[309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299]
毎日何かが変わる、
と言うお話。

勿論、歌や芝居は毎日変わって行く物だけど、ここでは、照明や動き等の演出的な変更について書いてみます。

稽古場から、劇場入り、照明・衣装ありのランスルー。
ゲネプロ。
初日本番。
二日目、三日目。

毎回細かい変更があった。

特にオープニングとエンディングには高瀬さんの強いこだわりが。
勿論そこだけではなく…。

細かい。しつこい。
演出家というのは、かくもシツコイものか。

あ、そう言えばアノ人も、
そう言えばアノ方も。
みんなシツコイわ(笑)

しかし、変更した所を見ると、とても納得がいく。

なるほどな。

参りました。

という気持ち。

ちょっと悔しくもあり…。

シツコイのは、演出の高瀬さんだけではなかった。
ファイティングの渥美さん。

ゲネプロ終了後、
呼び止められる。
とあるシーンの段取りの変更。

「あそこさぁ、アレ拾うのやめよう。ゆーっくり睨みながら立とうとしてくれる?立ち上がったらダメだよ。このヤロー!って立ち上がる所で暗転。な、頼むよ。ちゃんと背中で芝居してね」
と、言われたのが本番1時間前。

めっちゃ緊張するって!

本番終了後。

「どうでした、渥美さん?」

「うん、良かったよ!…、でさぁ、あそこなんだけど…」

「はい?」

「やっぱりさぁ、照明がスーッて暗くなるだろ。そのスーッが、ストーンって落ちると同時にバッ!って立ち上がろう。あそこはさぁ…」

劇場から駅までの道すがら、何故そうするか、その意味や効果について渥美さんから伺ったのでした。

この変更に関しては、出演者もあまり知らないはず。

どこのシーンかは、劇場で見てのお楽しみ。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
最新コメント
[12/12 偽物ロレックス]
[12/10 psychic readings]
[12/08 dog harness large]
[12/05 https://www.npmjs.com]
[12/04 npmjs game hack]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/