[1] [2] [3] [4] [5]
コンサート『ソング・シング・ソング』メンバー紹介


〈ソプラノパート〉
田中さとみ/サトえもん


たとえ自分は稽古でくたくた、疲れて動けない!という状態になっていても、どんなときにも、他人のくだらない話にちゃんと乗ってきてくれて、ひょうきんに笑わせてくれます。周りの人の気持ちによく気が付いて、さりげなくフォローできるひとです。言わずと知れたとんでもない画力の持ち主でもあります。公演先でよく可愛いこどもたちにメロメロになっていますが、そんな時の本人はこどもたちに負けないくらい、とてつもなく可愛いです。



〈アルトパート〉
熊谷みさと/ちゃみ


夢がいっぱいあります。さとみさんの愛すべき後輩になること。久司さまの秘書になること。大石さんのマネージャーになること。萩さんのことを知り尽くした助手になること。もちろん一番の夢は、こんにゃく座を世界一有名な劇団にして、私がスター歌役者になること!夢は見るものではなく叶えるものだと言いますが、叶いそうもない夢でも見るのは自由だと思います。もちろん叶えるための努力は重要です。ちなみに10年前の夢は忍者になることでした。


〈テノールパート〉
佐藤久司/きゅうちゃん


公演のある日はペットボトルに入った飲み物をたくさん凍らせて持って来ます。車移動中にコンビニに寄ったりしなくて済むように、帰りの分までちゃんと用意して来ます。でも一緒に乗る人には必ず「コンビニとか行かなくて大丈夫?」と聞いてくれます。素敵すぎて涙が出ます。小さなチームでいつも一番大変な役目をたくさん背負っているのに、大変だなんて一言も言いません。創意工夫に満ちた、底抜けにかっこいい先輩です。


〈バスパート〉
大石哲史/おっさん


ダジャレを言うのが大好きです。1ダジャレ100円の罰金があるのに、事あるごとにダジャレを言って、お金を払います。おかげでチームの打ち上げ用の小銭がどんどん貯まります。こんな大御所の先輩ですが、舞台で笑いを取るのは命懸けだそうです。そしてこんなに大御所の先輩なのに、少しも威張ったりせず、若者の意見にも真剣に耳を傾けてくれます。頭でそうしようと思っても、実際にはなかなかできることではないと思います。懐の深い副代表です。


〈ピアノ〉
萩京子/おはぎちゃん


作曲家としてもこんにゃく座代表としても尊敬されるひとだけれど、何と言っても一番美しいのはピアノを弾いている時。作曲家として生み出す音楽やピアニストとして奏でる音は、もちろん楽しく美しく、時に切なく恐ろしく、聴くひとの心を奪います。そして言葉のチョイスが絶妙な、かなりのお茶目さんなので、その紡ぎ出す文章もとっても素敵です。でもとにかくなんたって、一番美しいのは、ピアノを弾いている時。ついうっかり見惚れてしまう美しさなのです。




ソング・シング・ソング、2015年7月のツアーは、以上のメンバーで張り切ってお送りいたします!




文章:熊谷みさと


6月から、ピノッキオの陰でひっそりと稽古をしてきたコンサートチーム


6月30日にもこんにゃく座Aスタジオでぎゅぎゅっと稽古をして、

本日7月2日、最後の稽古日なのですが、なんと、桶川市の、いなほ保育園で、押しかけコンサートをしてきました!

朝から園の子のお宅をお借りして稽古し…


稽古…したんですよ。

いなほ保育園に着いて荷下ろしをしていると、「何するんだろう?」とこどもたちが不思議そうに会話しています。
「こんにゃく座が来る」とだけ聞いていたというこどもたち。何が始まるのか、そっと覗きに来たり、「映画だよ」と話し合ったり。

ざっと荷物を運んだら、園の方々が美味しいお昼ごはんを用意してくださっていました!
ご飯にお味噌汁にポテトサラダ、きゅうり、梅干し、生姜、焼き魚、沢庵と茹でキャベツ…なんと充実したごちそう!この園を創った時のことなど、園長先生のお話を聞きながら、心も身体も元気もりもりになった私たち。

さあ、いよいよコンサートの始まりです。


たくさんの小さな目がまん丸になって私たちを見ています。
すごい集中力!

この園では、「何時に何をする」とか、「静かに座って待つ」といった指導はされていないそうです。好きなように学び、育ち、のびのびと生き生きと生活している子たち。自ら学び、自分の行動を選択する力を持っているけれど、それゆえに、公演中でも興味が逸れればみんな出て行ってしまう、と、事前に伺っていました。

私事ですが、大学生だった頃、教育実習で担当になった学級のことを思い出しました。
小学校2年生の学級だったのですが、授業がつまらないと、板書して振り返るとこどもたちが半分くらいに減っている!ということがよくあって、自分の力の無さに落ち込んだものでした。でも、担任の先生がこどもたちの興味をぐいと惹きつける授業をされると、素晴らしい集中力を発揮して、なんてすごい子たちなんだろうと毎日感心しました。
愛すべきその学級の子たちを、その時は惹きつけることがなかなかできなかった私。

でも、今日は!
こんなにまん丸な目で見てくれている!

嬉しくて嬉しくて飛び上がりたい気持ちでした。

久司さんの「空気のうた」や、大石さんとさとみさんの『魔法の笛』では、楽しそうな笑い声も聞こえ、最後はみんなと一緒に『森は生きている』を歌ったり、歌のプレゼントをいただいたり、本当に素敵な時間を過ごさせていただきました。


更にコンサートの後は園を案内していただき、


山登りのよう!



動物たちのところへ行って


ロバたちに会ったり


子ヤギを抱かせてもらったり


ワイルドに、でも思いやりをもって動物たちと触れ合うこどもたちに、たくさんの元気をもらいました。


さあ、コンサートツアーはここからが始まり!

明日は群馬県へ。再来週は福島県で旅をします。どんな出会いがあるのか、とっても楽しみです。
頑張るぞー☆☆




今日は、「ソング・シング・ソング」さわやかコーラス隊の楽日です。
昨日、福島は郡山から戻ってきました。

鶴見医師・歯科医師会館の講堂は狭くて大変という前評判でしたが、福島での臨機応変な舞台つくりに訓練されて、狭さは苦になりませんでした。


青空幕を掛ける衝立の高さはパネル2枚、ジャンプすると頭が飛び出る低さです。

子供たちは最後まで飽きずに歌を聞いてくれて、体操や手拍子に 楽しんで参加してくれました。大人も最後まで熱心に聞いてくれて喜んでくれていることが分かりました。
私たちは、福島公演を終えて、さすがに疲れが出てきましたが、お客様の反応に元気を貰っていつの間にか、爽快に歌っていました。

思い返せば、福島での公演は丈夫な種を植えてきた手ごたえを感じています。
子供たちの熱心さに力が入りました。

豊かな旅でした。
月曜日からの福島県ツアーもあっという間の最終日となりました。本日の学校は郡山市立芳賀小学校。1・2年生の皆さんに観て参加していただきました♪
今日は台風がやってくるはずの日だったので、昨日から大丈夫かなぁぁと心配しておりましたが、、じゃーん!!


びっくりするほどの青空、風もなし!
いやー日頃の行いがよいということですね(笑)


朝学校に着くと、担当の先生からままどーるの差し入れが!!ありがとうございます!!ままどーるはやっぱり美味しいです!!

仕込みをして稽古〜!!4月末からスタートしたコンサートチーム仕込みも早くなりました!!



稽古中、福島文化センターの木村さんはあたたかく観ていてくださいます。木村さんにとって、このコンサートの曲目で夢の番人、歩くうた、アンコールのオペラハウスの続けての3曲はゴールデンタイムだそうです。
こんな風に言ってもらえて、ソングを好きになってもらえて、とっても嬉しいです!!

そして、本番では1・2年生たちは、面白いところは笑いながら暑い中とっても良く聞いてくれていました。
雨の音楽の手拍子参加も上手で一緒に出来て楽しかったです!
やぎさんゆうびん の最後の歌詞の「さっきの手紙のご用事なあに?」のところは、こども達に聞く演出になっているのですが、今日はこども達から「なあにってきかれてもねぇ」と言う声が聞こえてきました(笑)

終演後片付けをしていると2年生が各クラスごとの感想を書いて持ってきてくれました。表紙が舞台装置の青空幕をイメージしたものもありました。ありがとうございます!!しっかり読ませていただきます。

そして今回の福島公演を担当して下さった木村さんとパチリ



こんにゃく座はこの復興支援の文化芸術体験事業は3年目だったのですが、今回のメンバーの中では1年目はマロさん、そして2年目は湯田さんと私が来させてもらっているので、今年も木村さん、山田さんにお会い出来て嬉しかったです。
今回初めてお会いした八巻さんも初めて会うということで、なんとホームページでそれぞれの出身県を覚えて来てくださいました♪
また皆さんと来年もお会いしたいです。ありがとうございました!!

この1週間、福島のこども達に歌を聴いてもらいながら、このこども達、温かい福島の人達みんなの未来が明るい未来であってほしいと願いを、ソングの旋律や言葉にのせて歌ってきました。
そしてまた来年も福島のみなさんに会いたいなぁとメンバーみんなが願いながら神奈川に帰って行きました。残すところ春の旅はあと1公演。頑張るぞー!!
本日は、猪苗代町立さくらこども園。
とても広くて綺麗な、そして先生たちの温かな手が、たくさん加えられている園内でした。

かわいいステージには、さすがフラガールの本場、フラダンスをしている動物達と、子ども達が自分で顔を描いた船がたくさん浮かんでいます。
色んな顔がありますね^o^





 ステージの両脇には、七夕の短冊が、、
色々な願い事や、子どもたちが描いた織り姫と彦星も。。






司会の先生が、「みんな、とても楽しみにしてきました。ずっと曇りの日が続いていましたが、こんにゃく座の人達がこんな素敵な青空をホールに作ってくれました!」と言って、コンサートが始まりました!

一人づつメンバーが歌いながら登場すると、そのたびに子ども達は、テンション高く笑い声が上がっていました。
「雨の音楽」も、バケツなどの音のリズムに、自然に手を打つ子どももいて、体で感じてくれているのだなぁと、嬉しくなりました。
大きく口を開けたたくさんの笑顔が、印象的でした!
また会いに行きたいです\(^o^)/

そして、お世話になった福島文化センターの山田さんと一緒に。。
本当にありがとうございました!



心優しい人たちがいっぱいの福島に、また行きたいです!
こんにちは、ザッキーこと、小野崎です!
福島の旅、本日は北塩原村立さくら小学校での公演でした。







久々の小学校公演。

天井の高さの関係でここ2日間は
この青空のパネル縮小バージョンでやっていたので、
久々のフルバージョン!

高い!
\(^o^)/




青空が綺麗ですね。

ーとはいえ…
実際の天気は荒れ模様。
朝から雷が鳴り響き…

雨の音楽ではリアル雷が参加してくれて…



なんと「夢の番人」の歌の途中で体育館の電気が

パッ

と消えました!!!!



ー停電?



しかし、
私たちが仕込んだ照明は消えず…
でもブレーカーも落ちてなかったんだそう。


雷の影響なのか、謎。
オペラ座の怪人ならぬ、「1日だけのオペラハウス」の怪人の仕業?


とにかく、タイミング良く消えたので、
会場が、ざわつくこともなく。

出演者の、私たちが少しドキっと、したくらいで。
一見演出のようでした。

ふー、
不思議な事って、あるんだなぁ。





さて、話は変わりますが。

今日の小学校、さくら小学校の校章は




桜の後ろに山と川が。

最初、磐梯山なのかと思いましたが、
校長先生に伺ったところ、
北塩原村からは磐梯山は見えないんだそう。


川は大塩川、山は飯豊(いいで)山をイメージして描かれた校章だそうです。


桜がお花で一番好きな私としては、桜の校章なんて羨ましい限りです。




プレゼントで喜多方名物の「たまり煎餅」を頂きました。
ハイエースでの道中はとてもお腹が空くので、有難く頂きたいと思います!











文化センターの木村さんと。




昇降口にチョウザメの水槽が。






廃校になった学校の体育館でチョウザメを育てていて、キャビアを収穫する予定なんだとか。

それで、この小学校でもチョウザメを飼ってみたいという話になり、ここにこうしているみたい。


数年後には北塩原村はキャビアの村になっているかも!?




なかなかこの辺の子供達は、こういった催し物に触れる機会が少ないみたいで、いい経験になったととても喜んで下さいました。

私たちがバラしを終えると、既に6年生が感想文を書き終えていて…
読ませて頂くと、皆しっかり観てくれていたのがよく分かりました。



こんな私の微々たる力でも、もっともっと、東北の為に何かできれば…!と東北人として思うのでした。


浜通りの相馬市にやってきました。
朝、保育園に向かう途中、登校する小学生のランドセルカバーはなんと!

くまモンのランドセルカバー!
ここは福島なのに!どこまでも節操のないくまモン。
気を取り直し、保育園に向かいました。

今日は2才から年長さんの120名がお客様。お部屋にキャストも子供達もギシギシに詰まって楽しい時間を過ごしました。


今日は楽しい「茂語録」が炸裂しました。

こんにゃく体操のコーナーで茂さんはいつも

「人間の身体の約70%は水で出来ているんだ」

というくだりからスタートするのですが、いやいや園児には70%という表現はわからないだろう。他の言い方でやった方が良い。という話を本番前にしていたんです。
じゃぁ、なんと言えばいいか?
半分。  とか   いっぱい   とか。
一同分かりやすいいいものが出ません。
茂さんは「7割とかどうだろう?」
いやいや、それもっとわからないだろう。
となんやかんや言っていたのです。
そしたら本番で茂さん、

「人間の身体の10のうち70は水で出来ているんだ」


……。

きょとんとする園児。ピクッとした保育士さんたち。

おいおい、10のうち70じゃ、人間=水だし、なにより既に水があふれてしまっているじゃないか。
本人はまったく気にすることなくこんにゃく体操コーナーは進んでいくのでありました。



お礼にもらってメダルはこんなの。


保育園の先生と福島県文化センターの八巻さんといっしょに。
きょうから、ふくしま次世代を担う子どもの文化芸術体験事業の一環で
さくらんぼ森合保育園にやってまいりました!

本日と明日の2日間のピアノを担当させていただくことになりました
いぐまゆです。
ひどい雨女のわたくし、都内は大荒れでダイヤは乱れまくり、
現地到着も少々不安だったのですが、無事福島駅へ到着。

駅でほかのメンバーと合流して、さっそく保育園へ。
とってもきれいな、かわいい保育園!
きょうは七夕(7月7日)、ということでたくさんの七夕飾りが飾ってありました。


そして楽屋は、かわいいキッチンセットがある一室。

となりではごろごろしているかわいい0歳児のこどもたちに癒されながら
さっそく、仕込み開始です。

晴れてたらお散歩できるのに、雨なので(自分のせい)・・・

仕込みの様子をちょっぴりのぞくことにしました。


その横で、けんけんぱして遊んでみる。


なんてわたしが遊んでいる間にも、着々と仕込みはすすみ、
あっという間に完了!

こどもたちの昼寝時間から起きてくるのを待って、リハ開始。
もう待ちきれなくて、リハから一生懸命見てくれていたこどもたちもいました。

そして、のんびり開演を待ちますみなさま。


お天気も味方してくれました。晴れてきたーー!


きょうのお客様は、1歳になったばかりくらいから5歳くらいまでのこどもたちだったのですが、もう最初からノリノリ!

「うんこ」ではもちろん、大歓声!

茂さんの声掛けにあわせて、みんな一緒にこんにゃく体操をぶらぶら、ぶらぶら。

雨の音楽の手拍子では、
「あんぱんまん」「カレーパンマン」「チーズ」の手拍子をみんな上手に参加してくれました~!
ホールうしろでは、あんぱんまんとばいきんまんが、見守ってくれていました。


最後はアンコールにお応えして「うんこ」をもう一度歌ったり、
こどもたちからすばらしいおことばと状をいただいたり、
大爆笑の質問コーナーもあったりして、ほんとうに楽しい時間でした。

たくさん笑ったり、たくさん体操したり、
一緒にお話したり、かわいいメダルをいただいたり、
すてきなすてきな初日となったのでした。



これから1週間、福島のみなさまに会いに
わたしたちの旅は始まったばかりです。
ここ数日の暑さが嘘のように肌寒く、激しく雨が降る中、早起きして平塚の真土小学校へ。

お目当てはこちらです。

[ソング・シング・ソング]と題された歌のステージ。
体育館のベランダ越しにご挨拶してきました。窓の外からのぞくと、自分が妖怪何とか小僧みたいな気分になるものです。




[こんなにたしかに]から始まったステージ。不思議な歌詞と、どこか時間のゆらぎを感じさせる音楽に、お客様がググッと引っぱられている感じが伝わってきました。

小野崎の周りに全員集合!?
[マイ・フェイバリット・トムトム]


オオッこの陣系は?見覚えがある。いつもは演技エリアからはみ出すくらいギッチリでこの形を作っているアレか?
[飛行機よ]


なんだか、みんな寂しげな気がするのは・・・無理なご用事を言いつかったのかな?
[やぎさんゆうびん]



こんにゃく体操をみんなで体験して、手拍子の中にするっと[雨の音楽]が入り込んでくる楽しい仕掛けがたくさんあるコンサートでした。

そうそう、[雨の音楽]の時には外の雨が一段と強くなり、“雨乞いの音楽”のようになったこともお子さまたちには楽しかったようです。

最後には、ステキなお花をいただきました。


コンサートチームは約1ヶ月ぶりの公演です。
前々日に稽古をして、いざ群馬県へ出発!!
コンサートの後には林光さんの曲を5曲一緒に歌うので、この日の移動はハイエースの中でこの中の3曲をもう一度歌って確認しました。「田舎道も〜川の流も〜♪」 と皆で歌っているとなんだかハイキングに行くような気分に(笑)
あっという間に到着しました!!


今日の会場は風の子保育園で邑楽・小泉保母学校さんの主催で保育士の皆様に聴いていただきました♪
このコンサートは聴くだけでなく、間にこんにゃく体操をしたり一緒に手拍子をしてもらうのですが、しっかり参加していただいて、曲もとっても温かく聴いてくださったので、私たちは本当に楽しく歌わせていただけて幸せでした。

そして光さんの5曲を皆さんと一緒に歌いましたが、お母さんと一緒に来ている子供たちも「森は生きている」を楽譜を見ないでしっかり歌ってくれていたり、皆さんどの曲も大きな声で歌ってくださって、とってもパワーをもらいました!!

終わってからは、バラしを手伝ってくださったので、とっても早く片付けることが出来ました。ありがとうございました!!

そして最近気づいたこと!!
何とこのコンサートのメンバーは、5人中4人が5月生まれ、そしてこれまた4人がO型という共通点があったのです!!

写真①5月生まれな4人


写真②O型な4人



このことを知った茂さんは、なんだかとっても嬉かったようで「それにしても5月生まれのO型がこんなに集まるとはね〜」と何度も言ってらっしゃいました♪
カテゴリー
最新コメント
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/