[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
神奈川から車を走らせること、3時間と少し。たどり着いたのは静岡!!


そう。今日はまげもんの公演を見学するために熊谷みさとさん、齊藤路都さん、壹岐隆邦さん、そしてワタクシ泉の4人組が、まげもん組には内緒でこっそりと向かっていたのでした。



無事に到着!!

早速仕込みのスタート!
仕込みの時から浜松北市民劇場の方々がたくさんお手伝いをしてくださいました。本当に助かりましたー!仕込みは無事に進み、本番前の稽古を始めるまげもん組のみなさん。


15周年ー!のお稽古

最後に、空にまろやかな月がのぼるシーンになると、、、


おや?


おやおや!



『まどかhappybirthday』と書かれたボードが降りてくるではありませんか!!
そう!何を隠そう今日は沖まどかさんの誕生日!仕込みの時からこっそり準備をし、サプライズで驚かせようというこんたんだったのです!
さすが、自分たちで舞台を作るこんにゃく座。いい仕事してます。
照明のブライトの方々にも照らしてもらっていました!

あまりにも自然な仕掛けで初めは気が付かないまどかさん


ハッピーバースデーの音楽が流れてスポットライトが当たって


ゆずさんに促されて後ろを振り返って嬉しい悲鳴!


ケーキとみんなからのプレゼントを持って、みんなでパチリ☆



サプライズは大成功でございました〜♪



そして、いよいよまげもん観劇。
僕は、こんにゃく座に入って三年目。まだお客さんが入ったまげもんをこの目で実際に観たことがなかったので、今日はすごく楽しみにしてきました。
お客さんは、始まりからまげもんの空気に引き込まれていました。どっと笑いが起きるかと思えば、切ないシーンではすすり泣きの声があちらこちらから聞こえてきて。そういう僕も涙が止まりませんでした(笑)何でですかね、もう通しやゲネプロも観て、この先のお話がどうなるか分かってるのに、それでも涙が出てきてしまう。鄭さんの台本、演出、そしてまげもん組の皆さんの力なんだなー、と思いました。僕もこんな風になりたい、そう思いながら見てました。
ほんとによかったー!!


そして、また観劇組は車を飛ばし、夜12時のてっぺんを越えたくらいに無事神奈川に着いたのでした。長い長ーい、でもそれ以上にいい1日でした。

まげもん組の皆さん、最後まで頑張ってくださいねー!!!



手ぬぐい売り子の相原さんと花島さん。



お見送り



お弁当♪



シメは黒衣さん
7月20日 磐田市民文化会館

今日はまず、清水から磐田に移動。

「まげもん静岡ダービーや!」



という事で



DJトミーの流す音楽にノリノリで運転しながら磐田にやって参りました。

広いホールで、磐田演劇観賞会の皆様が手伝ってくださったこともあり、仕込みはすごくスムーズ。

こんにゃく座の旅公演では、本番前に必ずお稽古があります。
それは合唱の場面が多いのですが、まげもんの場合は、合唱以外に殺陣の場面も入ってきます。
その中でも、いつもやるのは大殺陣と呼ばれる吉原の中の最後の見せ場の殺陣。

出演者総出演で、主に茂平、麻、北野さん(ここの役名よく分からない)で行われるこの場面、最近ふと、このシーンを橋の上から見てるのは私だけなんだなあと思い、お稽古中にお春の視点で撮ってみました。



麻に手を取られて茂平さんが麻への思いを歌う、上で見ている私は大変切なくなる場面です。



麻が北野さんに追い詰められて肩を切られるところ、女の子相手に、ひどいやつです。



怪我を負っているのにそれでも戦い続けようとする茂平さん、もう、止めて〜!



ああ、茂平さん!


今日も茂平さんが素晴らしく切られてお稽古終了。



暖簾に、船も月も袖にスタンバイ



今日も大風呂敷を広げちゃうわよ。
こんにちは!『まげもん』稽古場では演出助手、そしてツアーでは制作マネージャーを務めさせていただいている花島です。

静岡はいわゆる青春時代を過ごしました土地です。ツワー中はたくさんの楽しい思い出が湧き上がってきまして、興奮気味であります!学生時代にお世話になった下宿の大家さんに、劇場で再会などという嬉しいハプニングもありました!

さて、本日は清水文化会館マリナート大ホールへやってきました!
海のすぐ隣りにあります、新しく広く爽やかなホールです!

数年前にも『ネズミの涙』公演で使わせて頂きましたが、素敵なホールです♡

今回は清水市民劇場の皆さんが楽屋のいたるところに素敵な花を飾ってくださいました!
そして、そして素敵なメッセージが書かれたポスターまでっ♪



衣裳にアイロンをかけるまどかちゃんと静香ちゃん。山のような分量の衣裳にも笑顔です!働き者!!



広々とした楽屋廊下で待機する小道具たちは、夏祭りを彷彿とさせるワクワク感満載です☆



広々とした廊下で澄まし顔の島田くんとゆず子さん。仕込み中は手ぬぐいが必須アイテム!



本番中はドッと大きな笑いで、客席の皆さんが舞台を大いに盛り上げてくださいました!
これぞ映像では味わえない生の舞台公演の魅力ですね。
本当にありがとうございました!



頂いたキリッとした美しさの花束と♡
『まげもん』第1週目が終わり、お休み…ではないですが、移動日でござんす(*´ㅂ`*)

菊川から清水への移動。
なんだか1時間くらいで着いてしまう…
ホテルに入れるかどうかわからない。。

そうだ!海に行こう!!
三保の松原が近いということで、向かってみました♪ヾ('∀'o)ノ
三保の松原といえば、海と松林と富士山。日本新三景で日本三大松原でありんす。

楽しみ楽しみっ!ということで、到着!



三保の松原。

いい天気だから、砂が熱い!!



だけど、雲がかかって富士山はあいにく…



あれ?目の錯覚かなんだか小さな細い富士山…

海、せっかくだから靴も脱いで入った…



けど石で痛いーー



波にやられて、おいらはビショビショでしたわ。

初旅のしずかちゃん。波が冷たくて気持ちよかったけど、海から出ると砂が熱いと言いながら座り込む。座った方がいいですよって。



それぞれの海の楽しみ方がありますね。



2トントラックだった夏暴君と夏ガールな西田さんは泳ぎに行かれましたね。



夏暴君な彼は、暴れまくりです!
なんと、彼の携帯も暴れまくって、泳ぎに行っちゃったみたいです( ̄ー ̄ )/

そして、三保の松原といば、羽衣伝説ありますよね。

うちにも羽衣を持ってかれてしまった大きなお姫さまがっ!!



富山羽衣伝説



必死で撮影会をする大人たち。



海に行って熱くなった体をしらすのジェラートやら抹茶と白イチゴのジェラートで冷ます大人たち!


楽しいですねっ♪♪♪♪♪


清水、といえば。
ちびまる子ちゃん!!
ちびまる子ちゃんランドに行ってみましたヽ(〃v〃)ノ



水上バスに乗ってwww



冷凍マグロの水揚げを目撃っ!

めっちゃ観光してますね(*≧∀≦*)



ちびまる子ちゃんランド



ぬいぐるみと写真が撮れたり、間違い探しをしたり、お絵描きしたり、学校ごっこしてみたり、秘密基地や公園で遊んだり…やたらと楽しかったのでした(*ノ´∀`*)ノ♡

おみくじを引いたら、大吉ではなく犬吉、小吉ではなく笑吉、まよ吉…。なんとも楽しいおみくじです★


夜は清水を食らおう!!ということで、



相さんが清水市民劇場さんに紹介していただき、めちゃくちゃおすすめの《丼兵衛》というお店にやってまいりました!!



どでかいマグロのかま、どでかい金目鯛の煮付け、めちゃくちゃ種類の多いお刺身っ!!
うまかったーーーーーー(*ノ´∀`*)ノ♡


これで今週も頑張れるーーーーーーヽ(〃v〃)ノ

清水港だからね、最後にマグマグくんと記念撮影!

お暑いですね。沖まどかです。

『まげもん』組、島田から菊川へ移動してまいりまして、13時からの仕込みでしたが、余裕をもって早く劇場に着いた面々。
お昼ご飯は



あったかいラーメン♡
こんな時でないと、出前を温かいうちに食べられないのです!幸せでした!!

そして、もうすっかり夏な静岡。
ステテコなやんちゃな感じの人々が現れる!



ドン・キホーテにいそうですね。



仲良しですね♡

本日のお弁当には、カレーうどんが!!



初めての出会い!!

そしてコレが…



きゅうり!!の中にソース!!
かわいいですねっ!女子はこういったものが好きですね♡かわいいです♡
うん、あったかいお弁当で嬉しかった♡

菊川での公演も、たくさんのお客様に見守られ楽しく公演を終えることができました。
毎回、お見送りをさせていただくのですが、皆さんの表情がとても柔らかく、すごく楽しんでいただけたのかな?とこちらも幸せな気持ちになるのです(*´ㅂ`*)
そして、この劇場の正面が素敵でした♡写真には撮れなかったのだけど、ステキだったー(笑)

ネットで画像を検索すると、こんな感じ!

バラしはお手伝いくださる皆さんのおかげで、早く終わって、なんと、ホテルのウェルカムドリンクでビールを飲めて、とっても幸せなこんにゃく座一同なのでした!!
そんなこんな菊川で『まげもん』第1週目が終わりました。ここまで無事に走ってまいりました。さぁ来週からも静岡を走り続けてまいりたいと思いますo(*''▽''*)/☆゚’
よろしくお願いいたします!!


島田大翼です。島田が島田にやって参りました。島田市商工会のゆるキャラは「おしまちゃん」というのだそうです。こんにちは。私は島田です。

ちなみに茂平が変身したこの姿、「おはな」という名が付いていますが劇中で呼ばれることはありません。どうも、おはなです。クラベスを演奏する係です。

本日は島田市民劇場の皆様に「まげもん」を見ていただきます。わたくし島田もいつも以上に張り切っています。このオペラは昔から異様に消費カロリー高い気がしてますが、今年のバージョンはまた最高だと思います。「世界一消費カロリーの高いオペラ」でギネス申請したら通るんじゃないでしょうか。



お、何やらアクションの稽古をしていますね。今回のツアーでは西田さん演ずるお春と共に「ラブ・トルネード」という新技をやっておりまして、お春が茂平をノックダウンするシーンでそれが登場します。写真の場面、これが噂の「投げ島田」ですね。



その後にはこのようにマウントポジションを取られ、唇を奪われてしまいます。俗に言う「つぶし島田」ですね。そろそろ島田がゲシュタルト崩壊を起こしますねすみません。あとはもうWikipediaとかで「島田髷」を調べてみてください。



こちらは蛍の合唱稽古中ですね。ピアノにご注目、プラザおおるりホールに置かれているピアノはベーゼンドルファーのセナトールモデル。木目の美しいこちらの楽器は「まげもん」のセットにも良く馴染みますね。日本国内に3台しか現存しない希少品なんですよ。有難や有難や。

本日も皆々様にたくさん笑っていただきました。本当に旅芸人冥利に尽きます。あまりにいろいろ運動するからか、終演後お見送りの時に私の体を気遣ってくださる方がたくさんいらっしゃいますが、なんとか大丈夫です。まだ旅は始まったばかり、これからも元気に頑張ります。

よろしくお願いします!
こんにちは。今回は星之丞とかいろいろな役をやります北野雄一郎です。



私達の鏡前兼早替え場

これを見ると、「まげもん」の季節が来たな、って気になります(笑)

さぁ、そしてやってきましたよ。
オペラ「まげもん」、静岡ツアーです。
初日は静岡市民文化会館で静岡市民劇場さんの会員の方々に観ていただきました。そして、引き続き、昨日、今日と、同じくこちらで公演です。つまり、三日間同じ劇場で公演でした。
初日があけて、実際にお客様に観てもらうまでは、どんな風に観てもらえるのかドキドキします。しかし、そんな不安もなんのその。終演後のお見送りで、よかったよ、と声を掛けて頂き、たくさんのお客様に喜んでもらえた様子でこの三日間を終えました。よかったー。

バラシも静岡市民劇場のみなさんにお手伝い頂き、あっという間に終了。その後は、交流会を開いて頂いたので、数人のメンバーで静岡市民劇場さんの事務所にお邪魔しました。釜揚げしらす、手作りサンドイッチなど美味しい料理を振る舞って頂き、いろんなお話が出来て、とても楽しい交流会でした。



静岡市民劇場のみなさま、ありがとうございました。

さぁ、オペラ「まげもん」頑張って参りましょう!
オペラ『まげもん-MAGAIMON』の旅がスタートいたしました!

「まげもん」は、とある旅芸一座の役者たちが演じる、人間の娘に恋をした狸の物語です。

そこで、今回は、その“座長”である佐藤敏之さんに座員たちを紹介していただきます。
座長の紹介は、わたくし黒衣の高岡由季が書かせていただきます。
それではどうぞ!!




《茂平》

島田しまだ大翼だいすけ ★歌役者紹介ページ★

茂平役の大ちゃんは身体がスゴく動く!劇中で私が繰り出す技「空気投げ」は並外れた運動神経の持ち主である大ちゃんが相手だからこそ実現出来るのである。感謝!その他に、お春との「LOVEトルネード」や約1分近く続けるコサックダンスなど大ちゃんにとって「まげもん」はトコトン身体をいじめぬく究極の自虐オペラなんじゃないかしらん。




《彦左衛門》

佐藤さとう敏之としゆき ★歌役者紹介ページ★

佐藤さんは、とにかく、どんなときでも、全身全霊、自分の全てをかけて歌い、芝居し、動き、踊り、叫ぶ。照明の仕事や舞台監督もこなし、このツアーの合間に東京に帰り、こんにゃく座のオペラ『タング-まほうをかけられた舌-』公演の照明オペレーターをやったりしてしまう。
佐藤さんを愛する座員が心配のあまり、「ちゃんと休め!!」と怒り出すこともあったりなかったり。
役者として、人として、(いや、タヌキとして?)こうありたい、佐藤さんのようになりたいと、言葉でなく行動で思わせられてしまう。それはもう本当に素敵なリーダーです。




《春》

西田にしだ玲子れいこ ★歌役者紹介ページ★

西やん演じる懐かしきヤマンバメイクのお春は本当に可愛い。実際にお春の様な娘に想われたら微妙だけれど、じっさま役の私としては茂平と一緒になって幸せになって欲しい!そして子供をいっぱい産んで賑やかで楽しい老後を送りたい~(自分の事かいっ)。そんな風に思わせてくれる逞しくて明るい情の厚いお春を演じられる西やんはもともとそう言う素質を持っているんじゃないかな?と勝手に思っている今日この頃です。




《麻》

小林こばやしゆず ★歌役者紹介ページ★

今回お麻に大抜擢されたゆず。お肌スベスベでおじさんはその若さを羨望の気持ちで見ている。可愛いし声も美しいゆず。しかし、お麻にはそれ以上に何かが必要だと稽古場で何べんも何べんも鄭さんに言われ続け、とうとう今までに見た事も聞いた事もないゆずの表情や声に出会えた。そしてまた新しいお麻が誕生した!まだまだもっともっと進化し続けて欲しいと願っております。




《絹》

梅村うめむら博美ひろみ ★歌役者紹介ページ★

「まげもん」の初演からお絹をやっている梅さん。道ならぬ恋をする女性をチャーミングに演じている。ビックリするほど全然変わらない。年齢不詳とゆうかどんな役でも馴染んでしまう。「まげもん」では妹役のゆず、今度の「ネズミの涙」では母子になる。果たしてどうなりますやら…きっと何の違和感もなく親子になってしまうんでしょう。




《菊池文吾》

髙野たかのうるお ★歌役者紹介ページ★

文吾役のうるうる。情けないけど悲しいくらいお絹を愛しく想っている男を哀愁を感じさせつつ時には笑わせながら演じている。最近の文吾の斬り殺される場面は鬼気迫る名演名唱に涙が出る。うるうるも初演メンバーだが、最初は富やんとペアのオカマちゃん星之丞をやっていた。その時には細い口髭を書いていてインチキ臭さ全開でトニー谷やイヤミを彷彿させた。あの姿は忘れられない。




《月之丞ほか》

富山とみやま直人なおと ★歌役者紹介ページ★

「まげもん」には欠かすことの出来ない富やん。いつからか[まげもんマスター]と呼ばれるようになった。何と「まげもん」ツアーは一度も外れた事がない。と言う事は300回位「まげもん」をやっている!ハッピ姿の旅芸人で登場したと思えば、湯上がりのオカマちゃんで現れ、今度はヤクザなホタルに変身する。まだまだ色んな役をやるが、持ち前の濃ゆ~い顔で直ぐにお客様もわかるらしく、また出てきた!と笑いが起きる。流石[まげもんマスター]である。




《星之丞ほか》

北野きたの雄一郎ゆういちろう ★歌役者紹介ページ★

雄ちゃんは芝居でも普段の生活でも周りに溶け込む事が自然に出来る。それは凄い才能だと思う。その才能のせいかはわからないが、「まげもん」は1つ前のツアーからの参加なのだがもうずっと前から一緒にやってる気がする。富やんと共に色んな役をやっている。それも、殺陣とダンスのシーンはほとんど出ていて全てスマートにこなす。流石こんにゃく座イケメンである。




《船頭ほか》

おきまどか ★歌役者紹介ページ★

いつも明るく元気なまどか。「ロボット」「まげもん」と鄭さんの作品では水を得た魚の様に光り輝いている。とにかくゴム毬のようなまどかが舞台に出て来ると鋼のような声も手伝って、空気が2割増しで明るくなる。お気に入りは[長屋の大五郎]と[吉原の遊女]。性別を楽々飛び越える沖まどか。末恐ろしい子…




《黒衣》

高岡たかおか由季ゆき ★歌役者紹介ページ★

黒衣役で初「まげもん」の由季。この黒衣役をやるとどんどん出世していくというジンクスがある。この黒衣は中々大変なのだ。あらゆる雑用を担う重要なポジションである。本番中、僕は衣裳の早着替えを手伝ってもらっていてとっても感謝している。しかしオープニングで一緒に舞台に出る約束なのに前日と違う場所にいたりする天然なところがある。そんなところも愛される所以なのだろう。2幕前の口上はお客様から拍手&笑いを沢山頂いている。




《ピアノ》

服部はっとり真理子まりこ

私事ではありますが、以前ソロコンサートした時に大変お世話になって足を向けて寝れない程の恩人である真理子さん。真理子さんも初演メンバー。「まげもん」のツアーでは色々お茶目なところも見せてくれます。10年位前のツアーでラストの座長の口上の終わりにお客様から舞台上に[お捻り]を沢山投げて頂いた事がありました。カーテンコールの際、真理子さんを紹介しようとしたら、あれ?居ない!?よ~く見ると舞台上に落ちている[お捻り]を一所懸命に拾っておりました。何て可愛くお茶目なのでしょう。今でもその姿は目に焼き付いて離れません。




《制作マネージャー》

相原あいはら智枝ともえ ★歌役者紹介ページ★

いつまでも美しい相さん。何をどうしたらこんなに美を保てるのかしら?不思議で仕方がない。今回は制作としてツアーに参加してくれている。相さんとは昔々[うた会]というコンサートでお春と茂平、お絹と文吾のシーンを演じた事がある。相さんは「まげもん」が大好きなのである。相さんは日本酒が大好きだ。相さんのお酒は明るい。しかし右隣に座るのは危険だ。笑いとともに相さんの右手が太ももや肩を狙って、蝶のように舞い蜂のように刺してくる!最近被害者の目撃情報はあんまり聞かない。




《制作マネージャー》

花島はなしま春枝はるえ ★歌役者紹介ページ★

今回は制作マネージャーとしてツアーに参加してくれている花ちゃん。稽古中は鄭さんの演出助手として忙しく働いてくれた。本当に頼りになる存在だ。感謝!花ちゃんの得意技の1つに食に関する全てに鼻が利く事と言うのがある。グルメの花ちゃんが選んでくれたお弁当は本当に外れがない。たま~にハズレたりすると無茶苦茶怒って落ち込む。外食する時も花ちゃんに任せておけば安心ダンシンだ。この静岡ツアーでも美味しいお店に連れてっておくれ~




《衣裳スタッフ》

白石しらいし静香しずか ★歌役者紹介ページ★

今年こんにゃく座に入ったばかりのしずか。入座する前にはオペラ塾の公演で「金色夜叉」のお宮をやった。その時の凛とした佇まいは素敵だった。「まげもん」ツアーには衣裳の裏方で来ている。が、稽古中いつの間にか黒衣の衣裳を着て色んな場面で登場するようになっていた。本編中、突然出てきてうるうるの頭に幽霊の目印△を勢い良く付ける所は大爆笑だ。物凄く肝の座った娘のような気がする。




以上!!!
まげもんツアーのメンバー紹介でした。

文章:佐藤敏之、高岡由季 / 写真:姫田蘭
いよいよまげもんのツアースタートです!!
11日の多摩市民館での公開ゲネを終え、移動してきたのは静岡県静岡市。まげもんツアーの皮切りは静岡県市民劇場さんでの公演です。
私にとってはまげもんデビューということで、朝から緊張感があったのですが。。。
朝、ホテルのカーテンを開けると大雨。。。ホールに行くだけで足下ずぶずぶ。。。その後も降り続ける雨と大きな雷の音(ー ー;)はい。私は雨女なんですσ^_^;大事な日には雨が降ります。参っちゃいます。しかし今日は仲良しの雨の神様が私を応援してくれているんだと思うことにしました(*´∀`*)きっとそうだ!頑張れわたし!笑

そんな雨の中ですが、静岡市民劇場の方々には搬入からお手伝いいただきました。おかげでスムーズに仕込みを始められました。本当にありがとうございます!



そして各楽屋に素敵なお花をいただきましたょ♪
お部屋が明るくなって嬉しい(*´∀`*)

初日だしスチームも丁寧に。。。ってあれ?まげもん組ではない方が。



今日は裕子さんが仕込みからお手伝いに来てくれました♪わぁーい!!

その後も順調に仕込みは進み、各自入念にアップしたり



黒衣デビューの高岡さんが、黒衣先輩の島田さんと小道具の上手い使い方を研究したりしてました。

さて本番。。。
まげもんは開演の前から舞台や客席に出て、お客様とお話ししたりしながら始まっていきます。ドキドキしていましたが客席に降りてみると本当にあたたかく迎えていただき嬉しかったです(^^)
公演後にはお見送りもさせていただきましたが、たくさんの方にお声掛けいただき、励まされ、パワーをたくさんいただいてしまいました!!
まげもんツアーは残り20公演。静岡県内各地で公演していきます。この作品の持つ絶対的なパワーを魅力を静岡の市民劇場さん、演劇鑑賞会さんの皆様に届けていけるよう最後まで駆け抜けてまいります!皆様待っていてくださいね♪

(写真:姫田蘭)

さぁ、いよいよはじまります。
オペラ『まげもん』
今回は、静岡県の演劇鑑賞会、市民劇場の皆様にご覧いただきます。
(基本的に)2ヶ月に1度、会員みんなでいろんな演劇、お芝居、舞台を見続ける、という活動を長年続けていらっしゃる皆様です。
今回、その2ヶ月に1度の例会に『まげもん』を選んでいただきました。

3年振り、初演から今年で15周年。
新しいメンバーを迎えて、6月の末から7月の上旬まで、集中して稽古しました。

台本・演出の鄭 義信さんはなんと今年還暦。しかし、還暦とは思えない、若さ、熱さ、しつこさ、でありました。
毎回思うことですが、本当にしつこいです。
何度も同じ場面を繰り返します。
ニコニコ笑いながら…。
キャストも全力で応えます。
その時の正解不正解はありますが、とにかく全力です。これ必須。初演からのメンバーも新メンバーも。
汗かいて汗かいて、感情を深いところまで掘り起こし、壁を乗り越える…というか、たたき壊すというか…そんな毎日でした。
体力はキツくても楽しい毎日でした。

稽古の仕上げは、こんにゃく座のそばにある多摩市民館でのゲネプロ。
さて、その成果は…?

2002年の初演から参加している私の感想としましては、新しい『まげもん』が出来たかな、と思います。



熱く、うるさく、あたたかく、そして、やさしい。
静岡の皆様に、笑って泣いて楽しんでいただけるよう、一同全力で頑張る準備が出来ました。
お話の内容は勿論ですが、細かいところもお見逃しなく!
主に細かいところ担当の、私からのお願いでございます。



今回の公演は、静岡の演劇鑑賞会さん、市民劇場さんの会員の皆様だけがご覧になれます。
ということは、会員になるとご覧いただける、のですね。
様々な舞台を沢山の仲間と観る、という経験はなかなかワクワクする経験ではないか、と個人的に思います。もし、興味がおありの方は、地元の演劇鑑賞会さん、市民劇場さんへお問い合わせ下さいね。

オペラははじめて、『まげもん』って何?
と、思ってらっしゃる静岡の皆様、沢山いらっしゃると思います。
はじめましての皆様に楽しんでいただけますよう、出演者、制作、スタッフ一同、精一杯全力で務めます。



どうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー
最新コメント
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
[10/09 コルシカ]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/