[816] [815] [814] [803] [813] [812] [811] [810] [809] [808] [807]
12月11日、東京は千代田区の日経ホールにて開幕した『夏の夜の夢09ver』も、いよいよ12月27日、広島市東区民文化センターにて、グランドフィナーレを迎えることとなりました。

直前まで各ツアーで奮闘していたり、合間に挿入された三文オペラのプレ稽古に翻弄されたりと、師も弟子も疾走した感のある夏夢ツアーでしたが、キャストも楽士もスタッフさまも大勢入り乱れ、何だかお祭りのようでとっても楽しかったです♪

今回は千秋楽記念ということで、兎に角そのお祭りの模様をご覧いただきたく思います。

† † †


溢れんばかりの素敵な差し入れスイ~ツ達♪


張り切っていただきます!


みかんもい~っぱい。(営業マンと八百屋のおかみと座敷わらし)


おかみがこっそりお洗濯。


息子がこっそりお裁縫。(まさかのカメラ目線)


と思ったら泥んこ遊び!


カスミだけではありません。カップうどんも食べるのです。


赤いひと!出番ですよ!


公爵様と、舶来物のかれいぱん。


急いで食べると、面白い顔になりますね。


ひょうたんの中身はびいるかしら?


アルト三銃士は今日も黒尽くめ。


もっと黒い笑顔の人に誘われて男子楽屋へ潜入すると…


見つかった!!


女性楽屋には、素敵な女性楽士さまたち♪


もちろん、男性楽士さまたちも素敵です!そして不敵です。


楽士席からの舞台はこんな感じ。


あやかしキャンディーズ。


あやかしロッカー。


今日もステージは暑いのです。


ラスト一枚は、フォトジェニックで♪


† † †

ロビーコンサートからとっても真剣に観て下さった広島のお客様。色んな場面で拍手や笑い声が聞こえ、ラストの劇中劇のシーンの盛り上がりようは、舞台裏にまでその波動が伝わるほどでした。
ダブルコールまで下さったお客さまの温かさの中、『夏の夜の夢09ver』はハッピーにその幕を下ろしたのです。

本当に楽しい作品、楽しいツアーでした♪
そう遠くないいつか、また全国の皆さまと、夏夢がめぐり逢えますように。

+ + + + + + + + + +
千秋楽を無事終えたその後は、盛大にして壮大な打ち上げです。


メインのドリンクは「贅沢カフェオレ」


大層な人数です。(画像4枚から溢れてしまう程!)


入り乱れてキャンパ~イ!


スーグラのルービーとチャンネー。


ちょっと間違ったホストクラブ。


小粋なサシトーク。


と思ったらすごいもの発見!


こっちでもうとうと姫。 


本番を終え、あまりにもハングリーな面々。くるお皿くるお皿次々空にし、鍋のスープを飲みきり追加のダシを頼み、〆のうどんも何皿もお代わりを頼むという怒涛の食欲を見せつけます。が、〆のはずのうどんの後に、ピザや結構なボリュームの鶏料理がきて、最終的にものすごく満腹になったのでした。満足!

シンデレラタイム頃にようやく会は大団円を向かえ、賑やかな三本締めが行われました。

† † †

その後は、場所を移しての二次会やら部屋飲みやらぐっすりおやすみやら、それぞれがお好みのコースをチョイスします。

そんな中、こんにゃく座ではなかなか稀有なグループが!


カラオケコース!(センターの久司さんは熱唱ゆえにブレ放題です)


全くマイクの必要のない人や


心ゆくまで堪能している人


とにかくみんな巧い!そして巧いことが異様に面白いという奇跡のような2時間強でした。笑ったり感動したり笑ったり。存分に満喫させていただきました。
このチケットなら私、買います。結構な高値で。


店を出た後、深夜のおやつタイムに一枚♪
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
最新コメント
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/