[1] [2] [3] [4] [5] [6]
今日は森組の千秋楽でございました。
7月から参加の私と理恵さん、あかねさんにとっては、あっと言う間ですね。

福島ツアーのラストも兼ねていました。
以前ロボットでお世話になった方から「ロボットで博士をやってた方ですよね?」と再開を喜んでました。

ともあれ、福島の子供たちに見守られて、無事終わりました。
観ていただいた方々、関わって下さった、皆々様に感謝をして、また新たに出発したいと思います。
この秋のツアーでまた森は帰ってきます。
お楽しみにして下さい。
それまで、ご機嫌よう。



福島ツアーを支えて下さった方々と共に


7月のツアーメンバーと共に



仕込みは7時からやりました❗️


お茶場は広い!


男性楽屋はこんな感じ


あかり組の曽根さん
ありがとうございました❗️


あかり組の橋本さんありがとうございました❗️
宮崎滞在も大詰め。
今日は門川町総合文化センターでの公演です。

朝8時から元気にみんなで仕込み開始


劇場のすぐ裏が海!
潮の匂いやトンビの鳴き声が聞こえてきます。日向市の海はサーファーには有名なスポットらしく、今年はジュニアサーフィン世界大会が開催されるようです。


現実世界の夏から、極寒の冬の世界を知らない宮崎っ子達を12月の厳しいロシアの冬の世界へ誘います。
まつゆきそうが咲くシーンでは客席から可愛らしい歌声が聞こえてきました♪

終演後ロビーにてお見送り。
20年ぶりに観ました!と言うお客様がいたりして、みなさんとっても良い顔をして会場を後にしていきました。


なんと今日は特別に宮崎県知事が観劇にいらっしゃいました!
なんでも私達が前日に市街にある「みやざきアートセンター」の誰でも自由に弾けるピアノを使ってフラッシュモブをやった動画を見て下さり、「これは観に行かないと!」と思って下さったそうで、本日の運びとなりました。
終演後に舞台まで来て下さり少しだけお話しさせて頂いたのですが、とっても気さくで素敵な方でした。

今回の公演の主催でもあり、宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクター、そしてこんにゃく座ではおぐりとてるて、9月公演の「スマイル」の演出家でもある立山ひろみさんも駆けつけて下さいました!



宮崎の美味しいにも触れましたよ!
地鶏、チキン南蛮、マンゴー、宮崎うどんetc…人も温かく、空気も美味しく自然豊かで素敵な宮崎県が大好きになりました!

また公演で訪れる事を願っています
(^-^)
ー飛行機を降りると、そこは南国でしたー

川端康成チックに始まりました、雪国生まれの泉です(笑)
出雲での公演を終えて、森組は飛行機で宮崎県へ!!ただトラック組の方は、出雲から宮崎まで移動をして頂きました。ありがたや。
7日、8日に宮崎市で、9日は門川町で公演を行いました。



では早速その模様をご紹介!!
の前に。。。実は5月の下旬に事前ワークショップを行っていましたので、まずはそちらを書いていこうと思います。

事前ワークショップは、オペラ『森は生きている』を観劇する地元の3校小学校のこどもたちに行いました。メンバーは出演する青木美佐子さんと泉、そしてピアニストの関さんの3人で行ってまいりました!


関さん(左)と青木さん(右)。お2人とも、バッチリ決まっております。


でっかい看板!

これは9日に公演をする門川町立文化会館の前にある道路側に面した看板です。こんなにでかでかと宣伝していただき嬉しい限り。


お次は事前ワークショップの様子です。まずは串間市立大平小学校!

全校生徒がなんと10人とちょっと!


みんなでこんにゃく体操をして~


十二月の歌に動きを付けてみたりしました!

クラスメイトと言うより、みんなが兄弟、家族のような印象のある暖かい小学校でしたよー。


お次は日南市立桜ケ丘小学校!


ソリの歌で飛び跳ねる!


みんなを代表してステージの上で思い思いの月の精の踊りを披露♪


とても気持ちの良い挨拶をしてくれる子どもたちばかりの賑やかな学校でした。



最後に門川町立西門川小学校!


全員でパチリ。

西門川小学校では子どもたちの他に地域の方々やテレビ局の取材班が来ていたりと大賑わい。子どもたちも少し緊張気味でしたが、素敵な歌と踊りを披露してくれました。そしてこんな素敵なお客様も!!


分かりますか??


ほらここ!

女王様と同じ色した虫くんが衣装と一緒にスタンバイしていてくれました。

ほかにも、

ラジオのインタビュー収録をしたり、


小学校のすぐ隣にある勝蓮寺というお寺の江戸時代に描かれた天井画を拝見したり!

花の絵が書かれてあるんです


日本に元々ある白いタンポポ。黄色いタンポポは外来種って知ってました!?


一番左の方は今回の宮崎公演をサポートして下さる宮崎県立芸術劇場の工藤さん

とまあ、中身の濃ゆい事前ワークショップは無事に終わりました。





そしていよいよここからが公演当日!!
7日は、事前ワークショップを受けた小学校の子どもたちと、宮崎市内の中学生のみんなに観てもらいました。
事前ワークショップの時にも感じたのですが、宮崎の子どもたちは本当に集中して舞台を観てくれます。娘のアリアではしいんと息を張りつめたり、かと思ったら次のオオカミのシーンではどっと反応して声をかけてくれたり。
すんごく楽しかった!!ワークショップを受けた子どもたちは前の席に座っていて、楽しんでくれているのがよく伝わってきました。


そして翌日。8日は一般公演です。
大人の方もたくさん見に来て下さり、お客様の雰囲気もガラッと変わった公演となりました。
それでは公演前の様子を何枚か。


るつさんと、血まみれの舞台…!ではなく焚き火の布(笑)


マツユキソウに囲まれた美しい我らがピアニスト榊原紀保子さん。

そして、その日は別のホールでもクラシックコンサートが行われており、モスクワフィルハーモニー管弦楽団の方がいました。


なんと井村さんはあっという間に仲良くなって一緒に写真を取らせてもらいました!井村さんの抜きんでた社交性。。。尊敬します。


今回の宮崎ツアーではずっと僕達を見てくださった、立山ひろみさん。

毎回公演を観ては色々な声をかけて下さいました。ありがとうございます!

さあ、エビフライをたくさん貰って、元気モリモリ!

無事に、公演を乗り切ったのでした(笑)そして明日は門川町の公演です!
空き時間日誌、宮崎県編です(・∀・)

なんだか濃密な数日なので、すっかり馴染んでいますが、7月組が合流してまだ数日。
島根県出雲に続いて、宮崎県に行ってまいりました!
メンバー紹介も更新されておりますよ!


6月からいるメンバーとしては、福島の梅雨入りしたての、まだ肌寒さの残る日々から、突然、南国にやって来たー!って感じです(・∀・)

今回は仕込み前の時間や本番後にも結構時間があったため、遠出してみたり、美味しいものを食べに行ったり、それぞれ楽しんでいました。

私はというと、
観光大使の薫ちゃんの計画のもと、路都さん、冬木、泉の5人で、青島とモアイ像に行って来ました!


ここは、『鬼の洗濯板』と呼ばれるところ。
人工的にではなく、自然の力で出来たそうな。すごい迫力!


青島の入り口には、『幸せの黄色いポスト』♪
青島をバックにみんなで記念撮影しました★☆


そして……

モアイ像!!!

すごい!
こんな場所があったなんて(・∀・)!!
みんな大はしゃぎでした!



さてさて
青島やモアイの話から始めましたが、もうひとつ楽しいイベントがありました(u_u*)♪

空港からバスでの移動中商店街を何気なく見ていますと、青いピアノが!?
以前テレビで見たことのあった、誰でも弾いて良いっと言うピアノを発見!!
すごい!ここにあったんだ!


っと言うことで……
フラッシュモブをしちゃいました!!

まずはピアニストの紀保子さんが素敵なピアノを弾いていたかと思うと…

おやおや、あの前奏が始まりまして…
すると人が増えて行き……


大合唱に!

一般公演があるので、その宣伝をして来ました(u_u*)
ベンチで休んでいた人たちも、自転車の人も、チラシをもらってくれました♪


「あの人達はーいったい誰!?」のフレーズは2階から歌いましたよ♪


ちょっとドキドキしたけど、ここのピアノはみなさんに馴染みがあるのか、ふっと足を止めて聞いてくれる人がたくさんいました。
直ぐ横の銀行のお兄さん方も、にこやかにチラシをもらってくれました。

野外に誰でもどうぞのピアノがあるなんて、素敵な街ですね♪
ここで歌えたこと、とても嬉しかったです。
聞いてくれた皆さま、ありがとうございました!
出雲公演を終えて、7/3は移動日!トラック組は島根から宮崎を目指します。


まずは出発前に出雲神社へ。旅の安全と公演の成功、みんなの健康をお祈りしました。

巨大しめ縄にジャンプ!

9時間ちょっと走って、無事に宮崎に着きました。台風が近づいていましたが、無事に到着できて、安心して眠ることができました。

7/4はみんなお休みです。雨は午前中にあがりましたが、観光の予定を次の日に延期して、それぞれのんびり過ごしました。


7/5はいよいよ観光です!レンタカーを借りて、行きたかった高千穂峡へ向かいました!

美しい自然にため息…。

水族館ではガラ・ルファ初体験!ドクターフィッシュと呼ばれている小さなお魚さんたちが、古い角質を食べてくれました。

井村さん大よろこび!相当気持ちよかったそうです。

2005年の台風で被害にあい廃線になってしまった線路を、少しずつ復活させてがんばっている高千穂あまてらす鉄道。

地上から105mの鉄橋の上で一旦停止して、素晴らしい眺めを堪能させてくれます!

最後は日向の馬ヶ背です。雄大な海を眺めて「地球は丸い」を実感!

一日たっぷり楽しんで、今後の英気を養った4人なのでした。明日からも頑張ります!宮崎のみなさま、待っててくださいませ〜。
森組は福島県白河市の公演を終えると愛知県豊川市まで481km移動。あくる日朝から豊川を出発して島根県出雲市まで531km移動。合計1,012kmの大移動をしました。

そんな中、あいのちゃんが2tトラックデビュー!


トラック女子にあこがれて旅の合間にせっせと準中型運転免許を取得しました。ということで僕の監視のもと2tトラックロングドライブで慣れてもらおうということです。おめでとうこれから頼んだよ!


2日かけて気が遠くなるような距離なので出雲大社の大鳥居がマラソンのゴールゲートに見えました。

7月からは一部キャストとピアニストがチェンジです。銀のロバ組は千秋楽を終えてすぐに合流して本番です。すげえなこんにゃく座。


一般公演満員御礼で本番中には幼稚園で習ったのか「♪まつゆき草が咲いた~」かわいい声が聞こえてきました。

バラシてトラックが出る際にはご近所だったのか先ほどのお客様ご家族がトラックを見送りに来てくださいました。ありがたや。また出雲に来るぞ~。
白河市の小峰城の近くにある、白河文化交流館コミネスホール。
去年の10月にオープンしたてのまだ新しいホールです。
ここで、仕込みをし、2日間スリーステージを演ります。
6月のから始まったツァーも、終わりが近づいて、寂し気持ちが増してきてますが、私、マドカ、哲の三人は6月30日で帰京します。



仕込み後ホールの駐車場へ行く途中にちょっとした遊び場が。
疲れているはずが、みんなでトランポリンで飛び跳ねていました。楽しそう(⌒◠‿◠⌒)






マドまどかちゃんとのおやこ、とても楽しく演じることができました。幸せでした\(^o^)/



そう、ピアニストの大坪さんも帰京。
彼女はアロマオイルの知識も豊富で、いろいろ調合してくれて、とても助かりました。



本当にみんなに助けられて、無事に過ごすことができました。
でも、旅はまだまだ続きます。
みんなー、良い旅を‼
今週も森チームは福島県に向かいます。
車両移動組はハイエースと軽自動車に14人ぎっしりと乗り込み、出発!
お馴染みの羽生PAで休憩をとり(竹のオブジェにHANYUって彫ってあるんですよ)、


やって来ましたのは、郡山市民文化センター。
ここで3日間で6ステージ!要するに、3日間2ステージが続くわけです。
M版(長いバージョン)で2ステージが続くのは稀、体力勝負ですね。とはいえ、同じホールで続けて公演をさせていただけるのは幸せなことです。
郡山のたくさんの小学生に観ていただきます。


今回も多くの方に搬入をお手伝いいただき仕込み開始


制作マネージャーがゆうこりんからひろかちゃんにバトンタッチされお茶場の空気もなんとなく違って感じられます。


色々お稽古をして

さて本番。1ステージ目は低学年も多いのか客席の反応の声が高め。
博士が女王に「5たす8は?」と質問するシーンではしばらく経ってから答えがわかったらしく、もう別の話題に移っているにもかかわらず「13~!」と大騒ぎ^_^

2ステージ目はやや学年が上の子が多いかも?という印象。おおらかな雰囲気で賑やか!
でも例えば女王が博士に「私はあなたを死刑にできる」というようなところではシーンとなり、どっぷり入り込んで観てくれてるんだなぁと思いました。

次の日、月の精たちの厳しさが甘くなっているのでは...という反省のもと稽古をして3ステージ目、昨日より静かな子たちでとても集中して観てくれます。

4ステージ目、今回に限らずここ郡山の子は途中でよく拍手をしてくれます。観たり聴いたりする経験が豊かなのか、リラックスしてよく反応してくれて楽しいです。

さて3日目、月の精の動きや合唱、廷臣のハーモニーなど稽古して、5ステージ目。
おっかさんと姉娘のコンビネーションも日に日に磨かれています。衣裳のセッティングの様子も愛らしい。


さあいよいよ6ステージ目。
昨日一昨日より疲れていないかも…体が1日2ステージに慣れてきた⁉︎
終盤、博士兵士女王の3人が森で遭難してオオカミの声が聞こえてくる場面で、客席のどこかににオオカミがいるのでは…という期待(!?)から一時子供達が騒然となりました^_^
こうして、大きな怪我も事故もなく6ステージ無事終了。ホッ

搬出もまたたくさんの方にお手伝いいただきました。ありがとうございました!
車に乗り込みまたまた羽生PAに寄り(どれだけ羽生が好きなんでしょう^^;)、

帰宅。
今シーズンこのメンバーでやる『森』は、あと1ヶ所3ステージを残すのみ…寂しいなあ~

おまけ

お揃い~!と喜ぶ照明チーフ曽根さんとかおる


福島県のホールを回るこの福島キッズシアターの公演に関わるのは、私はこれで3回目!!
1度目は2010年の『セロ弾きのゴーシュ』。この時は制作マネージャーとして、そしてなんと前説で大石さんと出演させていただいておりました(*ノ´∀`*)ノ♡
2度目は2015年の『ロはロボットのロ』。
なんだか毎回ホールやホテルに着くと、この2回の思い出に浸りながら、また新しい思い出を刻んでおります。

さて、今週の福島ツアー最後の公演地は矢吹町文化センター。
会津若松からやってきて前日仕込みをするんですけれど、あかり組の北澤さんが助っ人でいらしてくださったおかげもあり、大変でしたがなんとか無事に終えられましたヽ(〃v〃)ノ
それにしても、昨日はなんだかアタマが働かなくてうまく動けなかったなぁ…。なんて反省をしつつ、次回の仕込みも頑張りますっψ(`∇´)ψ

さて、朝8時15分には集合してお稽古をやり始めます。


今日でお別れのゆうこさん
演出助手からずっと一緒にやってきて、私は癒されておりましたっ☆


みんな思い思いのストレッチをして


暗闇で声出しをして


ゆうこさんのインフォメーションから始まり、


みんなであーだこーだと合わせてみたり


無事に公演も終わり、大好きな海老フライのお弁当を食べ(海老フライ以外にもお惣菜、本当に美味しかったぁぁ♡)バラシも済ませ、楽屋口のツバメの巣から滴り落ちるアレに当たらぬよう気をつけながら荷積みをし、トラックを矢吹の地に置いたまま、ハイエースと軽自動車で座へと向かいました!!

私が乗ったのは軽自動車☆


なんだか楽しいメンバーです♪♪♪


仲良くソフトクリームなんか食べたり、


一本うどんに


しゃも焼き♡
そういえば、2015年にもこの羽生PAに寄り道しましたなぁ…♪♪♪

旅とは本当に楽しいものですヾ(*´▽`*)ノ

それでは、来週も元気にお会いしましょう(*^ー^*)
さて、前日に仕込んで本日は風雅堂にて本番です!

お茶場には、色々な飲み物やお菓子だけでなく、ファブリーズが!
すごい!嬉しい!っとはしゃぐゆうこさんとまどかさん。




今回、私は照明部。
体育館の仕込みで照明部に入ることはありましたが、ホールでの照明部は初めて。
毎回ドキドキしながら仕込みに参加しています。

このホールは少しだけイレギュラーな仕込み。
休憩時間には、どこでどうやって回路を取ったか、や、この後どう仕込むかの作戦会議をします。
まだまだ分からない言葉が飛び交っていて、ついていくのがやっとですが、がんばって聞いています。


子ども達はホールの近くのいくつかの小学校が集まって来ていますが、学年はそれぞれの学校でバラバラです。
私は今回オオカミ役。1幕も2幕も、冒頭のカラスの後に出てきますが、このときの会場の雰囲気が低学年が多いか、高学年かでまるで違います。

低学年が多めだと、「怖いー!」っと叫ぶ子や「かわいー!」「出たな!腹ぺこおおかみ!」などなど、とにかく賑やかですが、今日は5年生が多め。
2幕の客席出の時、最初は驚いたようで一瞬ザワザワっとしましたが、そのあとスッと歌を聴いてくれて、一つ一つに反応もあって、嬉しかったです。


終演後はみんなでご飯を食べながら今日の反省会。
このシーンの音楽の流れはどうだったか、セリフのやりとり、全体としての場の雰囲気…。などなど。
明日からの公演に向けて、みんなで共有しました!


そして、バラした後は、次の日の劇場に仕込みに行きます(u_u*)
そんな仕込みの時には…

薫さんいわく、餓鬼阿弥だそうです。
ちょうど同じぐらいの時間に、石川県にてまさに公演中のおぐり組に思いを馳せました。


お茶目な薫さんをもう一枚。

カツラ装着前はこんな事になっています。
カテゴリー
最新コメント
[09/14 まり]
[09/14 おめめ、キラキラの]
[09/14 まり]
[09/12 おめめ、キラキラの]
[09/09 ゆず@リン]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/