[70] [67] [69] [66] [64] [63] [65] [60] [61] [59] [62]
今日は加藤さんのお話から始まりました。
寓話劇を語っていくということ。私たちこんにゃく座では語るオペラを作るたび話し合うことなのですが、その時その時にどういう目線で歌を歌うのか、その時に登場させる人物はどういうキャラクターなのか。
コロスがひょいと演じてみせるかたちと、寓話に登場するはっきりと視覚化されるべき人物像、特に内面ではなく特徴的な動きや体つき。こういったことを今から作り上げていくことが必要なのです。作曲がまだこれからといったこともあるけれどだからこそ自由に考えていくことができる時期でもあるのです。譜面が上がってくると、それを覚えることに結構必死になってしまいますが、ひたすら考えることも必要なのです。
でもやっぱり目先の音符にとらわれちゃう私なのでした。
                パメ母 きみ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
最新コメント
[12/12 偽物ロレックス]
[12/10 psychic readings]
[12/08 dog harness large]
[12/05 https://www.npmjs.com]
[12/04 npmjs game hack]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/