

この裏では座員が舞台をもの凄い勢いでバラしています。ロボット公演に行っている座員も忙しい合間を縫って稽古に顔を出してくれたりしました。
塾生のみんなが感謝していました。

素晴らしい公演、本当におつかれさまでした。心から拍手を送ります。

*まり*

今日は本番を間近に控えた、オペラ塾の様子をお伝えします!

今年のオペラ塾は、21人で『森は生きている』を上演します。
そのメンバーは、とても個性豊かで、その個性が森や宮殿の随所に光っています!
そんな個性的なメンバーの、オペラ塾での暮らしぶりの一部を、森は生きているに出てくる歌に準えながらご紹介します!


朝早くから日暮れまで、待雪草づくり
今回、塾で咲く待雪草は、すべて塾のみんなによるハンドメイドです!
一本一本に、きれいに咲いてほしいという思いが込められています!




大鍋いっぱいにカレーを煮立ててカレーパーティ(*^^*)
ビシバシとハードに稽古を頑張っていたら、塾生のよっこさんの夫のけいいちさんが、手作りのカレーを振る舞ってくださいました!
みなさん手作りカレーに舌鼓を打っているようです( ´∀`)


本番まであと5日。素敵な作品になることを目指し全員で駆け抜けます!


◆◆◆

オペラ塾、修了公演の情報はコチラ!

6月26日、本日は「オペラ塾前期・ソング発表会」がこんにゃく座にて行われました!

昨年までは、前期の発表会は7月末にやっていたそうなのですが、今年は一ヶ月早い6月末の開催です。
このように稽古期間がとても少ない中で、ひとりひとりが自分の選んだソングに真っ直ぐに向き合い、取り組み続けた結果、同じ曲目でも、全く違ったソングに仕上げることができました!

その稽古期間は、5月と6月の毎週日曜日で、週に一回2ヶ月で、お客様の前に立って拍手をもらえるなんて、本当に凄いことだと思いました。

こちらは、リハーサルの風景。


「白いクレヨン」の合唱稽古をしております。
それぞれが違う色の洋服を着て並んでいるようが、まるでクレヨンの箱の中のようですね!

ひとりひとりが高い目標を持って、ひとりひとりがしっかりと取り組んだからこそ、今回の成功があったのだと思います。

後期の発表会は12月の24日と25日、クリスマスとクリスマスイブです。
ここでは、こんにゃく座を代表するオペラ「森は生きている」を、オペラ塾バージョンで発表させていただきます。

クリスマスまでの半年で、どのような仕上がりになるのか……乞うご期待!!
オペラ塾、活動中です!今年度も年齢層幅広く、個性豊かなメンバーが集まりました。

今回の修了公演は12月のクリスマスの時期ということで後期はオペラ「森は生きている」に挑戦します。
毎年驚異躍進のオペラ塾、今年度はいったいどんな成長を見せるのかとっても楽しみです。助手をやる冬木は塾にいたこともあり、馴染みの方もたくさんいてすっかり同窓生気分ですが、みんなを支えていけるよう頑張ります!

前期は6月末のソング発表会に向けて、塾生22名それぞれが自分と歌にじっくりと向き合える時間です。

8日の初日は、茂さんのこんにゃく体操から始まりました。





体操が初めての新入生の方たちは、新鮮そうに茂さんの説明を聞き、先輩塾生の動きを見て、自分の身体に取り入れています。




体操が終わったらソングの時間。
この日は初日ということで萩さん、大石さん、岡原さんの豪華講師陣でした。


塾生側もたくさんの録音機が並んで記者会見のよう。


かと思えば講師も塾生も集まってきたり。



この日は全員でデュエットと合唱曲を歌いました。大石さんのお話することをすぐに対応できていて皆さん理解力が素晴らしかったです。
次回からのソロ曲も楽しみです。


集中して歌った後はやっぱり宴でした♪
3月26日(土)、27日(日)に、こんにゃく座の稽古場にて、2015年度オペラ塾修了公演、オペラ『金色夜叉』が行われました。

26日は朝からお稽古、そして13時からはゲネプロ(本番さながらのリハーサル)があり、座員はここで観せていただきました。

ゲネプロ前に緊張の面持ちのみなさま。

ゲネプロ中は熱心に鑑賞させていただき、お写真撮れず。すみません。


ゲネプロ終わって座員から拍手喝采!本当に素晴らしい公演になりそうです!

18時から行われた一回目の本番は、満場のお客様に楽しんでいただき、初日は無事に終了!みなさんもホッとした表情です。さぁ明日は千秋楽!がんばりましょう!


27日は朝からダメ出しとお稽古。開場直前まで、熱心に取り組んでいらっしゃいます。演出の大石さんと、貫一、お宮、満枝。最後の激しいシーンです。


別角度から。この公演は客席が左右に設けられ、中央の通りは時に道になり、部屋になり、役者たちは縦横無尽に駆け回りました。


照明は座員のうるおさん。少し高いところから見ないと見えないよと、この態勢。


別角度から。休憩含めて2時間45分、脚立の上でお疲れさまでした!お尻は大丈夫でしょうか。

本番のあとは、講評が行われ、講師を務めた座員から、みなさまにたくさんの言葉がかけられました。


そして最後に、塾生のみなさまから、座員に歌のプレゼントがありました。「ぼくたちのオペラ塾」作詞はオペラ塾生みんな、作曲は座員の壹岐隆邦くんです。


塾生のみなさま、こちらこそ、感動をありがとうございました!また来年も、ぜひお集まりくださいね。お疲れさまでした!

【2016年度オペラ塾生募集のご案内はコチラ】
*〜*〜*〜






















3月26日ゲネプロ
撮影:姫田蘭
今年もオペラ塾盛り上がっています!3/26(土)と27(日)の終了公演に向けてぐぐっと集中して稽古に励んでいます。

今回の演目は『金色夜叉』ということで、衣裳も和服がほとんど。それぞれの役にあった衣裳を座員のひろかさんと岡ちゃんが選んでくれました。
着付けに慣れている塾生が、綺麗に着られるように他の塾生にアドバイスしてあげている姿は、まるで着付け教室の先生と生徒のよう♪


こちらは座員でゲストのゆうちゃん。荒尾譲介を演じます。


男前の荒尾さんですが、仮のつけ髭がどう見てもおかしい・・


ゆうちゃんは殺陣の先生もやっています。



演出の大石さんのお誕生日には塾生みんなからの特製ケーキと、はっちゃん作詞作曲の「さとしの誕生日のうた(オペラ塾バージョン)」で盛大にお祝いしてくれました。






演出助手の私のお誕生日にも歌とピンクのかわいい花束でお祝いして頂きました♪なんだか塾のみんなの仲間入りができたようでとっても嬉しかった・・

満枝役のよっこの旦那さんがカレーを作って持ってきてくれて、みんなでそれはそれは大変美味しく頂いたり、楽しいことがいっぱいのオペラ塾です!!

オペラ塾2015年度修了公演オペラ『金色夜叉』は、3/26(土)18時からと、27(日)13時から、こんにゃく座Aスタジオにて。入場料1,000円、要予約(こんにゃく座044-930-1720)です。

今日初めて通し稽古をして、ぐぐんと良くなって胸に響いた瞬間が何度かあって、あと1週間でどう変わっていくのか、とても楽しみです!

ぜひ観にいらしてください!お待ちしています。

田中さとみ
みなさま、こんにちは。
今学期はどこの旅チームにも所属してない北野雄一郎です。ゆうちゃんです。
いやー、いよいよ来週に迫ってきました。えっ?何がかって?それは、オペラ塾修了公演 オペラ「金色夜叉」ですよっ。


これです。
3月26日、27日に上演されます。

こんにゃく座のみんなが、旅公演で各地を飛び回っている裏で、僕はゲスト出演するためにオペラ塾に参加しているのです。
毎週土日に朝10時~夜9時までみっちり稽古しております。塾生のみなさんもあーでもない、こーでもない、と頑張っています。
が、今日は番外編ということで(オペラ塾の初投稿でいきなり番外編ですが)、稽古ではなく、舞台の立て込みです。今回の舞台は、うーん、そうだなー、言うなれば、「ファッションショーのランウェイ(笑)」でしょうか。まぁ、どんなのか気になる方は観に来て下さい(要事前予約)。

そんな立て込みの中、うるおさんは火花を散らせながら、立派な何かを作っています。もちろん、今回の小道具の一つです。その脇で鍋の蓋で火花から身を守るゆきちゃん。


チュイーン。うぉー、怖ぇー。

そんな感じの?オペラ塾修了公演オペラ「金色夜叉」どうぞよろしくお願いします。
5月の末から、今年で“5年目”になる「こんにゃく座オペラ塾」がまた始動し始めました!


実は私も入座“5年目”。
こんにゃく座新入座員は研修を兼ねて、オペラ塾に参加しています。


という訳で、当時はオペラ塾一期生だった私が、なんと今年はアシスタント。
みんなと向かい合って座っているのが不思議な気持ちでした。
合唱練習なんかは、実は勝手に一緒に歌ってたり(笑)。


1学期はこんにゃく座のソングを歌う事になっていて、みんなそれぞれ提示された曲の中から歌いたい二曲を選んで、全員で歌う合唱とソロを発表会に向けてレッスンして来ました。


7月19日はその発表会!
各々、どう歌うか、どう魅せるか考えて来ました。
語るように歌っていい味出してたり、怪しく演じてみたり、動きまくって会場の注目を集めたり、お芝居してみたり。
通し稽古まで着ていなかった服をいつの間にか着ていて、塾生までビックリしてたり。
みんな個性が出てて、楽しい発表会となりました。


全員合唱、「テトのパンはあ」では

エプロンをつけて歌いました。
それぞれがお家から持ってきたエプロンなので、様々な色や形や柄が。
その人がどんな服を好むのか、これを見ただけでもなんとなく想像できる気がします。



みんな楽しそう!


本当にみんな、楽しそうに歌うんです。
歌うのが好きなんだなぁって伝わって来ます。


時々、真面目にしかめっ面で歌ってしまう私なんかは、みんなを見て、歌を楽しむことを改めて思い出されます。
原点に戻って、歌を楽しまなきゃなぁと思わされます。



発表会のあとはAスタジオは翌日の子ども塾の仕込みがあったので、


Bスタジオで合評会。


その後は、後期のオハナシなんかもあったみたいで。

後期はオペラを一本仕上げます。
前期は個人プレーOKですが、後期はそうはいきません。
今年のみんなの団結力がまた楽しみでもあります!



後期も乞うご期待!
私も期待してます!



何はともあれ、皆さま1学期お疲れ様でした!
オペラ塾『スマイル』公演、無事終了しました。
本当に、笑って泣いて、怒って泣いて、最後に笑って号泣した稽古場でした。
なかなか台詞を覚えられないし、なんとなく照れてしまうH ちゃんが、ある日を境に突然、スラスラ喋れるようになり物凄い迫力になりました。私が「すっごい!やっとできたやん!凄くいい!」と、誉めると泣き出しました。

気持ちがはっきりしてなくて、モヤモヤしているKちゃんに、演出のひろみさんが「この役はこういう思いでこんな風に感じるからこうなるんだよ。」と説得すると、Kちゃんは涙ぐんで納得して、次の週に凄くよくなりました。
全員での動きで足並みが揃わなかったりすると、こんな大人たちに、こんなに罵倒してもいいのか!というくらい、岡原は罵倒しました。それでもみんなはついてきてくれました。だって、ひろみさんの演出は、凄くハードルが高かったのです。

けれど、みんなは飛びました。途中で息切れながらも、必死で。みんなには、この作品で一番必要な人間の力があったのです。

そんなことを教えてくれたメンバーでした。来年も一緒にやれるといいなあ!


☆ ☆ ☆




舞台写真:姫田蘭
オペラ塾では毎週怒涛の時間が流れております。
7日、8日の稽古は2つのスタジオを同時活用。Aスタジオでは立山さん、Bスタジオでは岡原さんがビシバシ進めます。



塾生1人1人が必死にSMILEという作品に向っている甲斐あって、シーンがどんどん色付いていきます。

塾生の熱意に全力で応えてくださる御三方に感謝、感謝です。



衣装選びの時間。
このオペラには見た目も、ものすごい3人組が出てきたりしますのでお楽しみに。


そして元座員であり、ピアニスト榊原紀保子さんの旦那様である宮瀬さんがいらっしゃいました。
熊本の「晩白柚(ばんぺいゆ)」の差し入れをいただきました!


どーーん!最大の柑橘類はメロンのようなビックリサイズ!
食べやすいように宮瀬さんが皮を剥き剥きしてくださいました。この皮がまたビックリな分厚さなのです。とってもジューシーなお味でした。


そしてそして
13日には座員の選ばれしメンバーによる舞台の仕込みがありました。






舞台監督の佐藤さん、照明のうるおさん、演出助手のゆずさんも。オペラ塾の舞台はたくさんの方に支えられているのです。
きっと良い公演になるでしょう…!まだまだここから頑張ります!!



おまけ

ミシンで幕を縫うユキ&慎さんに対して、手縫いでせっせと縫う佐藤さん……素敵です。
カテゴリー
最新コメント
[04/08 コネコネコ]
[04/02 コルシカ]
[03/25 ちゅうじ]
[03/20 NONAME]
[03/20 路都]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/