[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98]
「まっぷたつの子爵」が終わり、短い二月があっという間に過ぎ去り、三月はこんにゃく座三班活動の月です。
「森は生きている」「あおくんときいろちゃん」「注文の多い料理店」の三演目すべてに新キャストが入っているため、それぞれ短くも濃厚な稽古が行なわれ、各チーム旅立ちました。
この11日間のご報告です。

「森は生きている」
3月1~5日Aスタにて稽古。6日ゲネプロ。7日初日。
「あおくんときいろちゃん」
3月1~8日Bスタにて稽古。9日出発。10日初日。
「注文の多い料理店」
3月1~5日ベニサンスタジオにて稽古。6~9日Aスタにて稽古。10日出発。11日初日。



+ + + + + + + + + +
3月1日
Aスタにて「森は生きている」の稽古を見る。
新キャストは二月の精に佐藤敏之。
さとーちゃんは岡村演出時代は一月の精だった。今一月の精を演じている酒井クンは二月の精や四月の精をやっていた。
ひとつの作品で別の役をやるのは、役者として不思議な楽しみがあるだろうと思う。こんにゃく座の歌役者は、歌うパートだって、メンバーの組み合わせによって、高声、中声、低声を行き来する。
全パートを知って歌うのはとても良いことだと思う。
さとーちゃん、ビデオ学習の成果が素晴らしく、いきなりの立ち稽古なのに、大健闘。合唱も充実した響きになりそうで、期待が高まる。

3月2日
Bスタにて「あおくん~」の稽古を見る。
歌い手は川鍋、石窪、豊島で、皆「あおくん~」経験者だが、「あおくん~」は組み合わせが変わるとなにもかも変わってくるので、新作の稽古のようになる。
今回はピアニスト湯田亜希さんがデビューする。「まっぷたつ」の稽古中にがんばってプレ稽古を二回やった。
その甲斐あって、音楽も楽しそうになってきた。
「あおくん~」には出演者しか知らないキーワードがあって、それは「遊びの達人」。遊び上手、そして、なんでもないものをたからものにしてしまう子供の心が、「あおくん~」の身上である。

3月3日
ベニサンスタジオにて「注文~」の稽古を見る。
引越ししてAB二つの稽古塲を持ったというのに、もう別のスタジオを借りなくてはならないとは!ふうっ!
新キャストは鈴木裕加と佐藤久司。久ちゃんはとてものびのびとやっているように見える。ひろかはパネルを動かす段取りが大変そうだが、彼女のポワンとした雰囲気が作品全体を明るくしているように見えて、この新チームはうまくいくような気がした。

3月5日
午前、Bスタにて「あおくん」を見る。
演出の伊藤多恵さんに見てもらい、さまざまチェック。今回の稽古には演出助手として青木美佐子がついている。多恵さんとはあ・うんの呼吸。
午後、Aスタにて「森」の通し稽古。全体がよくまとまり、引き締まっていた。「森は生きている」は、森のシーンでの合唱が説得力を持つかどうかが重要だ。
久しぶりに森の合唱が力強く聞こえた。一年ぶりに四月の精を演じる島田大翼も昨年よりぐんとしなやかになって、梅村博美が扮する娘とのシーンも良くなっていた。私はいつも「森」に文句を言っているらしく、この日はめずらしく褒めたらしい。

3月6日
午後Bスタにて「あおくん」の稽古を見る。
歌とピアノのかけあい。音の立ち上がりに、しつこくしつこくアドバイスする。
南武線~武蔵野線~西武池袋線を乗り継いで移動。夕方より、東久留米の学芸大付属養護学校にて「森」のゲネプロ。体育館で上演するバージョンを私たちはTMと呼んでいる。
演出の高瀬さんによるダメ出しと返し稽古、9時近くまで。
その後、ピアノの大坪夕美さんに、テンポやニュアンスのボイントチェック。「もう閉めますよー」と言われて、慌てて体育館を出る。

3月7日
「森」初日。
体育館のすぐ横を西武池袋線が走っている。ゲネのときは電車の音が気になったが、本番では気にならなかった。子供たちは集中してよく見てくれた。楽しい音楽になると身体全体でうれしさを表している子がいた。そういう背中を見ると、胸が熱くなる。
お弁当を食べ、短いダメ出しをして、気をつけて旅に行ってらっしゃい!と、皆と別れ、座に戻り、Aスタにて「注文」の稽古。
「森」の稽古が終わったので、昨日から「注文」組がベニサンからAスタへ移動したのである。
伊藤多恵さんはBスタで「あおくん」の稽古を見た後、Aスタへ来て、「注文」組の「ボレロ」をチェック。
「ボレロ」というのは、あのラベルの「ボレロ」である。5分にまとめてあって、歌い踊り狂うのである。なかなか一般のお客様に見ていただくチャンスがないのが残念であります。
夜は演出の伊藤明子さんが来て「注文」。今回は今までキャストだった井村クンが演出助手をつとめ、キビシイ目を光らせている。

3月8日
Bスタにて「あおくん」の通し稽古。制作メンバーもズラッと見に来る。
ピアノの湯田ちゃんも「遊びの達人」になってきた。ナベさんは時々、声が大きすぎます(笑)。この作品では手拍子がとても大切。細かなチェックをして、夕方には終わり、ばらして、ハイエースに積む。
クルマのことを言えるば、「森」が座の4トントラック2台。「あおくん」が座のハイエース。「注文」がレンタカーの2トントラックである。
私は夕方から、制作の忠地あずみと山崎亜季と、海外公演「ピノッキオ」の打ち合わせ。助成金がもらえれば、5月に新作を引っ提げてアジアツアーを行なう予定。

3月9日
Aスタにて「注文」の通し稽古。
制作その他ギャラリーの見守るなか、無事通し終了。
昨日は注文の稽古を見なかったが、この一日でずいぶん変わったのでびっくりした。
ダメ出しのなかで、また変更もあり。
どんどんおもしろくなってきているので楽しみである。
そして私は明日の「あおくん」初日のために大阪へ向かう。夜11時に豊中のホテルに到着。仕込みを終えた石窪朋、西田玲子、ピアニストの湯田ちゃんを呼び出して、ビールで初日の前祝い。

3月10日
宝塚ソリオホールにて「あおくん」のゲネプロと本番。主催は宝塚ファミリー劇場という名のおやこ劇場。私は30年近く前に公演したことを思い出した。そのころはバスで寝泊まりする旅だった。
さて、パンチカーペットの上での上演なので、青や黄色の水をこぼしはしないかと、朋ちゃんが心配している。
とても小さい子がたくさんいて、白いコーンを被った西田玲子がロボットみたいな動きで登場すると(これは、携帯電話のスイッチを切ってください、というメッセージなのだが)、「恐いから帰るーっ!」と泣き出す子がいた。
本番が始まると会場の雰囲気も良く、とても良い初日だった。
湯田ちゃん、こんにゃく座ピアニストデビューおめでとう!
朋、西田はハイエースで移動。他のメンバーと私は新幹線。皆は名古屋で降り、次の公演先へ。私だけ帰京した。

3月11日
自宅で一泊!そして「注文」の初日を見るため長野新幹線に乗る。
軽井沢のあたりで窓から美しい雪景色。雪と言えば、「森」組のトラックは雪解けのグランドのぬかるみにはまり、大往生したとか。「あおくん」組もこの後青森へ行くので、タイヤをスタッドレスに変えるとか。
さて「注文の多い料理店」のゲネと本番。
演出の伊藤明子さん、照明プランナーの成瀬一裕さんも立ち会っての初日。若里市民文化ホールは響きもよく、客席後方から始まるパレードも気持ちよく鳴り響いた。
ゲネプロでは少しテンポがぎくしゃくしたところがあったが、本番はしっくりいっていた。
パネルの扱いその他、段取りの多いオペラだが、バタバタせず落ち着いて、しかも楽しく展開できたと思う。


フーッ!これで三作品めでたく旅初日を終えることができた。
この後の旅も、病気、ケガ、事故に気をつけてがんばってね。
私はいよいよ「ピノッキオ」の作曲にとりかかります。
以上、ご報告でした。
長い文章読んでくださってどうもありがとうございました!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
読ませていただきました!
読み応えたっぷりの報告ありがとうございます。3演目稽古、初日巡りお疲れさまでした!座日記が充実してうれしいかぎりです。
ユモティ 2007/03/12(Mon) 編集
すげえ!
萩京子、はじめての座日記???
これからもよろしく!
大魔女ビバリー 2007/03/13(Tue) 編集
訂正文
さきほどの私のコメント、途中で送信してしまい、
削除したいのにどうしてもできないので、しつこく、
もういちど、やります。

萩京子はじめての座日記????
これからもよろしく御願いします。
ぜひ更級日記の復活をこのホームページで!
大魔女ビバリー 2007/03/13(Tue) 編集
昨日の会議で
昨日の会議の合間で、ノートを見ながら、携帯で何か打っていたのは…、コレだったのだね!携帯で最後までよくがんばりました。
うん、読み応え充分!
nanako 2007/03/13(Tue) 編集
え!?
これ携帯で打ったの!?
代表はふだんでも長めのメールを平気で携帯から送ってくれるけど・・・すげぇ!
きっきぃ 2007/03/14(Wed) 編集
そうなんですよぉ
携帯なのですよ。私も最初、何か調べているのだろうか?と思いながらその様子を見守っていたのですが、よくよく見ると、ノートに書いた何かを見ながら打っているのです。3月○日、とか日付が見えていて、なんじゃらほい?と思っていたのですが、この日記を読んで謎がすべて解けました!
nanako 2007/03/14(Wed) 編集
へぇ~!
すごいな。ぼくだったら最初の11行打つだけで、携帯からアップすること諦めると思います。あ、すごいのは携帯から打ったことだけじゃなくて、この初日巡りの旅もだけど。
そういえばさらしな日記、最近見かけないな。ぜひ復活を!

このところ、座日記充実してますね!いつも楽しませていただいています。
きっきぃ 2007/03/15(Thu) 編集
無題
そんな事をコメントしてくださるきっきい先生がいらっしゃるから、座日記が充実するんですよお!
ありがとうごぜえます。
本日、森組の日記が更新されないのは、お宿が圏外なのですうう。きゃあ。
大魔女ビバリー 2007/03/15(Thu) 編集
どうも!
どうも!
携帯でこの長ーい日記を書きました本人です。
日記の本文、直接の載せ方を知らないものですから、どん臭く7回に分けて、ホームページ係のうーぽむの携帯に、送信しました。
指痛くなりました。
打つのが遅いものですから、帰りの長野新幹線で打ち始めて、なかなか終わらず、事務所での会議にもずれ込み、nanako座員に見つかってしまったというわけでした。
今後も時々、こんにゃく座実録リポートをお届けしたいと思います。
音楽監督本人 2007/03/15(Thu) 編集
いやいやありがとうございました。
萩さんのメールがざくざく私のケイタイに送られてきました(笑)。
いつまで続くの!?とびっくりしましたが・・・そうか萩さんもケイタイで打ってたんですが・・またびっくりです。
カテゴリも「京子の部屋」になりましたし(ちひろが名づけました)、また書いてくださいね!!
u-pom 2007/03/18(Sun) 編集
京子の部屋でしたか・・・
いまごろになって、なんですが、「京子の部屋」というカテゴリーができていたのですね。名づけ親がちひろだとは・・・。そういえば、うた会で、「京子de闇鍋」という出し物がありました。私はちひろたちの命ずるままに、ピアノを弾いたり、セリフを言ったりいたしました。こんにゃく座ではあまり、「京子」と呼んでもらえないので、ちょっとうれしいような・・・。もうじき作曲地獄から抜け出したら、「京子の部屋」も充実させたいと思います。
萩京子座員 2007/04/14(Sat) 編集
ゴーシュ的なもの
京子さんからよだかの星のコピーを頂いてから
私たち団の宮澤賢治合唱オペラの路線が続きました。もう十五年前のことです。
そのとき京子様は{僕たちのオペラハウス」のCDをトランク一杯に持っていらっしゃいました。
5枚購入したと記憶しています。
いまはたくたちは合唱オペラ「セロ弾きのゴーシュ」東京公演に向けて練習に励んでおります。
京子さんは「ゴーシュ的なもの」を
いびつなもの、と定義されました。
いまわたくしが思うに、「木偶の棒」ということができるのではないかと思います。
来年は山元元さん追悼東京公演で「銀河鉄道の夜を」を演じます。
そろそろ賢治さんから離れて新しいテキストに会いたいと思っています。
賢治作品は再演を重ねて生きたいです。
うたをつづけてきてよかったとおもうこのごろです。生活が音楽に昇華たきぶんです
虔十 2011/08/21(Sun) 編集
東京を笑う
問題の多いゴーシュの兄
けんじゅうです
東京を笑うといっても
嘲笑ではありません

東京の問題は山形の問題であり
地球的な問題なのです
ゴーシュは口を凛と結んで
目を皿のようにして
新聞を見つめながら
もう
一心に聴いています

なぜ
私たちじゃがいもや
こんにゃく座は
宮澤賢治を唱うので唱歌
光さんはわたくしたちに何を求めているのでしょうか。
晃さんはなぜオペラにあこがれて生き続けるのでしょうか。
 
田中ミンは合唱なんて所詮は限界があり素人の遊びにすぎないと栗友会のCDを聴いてくださり

そういいました。いまから20年前のことです。
唱いすぎるな。
表現を消費、浪費するな。

忠告していただきました。
まず、身体とは何か身体の気象を感じ取れ。風景に生きよといわれました。
それから20年わたくしは、地方地域で生きてきました。
親戚ご近所町内会に理解されない表現なんて無意味です。
オペラは聴きにいくものです。
CDやDVDましてやYouTubeに出るなんて滑稽です。
お客さんが減るでしょ。
じゃがいも、こんにゃく座、栗友会も考えを改めた方がいいと思います。
ブログでしゃべり過ぎです。
こんらんします。

10月9日東京で会いましょう。
じゃがいもはすぐ山形にバスで帰ります。
ぼくたちのオペラハウスを観に来てください。

おやすみなさい
京子様
けいいち。
問題の多いゴーシュ 2011/10/03(Mon) 編集
pop
こんにゃく座の「北守将軍」をitunesに入れたら「pop]
に分類された。その前は尾崎紀代彦、後は北島三郎です。
「pop]とは、大衆音楽のことですが。元々はポプラです。人民の「木です」ラテン語で「pipo]
ピープル、煙草のパイプです。
人民の音楽とは何でしょうか。
芸術を極めると「極芸術」となりますが、音曲を極めると「音」「曲芸」術になります。
「曲芸」はサーカスです。サークル活動がサークル状になって、現実を歪めミラージュ、カレイドスコープ「万華鏡」になり、鏡鏡鏡鏡になり「岩手軽便鉄道の一月」になります。
THE JAGAIMO

曲芸状態です。非常に辛いです。
表現てこんなに不自由なものなのでしょうか。
こんにゃく座の方々は自由なのでしょうか。
日本国憲法に保証されている「表現の自由」と作曲家、演出家、経営者、と表現者と聴衆、聴きにこない人民との関係はどのように塩梅をつけるのがよいのでしょうか。
表現しない自由、参加しない自由、無視する自由もあってよいのではないでしょうか。
ブログなんてなんで必要なんでしょうか。
音楽は風の噂で広まるのではないでしょうか。
私の「こんにゃく座体験」「黒テント」体験は人の噂でした。
プログラムもチラシもありませんでした。
だから、感動が大きかったのです。
もう一度原点に返った方がお互いよいのではないでしょうか。
贅肉を落とすことが私の課題です。
萩京子様
佐藤啓一。
山形は明日は雨です。
林檎でも送ります。
おやすみなさい。
虔十 2011/10/21(Fri) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
最新コメント
[12/12 偽物ロレックス]
[12/10 psychic readings]
[12/08 dog harness large]
[12/05 https://www.npmjs.com]
[12/04 npmjs game hack]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/