[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
空き日を経て、基山町民会館でホール公演。「みんなで育ちあう会・『森は生きている』基山公演実行委員会」の方々が主催です。


制作担当のナナ子さんが、ももちパレスから引き続き来てくれています。


舞台の袖で装置を組み立てている間に「衣装部の手が空いたよ」と、娘さん自らマツユキソウを仕込みます。



休憩中にお茶場に行くと、お茶場が賑やか。
「座日記用に写真撮りますよー」と声をかけても、みんな一心不乱にドリンクをセレクト。


私も蜂蜜入り紅茶を頂きました。ほんのりした甘さがとってもおいしくて、仕事がはかどりました。ありがとうございます。



お昼になるとお茶場は更に賑やかになり、具がたっぷりの豚汁と、大ぶりのエビフライ。


もう抱え込んで頂いております。


何から何までおいしくて、基山に嫁いりしたくなってきた


今回の公演は、主催さんが去年の八女公演を観て、こんにゃく座を呼んでくださったそうです。
つながってゆくことの幸せをひしひし感じます。

お見送りではたくさんのお客さまと、写真を撮りました。
今日の公演も来年につながりますように。
昨日のハードスケジュールを乗り越え、本日は空き日です。
そして最高の天気です。

入座1年目の千葉の「森」の文化庁ツアーの時より、茂さんと釣りに行こうと話をしていたのですが、なかなか実現出来ずにいました。
しかし、ツアーが始まる前の稽古期間中から、今年は空き日で釣りに行こうと二人で計画しておりました。
本日5年越しでの実現となりました。

只今連泊中のホテルから徒歩10分。

とっても綺麗な海が!



朝、茂さんと散歩がてら何が釣れそうか海の様子を見に行き、釣具屋さんへ。




ホテルでバジさんと合流し、いざ海へ!
お散歩で来ていたあかねさんも見守る中、なんと茂さんが投じた一投目からヒットしました!



続いてバジさんも!




その後、12月30日のコンサートの稽古をしていた、まどかさん・ゆず・泉の三人組と冬木も合流してくれて賑やかに。
場所を変えて、海で稽古です。
潮風に乗って、歌声が聞こえてくるというのは、なかなか乙なものです。



みんなで大漁を狙いますが、全然釣れなかったり、自分を釣ってしまったり…。




勿論、私は釣れました!



遅いお昼ご飯を海で食べようと沢井さんが登場し、ピアニストの紀保子さんも様子を見に来てくれたりと、色んな人と海で過ごせてとても楽しかったです。



釣れた魚は皆でその場で美味しくいただきましたよ。




各々、夕暮れ時まで思いっきり海で楽しみました。






さて、明日からまた頑張って行きましょう!!



文化庁事業による関西圏での公演に一旦の区切りをつけ、11月3日、森組は和歌山県から福岡県へ向かいます。


私はゆず子と一緒にトラックをびゅーんと走らせて…


途中、岡山あたりで休憩をと公園に立ち寄りますと、何やらアコーディオンの音が…



近づいてみるとおや、なんとまあおぐり組の小栗さんではないですか。


11月6日と12日に宿河原あたりで行われるライブの練習をしていたのですね!

おぐり組は3日は岡山で空き日、4日に公演して5日に帰るのだそうです。
なんとも忙しく全国を飛び回るこんにゃく座!今秋の3班の動きを日本地図上の3点で表す動画を作ったら、さぞかし興味深いものになるだろうと思います、私たちにとって。3点が巡り会えそうで会えなかったり、高速道路ですれ違ったり、目まぐるしく動いているに違いありません。

そんな空想を膨らませながら、またゆず子とトラックをびゅーんと走らせて…とっても楽しくおしゃべりしていたのですが、もうすぐ着くぞという頃にかかってきた電話に出て少し話した途端、私は謎の声枯れを起こし、とんでもないハスキーボイスになってしまいました。まあ明日からも出演するわけではないのでどうということはないのですが、なにこれ!ひい!などと言いつつ無事に福岡のホテルに到着。


翌日は7:50にホテルを出発し、ももちパレスへ向かいます。そう、今日は今期初の、ホール公演なのです!!

ということは、このチームでの仕込みも初!
体育館とホールとではやっぱり結構違いますからね!気合も入れ直さねばなりません。


真面目に働く照明部の人たち


真面目に働く舞台部の人たち


休憩のとき、ピアニスト紀保子さんに昨夜起こった声枯れの話をしたら、「グーグーガンモみたいなことだよね!」と言ってくれたので、グーグーガンモとは何ぞやと調べてみたら、なるほど、グーグーガンモみたいなことでした!まさにこんな感じの喋り方になってしまったのでした。今度から使おう、グーグーガンモ。



…本日ホール版初日ということで、ゲネプロもしっかりやりました!
こんにゃく座と今日の一般公演を共催してくださっている「音楽教育の会・福岡・チポリーノの学校」の方々と、萩さんの見守る中…


舞台袖からゲネプロの様子をパシャリ


萩さんからのダメ出しを受け、また稽古をして本番を迎える出演者たち。
今日は長い一日なのです。


夜7時開演と少し遅めだったにも関わらず、こどもたちもたくさん観に来てくれていました。
もちろん大人のお客さまも大勢いらしてくださり、普段とは違う大人な反応もあって、新鮮な気持ちになったり。


途中、むすめが客席の後ろから現れるシーンがあるのですが、ももちパレスは舞台からロビーがちょっぴり遠くて、むすめ役の裕加さんは必死の猛ダッシュ!!裕加さんのあんな真剣な顔は、舞台スタッフでなければ見られなかったかもしれないとなんだか得した気分になりました。

ホール版公演でもやっぱり四月は大人気!泉くん人気はとどまるところを知りません。すごいなあ。



終わってバラしてホテルへ帰ったらもう夜11時半を過ぎていました。ひゃー!
なかなかハードな一日でしたが、喜んでくださったお客さまのおかげで、充実した時間でした。ありがとうございました!!


朝日を浴びて、今日も出発です。

本日やってまいりましたのは、和歌山県田辺市にあります、長野小学校の体育館!
10月に、私と梅さんが事前ワークショップに行ったので、また来られるのを楽しみにしていました♪

長野小学校、伏菟野(ふどの)小学校、秋津川小学校のみんなに観ていただきました。
3校合わせても、子どもたち50人ほどです。
うわっと手を広げると、一気にみんな抱きしめられそうです。愛しいです。



体育館も、ちょっとミニマム。
森の舞台セットを組むと、もう体育館の半分がそれになってしまいました。なんて贅沢使い!

それぞれに、ウォーミングアップするみなさん。



上からマドカ。(さんを激写)
ギャラリーから飛び降りて、ぎゅっと抱きしめたくなります。愛しいです。


甘〜いミカンと、『デラックスケーキ』という素敵な差し入れも頂きました!



見た目もすっごく可愛いデラックスケーキと、それを無邪気に喜ぶ路都さん。


すっごく美味しかったです…(*´꒳`*)ありがとうございました!!

本番では、みんなすごく真剣に観てくれていました。
そして、綺麗なきれいなマツユキ草をむすめのために咲かせ、
ソリの歌も、とっても楽しそうに一緒に歌い、参加してくれました。秋津川小学校のみんなはワークショップには参加できなかったけれど、それが信じられないくらい一緒に楽しんでくれました。

私たちのオペラを観て、ワクワクしてキラキラしている子どもたちを見ると、私までワクワクしてキラキラしてくるような気がするのです。ありがとうって言いたくなります。
今日も幸せな気持ちをありがとうございました!


《おまけ》
廊下で、とっても興味深いポスターを発見。



銀河がまろさんを呼んでいる。
1日おいてもまだまだツアーの続く森組ですが、トラックチームは朝10時、一路奈良県吉野山を目指して出発しました。

途中の駿河湾沼津サービスエリアで昼食をとったのですが、お天気もよく、気持ちよかったです。



吉野小学校に着いたのは18時を過ぎた頃でしたが、担当の先生が待っていてくださり、帰り道などとても親切におしえてくださいました。

近所には材木店や加工所が並び、“吉野杉”の産地であるということなども解説してくださいました。ありがとうございました!

そして学校の近くの「吉野神宮」という駅には…


駅ニャンコが!

宿のある吉野駅までは一駅で、貸切状態の私たち。ひとしきりはしゃぎましたが、画像はとてもお見せできませんので、ご容赦ご勘弁してくださいませ。

桜のシーズンには大変な人出になる吉野山だそうですが、今回はひっそりと私たちを迎えてくれました。桜の頃にまた来たいなぁ。

翌朝は8:30から仕込みです。仕込みが済むと、今日からピアニストが榊原紀保子さんに代わったので、要所要所をお昼前にたっぷり稽古しました。

本番は13:30から。112人のこどもたちは目をまんまるにして、よーく観てくれました。一緒に歌う“森へ向かうソリの歌”や“十二月の歌”も、大きな声で一生懸命歌ってくれていました。

終演後に6年生の代表の女の子が、「最後の芸術鑑賞にこれを観ることができてよかった」と言ってくれました。そんな風に思ってもらえて、私たちも本当に嬉しいです。私たちの糧になります。

公演後は体育館を1時間ほどそのままお借りして、セットを使ってホール版の稽古をしました。体育館版でカットされている二幕の王宮のシーンと、部分カットされている月が12月から4月へ変わっていくシーンです。

3日後にはホール版の初日がやってきますので、しっかり復習しておかなければなりません。みっちりと、なかなか手ごたえのある稽古になりました。

えいやっとバラシを終えると、和歌山の田辺市まで移動です。ホテルには21:20くらいの到着になりましたが、ゆっくりしっかり疲れを取って、明日に備えます。

文化庁シリーズも明日で一区切りです。最後まで精一杯やりきります!こどもたち、待っててね!
近畿地方を順番にまわってきた森組は10月最後の地、大阪の金融街、北浜にある開平小学校へやってきました。

学校は高層オフィスビルに囲まれていて圧巻です。



お稽古の時間でまつゆき草の場面では子どもの代わりに1年生大久保君が娘にまつゆき草を渡します。


彼は年末の試演会で4月の精をやりますからね今から役作りです。



今日は響きもちょうどよく区切りのラストスパートということで連日の疲労が溜まる中良い公演ができました。全校生徒180人の児童の皆さんも見るときはジッと、喜ぶときは大はしゃぎとメリハリの効いたしっかりした皆さんでした。



10月の公演すべて大きな事故やケガもなく風邪もひかず無事終了できました。
10月でお別れのメンバーは舞台監督助手の河内さん。優しくて力持ちでいつも頼りになるスーパースタッフでした。

また来てね!



そして森のミス・バンビーノ、ピアニストの大坪さん。音楽をぐいぐい引っ張ってくれて稽古中には若手への助言もしてくれました。写真撮影の際に、1幕の1つめの森のシーン(通称1の森)の後奏が終わり次のシーンへ行くときに楽譜を演出がついているかの如く派手にファサっとめくる「夕美めくり」を披露してくれました。



そんなこんなで10月の近畿長期ロードは無事終了!最後に記念撮影。





森組は、西三国小学校へやって来ました!

西三国小のみんなはとても元気がよく、劇中で十二月の精達が、十二月の歌を歌い出すと、「燃えろー!燃えろー!」ととっても大きな声で歌ってくれました!

森へ向かうそりの歌も、踊って歌ってとび跳ねて、大いに楽しんでくれていて、僕も思わずいつもより大きな声で歌ってしまいました!

待雪草を咲かせるときも、西三国小のみんなは、誰よりも高く待雪草を咲かそうと、目一杯腕を伸ばして綺麗に咲かせてくれていました。

なんだかとっても元気を貰いました!

そして、後片付けを終えて車両に乗り込もうとおもったら、


大きな夕日が待ち構えていました!

夕日に照らされるこんにゃくトラックは、なんとなくいつもより立派に見えました。




元気をたくさん貰った一日でした!!






おまけ



鷹のポーズの篤史先輩

このままファサファサと軽やかに羽ばたいていきそうなご様子。




強烈な眼光で雪の山を吹き飛ばす沢井さん

とても力強くて、かっこいい!
不覚にも喉が…。
今週の頭に風邪をひいてしまいました。

いつもの様に風邪をひくと喉に来るのですが、今回もまぁ、何とかなるだろうと甘く考えて、大阪の初日から特に抑える事もなくやっていますと、二日目の朝、うーん、何か少しヤバいかなぁ…。

2ステージですが、何とかなるかなと午前の公演をいつもの様にやってしまいました。
そうすると、昼食を頂き、午後の公演が始まると、あれ、声が…。
声が枯れて出ないなんて、もう十数年無かったので、過信していました…。
とにかく、猛反省です…。



色々な方からお薬や、アドバイス、励ましを頂きました。本当に森組の皆さんに感謝です。
もっともっといい声を出せる様に、探求していかなければと強く思いました。


本日は2公演とも暑い体育館にギュウギュウ詰めの状態だったのですが、皆、熱心に観てくれて本当に嬉しい公演でした。津田南小学校の皆さん、沢山元気をくれて有り難うございましたー!



今日は夏日で暑かったので、昼休み中に帽子も天日干しです。
本日は大阪は枚方市、船橋小学校にやってまいりました!


前日に仕込みを終えたので、朝はゆっくり体を起こします。
こんにゃく体操をする人がいたり、発声練習をする人がいたり。
そして…


腕組みをしてラブラブな人たちがいたり。



そんなウォーミングアップを終え、仲良く朝のミーティングを始めます。



ミーティングも終わり、学校の廊下を歩いているとこんなものが。


鹿島アントラーズの新井場徹選手の母校でした!!
僕は存じ上げなかったのですが(笑)
自分もいつかビッグになって母校にこんな風に飾られたいものです…!


体育館公演では、体育館のステージを楽屋にしているのですが、今日のステージはなんだが落ち着いた雰囲気。なぜかというと、


壁が木目調なのです!なんだがリッチ。



本日は午前と午後の2ステージ。
公演と公演の合間に給食をいただきます!


みんなでキュッと座ってなかよく給食♪


最近の給食のパンは美味しいですね!
自分が小学校の時よりも、格段にふわふわで美味しくなっております。
自分の頃は美味しくなかった、脱脂粉乳はなかなかだった、白菜のピーナッツバター焼きは強烈だった云々…それぞれの給食の思い出話に花が咲きます(笑)


突然ですが、座員の皆さんは様々な方法で喉のケアをしているのですが、その中の一つに「龍角散」を使っている人々がいます。
のど飴の方ではありません。粉状の龍角散があるんですね。それを公演前に飲んだり、休憩の時に飲んだりして、喉のケアをしているのです。僕もその1人。


実は今回の森組には「龍角散組」がたくさん!

みなさんが持ってる銀色のまあるいやつです。愛用者多数。おすすめです。



本番は、体育館の後ろまで子供達や先生方がいて、密度の濃い客席となりました。だから子供たちが咲かせる待雪草も、ぎゅっと密集していて舞台から見ても素敵な風景でした。

笑うところは思いっきり笑い、集中するときは一気に集中する子供たち。

役者も2ステージもなんのその、公演をやりきりました。



そして夜は…お好み焼きを食べてエネルギーを充填!!


さあ、明日も頑張るぞー!!

こんにゃく座が!吹田第一小学校に!来たー!!


いやはや、、前日にトラックをとめさせていただきに来たのですが、何しろこの正門が、なんともコンパクトな上に、頭上には歩行者用の信号が飛び出ていまして…
4tトラック入れるかなあ、入れるかなあ、入れなかったらどうしよう…
と、このところの森組の不安の種だったのです。

そんなわけで、なるべく明るいうちにトラックチャレンジをしようという話になり、スペシャルトラック野郎の川合福太郎に早めに来てもらって、挑んだところ…

ギリギリのところで…

入ったー!!のです!!
さすが福太郎。福太郎の大切さを改めて感じました。ありがとよ福太郎…!!


そんなわけでテンションが妙になっておりますが、嬉しさいっぱいに写真を撮ったわけです。

え?この手に持っているものは何かって?
これは…

川崎市多摩区、こんにゃく座の近所に在住の、シンガーソングライター、二代目スケチヨさんのCDなのです!!

今年の5月にベアぼっこがオープンマイクに参加した時に、トリをつとめていたスケチヨ氏の唄を聴き、虜になってしまった私たち。
ここ吹田第一小学校は、なんと偶然にも、そのスケチヨさんの母校なのです!
あんな素敵な歌をうたう方を育てた学校だなんて、芸術性高いに違いない!


いつものとおり、しっかりとリハーサル。


むすめがまつゆき草を摘むシーン、今日は哲がどセンターで正座して待ち構えていました!


そこはかとなく可笑しいアングル



ばっちり稽古した後は、お昼御飯もスケチヨ氏おすすめの「とり信」


おいしーい☆


山盛りすぎ…!!CD押しすぎ…!!!


しっかりお弁当を食べ、元気に開幕です。


暑すぎず寒すぎずのちょうどよい気候で、子どもたちもとっても集中して観劇していました。
みんなでまつゆき草を手に持って綺麗に咲かせた後、むすめが舞台に戻っていくと、教えたとおりにすーっと花を下ろせた子どもたち。簡単なようで、このタイミングがなかなか難しかったりするのです。ちゃーんと説明を聞いていてくれたんだなあ、とうれしくなりました。

「四月がイケメン!」「四月かっこいい!」「四月がいい!」と、最近大人気の四月がやはり今日も噂の的でしたが、そのなかで「俺は一月がいい」と言っていた子もいて、茂さんも大喜びです。


片付けのあとは、枚方市の船橋小学校へ移動し、明日のための仕込み。
明日からは怒涛の2ステージ祭りです。
みんな元気でありますように!






カテゴリー
最新コメント
[05/27 コルシカ]
[05/20 NONAME]
[05/20 ちゃみ]
[05/18 NONAME]
[05/15 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/