[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
今日は、殺陣の栗原先生と水谷さんが、来てくださり、殺陣のお稽古♪


大殺陣は、自分も出ているので、撮れませんでしたが、流石、先生に稽古着けていただくと、意味がよくわかるし、余計なものが削ぎ落ちて素敵☆


先生お二人のショットも素敵☆



そして、鄭さんのお祝いも兼ねて大宴会。
明日も頑張ろうー。
本日は2幕を通しました。最終的にはさらに全幕通しました!ワオ!

私にとってまげもんはとーっても特別な作品。この作品を観て、大大大感動してこんにゃく座に入った私。
この作品から沢山の宝物をもらって今の私がおります。
ですので、なんとしても私がもらった宝物を今度はお客さまに届けたい!
今日は2幕を通しながら、入座する前に観たまげもんを思い出し、その時の気持ち、あの時、この中に入りたいと思ったんだよなぁ、とか、憧れの人達と一緒の舞台に立っている事に今さらながら改めて感動してしまったりなんかしながら、角さんのと〜っても面白いシーンを観ているのに、笑いながら心に熱いものが込み上げてきたりして。自分が出るシーンもめいっぱい頑張りました。そうしたら、終ったあとにはもう、ヘロッヘロでした。
もぬけの殻になっていると、演出の鄭さんが「じゃあ、全幕通すよ♪」とおっしゃいました。
既に全力を出しきった私。あぁ、もう何も残っていない…。しかし、気持ちが動いていないと鄭さんにすぐバレる…。むむ。りんごジュースの搾りカスをさらに搾る感じで頑張りました…。
終ったあとにはもう、風に吹かれれば飛んでいっちゃいそうな感じです。もう、本当に何も無い…立てましぇん。ダメ出しが終った時間は19時10分、あぁこの後私はどうなるのだろう…見るとみんなも同じように、閉店ガラガラ状態。
すると鄭さん「今日はみんなもう閉店ガラガラって感じだし、この辺にしといてやるかっ(ハート)」やはり鄭さんには何でもお見通し…。こんなに早い時間に鄭さんの稽古が終わるなんてことは、今まで無かった!!よっぽどの閉店状態だったに違いない私たち。ああああ〜鄭さまさまありがとうございます〜。
というわけで本日もなんとか生きておうちに帰ることが出来たのでした。
エネルギーを蓄えて明日も熱い稽古に挑みます!!
皆さんぜひ、ぜひぜひ、ぜひぜひぜひぜひ観にいらして下さいっ!!
一般公演は5月10日いち日限りなのです
(>_<)
どうぞどうぞお見逃しなく!!

突然ですが、ここで今回のまげもん衣裳部チーフの藍乃ちゃんを紹介します♪
まげもん12周年という訳でだいぶお衣裳がボロボロに…。
沢山の直しものをしてくれています。ありがとう藍乃ちゃん☆
私も衣裳部なので、色々衣裳の直しものをしなくてはならぬのですが、藍乃ちゃんがテキパキ直してくれるおかげで、稽古に集中出来ております!感謝!!


藍乃ちゃんが持っているのはたぬきさんの耳であります。よく見ると裏に「船」と「星」の文字が刺繍してあります。これでみんな間違えずに耳をつけられますね。直しもの大変なのに、こんな所に藍乃ちゃんの愛を感じますな。素敵だっ☆

*まり@麻*
やっております!まげもんのお稽古☆

沖まどかです!

今日は稽古の前に、“じがすり”という床に敷く幕を虫干ししました!かれこれ4年の間、畳まれてましたからね。涙や汗やらが染み込んでますからね。
えらい匂いだったり、ダニやらノミやら…(笑)



ってなわけで、このデカい幕をトラックにかけたりなんかして。そしたら、近所の女の子が中に隠れて遊んでたそーな。。。確かに芝居小屋に見えるもんなー。楽しそうだもんなー♪

さて、鄭さんがいらしてからのお稽古4日目にして、2幕を通してその後は返し稽古☆
何度も何度も繰り返して、


嵐山(らんざん)という馬が出演しますが、その細かい動きを見てもらっています(*´∀`*)ノ


これ、悶えてるんですよ。。。
かわいい♪

そして今日は、夕方でお稽古は終わり!
なんでかと言いますと、そう!来年やる作品のオーディションでございます。
はい。
いやー緊張したなぁ。。。
でもまぁ、楽しく終わりました☆

さて、みんなオーディションも終わりすっきりしたところで、コンサート組も荷積みを終えて、

みーんなで鄭さんを囲んで親睦会( ´艸`)

楽しい夜となったのでした♪
今回は入れ歯を新たに作ろうと思いました。


先ず、適当なボール紙をこんな感じで切ります。


このように丸くしながらボンドで貼り合わせます。


洗濯ばさみで押さえて、一晩置いておきます。


乾いたところで、歯の形に切りました。
なんか瓦煎餅みたい…


塗装して完成。



これをくわえると瞬時に出っ歯になれます。

さて、これはどのシーンで出てくるのでしょう?




答えは、、足立屋仁十郎を説明するシーンで出てきます。
こんにちは!
稽古場日誌に2回目の登場です。
高岡由季です。

これは24日のまげもんの稽古場日誌ですが…
本当にすみません…
彼との出会いから語ってもよろしいでしょうか?

…それは4月19日の午前中、こんにゃく体操をするために稽古場に入った瞬間でした。
そこには、
「100人乗っても大丈~夫」
と言わんばかりの立派な大橋がででんと建っておりました。
私は今回初めてまげもんを観るので、舞台セットを見ただけで大興奮です。
「わーすごい!これがまげもんのセットかー」
などと言って感動していると、突然左に人の気配を感じました。

ビクッッッッ!!∑(゚Д゚)



死。。。死んでる。。。!!!

彼は、脚を変な方向に折られるなど酷い仕打ちを受け、力尽きたようにそこに座っていました。

そんな運命的な出会いをしてしまってから、私は、彼のことが気になって気になってしょうがないのです。

今わかっているのは、彼は二幕のどこかで使われるということです。
私はまだ一幕の稽古しか見学出来ていませんが、その中に彼は登場しなかったからです。
んもう、どれだけ焦らすつもり!
稽古は、どんどん進みます。


茂平さんとお麻ちゃん。
真っ直ぐな愛が…たまらなく…


菊池とお絹さん。
強く、切ない恋が…たまらなく…


胸キュンです♪


はっ!!もしや彼も、ラブシーンで使われるのかな…!?まさか、濡れ場とか…!?
んもう、どれだけ妬かせるつもり!


でも私は薄々気付いています。
きっと、彼は笑いに使われるのです。
何故ならこの「まげもん」、見学していて笑い疲れるぐらい、小ネタ大ネタ満載なのです。おもしろすぎます。
小道具も大道具も、本当に多い!!!びっくりしました。
こんなに多かったら、どこかで彼が登場しても気付かないかもしれません。


気付かないんかーーーーーい!
初、座日記!
新人の冬木です。ふゆき、と呼んでください。どうぞよろしくお願いします。



まげもん稽古に本日から演出家の鄭さんがいらっしゃいました!


到着されてすぐ鄭さんから美味しいフルーツチョコレート、女子はパック用品、男子は韓国海苔、と韓国のお土産をいただき、稽古スタートです。



このオペラまげもん、声をあげて笑わずにはいられない、快活で本当に楽しいオペラです。稽古見学中も始終笑っぱなしでした!
次は何?どんな面白いことがあるのだろう、とワクワクが止まりません。

鄭さんによって、さらに楽しい楽しいオペラになっていくと思います。
皆様ぜひぜひシアター1010でご覧になってください!


稽古後の鄭さん歓迎会の様子。



ちあきなおみさんの「夜を急ぐ人」という歌がすごいらしい…とのことで、ピアニスト真理子さんのiPadで早速鑑賞。
いやあ、ものすごかったです。
稽古前に三味線の自主稽古中の北野さんと梅さん。橋があると雰囲気が増しますね、素敵です。





明日から演出の鄭さんがいらっしゃるということで、今日は北海道帰りの萩さんも稽古場にかけつけ、頭から細かく確認しながら当たっていきました。

あー、たのしい!!オープニングからワクワクしちゃってもう大変です。はやく観てもらいたい!そしてもわたしもはやく観たい!はやく5/10にならないかなぁ。待ち遠しいです!!

稽古を観ていて、素敵だなーとかはやく観たいなーとか言うと、先輩からお前はファンか!と言われます。そうです。わたし、こんにゃく座の事をあまり知らずに入座して、知れば知るほどすきになってきたようで、なんだかもうメロメロです。


そんなはなしは置いといて。

今日は稽古前に、制作のあずみさんが集合写真を撮っていました。正面から撮った写真はFacebookなどにアップされるようです。こんにゃく座のFacebookページには、公演情報はもちろん、舞台写真や稽古場写真もたくさん載っています。ぜひぜひ覗きにきてください。そしてもしよかったらいいねボタンをぽちっと押してくださいな^_^

ついに、まげもんのお稽古が始まりました!


こんにゃく座のAスタジオは新しくなった大橋が組まれ、こんな感じに



稽古の最初には、舞台監督の久寿田さんによる、刀の使用上の注意の時間。


オペラでチャンバラ。
ふむふむ、これこそ日本のオペラですね!



演出の鄭さんは来週から稽古場にいらっしゃいます。
それまでに、殺陣の確認や、振り付けの確認、三味線の練習、それから照明の調整など、この数日はドタバタと盛りだくさんでした。

私は衣装部なので、ひたすらチクチクぬいぬいしています。
再演という事で、以前からキャストが変わり、サイズが変わったものや、古くなってしまった生地を新しくしたり……。
なんだかんだ、たくさんあって、ヒーヒー作業しました。

そんな衣装の作業部屋からAスタジオを覗くと、お星様の照明を調整をしていました。


電球をペンで青色に塗る作業です。
電気をつけたり消したりして確認していました。

Aスタジオの蛍光灯が消えたので、お、星空チェック中かなーっとまた窓を覗くと……



おや、うるおさんがスタンドをたててなにやら作業中。
舞台セットの障子まであって、まるでうるおさんのお家みたいでした。


あっというま最後まで立ってお稽古をしました。
鄭さんが来るのに向けて、準備万端。
また窓を覗くと、クライマックスのシーンでした。







さぁ、まげもん、いよいよです。
どうぞ皆様お楽しみに!!


嵐山もみんなを待ってるよ!!!
オペラ「まげもん-MAGAIMON」2010年のツアーも終わってしまいました。
ほっとしたような、なんだか淋しいような、歌い足りないような。
楽しいこと、大変なこと、色々ありましたね…しみじみしじみすずめ。

姫路にて
鄭さんの先輩のお店に飲みに行ったり

12月もたくさん運転しましょう
ふくれっ面で運転したり

座のトラックもいつかはウイングに!
レンタカーのウイング開閉にはしゃいだり

BHI
琵琶湖で半イケメンだったり

Show you 醤油
能登の醤油屋さんに行ったり

すごいデザインだと思う
熊本空港のマスコットあそらくんと仲良くなったり

春日部の朝
狸の親子が二人でマックカフェを嗜んだり

ジョバンニ氏とヤン氏
その二人が格闘したり(間違い気味)

サソリと天国
姉の仇討ちを止めようとしたり(同上)

看板は破れません
釣り小僧が看板破りしたり

レンレンとモエモエとマイマイがいました
猫の集まるローソンで遊んだり

島田の母です
幟を作ったり(カーソルを乗せてみよう!)


美味しいものを食べたり


また美味しいものを食べたり


またまた美味しいものを食べたり

酔わないようにね!
ユニゾンでカップラーメンを食べたり

OWS48に大興奮の卷
五年ぶりに体育館のステージ上で公演したり

別の人は足を骨折したり
連日足湯に足を運んだり

雨に濡れたり
野生のイルカを見に行ったり

イルカはいるかなあ
シャッターチャンスを狙ったり

これは怒られそうなものを載せてしまった
奇跡の構図に鼻血吹きそうになったり

祝☆百周年
重要文化財で公演したり

意外と座りやすかったらしいです
枡席を体験してみたり

缶バッジ完売したので再発注せんといかんばい
ありえないくらい小屋と演目が似合ってたり


楽屋の裏でバーベキューしたり

ゆうころんは怖くて入れないと思う
歌い足りなくて更に歌いに行ったり


見たことないピアノだったり

あんな綺麗な校舎はずるい
オシャレな教室に感心したり

腹の皮べろべろやないか…
嵐山が千秋楽を悲しんだり

まだ捨ててないけど
お揃い鉢巻きのペットボトルに別れを告げたり

タバコ吸ってるみたいになってしまった
トラック組だけで打ち上げたり


やっぱり楽しいツアーだったと思います。

今回も全国で一万人を超えるお客様に見ていただきました。
また、いつか!きっと!ありがとうございました!!!
【菊池文吾】川鍋節雄
Kawanabe Setsuo
全国の民謡を空で唄える物知りなべさん。
懐が大きくて、ちょっぴりお茶目で、時々毒舌。
「恥の上乗せだね!」と笑顔で言われた日にはひとたまりもありません。
どんな役でも自分にぴったりにしてしまう役者っぷりで、今日もみんなを楽しませてくれます。


【絹】梅村博美
Umemura Hiromi
身のこなしも声も美しい永遠のプリマ、梅さん。
ギックリ腰になって針灸師のマッサージを受けた直後の「ア、治った!」の一言は忘れられません。
治ってないから!とお医者さんもつっこんでしまったほど。
故郷・松本への愛に溢れた、いつまでも少女のような方です。


【彦左衛門】佐藤敏之
Satou Toshiyuki
「このイケメン!」という野次がこの上なく似合う敏之さん。
今はこんなに力持ちで側転上手受け身上手ですが、小学生の頃は遠足で学校を休むほどの筋肉痛になった経験もあるとか。
座のため人のために走り回ってくれる頼れる座長です。


【月之丞・権田原ほか】富山直人
Tomiyama Naoto
大きな身体と大きな瞳で目が離せない富山さん。
本番中の舞台裏でも障子の裏でも常に笑いを追求しています。
とっても後輩思いで、困っていると必ずフォローしてくれるあたたかな人。
豪快な見た目とは裏腹に、ハリセンを当てる位置や女性役(?)の時の脚の角度など、細やかな気遣いも忘れません。


【麻】太田まり
Oota Mari
後輩に名前を忘れられても揚げ足を取られても、挫けず怒らず笑ってくれるマリさん。
やわらかく素直な雰囲気はいつも周りを和ませてくれます。
「頑張ってない訳じゃないのに肝心な所を外す」と言いつつとんでもないびっくり行動をおこしたりもしますが、そんな時でも「まいっか、しょうがない!」の魔法の呪文で本当に何とかしてしまうすごい人です。


【茂平】島田大翼
Shimada Daisuke
何事にも素晴らしいこだわりを持ち、頭の回転が変態的に速いだいすけさん。
そのニューロンとシナプスの結束を生かし、時折神が降臨したようなギャグを飛ばします。
身のこなしも抜群な彼の曾々お祖父様の名前は茂平さん。
こんにゃく座でスターになるべくして生まれたような人です。


【春】西田玲子
Nishida Reiko
人はお化粧でこんなに色んな顔になれるんだ!と思わせてくれるメイクアップマジシャン、レイコさん。
開演時間の早い日にはお春メイクの上に小道具のサングラスをかけて現れたりします。
山のような小道具を1人で取り纏め、テキパキと仕事をこなす姿は尊敬もの。
ガングロでも非常に可愛く見えてしまうのは、彼女の心根が可愛いからです、きっと。


【星之丞・嵐山ほか】宮瀬晃
Miyase Hikaru
リアルダメージを追求してやまない美白のイケメン・ヒカルさん。
秋になって紫外線によるお肌へのダメージ(=日焼け)も和らぎ、白さが戻ってきました。
"塩トマトの育ち方"など、時々素晴らしくツボを心得たジェスチャーで大笑いさせてくれます。
優しい心配りで先輩ぶりを発揮する、睫毛の長いKINGです。


【船頭ほか】熊谷みさと
Kumagai Misato
しっかりしていると思われがちでも実は本番中に色々やらかしたりするちゃみ。
舞台を見ては泣き笑い、歌を聞いては泣き笑うこの人は、小さな言葉にいちいちつっかかり、茶々を入れるのが得意。
仕込みやバラしでは重い物を持つことに生きがいを感じ、その肉体の逞しさから「筋肉女優」の称号をほしいままにしています。
今日もどこかで新しい筋肉技を研究している…はず。


【黒子】金村慎太郎
Kanemura Shintarou
期待のニューフェイスギャル・しんちゃん。
身体の痛みにめっぽう弱い彼は、坂戸の焼肉店の息子です。
お店はこんにゃく座と同じ40周年!
笑顔を振りまきながら鞄には常に髪留めを装備し、ふざけているようで実はとっても頑張りやさん。
次世代のイケメン黒子様です。


【ピアニスト】服部真理子 (10月)
Hattori Mariko
数々の公演で華麗なウォーキングを披露する素敵ピアニスト真理子さん。
酔うと更に可愛くなり、妖艶なポーズをとってくれたりします。
2幕始めのピアノの入り方は何度でも見たくなる驚嘆ポイント。
ピアノ一台でフルオーケストラをも奏で、私たちを導いてくれます。


【ピアニスト】大坪夕美 (11月)

ちっちゃくてとってもキュートな大坪さん。
最近スリム化されたその体から、びっくりするくらいダイナミックな音楽を叩き出し、私たちを導いてくれます。
脱いだ服を脱いだまま忘れてしまうお茶目な一面もある彼女。
チョコレートが大好きでリボンの似合うプリティーピアニストです。



【制作マネージャー】川中裕子
Kawanaka Yuuko
可愛いふりして割とやる、最近髪を切ったゆうころん。
パーマじゃないんです、天然でくりくりなんです。
しかし中身は天然ではなく、こう見えてなかなかの辛口発言をしたり、先輩のボケにさっと切り返したりします。
初めての仕事を初めてとは思えないセンスでこなす気配り上手。



**********

2010年秋のオペラ『まげもん-MAGAIMON』、以上のメンバーでお送りいたしました。




文:熊谷みさと/写真:島田大翼
カテゴリー
最新コメント
[06/26 http://www.linux.co.uk/]
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/