[837] [839] [836] [835] [834] [833] [832] [831] [830] [829] [828]
初めての器楽合わせ。稽古場に楽士の皆さんの居場所を作る。


今回のセット、どーんと真ん中に階段があるためスペースが大変狭い

その狭いスペースのなか、


どうセッティングするか頭を悩ませるパーカッションの高良さん


ひとまず準備が整い、休憩中天井の梁で遊ぶ人々…


舞監の大垣さん、


さとおちゃん、


梅さんまで…


休憩後いよいよ合わせ。
音楽監督の萩さんは『一回目は楽士さんのほうを向いて動かずに。二回目は芝居で。三回目はありません』という言葉をあっさり翻し、一曲目から何度も何度も繰り返す。想像をはるかに越える大変さ。でもものすごく面白い!聴いているだけでワクワクドキドキ!けれどこの音に負けないように歌うのは至難の技だなぁ…がんばるぞ!


結局今日は最後までいけず、後半はまた次回ということに!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
最新コメント
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/