[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
11月18日晴れ。
車両組の移動の日。


こんな素敵なトラックと出会ったりしながら向かったのは。。。
群馬に行くならいつか行きたいと思っていたここ!


こんにゃくパーク(๑>◡<๑)

2年前にも森チームの数人が来ていたのですが、私は行ってなかったのでずっと気になっていたんです。今回はワゴンとレインボートラックでやってまいりました!トラックで来たんだから絶対に写真撮らなきゃ。。。と



じゃーん☆
なんだかロゴの雰囲気も似ていて、駐車場の整理をしていたおじさんにうちのトラックかと思ったというコメントをいただきました笑



群馬の観光大使であるひでさんと



こんにゃくパークのキャラクターマナンちゃんと記念撮影して



いざ工場見学へ!

お芋が洗われるところから箱詰めされるまでの工程を見学しましたよ。


みんな興味津々!
面白かったのは糸こんにゃくが作られているところ!滝のように後から後から糸こんにゃくが出て来るんです。他にも段ボールが機械の手で組み立てられたり。。。こんにゃく作り以外のところでも大いに盛り上がりながら見学を終えました。


そして


楽しみにしていたこんにゃくバイキング♡


わくわく!わくわく!


じゃーん!!
王道からそれ?ってものまでこんにゃく料理がいっぱい!こんにゃくで出来た麺とか確かに聞いたことはあったけど、ダイエット食品という感じで美味しいものではないと思っていました。。。ところがこれが美味しいのです(*´꒳`*)



みんなでこんにゃく堪能しました☆
そしてお土産もたくさん買ってこんにゃくパーク大満喫╰(*´︶`*)╯
また行きたいな!おすすめです☆こんにゃくパーク!



さてまだ時間があるねということで開催されたのは
2016秋森チーム第2回ボーリング大会☆

なんだかボーリングが好きな人がたくさんいてやりたい!やりたい!と言って。。。ついに第2回!


今回のメンバーはこんな感じ+わたし
入念な準備体操をしていざ!

やりだしたら必死になってしまい。。。
なんと全然写真を撮らなかったのですがそれぞれのペースでめいっぱい楽しみました☆


このレーンはスコアの差がすごい。。。
誰と誰でしょうね(^-^;でも1番の仲良しチームでしたょ笑


こちらのお兄さんはスコアよりもスピードにこだわりをみせておりました。なんと球速40km!なんということだ。。。ピンが吹っ飛んでいきます。。
なんとも楽しい時間でした。昨日はいつもお世話になっている舞台監督のお誕生日でしたからね。お祝いに楽しんでいる様子だったのでなによりです☆

さて明日からまたツアーが続きます。
ラストスパート!

昨日15日は68年ぶりのウルトラスーパームーンだったそうですね。すっごく月が大きかったそうな。でも、昨日はあいにくの曇り空。がっかりしながらその日は布団をかぶり、その翌日。まだまだ真っ暗な朝5時に起床して座へと向かう泉が空を見上げると、そこには煌々と光り輝くウルトラスーパームーンが!!!

うおー!!!!綺麗!!!!
でかい!!!!!!!!!!
のかどうかは分からないけど!!!!!
まん丸で綺麗!!!!!!!
うおおおおおお!!!!!!


…すみません。すごく感動したので興奮してしまいました。


さてさて、話を戻しますが(笑)なぜ本日は朝が早いのかと言いますと、森組は栃木公演をしに向かったからなのです!

僕は4トントラック2号に乗せてもらうために座へと向かいました。
メンバーはこちら!

左から福太郎さんとまどかさんです。
だんだん空が明るくなり、ぐんぐん日が昇ってきます。僕らもぐんぐん栃木に向かいました。


到着したのは栃木医療センター付属の看護学校。こちらの体育館で、近くの保育園の子どもたちに来てもらっての公演です。

僕は今回初めてだったのですが、こちらでの公演はここ最近、毎年のように行われているそうな!なんだか嬉しい気持ちになりますね。これからも続けていけたらいいなあ。


仕込みを順調に終え、休憩しようとお茶場に向かうと、なんだか実家に帰ってきたような雰囲気。




主催の栃木保育問題研究会の方々が用具室にジュータンを敷いてくださいました。これはもう、実家のようにくつろぐしかありません。ごろごろ…


お昼のお弁当を食べるときだって、まるで家族団らんが繰り広げられているよう。肩を寄せ合ってお弁当をいただきます。ほっこり。


さあ、充分気持ちがほぐれたところでシャキッとお稽古をし、本番前の準備にかかります。


こちらもみんな、肩を寄せ合ってメイク中。


そして本番。全部で12もの保育園の子どもたちが集まりました。
冒頭では、カラスが「〇〇保育園の子どもたちはどこカァーー」と、見事に11園の保育園の名前を読み上げておられました。

こちらがそのカラスさん。


さすが沢井さん、どんなときでもユーモアを忘れません。


上演中、子どもたちは役者の一挙一動に大盛り上がり。
どっと笑いが起こったり、博士の「1+1は?」に「にー!!!」と全力で答えたり。
みんな最後の最後まで、集中して観てくれました。


最後は保育園ごとに子どもたちと写真撮影会。
役者も、衣装に着替えてお出迎えしました。
みんな、「バイバーイ!」といいながら、役者とハイタッチしてニッコニコしながら帰って行きました。
担当の先生は、「これから子どもたちはしばらく『森は生きている』ごっこで大盛り上がりですよ。何人もの娘がソリを引いたり、何羽もカラスが現れたりするんです!」とおっしゃっておられました。んー!そんな光景、みてみたい!!


公演を終え、栃木に来たからにはやっぱり宇都宮餃子でしょ!ってことでトラック組メンバーで餃子を食べに!!
ここのお店も、トラック組御用達のお店だったのですが、なんだか改装したらしく広々とした店内。僕らが一番乗りのお客さんだったらしく、店内はガラーンとしていました。「これ、やってるのかな?」と不安になりましたが、無事に家族感を醸し出して記念撮影をし、


たくさんの餃子にありつけたのでした。ちゃんちゃん!
おはようございます。

ストーブ恋しい季節になりましたね。


森組は昨日無事に九州からの帰還を果たしまして、本日は埼玉県は八潮市での公演です。

近郊での公演だとそれぞれの自宅から向かうことになりますので、やはり朝が早いものです。


私は今日は2トントラックを運転しまして、齊藤さんと泉くんと学校へ向かいました。

真っ暗な空がだんだん青くなり白くなり赤くなり、また青くなっていく…そんな時間にドライブするのも悪くないです。首都高も空いてますしね。


そんなこんなで快調にドライブしたおかげで30分早く着いてしまいました。早すぎたなあなどと言っていた私たちを先生が優しく迎えてくださいました。ありがたや。



いつものように草間彌生先生を思いながら仕込みをして…

この演目では何故だか草間彌生先生を思うことが少なくないのです。不思議なものです。



今日は体育館公演休憩無しバージョンという、レアな構成です。寒い中の長時間にも関わらず、こどもたちはとても集中して観てくれていました。



公演後に「素晴らしかったです!私の方が感動してしまいました!」と先生も言ってくださいました。こどももおとなも楽しめるオペラ、素敵なことです。ありがとうございます。


お仕事中、舞台監督の久寿田さんに突然呼び止められて、何かあったかな、と慌てて話を聞きに行ったら、「これめっちゃくちゃ効くから」と、のどあめをくれました。ここ最近謎の声枯れに襲われていた私でしたので、ほっこり嬉しい気持ちになったのでした。



森組は明日から束の間の休息。次は16日に栃木県での公演です。元気に参ります☆







九州シリーズ最後の公演は福岡空港も近くの志免西小学校でした。
前日の姪浜小学校に引き続き、総勢1000人を超える子どもたちがいるとのこと。

さすが体育館も広い!



体育館での舞台の仕込みは横使いのため、楽屋はいつもステージの緞帳の裏

(ここ!)
に作るのですが
この日は舞台奥にこんなスペースがあり、


広々楽屋として使わせていただきました。


1ステ目は1・2・3年生、2ステ目は4・5・6年生。各回570人近くということで広い体育館に子どもたちがぎっしりでした。
外は雨が降っていてひんやりと寒い日でしたが、それを忘れるくらいの熱気で観てくれていたように思います。
関西とはまた違ったユニークなツッコミの嵐でした。

開演直前には博多駅の陥没の速報があり現場に緊張が走ったりもしましたが、無事に2ステージ終えることができホッとしています。

この日はこんにゃく座がお世話になっている福岡市子ども劇場の川島さんが栄養ドリンクを差し入れしてくださいました。
写真撮り忘れすみません!袋いっぱいくださいました。

福岡の方々の温かさを感じながら…
バラシ後は広島のホテルへ移動。


連日、朝早くから日暮れまで~♪
夜明け前から夜更けまで頑張りました。
いよいよ神奈川に帰ります。
おはようございまーす。
本日5時15分起床。
外は真っ暗。
しかしボンヤリしてはいられません。
今日は部屋で朝食を食べ、ちゃっちゃと支度をしてロビーに集合します。で、5時45分にホテルを出発!


泉くんの運転するハイエースの外はまだ真っ暗。

で、学校に到着するとすぐに仕込み開始。6時30分です。
今日の1ステージ目は10時15分開場なので、仕込みも急ピッチで進めます。
ツアーも一カ月以上過ぎ仕込がスムーズになっていました。

柿をむく余裕もあります。


この美味しい柿は座員の北野くんのおばあちゃまが作っている柿なんです。
昨日の公演でいただきました~(*^-^*)
今回のツアーはいただき物がたくさんあり、お茶場がほくほくです。

さてさて、公演は元気な児童のみんなに見ていただきました。ツッコミもたくさんあって思わず笑ってしまいそう。
劇中、私が「たき火にあたらせて下さい」とお願いすると「いいよー」と言ってくれたり、まつゆき草を摘むところでは「もっとたくさんとれるよ!」と言ってくれたり、みんなありがとう!!


今日は1ステージ目と2ステージ目に時間の余裕があったので、



お弁当もゆっくりいただきました。


るっちゃんはミニの児童机で小道具の箱を作り換えたり


きほこちゃんはピアノの前で携帯を見ていたり
(寄り目になっているところに真剣度がうかがえます)。


宝箱を見つけた人もいました。
こんな宝箱があるなんて、なんてキュートな学校なんでしょう。


さて、私の仕込み部署は楽屋部です。
毎日こんなゴミ箱を楽屋に配っているのですが、

ディスカウントショップで1個49円のかわいいゴミ箱を見つけてしまいました。明日からはみんなのそばに

このかわいいゴミ箱ちゃんたちを並べます。
明日、みんながゴミ箱を見てウキウキしてくれるといいなぁ、、。
そんなことを思いながら、明日も早朝出発なのでそろそろ寝ようと思います。現在22時。歌い手は睡眠が重要です。
あと、公演中にぼんやしてしまったらせっかく見てくれている人たちに申し訳ないですからね。

ではおやすみなさい。





空き日を経て、基山町民会館でホール公演。「みんなで育ちあう会・『森は生きている』基山公演実行委員会」の方々が主催です。


制作担当のナナ子さんが、ももちパレスから引き続き来てくれています。


舞台の袖で装置を組み立てている間に「衣装部の手が空いたよ」と、娘さん自らマツユキソウを仕込みます。



休憩中にお茶場に行くと、お茶場が賑やか。
「座日記用に写真撮りますよー」と声をかけても、みんな一心不乱にドリンクをセレクト。


私も蜂蜜入り紅茶を頂きました。ほんのりした甘さがとってもおいしくて、仕事がはかどりました。ありがとうございます。



お昼になるとお茶場は更に賑やかになり、具がたっぷりの豚汁と、大ぶりのエビフライ。


もう抱え込んで頂いております。


何から何までおいしくて、基山に嫁いりしたくなってきた


今回の公演は、主催さんが去年の八女公演を観て、こんにゃく座を呼んでくださったそうです。
つながってゆくことの幸せをひしひし感じます。

お見送りではたくさんのお客さまと、写真を撮りました。
今日の公演も来年につながりますように。
昨日のハードスケジュールを乗り越え、本日は空き日です。
そして最高の天気です。

入座1年目の千葉の「森」の文化庁ツアーの時より、茂さんと釣りに行こうと話をしていたのですが、なかなか実現出来ずにいました。
しかし、ツアーが始まる前の稽古期間中から、今年は空き日で釣りに行こうと二人で計画しておりました。
本日5年越しでの実現となりました。

只今連泊中のホテルから徒歩10分。

とっても綺麗な海が!



朝、茂さんと散歩がてら何が釣れそうか海の様子を見に行き、釣具屋さんへ。




ホテルでバジさんと合流し、いざ海へ!
お散歩で来ていたあかねさんも見守る中、なんと茂さんが投じた一投目からヒットしました!



続いてバジさんも!




その後、12月30日のコンサートの稽古をしていた、まどかさん・ゆず・泉の三人組と冬木も合流してくれて賑やかに。
場所を変えて、海で稽古です。
潮風に乗って、歌声が聞こえてくるというのは、なかなか乙なものです。



みんなで大漁を狙いますが、全然釣れなかったり、自分を釣ってしまったり…。




勿論、私は釣れました!



遅いお昼ご飯を海で食べようと沢井さんが登場し、ピアニストの紀保子さんも様子を見に来てくれたりと、色んな人と海で過ごせてとても楽しかったです。



釣れた魚は皆でその場で美味しくいただきましたよ。




各々、夕暮れ時まで思いっきり海で楽しみました。






さて、明日からまた頑張って行きましょう!!



文化庁事業による関西圏での公演に一旦の区切りをつけ、11月3日、森組は和歌山県から福岡県へ向かいます。


私はゆず子と一緒にトラックをびゅーんと走らせて…


途中、岡山あたりで休憩をと公園に立ち寄りますと、何やらアコーディオンの音が…



近づいてみるとおや、なんとまあおぐり組の小栗さんではないですか。


11月6日と12日に宿河原あたりで行われるライブの練習をしていたのですね!

おぐり組は3日は岡山で空き日、4日に公演して5日に帰るのだそうです。
なんとも忙しく全国を飛び回るこんにゃく座!今秋の3班の動きを日本地図上の3点で表す動画を作ったら、さぞかし興味深いものになるだろうと思います、私たちにとって。3点が巡り会えそうで会えなかったり、高速道路ですれ違ったり、目まぐるしく動いているに違いありません。

そんな空想を膨らませながら、またゆず子とトラックをびゅーんと走らせて…とっても楽しくおしゃべりしていたのですが、もうすぐ着くぞという頃にかかってきた電話に出て少し話した途端、私は謎の声枯れを起こし、とんでもないハスキーボイスになってしまいました。まあ明日からも出演するわけではないのでどうということはないのですが、なにこれ!ひい!などと言いつつ無事に福岡のホテルに到着。


翌日は7:50にホテルを出発し、ももちパレスへ向かいます。そう、今日は今期初の、ホール公演なのです!!

ということは、このチームでの仕込みも初!
体育館とホールとではやっぱり結構違いますからね!気合も入れ直さねばなりません。


真面目に働く照明部の人たち


真面目に働く舞台部の人たち


休憩のとき、ピアニスト紀保子さんに昨夜起こった声枯れの話をしたら、「グーグーガンモみたいなことだよね!」と言ってくれたので、グーグーガンモとは何ぞやと調べてみたら、なるほど、グーグーガンモみたいなことでした!まさにこんな感じの喋り方になってしまったのでした。今度から使おう、グーグーガンモ。



…本日ホール版初日ということで、ゲネプロもしっかりやりました!
こんにゃく座と今日の一般公演を共催してくださっている「音楽教育の会・福岡・チポリーノの学校」の方々と、萩さんの見守る中…


舞台袖からゲネプロの様子をパシャリ


萩さんからのダメ出しを受け、また稽古をして本番を迎える出演者たち。
今日は長い一日なのです。


夜7時開演と少し遅めだったにも関わらず、こどもたちもたくさん観に来てくれていました。
もちろん大人のお客さまも大勢いらしてくださり、普段とは違う大人な反応もあって、新鮮な気持ちになったり。


途中、むすめが客席の後ろから現れるシーンがあるのですが、ももちパレスは舞台からロビーがちょっぴり遠くて、むすめ役の裕加さんは必死の猛ダッシュ!!裕加さんのあんな真剣な顔は、舞台スタッフでなければ見られなかったかもしれないとなんだか得した気分になりました。

ホール版公演でもやっぱり四月は大人気!泉くん人気はとどまるところを知りません。すごいなあ。



終わってバラしてホテルへ帰ったらもう夜11時半を過ぎていました。ひゃー!
なかなかハードな一日でしたが、喜んでくださったお客さまのおかげで、充実した時間でした。ありがとうございました!!


朝日を浴びて、今日も出発です。

本日やってまいりましたのは、和歌山県田辺市にあります、長野小学校の体育館!
10月に、私と梅さんが事前ワークショップに行ったので、また来られるのを楽しみにしていました♪

長野小学校、伏菟野(ふどの)小学校、秋津川小学校のみんなに観ていただきました。
3校合わせても、子どもたち50人ほどです。
うわっと手を広げると、一気にみんな抱きしめられそうです。愛しいです。



体育館も、ちょっとミニマム。
森の舞台セットを組むと、もう体育館の半分がそれになってしまいました。なんて贅沢使い!

それぞれに、ウォーミングアップするみなさん。



上からマドカ。(さんを激写)
ギャラリーから飛び降りて、ぎゅっと抱きしめたくなります。愛しいです。


甘〜いミカンと、『デラックスケーキ』という素敵な差し入れも頂きました!



見た目もすっごく可愛いデラックスケーキと、それを無邪気に喜ぶ路都さん。


すっごく美味しかったです…(*´꒳`*)ありがとうございました!!

本番では、みんなすごく真剣に観てくれていました。
そして、綺麗なきれいなマツユキ草をむすめのために咲かせ、
ソリの歌も、とっても楽しそうに一緒に歌い、参加してくれました。秋津川小学校のみんなはワークショップには参加できなかったけれど、それが信じられないくらい一緒に楽しんでくれました。

私たちのオペラを観て、ワクワクしてキラキラしている子どもたちを見ると、私までワクワクしてキラキラしてくるような気がするのです。ありがとうって言いたくなります。
今日も幸せな気持ちをありがとうございました!


《おまけ》
廊下で、とっても興味深いポスターを発見。



銀河がまろさんを呼んでいる。
1日おいてもまだまだツアーの続く森組ですが、トラックチームは朝10時、一路奈良県吉野山を目指して出発しました。

途中の駿河湾沼津サービスエリアで昼食をとったのですが、お天気もよく、気持ちよかったです。



吉野小学校に着いたのは18時を過ぎた頃でしたが、担当の先生が待っていてくださり、帰り道などとても親切におしえてくださいました。

近所には材木店や加工所が並び、“吉野杉”の産地であるということなども解説してくださいました。ありがとうございました!

そして学校の近くの「吉野神宮」という駅には…


駅ニャンコが!

宿のある吉野駅までは一駅で、貸切状態の私たち。ひとしきりはしゃぎましたが、画像はとてもお見せできませんので、ご容赦ご勘弁してくださいませ。

桜のシーズンには大変な人出になる吉野山だそうですが、今回はひっそりと私たちを迎えてくれました。桜の頃にまた来たいなぁ。

翌朝は8:30から仕込みです。仕込みが済むと、今日からピアニストが榊原紀保子さんに代わったので、要所要所をお昼前にたっぷり稽古しました。

本番は13:30から。112人のこどもたちは目をまんまるにして、よーく観てくれました。一緒に歌う“森へ向かうソリの歌”や“十二月の歌”も、大きな声で一生懸命歌ってくれていました。

終演後に6年生の代表の女の子が、「最後の芸術鑑賞にこれを観ることができてよかった」と言ってくれました。そんな風に思ってもらえて、私たちも本当に嬉しいです。私たちの糧になります。

公演後は体育館を1時間ほどそのままお借りして、セットを使ってホール版の稽古をしました。体育館版でカットされている二幕の王宮のシーンと、部分カットされている月が12月から4月へ変わっていくシーンです。

3日後にはホール版の初日がやってきますので、しっかり復習しておかなければなりません。みっちりと、なかなか手ごたえのある稽古になりました。

えいやっとバラシを終えると、和歌山の田辺市まで移動です。ホテルには21:20くらいの到着になりましたが、ゆっくりしっかり疲れを取って、明日に備えます。

文化庁シリーズも明日で一区切りです。最後まで精一杯やりきります!こどもたち、待っててね!
カテゴリー
最新コメント
[07/24 paket tour wisata jogja]
[07/23 コネコネコ]
[07/22 alat pembesar payudara]
[07/22 syair togel]
[07/21 couponnara.co.kr]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/