[1] [2]
ついに千秋楽がきた。
何度経験してもこの日の憂鬱感にはうろうろさせられる。・・・・・・・しばらく出来ないんだなあ・・・・・本番中の出番のない時、楽屋を出たり入ったり下手袖から上手袖へ無意味に行ったりきたりしてる自分がいる。そしてそのまた逆の、意気込み方ってやつも半端じゃない。そういう心理状態でうまくいくはずは・・・・ないのだ。
さあ、最後の8場だ!主人から預かった手形を思わず破いてしまうシーンがあるんだが、いつも邪念が入って(そこが見せ所だと思いすぎている自分がいる)無意識に破いてしまった!という芝居からはほど遠い手先と顔つきになっていた。ところが今日は何故かうまくいった。お客さんのギョッとする反応もいつもよりリアルだ。やれば出来るじゃないか。今日のオレは存外力が抜けているのかもしれない。このままいくと、12枚の皿受も成功するなきっと、と瞬時頭をかすめた。というのも東京公演初日に成功したあと3連敗し、広島、京都と成功したので3勝3敗できている。今日でどうしても勝ち越しておきたい。(勝ち越すのと負け越すのとではぜんぜん違う)このシーンに入る直前、久ちゃんのジャグリングから3つの果物を受け取り、幕に入って梅ちゃんにそれらを預ける2秒の間に「この力の抜け方なら必ず成功する」と確信した。案の定、1・・・2・・・3・・・4・・・5・・・6 かなりスムーズだし余裕さえある「川上哲治の言っていた、ボールが止まって見えた」なんてこんな感覚だったんだろうな
あ、と頭をよぎる。そして運命の9枚目(いつも8枚目を右手で受けて、左手に持ちかえる時に持ち損ね、9枚目を落としていた)、スムーズに8枚目の皿が左手に収まった、やったーと思ったのがいけなかったのかなあ!右手薬指がちょっと前に出てしまい、皿の端にぶつかりそいつはスローモーションのように下へ落ちていった。川上さん!落ちる時もスローモーションだったよ!
やってまいりました、長岡京。


我らが大石哲史の故郷京都であります♪
リピーターのお客様も多かったようで、
アルレッキーノは大人気でした。

毎年師走に伺っております。
来年は、「おぐりとてるて」で参ります。


今日は、クラリーチェ役の豊島理恵のお誕生日でした。おめでとう。

岡原真弓先輩からケーキがプレゼントされました。

いただいたたくさんのお菓子と一緒にみんなでいただきました。



明日は、福岡へ移動します♪

アルレッキーノ、ついに旅公演が始まりました!
広島、京都、福岡ツアー☆
ワクワク致しますっ(*^^*)
今日は広島市東区民文化センターでの公演です。
仕込みから本番直前までの様子をパシャパシャ。
お仕事中すみませんっ。
撮りすぎた…撮りきれなかった…選べない…ええい、載せてしまえ。


照明組の北澤さんと久さんとマロリン。


あかり組のかつらちゃん


舞台部のしげどん


なぐり(金槌)を振りかざすさとおさんとゆうちゃん


小道具を並べるみさこさんと藍乃ちゃん


釘を返却中の舞台部の後藤さんとみんなをパシャリ。


舞台部のわかなさん


制作陣のれいことナナ子さんとあずみさん


お稽古前のパンタローネ家


真理子さん、手島さん、橋爪さん、ひーやん。と、マロリン。


インフォメーションタイム。


本番前のお稽古。
ホールの声の響きを確かめたり。



そしていざ本番!
客席から沢山笑い声が聞こえて嬉しかったです。
終演後のお見送りでは「感動しました!」と涙を流されているお客様も。こちらも感動(;_;)☆

昨年も同じ頃、このホールでこんにゃく座を観て下さったお客様にも再会し、とっっっても嬉しかったです(*^^*)
初めてのお客様からも「初めて観たのだけれど、すっごく良くて、来年も絶対来ます!」と☆
また来年きっとお会い出来ますように☆

*まり*
オペラ「アルレッキーノ」東京公演は大盛況で千秋楽を迎えることができました。
ご来場いただいた皆さまありがとうございます!


会場係をしていた僕にも、終演後はお客様から「楽しいオペラねーっ」と声をかけていただいたり、どの回も皆様素敵な笑顔でお帰りになっていました。



そんな楽しいアルレッキーノの舞台も、バラシはあっと言う間でなんだか夢のようです。

舞台セットも


照明も


あのカーテンも



衣装や小道具もどんどんトラックへ積んでゆきます。
寒い寒い。もう12月も半ばですもんね。
えっ、うそ!まどかさん半袖じゃん!!



「ポツリ。」


あらら、雨が降ってきちゃった。
風邪をひかないようにしないとね……

って、あれ??

これは雪ーーー!?
東京もついに雪が降ったのでした。


サンタクロースみたいな方もいらっしゃいました。癒されるなあ。

そして、やっぱりアルレッキーノが終わった後はコロッケとプリンが食べたくなるのでした。


さてさて!
楽しい楽しいオペラ、「アルレッキーノ」はこれから広島、京都、福岡にて上演されます!
どの公演もお客様の笑顔でいっぱいとなりますように。
アレルッキーノ公演日記、二日目。
俳優座劇場での公演は、2月ぶり。あのときは雪が降り積もり、劇場に行き着くまでが大変でした。今回は寒さが少し身にしみる程度で、四日間ともお天気は良さそうですね。

平日の夜の公演は、スーツに身を包んだお客さまが結構いらっしゃいます。18:30開演に間に合わせるよう会社を出てらっしゃるのは、大変だと思いますが、有り難いことです。
どんなお仕事されている方なのか、こんにゃく座の公演にどうして身にいらっしゃっているのか、そしてご覧になって何を思われているのか…
そんなことに興味を抱きながら、チケットをもぎってます。
もちろん、チケットを拝見させていただく時間は一瞬なので、お訊きすることはできませんが。

スーツ姿の方ばかりでなく、お客さま皆さまの、あの、劇場に入ってらっしゃる表情が好きです。
いろいろな方が足を運んでくださり…
ああ、自分もこうした方の期待を裏切らないよう日々の(遅々とした)練習をがんばろうと思います。

あら、なんだか真面目な座日記でした。

のぶぶ。
本日いよいよアルレッキーノ初日です!!

開場前のロビーでは着々とお客様をお迎えする準備が進んでいます!!


まずはミーティング


こちらはチケット担当の方々。。。と思ったら1人入れ替わってますね(^-^;


さてさてこのオペラ最高に楽しいオペラなのです(*´∇`*)初演の時、まだ私は入座していなかったのでお客さんとして見て来ていたのですが。。。始めのザンニの歌に引き込まれ、魅力的なキャラクターたちから目が離せず、あっというまの楽しい時間だったなぁと思い出すのです☆
そんなアルレッキーノが再演だなんて何とも嬉しいことです!!同じように待っていてくださったお客様もたくさんいらっしゃったようで、明日以降の前売りチケットは完売!!もちろん今日もたくさんのお客様に見ていただくことが出来ました(*^^*)
アルレッキーノは東京公演のあと、広島、京都、福岡と続きます。こちらはまだチケットありますのでお近くの方はぜひ!!

おまけ☆

2015年2月公演オペラ「白墨の輪」のチケットが、公演会場で販売されているようです☆
その場でチケットが手元に来るって嬉しいですよね♪ぜひ休憩時間などにチケット受け付けにお立ち寄りくださいね♪

宣伝はこのくらいにして楽屋に向かうと…
流しのところにコック帽を被ったブリゲッラさんがお湯を沸かしている様子。

これもアルレッキーノに渡すのでしょうか。。。熱そう(^_^;)料理やお皿が飛び回る食事のシーンは必見です。お楽しみに!
オペラ『アルレッキーノ』の愉快な仲間たちです♪
個性あふれる歌役者それぞれの“こだわり”や“見どころ”を紹介いたします!!



アルレッキーノ・大石哲史

アルレッキーノは恐ろしいほど頭が回る。何十分の一秒の間に「こう言えば相手はこうくるだろう」を何パターンも考える能力を持っている。いわゆる悪知恵が回るのである。そのくせ手の内にある大金を自分のものにしたいとはこれっぽっちも思わないらしいし、主人が他人の手紙を開封してしまうと鬼のように怒る。彼はイタリアのベルガモという悪人はいない、と言われている田舎町の出だ。
それでいて、どうやらお上には楯突きたい精神もみちあふれている。   少なくともこの三つのキャラクターを必死に使い分けていく自分を、ほくそ笑みながら芝居をしていけたらなあ、と毎朝家を出る時には思っているのだが。



ズメラルディーナ・太田まり

私のこだわり…今回はいかにセクシーに見せるか。歩き方や目線など色々やっていますが、形だけ決めても、それだけになってしまって、今回は色気って何だろうとずーっと考えています。色気のある人は普段何を考えているのかなぁとか、あの人は自分の色気に気付いているのかなぁとか。さて、色気を出してアルレッキーノを惚れさせられるかしら。ん⁉色気は出すものじゃなく、出るもの⁉ワォ!どうしましょ。



フロリンド・北野雄一郎

僕のこだわりは、「目指せ、二枚目貴族」です。演出家に、「そこは二枚目で芝居してくれればいいんだよ~。」と言われるのですが、うーん。二枚目の方々はどうやって芝居をしているのやら。



ベアトリーチェ・梅村博美

ベアトリーチェは、「私は、自分がしたいようにしたいの」のセリフにも表れているように、意志のハッキリした、猪突猛進系女子です。そのベアトリーチェが、最後はアルレッキーノに翻弄されます♪そこが見所です。



シルヴィオ・沢井栄次

僕のこだわりというと…。
まず2場冒頭のシルヴィオの歌から始まるところですかね。お話が動き出す最初の場面なので丁寧に歌いたいと思います。5場のフロリンドとの2重唱、そして7場でクラリーチェとケンカになるところ。若気の至りってヤツです。最後に外せないのは12場のクラリーチェと仲良くなるところでしょう。
なんだシルヴィオ出るとこ全部じゃん。



クラリーチェ・豊島理恵

シルヴィオとクラリーチェのバカップルぶりと、クラリーチェのヘアメイク。令嬢と言う役柄なので、それはそれは気合の入った美しさや可憐さなんかが表現出来たら良いなぁと思っています♡



パンタローネ・武田茂

私のこだわり、喜劇、喜劇、喜劇です。お客様がゲラゲラ笑ってくれたら、うれしいな。



ドットーレ・高野うるお

今回の公演だからといって特別にこだわるところはないけれど、あえて言うと、メイク!
いつも暗がりで難しい本ばかり読んでいるので、クマができてて疲れたような目になっている。。こんな感じになるようにしているつもり。



ブリゲッラ・富山直人

私のこだわり。
アルレッキーノでは、そうですね、仕草かな。ビックリしたりとか可笑しかったとか困ったな、とか…。
あまりやり過ぎると、うるさくなってしまうので、細かい場所でチラチラやっております。
料理人の役ですが、料理をする場面はありませんが、私が作った料理が沢山出てきますので、そちらもお楽しみに!



ザンニ1・青木美佐子

こだわりは、『歌』です。オペラですぞ!歌役者ですぞ!ザンニの歌はそれはそれは美しいのです。ボクは幸せ者です。こんな美しい歌を歌う機会を逃してなるものですかっ!頑張りますっ!



ザンニ2・佐藤敏之

今回ワタクシが目指すザンニのテーマは[軽み&重み]です。
ザンニは振付が多いので、そこは軽やかに見せる!芝居というか存在としては図太く毒を感じさせるようになりたいなあ…と思っておりますです。
初演からあまり経ってませんが、新しく面白さ倍増の「アルレッキーノ」を乞う御期待!



ザンニ3・岡原真弓

ザンニというのは原作にはない、つまりは役そのものが、作、演出の加藤直さんのこだわりなのです。
つまり、私のこだわりは、加藤さんのこだわり、夢、皮肉みたいな。そんな観念的な所を楽しいキャラクターでひょいっとやれたらよいなあと思っています。そして、今回、バージョンアップした超ローテクなローストチキンをお楽しみに!



ザンニ4・佐藤久司

ザンニはみんなを月の舟に乗せてサカサマ世界へとお誘いする案内人。
さりげなくて、軽妙で、怪しくて…そんないかがわしい存在でいられたらなーと思うんですよね〜

そんな僕のテーマは…
「霞とうまく付き合う」です。

なんのことやらと思うでしょうが、ザンニを演じてる僕を観て、そう感じてもらえたら嬉しいな☆日常生活の中でも案外ひとつのポイントかもしれないと思う今日この頃です。


写真:青木司 姫田蘭 (初演より)



楽士

ピアノ:服部真里子
ヴァイオリン:手島志保
クラリネット:橋爪恵一
アコーディオン:佐藤芳明/檜山学






以上のメンバーでお届けいたします!
ついに劇場入りです!
今日は仕込みだけの日です。

アルレッキーノ初演は、世田谷パブリックシアターでしたが、今回は六本木の俳優座劇場!
外車や高級車が行き交う、大都会六本木の六本木通りに突如現れるこんにゃく座トラック2台は妙にマッチするようなしないような…
写真は撮れず残念ですが私はその光景が結構好きだったりします。

仕込みは順調に進みます。




やっぱりアルレッキーノの舞台はすごく可愛い!!!青と緑の幕も、手書きの背景の絵も、カラフルな衣装も、全てがツボです!!




ピノッキオではジェペットじいさんだった佐藤さんが、大工の棟梁になっていました。
アルレッキーノではザンニに変身!




いつもは女子力全開のしんちゃん先輩も、勇ましく木材を切っていました。



書類(小道具)をチェックするあいのさん。



休憩もします。
冬木くん、ニヤニヤするんじゃないよ。



冬木くん、マスクで隠しても無駄だよ。
ニヤニヤするんじゃないよ。


そしてだんだん完成に近づく…


俳優座劇場の舞台は、天井が低いので、後ろの月の位置に苦労していらっしゃいました。
いろんな場所で公演を行うのは大変なことなんですね!
俳優座劇場から始まり、これから京都、広島、福岡へと旅立つアルレッキーノ。

楽しくて面白くて愉快で、最高な喜劇です。
たくさんのお客様に観ていただけたらいいな!!!と思います。




おまけ

おや、これは!
追加席…ではなく、舞台で使う椅子たちです。客席に一時的に避難しているところです。
しかし!
13日と14日はチケット完売!11日と12日も残りわずかです。
本当に追加席が必要なくらいです!
当日券もわずかですが出ます!
まだ、間に合いますよ~!!!
ご来場、お待ちしています~!!!
私たち森組がお稽古し、旅の初日を迎えている間に、アルレッキーノ組はお稽古を重ねていらして、今日はお稽古場の最終日となったのですね。

そして、そんなお稽古場に来てみますと、もぉどーも顔がニヤけてしまいますヾ(*´▽`*)ノ

この日は、衣裳をつけた通し稽古。

素敵な衣裳をまとった歌役者がウロウロ☆
キャッキャ♪♪♪

ホラ!




ホラ!!




ホラぁ(*≧∀≦*)






ここには写ってない人々にも大興奮(*^ー^*)
そんなみんなに写真を向ける私の姿は、まさにテーマパークに行った時と同じだったに違いない!!まだ何も始まってないのに、楽しくて仕方がない♪♪♪

そして、この作品を支えてくださってる楽士の皆さん!




玲子さんとあいの☆





そして、今日のバラしに参戦しにやってきたゆずと福ちゃん★





いやーホントにこの作品は、衣裳はもちろんのこと、舞台装置も、お話も、音楽も!全てが可愛く、楽しく、ワクワクする作品!!
あぁ楽しすぎます( ´ ▽ ` )ノ
いよいよ明日から劇場に行くのだぜ!
初演では世田谷パブリックシアターでしたが、今度は俳優座劇場。
劇場の大きさが違うと、きっと見え方も全然違うものになるのでしょう。
どーなるのか楽しみだなっ♪♪♪♪♪
12/5(金)
今日は通し稽古して、その後、第一幕の器楽合わせをしました。通し稽古した後に、また初めから稽古するとなると、やはり疲れますね。なんだか、ぽーっとします。

12/6(土)
今日は夕方から第二幕の器楽合わせをしました。各自の自主練やら何やらで、全体稽古は二時間だけだったので、「なんだか合唱団のお稽古みたいだね」という感じで早々に稽古が終わりました。少しは身体を休められたかな?

12/7(日)
今日は正午から通し稽古をしました。明日が稽古場最終日となるので、いろいろと細かいダメ出しをもらい、明日に繋げて行きたいと思います。

ここ数日を思い返して、なかなか濃い密度のある日々を過ごしているのだなぁと感じました。
さぁ、俳優座劇場の本番まであとわずか。最後まで気を引き締めて、ひょいひょいと行きましょー。
12/13(土)、14(日)のチケットは前売完売してしまったけど、当日券は出ますからね。それから、11(木)、12(金)の前売はまだ残っていますので、ぜひ観にいらしてください。


楽しい作品になっていると思います。お待ちしています。
カテゴリー
最新コメント
[11/17 forfait internet illimité]
[11/17 Wiki.Markyrosongaming.com]
[11/17 Coberturas em zinco em curtiba]
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/