[641] [639] [880] [623] [638] [636] [637] [634] [620] [633] [632]


岡山県津山で出会ったピアノ。

[BECHSTEIN]
初めて見た!
日本にはあまり無いらしい。

ピアノはそれぞれいろいろな性格を持っている。
こんにゃく座のピアニストさんは、
いろいろな学校、ホールで
いろいろなピアノに出会い
そして弾きこなす!


そのために舞台のセットが終わり、ピアノの調律がすんで舞台の下手にセットされると、
ピアニストさんは弾きはじめます。


今日のピアノはどんなピアノなのか、お喋りしてるみたい。
そうやってお互いに理解しあって素敵な演奏をしてくれるのです。



普段はその演目の曲だけど…、


[BECHSTEIN]を弾きはじめた、あおくんの癒し系ピアニスト湯田さんは、最初は聞き覚えのある曲を弾いていたが、


そのうちに、


いままで弾いているのを聴いたことが無いような大曲を弾きはじめた!


ピアノの音は何だか弾んでいて楽しそう♪


ピアノとのお喋りはいつもより長めだった。


きっと楽しいお喋りだったのでしょう。


湯田さんも個人的にピアノと記念撮影していました☆

また会うことがあるかなあ?

REIKO
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あらめずらし。
ベヒシュタインはスタンウェイのように世界的販売力がないので日本ではあまりみかけませんが、いいピアノですよ。
ヨーロッパにはまだまだ老舗ピアノメーカーがたくさんありますよ。
ふたを開けてみるとヤマハやスタンウェイと少し構造が違っていてメーカー独自の工夫が見られます。観察してみてください。
まろりん 2009/03/18(Wed) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
最新コメント
[12/10 psychic readings]
[12/08 dog harness large]
[12/05 https://www.npmjs.com]
[12/04 npmjs game hack]
[12/03 vigrx delay spray review]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/