[3194] [3193] [3192] [3191] [3189] [3190] [3188] [3187] [3184] [3186] [3182]
しばらくホール公演が続いた銀ロバ組、久々の体育館公演です。

やって来たのは、名古屋市の北に位置する、春日井市。松山小学校で2ステージです。
朝7時に仕込み開始。今の時季になると、この時間でも陽が差して、とても爽やかな気持ちで搬入に臨めます。

今日の体育館はギャラリーが無いので、この組では珍しく梁に紐を通して幕や照明を吊るしました。

この通り!

順調に仕込み、稽古を終え1ステージ目は1〜3年生の児童たちを迎えます。
出だしからツッコミや感想の嵐。
暫く子ども劇場を対象とした公演が続いたので、久々の学校公演の感触にたじろいでしまいそうなほど!
「生きているものは皆いつか死ぬんだ」という言葉に「そんなこと云うな」と返してきたり、チューイさんが語る物語の「ジャックという少年がいた」というセリフに「ジャックと豆の木か!」と早とちりしたり、思わず嬉しくて破顔してしまいそうになります。

カーテンコールでは拍手以上に「銀のロバちょうだい!」というコールで盛り上がっていました。

ご飯を食べて、しばしの休憩。


日向ぼっこしたり



九州のおおいた子ども劇場さんからのプレゼント、ボタンいっぱいの手作りの銀のベストを着こなしたり、思い思いに身体を休めます。

午後は4〜6年生。
午前とはうってかわってじっくり観てくれました。
笑うところは笑い、感嘆の声や、小さな声で「めっちゃ近いね」と話していたり、静かに楽しんでくれていたようでした。
ヨセフとマリアの話は、幼稚園で教わったりして知っている子も多いようでした。

退場時も皆元気に挨拶してくれました。

バラシも順調に終えて、トラックとハイエースで学校を後にします。
ありがとうございました!
明日は大阪!



【おまけ】
翌日、その大阪でベストを着こなす制作担当、森ちゃん
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カテゴリー
最新コメント
[11/17 forfait internet illimité]
[11/17 Wiki.Markyrosongaming.com]
[11/17 Coberturas em zinco em curtiba]
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/