[1] [2] [3] [4] [5]
二月二日はセバスティアーナ(梅村)の誕生日。
器楽合わせの初日だった。サプライズで、誕生日ケーキを出して、ハッピーバースデイを器楽伴奏で歌おう!という事になった。
色々な根回しをして「8場が終わったところで休憩を入れて、そこで突然やる!」ということにした。
8場の合わせがはじまった。なかなか順調なので、これは一回で終わる!と踏んだ岡原は、部下である朋に「スタンバイ!」
と指令を送った。朋がお茶場に行くと、ななこもお茶場に出ていった。
思いのほか、8場を合わせるのに手間取ったので「あと、少しだから」と、お茶場に指示を出しにいったら、すでにケーキのローソクに着火されていた。準備万端。
8場が終わった。さあ、休憩!いよいよサプライズ!と思ったら・・・。
「えーっと、もう一度やります。」萩音楽監督の一声。
きゃああ。急いで、お茶場に指示。「もう一回やるんやて」
あわてて、ローソクの火を吹き消す朋。
こうやって、座員の誕生日をいかに祝うかで楽しんでいられるなんて、今回の稽古場は余裕があるっちゅうことですかね。

楽譜係、今日は光さん作曲新譜の最後の受け取り。
林光さん宅も今日が最後なんだ…と名残惜しくチャイムを鳴らし、いつものように新譜を頂いたら、光さんの一言
『あなたお酒は飲める?』???
奥からはシャンパン!!!
最近は恒例らしい新曲を書き終えた時のシャンパンでの玄関先祝賀パーティ!
素敵なちいさなパーティにびっくり感動!エネルギー満タンになりました。
4人の作曲家さんたちの合作完成もあと1章残すのみとなりました。
4人の個性たっぷりの音楽がどんどんでてくる中、稽古ごとに確実に自分のものにしていく役者……みんな一丸となって本番までつっぱしるぞ!
       
-----




衣装部の作業部屋に行くためには、男子トイレ脇にあるこの細い階段を上らなくてはならない…。
建物の構造上そこは「三階」である。奇妙だが確実に「三階」なのだ…。



階段を上ると右手に扉がある。少し開けてみると中から妖しい光が漏れた。
中で何が行われているのか…正直言って、この時はまだ想像もつかなかった…。



扉の奥に現れたのは…「ゴゴゴゴゴ…」「な…なにいいいッ!!!」



続きは世田谷パブリックシアターで…。
昨日ナベさんに、

「今日の(30日の)稽古場日誌、よろしくお願いしますね」

お願いしたら、

「はいはい」

と、リアル二つ返事が返ってきた。

…翌日、忘れてた。

とまあ、連日新譜だ暗譜だダンドリだ芝居だ…、覚える事とやらねばならん事が山ほどあるので、それに伴って忘れる事も多くなるのですね。たぶん。

さて、やらねばならん事が山積みな我々の稽古場争奪戦は激しくなっております。

本日午前11時の稽古場です。

Aスタはパメーラの父母。
Bスタは彦坂一人稽古。

そして、女子楽屋には…
やっぱりいた、太田まり。






1幕の2と3。後半の15予定だったがずんずん進んだ。曲ができている。今回の4人での作曲は早いです。ですから大変です。覚えられない。いつものことですが。文体にもついていけてない。意味は理解できても表現がおぼつかない。はやく頭くっきりで望みたいです。歩みはのろいが1㍉でも前に。
今日は昨日作った15場を初めに加藤さんに見せて、それから丁寧に加藤さんと一緒に15場を作りました。クライマックスの決闘や子爵が元に戻るなど演出が難しいシーンで加藤さんも悩んでいるようでした。役者と一緒に試行錯誤していました。結局、大雑把に15場は作ってお終い。気持ちを切り替えて序章~二章をようやく丁寧に稽古していた。夜は新譜の音楽稽古。
今日も新しい楽譜がでました!!
今回あたしは楽譜係をやっています。
作曲家の所へ行き、作曲ホヤホヤを受け取り、稽古場へ持って行ってコピーホヤホヤをみんなに配ります。
まっぷたつは作曲家が4人もいます。
今日は寺嶋さん担当の場面が出ました。
駅の改札口で待ち合わせ♪まるで恋人を待つよう…(笑)寺嶋さんが現れてブツ(楽譜)を受け取り、フタコトミコトお話して、寺嶋さんはその足で新幹線に乗ってどこかに行ってしまいました…忙しそう!
昨日は萩さんが稽古場に持ってきてくれて…明日は吉川さん宅に取りに行きます。それに夜には光さんに電話しなきゃ…!
なんだか出版社に勤めているようです。

写真は役者に配る楽譜たち(付箋に名前が…♪)と、コピーしようと事務所にいったら、仕事をしながら電話番をしているOLもどきのちひろ(ある意味めちゃくちゃ似合ってる)
-----




今日は加藤さんのお話から始まりました。
寓話劇を語っていくということ。私たちこんにゃく座では語るオペラを作るたび話し合うことなのですが、その時その時にどういう目線で歌を歌うのか、その時に登場させる人物はどういうキャラクターなのか。
コロスがひょいと演じてみせるかたちと、寓話に登場するはっきりと視覚化されるべき人物像、特に内面ではなく特徴的な動きや体つき。こういったことを今から作り上げていくことが必要なのです。作曲がまだこれからといったこともあるけれどだからこそ自由に考えていくことができる時期でもあるのです。譜面が上がってくると、それを覚えることに結構必死になってしまいますが、ひたすら考えることも必要なのです。
でもやっぱり目先の音符にとらわれちゃう私なのでした。
                パメ母 きみ
衣裳部作業場です。
場所はお茶場の上。半分は男性更衣室、半分は衣裳部作業場となっています。
暖かくて居心地がい~い!
この場所でヒロカさん、島田、西田の三人はああでもないこうでもないと言いながら断ったり縫ったり貼ったり腹筋したり、悶々と作業をしています。




そして作業に疲れたり煮詰まったりすると、デザイン画にのうらの幕をめくってお稽古場をこっそりのぞき見。
みんな真剣にお稽古していて気付かない、イヒヒ!
スリル満点。


いやいや、楽しんでるだけじゃなく、お稽古をみて、あの衣裳はもう一点増えそうだなとか、あんな動きをするなら構造変えなきゃとか、衣裳部としての偵察もしてるんですよ。



この作業場はお稽古場とは離れた空間でのびのび作業しながらこっそりのぞき見、いや、偵察もできるすばらしい場所なのです。

引っ越し万歳!
みんなも遊びにきてね!
今日は稽古終了後、通称パンチ部屋でプチ打ち上げ。

ピアニストの真理子さんが、おフランスのおチーズを持って来てくれたので、ワインとチーズ♪

そして焼酎。

今回の引越しで、頂いたお酒が沢山ありまして…。
酒蔵(本当は会議室なのですが、お酒置き場になっているのです)に行くと…。

おぉ~っ!
なんて素敵な言葉!
これは、今夜ボク達が呑むためにボク達を待っていたに違いない!
と思い、持って行った。

包みを開けたら、

日本酒でした。


「え?」

と思いつつ、
美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

とみやま




カテゴリー
最新コメント
[06/26 http://www.linux.co.uk/]
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/