[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
今日は、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみのメインホールにやってまいりました!ステキなホール!しんちゃんも喜んでいます!


朝霞おやこ劇場、志木おやこ劇場、新座おやこ劇場、広域おやこ劇場ひき北いるまのみなさんが主催してくださり、ロビーにはかわいいパンロボットが、私たちを盛り上げてくれていました。


荷物の搬入もお手伝いいただいて、私たちが仕込みをしている間に…


たくさんの美味しそうな食べものを用意してくださいました。お昼が待ち遠しいです!


これは何をしているかと言いますと、長い“竿”と呼ばれる道具を使って灯体を引っ掛け、向きや角度を調整しているところなのです。その作業を「シュート」と言います。

普段は“タワー”と呼ばれる台に乗って行うことが多いので、つい竿を巧みに操る照明のスタッフさんの動きに見とれてしまいました。

さて、仕込みも無事に終わり、お昼ご飯です!


みんな嬉しそうに群がっております。


開演前には全員集合して制作マネージャーの玲子さんから連絡を聞きます。制作の森ちゃんも来てくれました。




ん?この写真は…何をしているのでしょう。


みんなで一緒にどこを見るか、確認しているところでした。楽しそうですね!

本番中には、テトくんがココちゃんに「食べて」とパンを差し出すと、「食べたい!」と客席から元気な声が上がったり、終演後のお見送りの時には、「うちの犬、テトとココっていうんですよ〜」と声をかけていただいたりと、最後まで小さいお子さんから大人まで、十分楽しんでくださったようで、本当によかったです!


ツリーにパンが!かわいいリースをいただきました!



私たちからは、みんなのサインをプレゼント!どれが誰のサインか、わかりますか?

お客様からたくさんの元気をもらって、明日も頑張ります!ありがとうございました!

《おまけ》


並んでますます可愛い、ジーン姫のお衣装♪
どうもこんにちは。この森の旅でなんかいろいろやらせていただいております、熊谷みさとです。ちゃみです。

さあ、森組は大阪から車を走らせ、広島へとやって来ました。いよいよ千秋楽なのです。

そう、千秋楽ですからね、みんなそれぞれにいろいろと気合の入り方も違うってもんです。いや、いつも気合は充分なんですけれど。



ぬくもって眠っているわけでないんですよ、たきびが美しく燃えるよう調整しているんです。1月と2月のお兄さん方です。



隙をみてお直しもします。毎回引っ張られ釘を打たれ踏みつけられているものですから、ズタボロにもなりますよね。

そうして仕込みが終わり、稽古が始まるかと思いきや、始まったのはハッピーバースデーの歌。


本日めでたくお誕生日を迎えたのは、娘役の裕加さん。気合が入りすぎて81歳になってしまったようです。永遠の81歳。素敵ですね。


そうしてとうとう今年最後の『森は生きている』の始まりです。

10月から3ヶ月…森組は走り続けてきました。メンバーは替われど…そう、10月は私も出演があったものですから、6月の精としてメンバー紹介に載っていたのですが、出演&楽屋部と制作マネージャーを週替りでしていた10月から、11月は体育館では舞台部、ホール版は照明部、12月は稽古では演出助手、ホールでは舞台部、体育館は前説付き制作マネージャー…といろんなポジションになったがために、「なんかいろいろ」とならざるを得なかったわけですねきっと。
そんなこんなでほんとうにいろんな角度からこの『森は生きている』をみてきて、どれをとっても、それぞれの角度からたくさんのひとたちの思いが詰まっているのを目の当たりにしてきたものですから、もうほんとうにいろいろ勉強させてもらったし、この愛されオペラが今年の千秋楽を迎えるということへの感慨もひとしおです。

今日の主催は、いつもお世話になっています、広島音楽教育の会の方々。ありがたいことにとても早いうちから前売券が完売しておりまして、広島市東区民文化センターは超満員です。びっしりです。すごい熱気です!

開場前からロビーは身動きできないほどのお客さまでいっぱい。入る時から「もりはーいきているーかぜだーってくもだってー」と歌いながら来てくれる子もいたりして、広島のみなさんが『森は生きている』を愛してくださっているのを感じました。


はじまりのカラスの口上から客席は笑いにつつまれ、ほんわかした雰囲気。小さな子もたくさんいたのに、最後までみんなぎゅーっと集中してみてくれていて、カーテンコールでは会場が割れんばかりの拍手をおくってくださいました。

出演者の気合もうまく作用して濃密な舞台になっていたし、こんな満員の、あたたかなお客さまに迎えていただけて、今年の千秋楽をこの広島でできて良かったな、と涙ちょちょぎれる思いでした。

お見送りも大賑わい!




そしてこんにゃく座は来年3月に、この広島市東区民文化センターで、オペラ『想稿・銀河鉄道の夜』を上演します。
その時にも、またみなさまにあたたかく迎えていただけるよう、精進して参ります!

ありがとうございました!!









体育館公演が続いていたロボットの旅も、今日からホール公演が続きます!

三重県・四日市にやってきました!


大きなホールで、客席も広くて綺麗



今日も、良い舞台にするために、働き者の歌役者さん達です!本当に、みんな働きもので、たくましいです\(^o^)/



準備を終えた茂どんは、楽屋で、歌の練習。色々な歌を歌っています。


慎ちゃんは、腹ごしらえ。今日は、手作りの温かいスープと、クリスマスが近いので、美味しいシュトーレンが届いていました!ごちそう様でした!



ホール公演なので、今日から照明・ブライトさんの増田さんと永井さんがご一緒して下さいます!
シャイな増田さんは、マスク姿のまま写って下さいましたー。永井ちゃんは、開場前に舞台で、安全と成功を祈る祈祷隊長です。



また、子ども達に星空と流れ星を見せてあげられます。いつも、素敵な照明をありがとうございます(^-^)

そして、舞台には、あかねさんも加わり強力チームに。。!音楽のことも、良いアドバイスをくれます。


ホール公演は、子どもたちがお母さん達と一緒に見られるから、落ち着いた雰囲気の中で、反応して子ども達から色んな言葉が飛び出したり、テトがパンの種からパンを作り出すところで、はじけたように笑いが起こったり、静かなところは集中したり、楽しい充実の公演になりました!
引き続き、ホール公演、ハッスルしますー!


終演後、外に出たら「〜ゆうやけの あかね雲の あ♪」でした!
今日は和歌山県の新南小学校にて、12月の文化庁公演のラストを飾りました!
昨日の夜から仕込みをして…



学校で頂いた、和歌山県は紀州の梅干しで元気をみなぎらせながら



今日は朝から、ホテルの朝食会場で「イチゴアイスが食べられたわ〜」
な舞台監督中島さんっ。



美味しい朝食でさらに元気いっぱい。
今日も朝からしっかりお稽古。



個人稽古もしっかりと。ピアニストの室坂さんと3月の精のうたのお稽古をするるっちゃん。



花さんも舞台を使って念入りにお稽古中。



今日も体育館は寒いです。12月ですものね。温まるみいちゃん、マロちゃん。



外はこんなに爽やか。こんにゃくレインボー号と焚き火のような木と一緒にリエさんが面白ポーズをしてくれました♪



お揃いシャツでパチリ。おっと。私の頭からイケメンが生えてきてしまいました。



この5日間舞台スタッフで旅についている私は、一幕と二幕の間の休憩中は、子供たちが照明機材にぶつかったりしないよう機材の前に立っていたのですが、何人も話しかけてくれてとっても可愛いかったです。「もうすぐソリの歌だよ〜、覚えてる?」と聞くと「うん、ソリははしーる〜♪」と歌ってくれて、「あとね、町の飾りを見たりするんだよ。」と振りつきで教えてくれたりしました。
そして迎えた本番はとっても大きな声で元気よく歌ってくれました〜!
体育館を出る時には「すごく楽しかった、また来てね〜」と言ってくれました〜っ。可愛いっ。行く行く!呼んでね(笑)

あっという間に終わってしまった和歌山、文化庁の旅でした。

最後に文化庁メンバー全員でパチリ!



明日から私はオペラ塾の「森は生きている」へ。本隊は広島のホールで公演。みんな頑張って〜。私も頑張るぞ〜っ‼
こんにゃく座の朝は早い。。。
特に小学校公演が続くと早起きの日が続きます。12月ともなると家を出るときはまだ真っ暗。朝焼けを見ながらの出勤が最近の楽しみです!


今朝はキレイなお月様に見守られながら電車に乗り込みました!さて向かうは国立音楽大学附属小学校♪『森は生きている』、『銀のロバ』に続いて今回ロボットを呼んでくださいました!
仕込みをしていると登校してきた子どもたちが体育館をのぞいては元気に挨拶してくれました。なんだか朝から気持ちが良くて嬉しい気持ちで仕込みます(^^)


音大付属ということでピアノが立派です♪ピアノ好きの私としんさんは朝からわくわく(*´꒳`*)体育館のピアノとは思えないほど素敵な音がしました☆
このピアノ以外にもあと2台体育館にピアノがあるのだからさすがでした!

ロボットチーム、今回の演出の初演からメンバーの入れ替わりが少なくツアーをしているからなのか。。。最近仕込みが早い早い!素晴らしいスピードで仕込みが進んでいきます。ということはお稽古の時間がたくさんとれるということ。


こちらは最後の大切なシーンのお稽古中。毎公演が積み重なってどんどん心を掴まれるシーンになっていってます!


あつしくんは大切なカエルくんのメンテナンス中。


そして今日は彦さんとのぶさんが見にきてくれました♪

子どもたちはすごく楽しんで見てくれました!たくさん聞こえてくる子どもたちのコメントや集中力からパワーをもらって、作品がどんどんパワーアップしているなぁとそんなことを最近特に感じています♪幸せな幸せなことです(*^_^*)


さてお昼にお弁当を食べたあと。。。本来ならバラシが始まるのですが。。。今日はまだもうひと頑張りしなければならないのです(^^;というのも次の公演はホール版の公演です。いろいろと違うところがあるので、そこをお稽古しなければなりません。


の前にほっと一息。なぜかみんなでお菓子に温まっているようです。のぶさんの持って来てくれたハムカツせんべいを食べて!さぁ!もうひと頑張りいきましょうᕦ(ò_óˇ)ᕤ



短い時間でしたが確認出来てよかったよかった!
今日もお疲れ様でした( ^∀^)

そして。。。
このツアー何回か助っ人で来てくれていた大久保くん今日で最後でした!


お揃いのようだったので思わず写真を笑
お疲れ様でした☆
12月15日(木)晴れ
こんにゃく座の公演でお馴染みのピアニスト、服部真理子さんが毎年行っているファブリス・モレティサクソフォンリサイタルツアーに行ってきました!

緑と赤のチラシはクリスマスっぽいですね(^-^)


会場はルーテル市ヶ谷
ステージにはエレガントなクリスマスツリーが飾られていました
今日はこのツアーの初日です。
今年は各回ゲスト出演があるリサイタルです。初日のゲストは我らが大石哲史!


手書きのプログラム付きです
前半はサクソフォンソロでソナタを3つ。
アメリカ、ドイツ、フランスの作曲家の作品でした。ファブリスさんの音色はそれはそれは美しくて大好きです!

休憩後は大石哲史のシャンソンを日本語で。ピアノとサックスと歌の組み合わせってなんとな~く『おぐりとてるて』を思い出します。
訳詞はこんにゃく座の数々の作品の演出でお世話になっている加藤直さん、真理子さん、そして大石さんによるものでした。これがすごく面白かったです!そして日本語の美しさや味わいのある響きを体中で、会場中で楽しみました!ファブリスさんも愉しげに演奏されていらっしゃいました。
そして又々サックスソロを2つ。音色も素晴らしいしピアノとのアンサンブルの楽しさや超絶技巧に目をまんまるくしちゃいました! 

終わってからの、ロビーは満員電車のようでした!お客様方がファブリスさん真理子さん大石さんの回りに集まって大にぎわいで…写真が撮れませんでした~(*^o^*)
寒さも感じないくらいぽかぽかになって帰ったのでした。
おしまい
彦坂仁美


朝から、運動おんなの熊谷さんが飛び跳ねていらっしゃいました。元気が良くて、良いわ。そんなわけで、和歌山県の有田市へやって来ました。有田みかんの有田です。熊谷さんも、みかんを食べ過ぎてTシャツが黄色くなってしまったのかもしれませんね。

今日見てくれるのは保田小学校の皆さん。クラスの名前が「月組」「雪組」「花組」と独特でした。洒落ていますね。



柑橘の妖精みたいな6月の精・豊島先輩がみかんをひけらかしていますね。黄色過ぎますよ、大丈夫ですか。そうです、学校の先生がみかんを差し入れしてくださったのです。ありがとうございます。正直、私も今日だけで10個くらい食べてしまいました。4月の精が少し黄緑になってたらごめんなさい。

保田小学校の皆さんはとても賑やかに見てくださいました。女王が「何か面白いことを話してちょうだい」「今日は大晦日ですからね」というとこで、懸命に「紅白歌合戦」と主張していた子がいて可愛かったです。正しすぎます。

あ、それと今年のツアー、博士と女王のお勉強のシーンで、博士が「2+3は?」と尋ねると女王は「2」って答えるんです。最初にそれを稽古場で見た時には2分くらい笑いが止まらず、ずいぶん苦しい思いをしましたが、今日のお客様はみんなクスリと笑いもせず「5!」「5だよ!」と懸命に正しい答えを教えてくれていました。私は何をあんなに笑っていたのかよくわからなくなりました、猛省します。

ところで突然ですが、いよいよスターウォーズのローグワン公開ですね。魚津のスター、沢井栄次さんの写真を貼ってお別れといたします。



- STAR UOZU -
皆様、お寒うございます。
今週は月・火・水と千葉県の小学校で公演しました。今日は流山市へやってきました。
朝7時に学校の体育館へ到着。
朝早くから先生が来て下さって、ジェットストーブを点けて下さってました。ありがとうございます。

昨日トラックを置きに来た時も、駅まで送っていただきました。
ありがとうございました。


さて。今日は体育館での仕込みの話でもしましょうかね。
天井から大きな幕をどうやって吊るすのか?ご説明いたしましょう。
まず、体育館の天井の梁にロープを通します。
用意するものは、細いロープ、細めの木材、長めの釘。

ロープの先を長めの棒状に巻いて、木材の先に打ちつけた釘に引っ掛けます。


こんな感じ。
それを、天井の梁に通します。


拡大すると…

こんな感じで通します。
向こうへ通して、先を釘で引っ掛けて下ろす、と。


木材の長さは、体育館の条件により違います。今日は長さ5メートル20センチ。木材を2本つなぎました。これでロープを9本
これ、慣れれば簡単な作業ですが、慣れるまでが結構大変です。
梁になかなか引っ掛からなくて、何度も落とし、腕は疲れる、集中力がなくなる…
その代わり、1回で上手く掛けられた時の喜びや興奮はなかなかのものがあります。

で、アルミパイプに天井から吊るしたロープを結び、幕を結びつけ…


下から引っ張って上げて…



出来上がり。
こんにゃく座舞台部に伝わる匠の技のひとつ、をご紹介しました。

あと、体育館公演に欠かせないものと言えば、

コレです。3つで1セット。


ピアノ運搬専用台車。
以前、ご紹介した事があるかもしれませんが、体育館の床をキズつけずに重いピアノを移動出来る優れもの。
こんな台車を持っているのも、オペラをやっているこんにゃく座ならではかな、と思います。

仕込みの後は本番!今日は2ステージ。
朝は低学年、昼は高学年。
どちらのステージも皆さん集中しながら楽しんで観ていただけたようです。
生徒さんと先生、保護者の方々、皆さんで一緒に楽しんでいただいている雰囲気がとてもいいなぁ、いい学校だなぁ、と思いました。

終曲を聴くたびに、99年の初演の事を思い出します。
2ヶ月近く稽古して、本番が2週間くらいあって、楽日の稽古の時に、それまでの事を思い出して出演者みんな号泣しながら歌ったなぁ…
稽古が終わった時、当時演出助手だった岡原さんに、
『(そんなに泣いて)アホか!』
と、笑われたような記憶があります。

思い出に浸ってるうちに、つい長文になってしまいました。失礼しました。

さて、明日も早いので今日は早く寝る事にします。
おつかれさまでした。


「わあー!山がきれい〜!」
と、思わずよそ見歩きしながらやって来ましたは、
和歌山県伊都郡、妙寺小学校!



校門では、二宮金次郎さんがお出迎えです。
薪を背負い歩きながら、勉学に励む。
“勤労”と“勤勉”の象徴としてお馴染みの銅像でございます。
決して、“ながら歩き”の象徴ではないのですよ。
そして、歩きスマホはいけませんよ!

さすがに冬の体育館は寒いです。



そりゃあもう、12月の精たちも焚き火(石油ストーブ)の側に集まります。

妙寺小学校のみんなは、とっても素直でのびのびしていて、公演中も、たくさんの面白いリアクションが飛び交いました。一生懸命、時々口も動かしながら観て、受け止めてくれる子どもたちの声を聞いて、ニヤニヤしないようにするのが大変でした。

その後のお昼は、役者もスタッフもみんなバラバラに教室にお邪魔して、子どもたちと給食を一緒に食べました。
「ゆきちゃん、8月やったやろ!?リスもやっとった!?」「たき火って、どうやって出してるん!?」「歌、めっちゃ楽しかった!!」など、可愛いお客様とたくさんお話ができて楽しかったです。

これは、冬木くんと壹岐さんがお邪魔した教室のお写真。

とっても楽しそう!!

そしてその後は、サイン攻め。(笑)



みさこさんのサインを求めて列を作る子どもたち。

本当に、可愛いかったなああぁぁ。

事前ワークショップにも私がお邪魔した学校だったので、たくさん「ゆきちゃん」って呼んでくれて嬉しかったです。

本当に、ありがとうございました!!
こんにちは。最近のロボットはもっぱら午前公演が多く、夜が明ける前に出発することがほとんど。朝が弱い、で名の通っている泉篤史も、早起きが板についてきました気がします(笑)


さて、本日の学校は千葉県は鎌ケ谷市立北部小学校!こんな小川が流れるのどかな風景を見ながら学校を目指します。


テッテコテトテト、学校を目指して歩き、いざ仕込み!


ロボットの体育館での舞台はとにかく幕をたくさん使います。ついこの前まで「森は生きている」に出演していたんですけど、そちらはオオグロと呼ばれる1番舞台奥の幕に、木の枝を模したドロップと呼ばれる幕も吊られていたんですね。

こんな感じ。


こうしてみると、ロボットの時の幕の黒々しさがよく分かると思います。そして、ロボットの方が使われる幕の数も多いんですね。
「森は生きている」だと通常は5枚、
「ロはロボットのロ」だと通常でも9枚使います。幕がたくさんです。幕祭りです!!


以上、こんにゃく座豆知識でした(笑)



仕込みが終わると、お、こっちに仏様のように穏やかなお方が…


なんだか悟りを開いていそうなほど穏やか(笑)


光にも包まれています。


今日の学校は、あまり衣装をかける場所が限られているので、冒頭で登場するロボットたちのエプロンも卓球台にかけることに。

ずら~


こうやってずら~っと並んでいると、なんだかいろんな色があって可愛いらしい♪
あんまりこんなふうに並べておくことがないので、すごく新鮮に感じました。


そして開演前のお稽古。いつものように体を慣らしながら、確かめながらお稽古をしていきます。

稽古風景。

これは階段の装置の上からの眺め。
装置に上るとこんな風景が見られます。
本番は子どもたちの顔がよく見えるんですよね。今日も子どもたちは真剣に舞台を見上げてくれていました。


やっぱり、子どもたちからは公演をするたびにたくさんの元気をもらいます。今日もらった元気を、次の公演の学校の子どもたちに繋げていく。そうやって元気に旅を続けていくロボット組なのでした。

それでは今日はこの辺で。ちゃんちゃん♪
カテゴリー
最新コメント
[02/09 NONAME]
[02/08 おめめ、キラキラの…]
[02/04 コネコネコ]
[02/03 ちゃみ]
[01/29 コネコネコ]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/