[3139] [3135] [3136] [3137] [3134] [3133] [3129] [3125] [3128] [3131] [3126]
京都から車を走らせ、広島県へと向かいます。


空にのぼるジョバンニ


負けじと宙を走る!


鉄道博物館でお土産を買ってきてくれた富山さん。素敵な缶に入ったチョコレートです。

移動日にもいろいろなお楽しみポイントがあるものです。


さてさて、本日の広島公演は、仕込み時間がなかなかタイト。


スピーディーにリングを吊って


スライド投影スタンバイ!


重い道具だって1人で動かせるもんねー!


明かりの下で楽しそう
ふざけてるわけじゃありまけんよ、楽士さんはこの辺ですーと位置を教えてくれているのです。



と、突然はしゃぎ出す人々が

「素粒子」と呼ばれるものが舞台に立つとき、三角形の照明が当たるのですが、その光の中に入ると不思議な面白さがあるそうで、梅さんや真理子さんは、明かりが動いて三角形が出る度に大喜びでその中に入っていました。

慌ただしい中でも楽しみを忘れない、大切なことです。



コンパクトな舞台でしたが、みんなで精一杯ダイナミックに動き回って、銀河の世界を創りました。
たくさんの笑い声やすすり泣きが聞こえて、やっていて嬉しい気持ちになりました。


いちごとバナナが盛られたバケツをいただき、喜びの香りに包まれるジョバンニとカムパネルラ


広島のみなさま、ありがとうございました☆☆
次は町田、そして長野、名古屋へと旅をします!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
広島での「想稿・銀河鉄道の夜」の公演、ありがとうございました。
とても楽しみにしていた今回の公演。私にとって、決して近くはない広島の地ですが、新幹線に乗って日帰りしてでも「観に行きたい!」と感じさせる魅力がありました。

冒頭の教室の場面では、地球の映像が綺麗だったし、果てしない宇宙の神秘を感じました。そして、本当の教室での子ども達の様子を見ているかのような皆さんの演技、たくさん話し合われて稽古を重ねられたんだろうなぁと感じました。
皆さんの歌声も素敵でした。一人ひとりの歌声がしっかりと聞こえてくるんですが、ストーリーの関係からなのか、私はスッ~と透き通る透明感のようなものを感じました。後半、ジョバンニ(島田さん)とカムパネルラ(北野さん)のお2人、表情や態度は堂々として歌っているのに、歌声が悲しげに聞こえてきました。
楽しみにしていた漫才、やっと見ることができました。いつ漫才の場面が出てくるか、富山さんとどなたのペアーになったか、ずっと気になっていたので、やっと謎がとけました。漫才、とっても面白かったです。
皆さん、素敵な公演をありがとうございました!
こんにゃく座のファン 2017/03/14(Tue) 編集
こんにゃく座のファン様
素敵な感想ありがとうございます!
遠くから新幹線に乗ってまで・・・そうして足を運んでくださる方がいらっしゃるのは私たちにとって本当に幸せなことです。

この物語には不思議な透明感があって、その透き通った感じを大切にしたいとずっと思ってきました。それを感じていただけたこと、とてもうれしく思います。

漫才も楽しんでいただけて良かったです!
笑いをとるということの難しさと楽しさを改めて感じる日々です。

またお目にかかれますように!
熊谷@漫才助手 2017/03/15(Wed) 編集
ちゃみさんへ
お返事、ありがとうございます!
コメントはしたものの、お返事をいただけるかドキドキしていたので、ちゃみさんからお返事をいただけて、とても嬉しかったです。
観に行けるところで公演がある時には、観に行きます。また、お会いできるのを楽しみにしています。

こんにゃく座のファン 2017/03/16(Thu) 編集
カテゴリー
最新コメント
[04/08 コネコネコ]
[04/02 コルシカ]
[03/25 ちゅうじ]
[03/20 NONAME]
[03/20 路都]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/