[1353] [1356] [1355] [1354] [1352] [1351] [1350] [1349] [1348] [1347] [1346]
私が1980年に入座する前に入っていた、品川区で活動していたアマチュア劇団「喜善」(当時顧問の様な立場にあった劇団民芸の作家の大橋喜一氏と演出家の山田善靖氏からそれぞれ一字を貰った)の先輩二人が南紀白浜の串本に家庭を作って住んでいる。
最後の稽古日にはっと思い出して案内の葉書を書いた。

間に合ったかどうか心配していたのだが、夫婦して来てくれた。
何年振りの再会になるだろうか?

そう、思い起こせば、当時入座3年目に黒テントの「演劇の作り方」と言う講座に通っていて、その卒公にもこの先輩は見に来てくれました。
嬉しいことです。

全く個人的な日記になってしまいました、失礼。

武田


☆☆☆




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カテゴリー
最新コメント
[06/26 http://www.linux.co.uk/]
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/