[1] [2] [3] [4] [5]
10月25日(火) 曇り時々雨

本日も市川学園での公演(午前と午後の2回!)です
講堂のロビーにはステキな美術品が飾ってあって、私が特に気に入ったのがこれです!



さてさて秋のツアーは『おぐりとてるて』公演の翌日に『ネズミの涙』公演があったり、ツアー中に『おぐりとてるて』体育館版の稽古があったりとクラクラしながら頑張ってますが、しばらくは『おぐりとてるて』の公演が続きます。
本番前の様子をパチリ
じっとしてると可愛いですね



出番まではいつもお腹を出してお休みしてます。



舞台部の西やんはパンチをキレイにしてくれてます。



午前午後とも本当に良く観てくれて笑い声も聞こえてきて最後に大きな拍手を頂きました!
終演後、衣裳の洗濯をしに行くと保健室の先生が感動しました~と声をかけて下さいました。
嬉しいです!どうもありがとうございます!
今日は演出の立山ひろみさんも観て下さって終演後「良かったよ~」と笑顔で言って頂きました!



次はいよいよ初体育館版です。どんな舞台になるかドキドキです

おしまい

彦坂仁美(千手観音他)
今日は市川学園中学・高校でオペラ『おぐりとてるて』の公演です。
この学校の講堂でやります。
とても綺麗で立派なホールです。


このホールは4年前に『ネズミの涙』で来た覚えがあります。

そして、楽屋は廊下。


そうそう、そんな感じだった。

今日の学校では今日1ステージと明日2ステージ。で、今日は中学2年生と高校1年生のみなさんに観て頂きました。
笑い声もあり、ちゃんと反応もあって、みんなしっかり観てくれてるなぁと感じました。

そして、公演後に演劇部のみなさんと交流会を開いてもらいました。


独自の緊張理論を語る人


本番での自分のアクシデントを暴露する人


キャラクターの演じ分けについて語る人


高校生の将来についてアドバイスしながら、自分も歳をとったなと感じる人

いろんな質問をしてくれてありがとう。僕たちの回答に満足してもらえたでしょうか?


最後にみんなで記念撮影✌

高校生活楽しんでくださいね。うんうん。

おっ、公演後にステージ上で何やらやってますな。


ドンチャン騒ぎの宴会か?

と、思ったら、歌を歌ってました。
楽しそうですね。
来週、旅の合間にちょろっと歌うステージの稽古でした。
公演後もお稽古するなんで、みなさんお忙しいんですね。他人事みたいですが、自分もでした。

よーし、明日も2ステージ、頑張るぞ。


『おぐりとてるて』秋のツアーが始まりました。まずはじめにやって来ましたのはこちら、仙台白百合学園高校です。学内講堂にてオペラを上演いたします。

数年前にはこちらに『森は生きている』のツアーでもお邪魔したことがあるようです。私は初めて来ましたが…、



学内講堂といいましても、1310席もある広ーいホールでした。すごい!

前日に仕込みをやってしまいまして、本日は9時30分からゲネプロ。気合い満々です。



袖から舞台を隠し撮り。ゲネプロは衣装も照明も入っていて、さながら本番のごとく行われます。まあみんな慣れているので、メイクはしたりしなかったりですが…。



今日は作曲の萩さんもいらして、ゲネプロ後には急いでダメ出し。それから急いでお昼を食べて、本番は13時30分からです。心があたふたするのを気合いで抑えます。

今日は、大蛇の美姫との影絵のシーンで客席がものすごい叫びに包まれて驚きました。さすが女子高、2010年に前橋女子高校で『ネズミの涙』をやった時の客席の叫びを思い出すようでした。

島田大翼 結跏趺坐

私事ですが、鎌足がどうしてもひっかからず上手くいかなかった結跏趺坐(けっかふざ)がようやく少し出来るようになりました。コツは鎌足が関係なくなるまで足首を捻ることです。



バラして荷積み…の光景を記念撮影する?岡原さん。そう、岡原さん含め数名とはここでお別れです。

あとの人たちはというと、明日の『ネズミの涙』福島公演へと向けて、車で移動です。そうです、明日は演目が変わってしまうんです。

北野雄一郎

北野さんは先日『おぐりとてるて』の稽古場で「お上人さま〜!」という台詞を「お師匠さま〜!」と思いっきり言い間違えてしまって、全員がものすごい勢いでずっこけました。なんだかほとんど合ってそうですけど、それは『ネズミの涙』のチタンの台詞ですからね!

人の事は言っていられません、明日は混乱せぬよう『ネズミの涙』頑張りたいと思います。明日はネズミ…明日はネズミ…きっとみんなもこう唱えながら眠りに就くことと思います。お疲れ様でした。


大阪からちょいと北へ、滋賀県の米原へやってまいりました。12日の18時から仕込みをやりました。夜仕込みというやつです。

超がつくほどの座日記マニアの方は、この写真のトラスを見て思い出されるかもしれませんが、4年ほど前に『ネズミの涙』をやった場所ですね。お久しぶりです。とても広い空間なのです。

ネズミ組 in 滋賀県米原市『文化産業会館(米原高校)』(10月16日):沢井栄次



西田さんが打楽器のセッティングをされています。西田さんの手にかかってしまえば、この大きな太鼓も大ジョッキにしか見えなくなってしまいますね。立派です。

13日は朝8時45分からお稽古をしまして、10時には開演でございます。歌役者の朝は早い、です。



説経師役の髙野さんが「小栗判官照手姫」のものがたりを語り始めるシーン。民衆の方々がリアルな感じにリラックスしています。その調子です。



廊下に作られた着替え場。準備万端、ぬかりはありませんね。

近江高校の皆さんは、たいへん静かに舞台を見てくれました。ありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。



終演後。短いツアーも終わりということで、搬入口にて三本締めを行いました。そのまま車で川崎へ。帰り着いたらみんなでトラックの中身を全部出して、倉庫へと収納いたします。



綺麗に?収まりましたね。次のツアーは10月、それまでしばらく道具たちもお休みです。お疲れ様でした!
今回の『おぐりとてるて』ツアーメンバーに、「陰ながら努力・苦労している部分」について語ってもらいました。


大石哲史
大石哲史
民衆八、説経師三、兼家、藤沢の上人


千手観音の手の役をやってます。1メートル強四方の台を斜めにして、そこに五人が乗っかってる。前から4番目、前が鬼軍曹こと某女史だ。「ねえ、息吹きかけないで!」と言っている。鼻息が他の人より少々多い目の吾輩、確かに迷惑だろうなとは思うが、仕方ないんだ。長い髪をうしろに束ねている彼女のお団子が、もろ吾輩の鼻を包み込んでいるのだから。


岡原真弓
岡原真弓
民衆四、説経師四、学者一、女一、大蛇、女房一、占い師、宿女将


私は出演しながら制作マネージャーという仕事をしています。ツアコンみたいなものです。
そこでの苦労話をきいてください!
某ホテルでのこと!予め電話をして団体で行くけど、私がまとめて支払うということを何度も言ってます。
そもそも、支払わないと、チェックインさせてくれません。
本番が終わり、ハイエースで移動して、お腹ペコペコ。
さて、わたくしが手続きをしますところ、ひとりつづの値段を電卓を叩き出し、ちっとも計算が進まず、みんなを待たせながら、30分かかりました!
何故、団体でまとめてと言ってあるのに、いちいち杓子定規なのか!
大変腹立たしい!こういう苦労をしております。
おかげでその後のビールは美味しく飲みましたが。


佐藤敏之
佐藤敏之
民衆六、説経師五、学者二、女三、村人、後藤左衛門、鬼鹿毛2


私は一幕で性別を越え、獣や妖怪の類いにまで変幻しております。
そこで一番気を遣うのは足元です。
基本的に自分の場合民衆と説教師は裸足&草履です。坊主と女と蛇は足袋のみ。鬼鹿毛は黒地下足袋。
これがなかなかドキドキするんです。
間違って足袋を脱いじゃうと足袋は履くのに非常に時間がかかってしまう!
それで出トチりそうになった事は数知れず…


富山直人
富山直人
民衆十、説経師八、学者三、村人、侍一、鬼鹿毛1、鬼王、万屋主人


この作品では、実は私、着替える回数が1番多いです。どれも結構急いで着替えます。次の場面で全然違う格好で出て来たら、「お見事!」と心の中で拍手を送っていただけると嬉しいです。
そして、蛇や馬、船や墓など、大き目の特殊な小道具は全部扱っています。こちらも、「…素晴らしい!」と心の中で喝采を送っていただけると感涙にむせびます。


髙野うるお
髙野うるお
民衆五、説経師一、村人、三郎、村君の太夫


おぐりと大蛇がシルエットになるシーン。
直前に照明を床にセットし、2人が裏に来たら大蛇の羽織っている着物を受取り、形を整えて再び大蛇役に羽織らせ、すぐに何事もなかったかのように村人で登場する。っということをやっております。


彦坂仁美
彦坂仁美
民衆三、説経師二、とりあげ婆、女二、女房二、千手観音、姥


苦労その1 早着替え アワアワする着替えが6回くらいあります。
苦労その2 テクニカル作業 人喰い馬の鬼鹿毛を照らす龕灯を使う時、客席が眩しくならないようにそしてパネルに影がちゃんと出るよう気をつけながら大汗かいてます。
苦労その3 転換 甦ったおぐりがてるてと再会する場面で二人が乗る台を独りでサーッと移動しなければならない時、心臓バクバクです。


太田まり
太田まり
民衆二、村人、照手


「髪を結っておくれ、常陸小萩」と舞台上でゆうころんに叫ばれておりますが、(この時ゆうころんは裏で既に視る目とうせんの姿になっていて髪はないからとっても面白いのです。)現実世界でも本番前の仕込みの時間に7人分のかつらの髪を結っております。初演の時にちゃみと薫が大変に苦労を重ねて作ってくれたかつら達。初めて私がかつらを整えようとした時は椿油をいくらつけても櫛が通りきらず、1人の髪を結うのに1時間位かかってしまって、「これは旅公演で間に合うのか?!」とドキドキしていたのですが、今ではちゃんと間に合うようになりました。先日ちゃみがゆうころんのかつらの髪を梳いてくれたので、前回の旅よりスピーディーに仕上がるように♪舞台上でみんなのかつらが美しく整っているのを見ると、ひそかに心の中でガッツポーズをしております。


島田大翼
島田大翼
民衆七、小栗


小栗出生の時にセットの屏風パネルの裏で産声を上げるのですが、これが元気な上になるたけ和風の産声に聞こえるといいな、と思いまして、日々研究を重ねております。あと、舞台上の階段に隠れて衣裳を着替えながらカラスの声を出す時に、なるたけたくさんカラスがいるように聞こえたらいいな、と思いまして、最低3羽分の鳴き分けをしようと奮闘しております。いや、努力は実ると信じるしかありません。


北野雄一郎
北野雄一郎
民衆九、説経師六、女四、村人、小栗の家来、鬼次、上人の弟子


この作品ではたくさんの着替えをしているのですが、その中の一つに、村人から小栗の嫁候補の一人に着替えるところがあります。もちろん時間は短い。そこでは、足袋を履き、腰巻きを着け、打掛を羽織り、顔に白塗りして、かつらを被って、舞台に出ていく、ということをしているのですが、どう大変なのかというと、その着替え場に走り込んで、上記の着替えをしたら、そのまま舞台に走り込んでいく、そんな感じの忙しさなのです。


川中裕子
川中裕子
民衆一、説経師七、兼家の妻、大蛇の美姫、女房三、視る目とうせん


このオペラは早着替えは所々で大変なのですが
、他に私は立膝になるシーンというのが、照手姫と餓鬼阿がお別れするシーン、照手姫と小栗が再会するシーンの二箇所ありまして、この立膝、足の指がかなり反っておりまして、この状態でじっとしているのはなかなか大変なのです。うまい体重のかけかたでしゃがんでいかないと、痛いのをじっとがまんする事になるので毎回勝負です!!


佐山陽規
佐山陽規
横山、閻魔大王


何と言っても、たった4日間の稽古で過去に二回観たことがあるだけという、まったく初めての舞台に立たなくてはならないプレッシャーたるや!四十数年この仕事をやって来たけれど初めての経験かも?とにかく三回の舞台を無事に務められますように!




(写真左から)

石崎陽子
打楽器


この作品では、11種類の打楽器を演奏します。
複数の楽器を演奏する場合、楽譜の製本の仕方、セッティング、そして段取りがうまくいけば、演奏の3割は成功したと言えます。
段取りとは、次演奏する楽器の準備をここでして、左手にはこのバチ、右手はこれ、更に次のバチを楽器の上に置いておく、、などなど。
楽譜には楽器が一目で分かるように、蛍光ペンで色分けしてあります。
他にも色々ありますが、今日はこの辺で!!


服部真理子
ピアノ


素晴らしいメンバーに囲まれて、何の苦労もございませ〜〜ん\(^o^)/


林田和之
サクソフォン


舞台の右手側にきらびやかに輝く四本のサクソフォンを使い、今回のツアーに参加しております林田です!好きな食べ物はソフトクリームです!(^^)
さて、このサクソフォンと言う楽器、木管楽器と金管楽器の良いとこどり、野外演奏にも耐えうるように、と発明された楽器ですので、実はとても大きい音が出ます。
なので、普通の音量で吹いた瞬間に歌役者さんの声を飲み込んでしまいます!
そこで、息を出しすぎないように、繊細に息をコントロールしてアンサンブルしております。
そのためにはかなりの腹筋を使います。
なので、演奏後には体重がかなり落ちるので、取り戻すためにカロリー摂取が必須となっております!
さ!今日もこれから本番です!終演後のソフトクリームを糧に頑張って参ります!!
写真:姫田蘭
今日はラブリーホールという素敵な名前のホールにやってきました。大阪府立富田林高校の皆さんに観ていただきます。演出家の立山ひろみさんも到着し、気合いを入れていきますよー!!
ラブリーホールという事で、このホールのラブリーな所を探しました。



まず、座席がピンク!!ラブリーですね!!



ロビーのシャンデリアが星型!!ラブリーですね!!



ロビーにお洒落なオブジェ!!ラブリーですね!!



お花!!ラブリーですね!!



彦さんおすすめの石鹸ケース!!ラブリーですね!!



カツラの髪を整えてくれている制作の森ちゃん!!ラブリーですね!!



ラブリーホールにちなんでピンクのTシャツチョイスのまりさん!!ラブリーですね!!



先日みどりアートパークの公演でいただいた照手姫のお菓子!!ラブリーですね!!

でも1番ラブリーなのは



トラックから荷物が降ろされるのを首を傾げながら見守る鬼かげ君!!ラブリーです!!!

富田林高校の生徒さんはとってもよく見て下さいました。ところどころで笑いがおこったり、泣いてくれているのか鼻をすする音が聞こえたりしました。
1番の大笑い箇所は、やはり千手観音様!!
それぞれの見方で、色々感じてもらえていたら嬉しいです。
河内長野の次は米原へ、えいさらえいです!!
こんにちは。
あなたの心の緑化センター、北野雄一郎です(特に深い意味はありません…)。

さて、今日は長津田のみどりアートパークで本番です。
作品はオペラ「おぐりとてるて」。
そして、ツアー初日。
それから、一般公演。

前日に舞台の立て込みとゲネプロをやり、今日の本番の準備は万端です。

今日は朝からスイカの差し入れを頂き、本番前の稽古をやります。


甘くて美味しいスイカ。

特別に稽古中の舞台上からのショットをお目にかけましょう。こんなことなかなかないですよ。

まずは、説経師のうるおさんと大傘持ちの島田さん


次に、歌っている大石さんを後ろ姿をこっそり。


おぐり@島田(左奥)とてるて@太田(右前)が出会うシーン。


裏でスタンバイ中の女中さんたち。


あら、おぐり殿が苦しんでおられます。


そして、今回ゲスト出演の佐山さん。


こうして、稽古を終えて、本番を迎えます。

~約二時間の時間が過ぎ~

本番も無事に終了して、よい初日でした。

終演後はお見送りをして、お客さまからたくさんの嬉しいお言葉をいただきました。



ご来場の皆さま、ありがとうございました。

終演後にトラックを運転する太田てるて。


えいさらえい


4日間という短い稽古期間を経て、おぐり組は神奈川県横浜市緑区にある「みどりアートパーク」へ。こちらは2013年に開館したばかりの新しいホールです。JR横浜線、東急田園都市線&こどもの国線の長津田駅からすぐ。なんと来やすいことでしょう。とにかく来てみてください、はい。



『おぐりとてるて』初日を明日に控え、本日は仕込みとゲネプロです。こちらのホール、客席数は300席くらいでしょうか、こんにゃく座にとっても、なんだか良いサイズだと思います。サイズ大きめな男、大久保哲さんもなんとなく満足げに見えます。よかったですね。



カツラのメンテナンスに余念の無いのは熊谷みさとさん。もはやこの人がいなくてはこのカツラたちを美しく保っていく事は難しいんじゃなかろうかと心配になってきますが、こんにゃく座はとにかくなんでもやっていくしかありませんから、頑張っていきましょう。よろしくお願いします。



パーカッションの石崎陽子さんとこんにゃく座は今回が初めてのお付き合いとなるのですが、なんだかなかなかそう思えないくらいに自然すぎて、まるでずっと昔から一緒に音楽を作ってきたみたいに合わせやすく、びっくりする暇も無いくらいびっくりです。そんな石崎さんの演奏もぜひ楽しみにいらしてください。長津田へ。

というわけで今日は場当たり稽古とゲネプロをやりました。このような一日はあっという間に終わってしまいます、そして明日は本番です。14時開演です。当日券?ありますとも。気さえ向いたらぜひいらしてください。どうぞよろしくお願いします!

オペラ『おぐりとてるて』横浜一般公演 - こんにゃく座News!











舞台写真:熊谷みさと

本番は9日、11日、13日…。あっという間に終わってしまいます。悔いの無いよう頑張っていきたいと思います。
5、6月の旅が終わり、一息つく間もなく、7月の旅への稽古が始まっております。

『おぐりとてるて』は、7月1日に音楽稽古をして、本日よりAスタジオで立ち稽古です。


演出の立山ひろみさんがみんなをぐいと導いてくださいます

後ろのパネルは稽古場では高さが足りず立たないので、テープで位置を取ったりして代用しております。

私は今回は旅へついていくことはできないのですが、例によってもはや趣味の領域の、鬘結いをさせてもらいました。


こうして一つずつ


できた!

小栗が「香りたつつややかな黒髪をこの手で慈しんでみたいものだ」という、その照手の髪を私が結うのだと思うと、なんとも誇らしい気持ちになるものですね。こんな楽しいお仕事をさせてもらえて幸せなことです!


その間にも稽古はずんずん進んでいます


おや、なんだか見慣れぬ横山が…


この方は!

そう、今回は特別に、横山と閻魔大王を客演の佐山陽規さんが演じるのです。
初日から見応えのある横山でした。閻魔大王も楽しみです☆


怪しい占い師も健在!


走る鬼鹿毛!


うおー!

そんなこんなで、今日は稽古初日でしたので、1幕を最後まであたっておしまい。早く続きが見たい!むしろ全部見たい!!待ち切れない!!!

そんな方に朗報です。オペラ『おぐりとてるて』は、なんと、7月9日に横浜市で一般公演があります!まだチケットあるそうです!ラッキー☆☆
この機会をどうぞ、お見逃しなく!


■7月9日(土)14:00開演
みどりアートパーク(神奈川県横浜市・長津田駅徒歩4分)

■お問い合わせ・申込先
【電話】みどりアートパークチケットデスク 045-986-2442
【インターネット】 http://www.m-artpark.com/event/20160415210817.html


さあ、『おぐりとてるて』初旅が無事におわったところで!ちょいとお写真がたまっていましたので、簡単に振り返ってみましょうか。

Bスタジオでの2日間の音楽稽古の後、
11月29日、新たなるパンチカーペットを敷いて本格的に始まった『おぐりとてるて』の稽古。


嬉しさに転げまわる視る目とうせん


この稽古場で


稽古して


道具を作って


稽古して


道具を作って


稽古して


灰色にまみれる写真を撮って


稽古して


道具を作って


稽古して


そうして旅立ちを迎えます。


この演目は早替えがたくさんあります。
そのため早替え場作りが重要になってきます。


こちらは裕子さんの早替え場


せっせと準備をしていますね。


こちらは、前半は大石さん、後半は島田さんと、うまいことシェアされている早替え場


「おぐり早替え」と書いてありますね


急いで着替える照手姫のために鏡を持ってあげる優しすぎるご家来さん


早替え場で直前まで稽古している人も。

この富山先輩が繰り広げるモノボケの数々が吹き荒れる日々でもありました。


かし こ い さん にん の しょうねんが~
(…いえ、これは1人の鬼王です)


吹きならせ、竹竿!


ふぉ~ぉぉ~~!!(本当に音が出てるんです!すごいんです!!音声をお届けできないのが残念でたまりません…)



そしてお届けする、表からは見えない『おぐりとてるて』の物語。


照手姫が登場するその台の下は、箪笥になっていて衣裳が掛かっています


影まで美しい2人


こちらの影出しの影ではうるおさんが奮闘中

大蛇の美姫が脱いだ服を急いで着せる係なのですが、自分の影を映さずにその打掛を取るのが一苦労なのです。


ああっ!裕子が打掛を踏んでる…取れない…


そして台裏に隠れながら、台隠し布を整える兼家と妻


千手観音が千の手を動かす時、横から見るとエリンギが生えてきた時の様子を思い出します


(島田大翼氏のTwitterよりお写真を拝借しました)


この千手観音役の彦さんは、壹岐くんから有難いものをもらって嬉しそう


気になる食べ物に目がない北野さんは「わさびまんじゅう」を振舞ってくれました。

そういえば「卵焼き味のグミ」を買ってくれた日もあったなあ…写真撮っておけば良かった。


いろんな差し入れをもらって嬉しさに飛び跳ねる!


みかんもたくさんいただき、柑橘類に目がない熊谷は毎日パラダイス


このパラダイス女は影アナもしておりまして、


真面目なアナウンスをしている最中、激しく応援してくださる先輩に必死で笑いを堪えたりもしました


背が高い壹岐くんはトンネルを通過できず


トラックに忘れられたうるおさんのサングラスをメガネの上からかけて静かにダブルグラスを愉しんだりもしていました


そんな私たちをいつも見守ってくれていた鬼鹿毛さん


ありがとうねー!!と尻を撫で回す




プレゼントまで頂いたり


感謝の気持ちでいっぱいです。



オペラ『おぐりとてるて』、次の旅は来年の7月です。これからもたくさんの方々に物語をお届けしてゆけますように。


ありがとうございました!!




またね☆



写真:おぐり組メンバー
文章:熊谷みさと
カテゴリー
最新コメント
[07/24 paket tour wisata jogja]
[07/23 コネコネコ]
[07/22 alat pembesar payudara]
[07/22 syair togel]
[07/21 couponnara.co.kr]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/