[3054] [3055] [3052] [3053] [3051] [3049] [3057] [3050] [3047] [3048] [3045]
12月のオペラ「森は生きている」ツアーは、以下のメンバーでお送りいたします!!!

文章:高岡由季 / 写真:島田大翼

それではどうぞ〜!



1月の精、総理大臣
髙野うるお
髙野うるお -Takano Uruo-

うるおさんは、トラックの荷積みが上手だ。縦と横の幅を正確に予測してぴったりと荷物を積んでいく。うるおさんがテトリスをやったら絶対上手いに違いない。そう思っていたら、この間、彼が他の人と楽しく談笑しながら片手間に弄っているスマホ画面をふと見ると、実に華麗にテトリスをやっていた。他にも、旅に使う道具やタンスを作ってくれたり、壊れたものを楽しそうに修理したりしてみんなに感謝されている。徳を積むのも実に上手である。


2月の精、カラス
北野雄一郎
北野雄一郎 -Kitano Yuichiro-

北野さんは最近、いつも大量の楽譜や資料を持ち歩いている。人を惹きつける脚本力(?)や彼の人柄、顔に負けないイケメンボイスのせいで色んなところから引っ張りだこなのだ。年末だけでも森ツアーのあとにコンサートに出演したり、舞台監督をやったり、まだまだ活躍の場が控えている。そんな北野さんだが、どんなに忙しくても持ち前の優しい笑顔は衰えることを知らない。それが彼の魅力なのだろうと思う。


3月の精、女官長
齊藤路都
齊藤路都 -Saito Rutsu-

旅に出るときにトラックに荷物を積むとき、「お米積んでくー?」と聞いてくれるのはいつもるつさんだ。今回の森の稽古中にも、夜休憩でご飯を食べたい人のためにお米を炊いてくれた。忙しくて食べそこねたときにはちゃんとラップに包んで渡してくれた。疲れたときには、「私も人に触れるから嬉しいの」と言ってマッサージもしてくれる。るつさんへの感謝は尽きない。甘えん坊でお世話も好きな、人懐っこい先輩である。


4月の精、警護隊長
島田大翼
島田大翼 -Shimada Daisuke-

大翼さんの持ち物は少ない。一週間以上の旅に出るときも、肩掛けカバンひとつでやってくる。公演のために役者それぞれが持ちこむ荷物も、彼のだけ異常に軽い。それでも何ひとつ不自由している様子がない、むしろ誰よりも楽しそうにしているのは、彼の応用力が高すぎるからであろう。
空気のように軽く、無限大の可能性をもち、遠くまで飛んでいく。まさに、“大きな翼”である。


5月の精、ウサギ
冬木理紗
冬木理紗 -Fuyuki Risa-

冬木と会うと、結構な確率で「ゆき、〇〇食べる?」と言いながらリュックからいろんな食べ物を出してくる。最近は果物が多い。高校生のときは、「朝はフワフワに焼けたんよ」とか言いながらペチャンコのホットケーキを作ってきてくれたり、「冷蔵庫のもの全部入れた」という、わけがわからない怖いすっごく美味しいカレーを作ってくれたりした。私は何度も、冬木のそんな優しさに救われたことがある。自分のことを伝えるのが苦手そうだが、なんか元気がない人とか落ち込んでる人とかには1番に気付いて、そばにスーッと寄っていく。そんな感じの、不器用で愛しいヤツなのである。


6月の精、もうひとりのむすめ
豊島理恵
豊島理恵 -Toyoshima Rie-

「最近りえさんのバッグに必ず入ってるものはなんですか?」と聞いてみると、りえさんはニコニコして真っ赤な口紅を見せてくれた。彼女はセルフプロデュースがものすごく上手で、いつも外からの目線で自分を見つめ、目標を掲げて日々の努力を欠かさない。「やっと赤いリップが似合う歳になってきたかなって思って。年相応なオシャレをしていきたいんだよね。テンション上がるんだよね♪」
そう話すりえさんの可愛い笑顔は、無邪気な少女のそれだった。


7月の精、むすめ
鈴木裕加
鈴木裕加 -Suzuki Hiroka-

本人に聞くところ、ひろかさんは、旅のときの荷物は少ないらしい。いざ旅先で「持って来れば良かったな」と思うものはたくさんあるらしいが、どれも「まあなくてもいっか」で済むものらしい。どっちなんだ。しかし、それをホンワリした、優しい笑顔で話してくださるものだから、聞いている私までなんだか幸せな気分になってくる。不思議な力だ。


8月の精、オオカミ
高岡由季
高岡由季 -Takaoka Yuki-

私のリュックは、大抵スカスカで、中で少ない荷物が遊んでグチャグチャになっている。ゴミもたくさん入っている。まさに私のようである。そこに、冬木からもらったリンゴや、るつさんが包んでくれたご飯や、大好きな先輩たちの愛を詰めて、やっと重くて幸せな荷物になる。ありがとうございます。


9月の精、おっ母さん
花島春枝
花島春枝 -Hanashima Harue-

花さんの持ちものは、文房具から食べ物に至るまで、ひとつひとつ全てに彼女のこだわりが詰まっている。というかひとつひとつへの花さんの愛が伝わってくる。以前、ネズミツアーのときに、ホテルの手作りの朝ごはんがとっても美味しかったとき、「すっごく心がこもってて美味しかった!!この感謝の気持ちを伝えたい!!」といって厨房のほうに行き、お礼を言っていた。そんな、全てのものと全力で向き合い、全力で愛する花さんを愛さない人はいない。


10月の精、女王
青木美佐子
青木美佐子 -Aoki Misako-

みさこさんの鞄の中は、細かく仕切られていて、さらにそこから様々な大きさの鞄やポーチや出てくる。小さい鞄だけ持って出かけられるよう、その中にお財布や携帯を入れ、傷つくのが嫌なものはぴったりのサイズのポーチの中、防寒具を入れるための可愛いビニール袋まで用意されていたり、とにかく考え抜かれた、機能的な仕組みになっている。
そんな素敵なこだわりを幸せそうにお話してくれるみさこさん。本当に、憧れます。


11月の精、兵士
沢井栄次
沢井栄次 -Sawai Eiji-

まろさんが旅中に持ち歩いているもの、それは調味料である。特に胡椒。この前の森ツアーでは、たこ焼きプレートを持ってきて、空き日にみんなでたこ焼きパーティーを開いていたようだ。その様子は座日記をみていても、とっても楽しそうだった。美味しい物と、それをみんなで一緒に食べる楽しい時間をこよなく愛するまろさんのまわりには、自然と人が集まってくる。


12月の精、博士
佐山陽規
佐山陽規 -Sayama Haruki-

バジさんはいつも腰に小さな袋をつけていて、それにはタバコが入っている。メンバー唯一のスモーカーである。「俺あんま発声練習しないんだよね」と仰るその歌声は、大きくよく響き、セクシーでお茶目で魅力的。歌の神様、声の神様に愛されている。今ツアー初めての通し稽古の前に、森デビューの私の肩にポンと手をおき、「落ち着いて、まわりを見て、楽しんで」と声をかけてくれる。私はもちろん、みんなに愛されている大先生。


ピアニスト
室坂京子
室坂京子 -Murosaka Kyoko-

室坂さんの鞄からは、キラキラした星とか出てきそう。スーパーマリオのスターみたいなものを想像して欲しい。そんなことを考えてしまうくらい、室坂さんのピアノの音は楽しい。星が遊んでるみたいなのだ。聴いてもらわないときっとわかってもらえないと思うので、ぜひ一般公演を観にきていただきたい。


なんかいろいろ
熊谷みさと
熊谷みさと -Kumagai Misato-

ちゃみさんの鞄はいつもぎっしり物が詰まっていて、重そうだ。何かが無くて困っている人がいると、スッとその鞄から必要なものを取り出し、助けてくれる。甘いお菓子から、小さな工具まで入っている。お菓子に関しては、「自分は持ってても食べないけど、お腹空いてる人がいたらあげられるかなと思って持ってる」と仰っていた。私は思った。ちゃみさんの鞄には、まわりのみんなを想う優しい愛が詰まっているのだと。


舞台スタッフ
壹岐隆邦
壹岐隆邦 -Iki Takakuni-

いっくんさんは、私の勝手な想像だが、なんか面白い響きの日本語とか、思いついた回文とかを書き留めておくメモ帳を持ち歩いてそうだ。役者目線から、ネタ帳と言ってもいいだろう。いつも何気ないところからいつも面白いことを見つけて、教えてくれる。とても楽しい。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カテゴリー
最新コメント
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/