[1] [2] [3] [4]
やっと 通し稽古の日がやってきた。しかも2チームともやってしまった。やってしまった、という表現が1番ふさわしいだろう。朝から準備をはじめて(初めてつける衣装や小道具もある)、13時15分から西組通し、終わったのが16時。みっちりの駄目出しが17:30に終わった。そして非情の宣言「じゃあ18:15から東の通し」「えっ~~~~~~」の声に「じゃあ18:20」5分延びた。 さあ、さっさと夕食をかきこんで東スタート 21時に終わった。地獄の駄目出し 全て終わったのが22:30 本当に本当にお疲れ様でした~~~~~~~~~
『知恵と技術と手間と愛情のはざまに』

稽古が佳境に入っているように演出部も本番に間に合わせるためフル稼働で忙しく動いています。猫の手ならぬネズミの手も借りたいくらいの忙しさ。

今回登場人物がネズミなので、とにかく人間界にあるようなモノはすべて巨大化してしまうのです。
例えばそこいらに転がっているような石っころも当然大きな岩石になってしまうわけで、そんなもの重すぎて劇場に運べない。そうなるとどうしたら扱いやすくて役目を果たせるかみんなで知恵をしぼって対策をたてるわけです。

こんなことが1つ1つどの装置にも知恵と技術と手間と愛情が注がれています。たとえ一瞬しか出番がない装置だとしても。

全部は見せられませんが、製作途中のモノをちらっと紹介しますね。さてどこのシーンで登場するのかチェックしてみてください。



今日は西組で1~3場(いわゆる前半ってやつですね)を頭から順に稽古していきました。
ここ数日は後半部分の稽古が続いていたため、前半部分の稽古は久しぶりだったのですよ。
そこで思ったのが、感覚というか慣れというか、そういう身体に馴染ませることって大事だなってことでした。

何度でも出来るまで繰り返しやる。

…そう、そうなんだよ自分。がんばれ自分。負けるな自分。
と、自分で自分を励ましながら、最後まで走り抜けます。

では。

きたの ゆういちろう
何もないところから一つのオペラを作り始めますから、
初めは、それはもう、衣裳も道具もありません。

稽古を進めながら必要なものがわかってくると、
形の似たものを使って稽古したりします。
似たものが無ければ布や段ボールなどで作ることも多くあります。
仮小道具とか、仮衣裳とか言われる物です。

稽古も終盤になってくると仮の道具は本番用の物に代わっていきます。
でも、長い稽古を共に過ごした仮小道具の方が愛着があったり。無かったり。


【段ボールでできた檻のようなもの】
初めはきれいな形をしていたのに、激しい稽古でy軸がすっかりゆがみました。
お疲れさまでした。


【"romi UME"と書かれたゴムボール】
何故ゴムボールが新聞紙に包まれているのか…。
こればかりは稽古を見ていてもよくわかりませんでした。
お疲れさまでした。


【銀色の芋虫のようなもの】
見ただけでトイレを思い出せた方はかなりの座日記マニアだと思います。
わからない方はこちらをご覧ください。
お疲れさまでした。
今日はいよいよ最終章・6場の稽古に入りました。
まずは西から。
感情を上下左右斜めに揺さぶられる5場の稽古はとてもしんどいものでしたが、最後の6場もすんなり終わるわけありませんでした。家に帰った今もなんだか6場のシーンの雰囲気を引きずってて心が微妙にざわついております。
これが、心に響く作品てことなんでしょうね。
どうぞみなさま、心揺さぶられに来てくださいませませね。

そして今日は西組スズ・梅さんのお誕生日でした。
今日からピアニストも東西両方稽古に参加になるので、真理子さんと二人で連弾でハッピーバースデーの伴奏をして、みんなでサプライズのお祝い☆今回の稽古が始まって私は2度目のバースデー。一回目は西組ニッケル・大ちゃんのお誕生日でした。
この稽古期間中、他にも誕生日迎える人いるのかな~。



東組マンガン富山さんが撮ってくれた写真。
【デュオ鎌倉】。それとも【デュオ湘南】。はたまた【デュオ茶髪】
あぁ、【デュオのんべぇ】!!
『森は生きている』生徒参加の公演のためのワークショップ四国ツアーから帰って参りました!翌日は『あおくんときいろちゃん』事前ワークショップがあり、本日やっとやっとやっとぉぉーっ『ネズミの涙』の稽古を見る事が出来ましたあ~っ!!
ほとんど1ヶ月休まず稽古し続けてるのに、みんなすごく元気!!歌も動きも弾けてました!
4場をみました。私はほとんど入座前の私(つまり一般のお客さまですね)に戻って、 大声で笑い、ビックリなシーンには歓声をあげ、ずっとずっと開いた口がふさがらない状態でした!!
そして5場。衝撃のシーンに暫く動けませんでした。
あ~早く全部観たあ~いっ!!
明日はいよいよ6場の稽古です。今日の稽古が終わって、お疲れさまでした!の挨拶の直後、Aスタで隅っこに寄り集まり又々稽古をする人達!Bスタで100本ノックのごとく、なんべーんもなんべーんも同じフレーズを歌う人達!
もう、みんな休まない!いや休めない???
みんなのエネルギーはすごい!

朝から晩まで絶え間無く練習をしている。
確かに、新譜や台詞を覚えるのはもちろん、振り付けにサムルノリと本番までにしなければいけない事が盛り沢山!

しかし疲れているだろうに、稽古場にはいつも笑い声が溢れている。

命を削って…いや、気持ちを込めて作品に命を吹き込んでいる

ホントに休みもせずに…。
本日の稽古がなんだったのか、わからない。
あまりの内容の濃さに、ネズミの頭はクラクラです。

とにかく、夕食後には、4場5場というのを通してみました。
自分の課題は大きく、作品の重さをどう表現するべきなのか、苦悩の日々です。

そんな苦しさは、おいといて、終わってからは楽しい飲み会でした。
鄭さんは明日は朝日グランプリの受賞パーティー!

稽古はやすみ?!
と、普通は思うでしょ(@_@)

日本一ひつこい演出家には日本一ひつこいスタッフがいました。
ぎやあ((((゜д゜;))))

岡原(^-^)/~~拝
今日は栗原先生がいらっしゃり、11時から4場の殺陣の稽古。



殺陣のシーンで大活躍の二人☆
本当にお疲れさまですっ!
観てる方はとぉっても楽しかったっ(笑)

今日のチョンさん…鍋さん大丈夫ですか?と心配しておいて、その1秒後すみませんがここをこうして下さい。とさらに動きを増やしている…恐るべし!
挙げ句、『合い言葉は~オペラって楽しいね♪』と満面の笑み。

でも…(でも?!)オペラってなんだか凄まじいかも
本当に沢山の人に観て頂きたいです!!



華の衣装部も毎日素敵な衣裳を縫いまくってます。
突然、「追加おじさんが来たよ~♪」と先程満面の笑みで登場した凄い人が現れるので、本当に大変です。



演出部もワクワクするものを沢山作ってくれてますっ。
あ~早くお見せしたい!!

*まり*
作曲が上がりました。えっ?今頃?と思われる方も多いことと思います。こういうものだ、これでいいのだ、と思っているわけではないのですが、新作の場合、どうしても稽古と作曲が同時進行になってしまいます。
今回は鄭作品でありダブルキャストであり、稽古期間が少し短い等、三重苦のなか、作曲者としては、持てるちからを出し尽くし、台本完成から約40日で182ページの楽譜を書きました。私は今だに手書きなもので、鉛筆ダコができて、指が曲がって来ましたよ!稽古場日誌紙上で、この作品のすさまじさは、すでに伝わっているかと思いますが、ホントになかなか大変な作品です。
私は今日終曲の楽譜を携えて稽古場にやって来ました。そして4場と5場の稽古を見ました。すごいことになっていました。私はこれを掟破りと呼ばせていただきます(笑)
いろいろな意味で掟破りが行われているんですが、すべて、公演当日のお楽しみってことで・・・。
稽古が終わってから、みんなで作曲完成を祝いました。これから初日に向けて、稽古はどんどんハードになることと思います。私は久しぶりのシャバ(!)で、刺激の強い稽古を見て、頭クラクラ、しかし、うれしいほろ酔い気分で帰宅しました。明日からは、音楽監督として、稽古場に張り付きます!

萩京子
カテゴリー
最新コメント
[03/25 ちゅうじ]
[03/20 NONAME]
[03/20 路都]
[03/19 NONAME]
[03/16 花島春枝@こんにゃく座歌役者]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/