[1642] [1639] [1640] [1638] [1637] [1636] [1634] [1633] [1632] [1635] [1629]
こんにちは!あいのです。

マロさんと梅さん、新人のあいのと薫の4人は、
12日〜14日まで福島県にいました(・∀・)


文化庁の
「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」
の東日本大震災復興支援という事で、
福島県の睦合小学校と、おかやま保育園にて、コンサート&ワークショップをしてきました。

ピアニストは、吉村安見子さんでした。




ここの子ども達は、放射能の関係で校庭や園庭で遊ぶことが出来ません。
そこで、室内でも体を動かしたり、歌を歌ったり出来るコンサートをするために、コンサート&ワークショップを行いました。





さてさて、福島県ではもう雪が降っていました。
柿もいっぱいありました。



体育館は極寒。
歌っていると口や鼻から白い息が。

保育園は遊戯室だったので寒くはなかったのですが、大きなストーブの真ん前がステージとなったので、今度は暑いこと暑いこと。


そんな中、みんなでこんにゃく体操をしました。

こんにゃく体操は、私もこの春習ったばかりなのですが、
子ども達の飲み込みの早さと言うか、体の力の抜け方が本当に上手でビックリしました。
やはり、色んなクセがまだ出来ていなく、体も柔らかい子ども達の方が、こんにゃく体操は簡単に出来ちゃうんだなっと思いました。
(こんにゃく体操の先生、宮川先生もそう言っていらしたそうです)


今回のステージには、

・こんにゃく体操
・歌やリズムを一緒にやる曲
・ソング
・オペラ「セロ弾きのゴーシュ」よりカッコウの場面

と、なんと盛りだくさん(・∀・)♪


観て、聴いて、参加して…
やっている私たちもとても楽しいステージでした。



おかやま保育園の園長先生が言っていたのですが、
震災後、全国からたくさんの人が園に訪れてくるようです。

なので、子ども達の「聴き方」がとても素晴らしく、小学校でも保育園でも、しっかりじっくり聴いてくれました。
あまりの集中力に、本当に驚きました。


さらに、演奏後にはどちらでもプレゼントをいただきました。

睦合小学校では、6年生が私たちに挨拶に来てくれた際、復興支援曲「花が咲く」をその場で歌ってくれました。

保育園では、折り紙のお花や首輪、さらにお手紙もプレゼントしてくれました。





園長先生から、たくさんの子ども達への想いと、
子ども達から、たくさんの笑顔をもらいました。

現地にしかない色んなものを、少し見させていただきました。


さてさて、
ハイエースの運転手はマロさんでした。




梅さんの買ってくれたずんだ餅と一緒に。




それではっ!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カテゴリー
最新コメント
[09/14 まり]
[09/14 おめめ、キラキラの]
[09/14 まり]
[09/12 おめめ、キラキラの]
[09/09 ゆず@リン]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/