[2210] [2216] [2207] [2205] [2204] [2203] [2209] [2206] [2208] [2201] [2199]

胡瓜を齧ることから始まる一日

夏真っ盛りです。世間では夏休みに入ったりする頃ですけれど、こんにゃく座の夏はもちろん、新作オペラの稽古です。今回の新作は『おぐりとてるて』。現在まさに萩さんが鋭意作曲中でいらっしゃいます。


歌う北野さん

今日7月29日は『おぐりとてるて』稽古インの日。これから毎日毎日、稽古場に閉じ籠ってオペラを作っていきます。本日はとにかく、曲が出来ている所までを歌う、ということをやりました。まだ音符を追うのに必死ですが、面白くなっていきそうな気がします。個人的には、序曲の「手放すだろう〜♪」というくだりが恰好いいと思います。皆様お楽しみに。


演出家先生とともに

今回の演出は立山ひろみさん。これまでに2007年のオペラ『ガリバー』や2008年のあちゃらかオペラ『夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編』などでお世話になっています。わたくし島田の、大学の先輩でもあります。今回もどうぞよろしくお願いいたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カテゴリー
最新コメント
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/