[2652] [2647] [2650] [2651] [2646] [2645] [2639] [2644] [2638] [2648] [2649]
「ネズミ組」はここ岐阜県大垣市で1日空き日ということで、
集まったのは、この4人組、名付けて「ボーダーズ」。
(わかりづらいけど、みんな縞模様を着ている。たまたまですが…。)

左から、ゆうこりん、大ちゃん、ゆうちゃん、まりちゃん

じつは今度12月に岐阜市でオペラ『おぐりとてるて』の公演があるのですが、
ここ大垣市周辺は「おぐりとてるて」のゆかりの地というのは、皆さんご存じでしょうか?
物語の中で、照手姫が働いていた「万(よろづ)屋」という店がある場所なんです。
そこで、せっかくならこの機会に公演のPRをしようということになりました。

さわやかな秋空のもと、朝9時にホテルのロビーに集合、いざPR活動に出発です。
まずは、朝からとっても元気なこどもたちの元へ行ってきました。

◆「はだしっこ保育園」 

 「雨の音楽」、「うんこ」、「イーストランドの市場」、「十二月の歌」などを聞いてもらい、
みんなと一緒に「たき火」も歌いました。

ひと声歌うたびに、こどもたちがキャッキャッと笑って、こちらまで自然と笑顔に
なります。

園長先生曰く、「こんな声で歌う人を始めて間近で見て、それに反応したんだと思います」とのこと。

私たちが控え室から出て行くと、子どもたちが全員お見送りに待っててくれました。
今回の「おぐりとてるて」はみんなにはちょっと早いので、またいつか別のときにね。
保育士さんやご父兄の皆さんにぜひ、とご案内してきました。

◆大垣おやこ劇場

大垣おやこ劇場さんは、座員の小林ゆず子が子どもの頃に所属していた
劇場さんです。♪ポルカ踊ろう~という歌詞で、目の前で子どもが本当に踊り出し、
何とも微笑ましかったです。
劇場のお母さんたちのパワーはすごいので、ぜひ公演に向けてお力をいただきたいところです。
「おぐりとてるて」の♪えいさらえい~では、一瞬にしてその場がオペラの世界へ変わります。

◆各務ヶ原子ども劇場

 
「へんしん運動会」というハロウィンにちなんだイベントにお邪魔してきました。
すでに申し込みをしてくださった方もたくさんいて、公演を楽しみにしてくれていました。
さらに呼びかけていただけるとのこと、とてもありがたいです。

◆大垣演劇鑑賞会

数日前にお願いしたにも関わらず、皆さん集まってくださいました。
「おぐりとてるて」のことをよくご存じの方もいて、やはり大垣の方にはぜひ観てもらいたいなぁと
思いました。

ここまで、ほぼノンストップで4カ所、かなりなハードスケジュールでした。
でもじつはそれ以外に行ってきたところがあります。

各務ヶ原から大垣に戻る途中、ゆうこりんが「あ~、何か縁結びの神社がありま
すよ~」と何気なく目に止まったのが「結(むすぶ)神社」。
ここは照手姫が守り本尊に導かれて辿り着き、祀られている「結大明神」に
小栗との再会を7日間祈願した場所です。

14時過ぎ、お昼ご飯もおあずけ状態でしたが、迷わず行ってきました。
 




おぐりとてるて的なツーショット

何をご祈念しているのかな?
おそらくみんな、オペラ『おぐりとてるて』の各地公演の成功を祈願したことでしょう?!

そして、なんとさらに大垣駅前で「路上ライブ」を敢行♪ ここで他のメンバーも合流。


ちょうど夕方ということもあって、学校帰りの学生さん、お勤め帰りの人、
買い物に出かける人、いろんな方が足をとめて聞いていってくれました。

前日の「ネズミの涙」を観てくれた東高校の生徒さんも「オペラおもしろかったです~!」と
たくさん声をかけてくれました。

今日一日で、0才~70、80代の方まで、様々な年代の人たちにこんにゃく座を知ってもらうことが
出来ました。

気づくと、あたりは夕暮れ時、時計はきっかり17時を指していました。

ご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました!
そして、歌役者のみんな、本当にお疲れ様でした。 by 制作(湯本)



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
記事ありがとうございました。
万屋があったのは、美濃の国の青墓という土地だったと思います。平安時代には名の通った白拍子も拠点としていたらしく、芸能にゆかり深い土地という印象があります。
「おぐりとてるて」岐阜公演、楽しみにしています。常陸小萩さん、万屋の主夫婦、他の皆様にもよろしくお伝えください。
NONAME 2015/10/31(Sat) 編集
ありがとうございます!
岐阜公演、お申し込み頂いているのですね。
ありがとうございます!
「おぐりとてるて」のゆかりの地で公演できることを私たちもすごく楽しみにしています。きっと、文献を探したらいろいろ作品にまつわる情報があるのでしょうね~。先日、宣伝しにいった池田町にも小栗と照手の伝説があると聞きました。
それでは12/19会場にてお待ちしております!
ユモト(制作) 2015/11/05(Thu) 編集
ユモト(制作) 様
池田町についての情報ありがとうございました。
やはり、いろいろな土地に伝説が残っているようですね。
当時の民衆がどれほど小栗判官と照手姫の物語に夢中になったのかが偲ばれます。
おっしゃるとおり、「おぐりとてるて」の岐阜公演のチケット、すでに手元に届いています。
楽しみです!
NONAME 2015/11/08(Sun) 編集
カテゴリー
最新コメント
[12/12 偽物ロレックス]
[12/10 psychic readings]
[12/08 dog harness large]
[12/05 https://www.npmjs.com]
[12/04 npmjs game hack]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/