[1] [2] [3] [4]


今日は朝からBスタジオでコンサート稽古。今週の土曜日は『魔法の笛』の全体稽古は無い予定ですが、その隙間にコンサートをやってしまうこんにゃく座なのです。すごい。

メンバーは先月まで『ソング・シング・ソング』コンサートツアーに出演していたちゃみさまぴょんこさま久さま…に加え、忙しい大石さんの代わりにわたくし島田が入ります。

先月には「全員の名前に“さと”が含まれる」という四人でしたが、私が入ってしまったことでそれが崩れてしまい、申し訳のない気持ちです。この演目のあいだだけ「島田だいさと」とか呼んでください。

コンサート組 in 群馬県邑楽郡『風の子保育園』(7月3日):萩京子



『魔法の笛』より、パパパの二重唱。田中先輩とのデュエットなんて、去年の『ネズミの涙』八尾公演以来かもしれません。月日が経つのは早いものです。

そうしてお昼からは『魔法の笛』全体稽古。はじめはモーツァルトの芝居を中心に稽古が進みました。そして冒頭のシーンからまた少しずつ、細かく修正しながら作ってゆきます。

そして今日は稽古場見学というのがございまして。昼と夕方の二度、ファンクラブの皆様が稽古場にいらして、どのようにこんにゃく座のオペラが作られてゆくかを見ていただく…というお時間でございました。



昼に見に来てくださったファンクラブ会員のお客様の帽子が素敵だったので、記念にかぶらせていただきました。やっぱり夏はくまモンですよね。火の国熊本ですからね。

夕方は振付の山田うんさんがいらしてパパゲーノとパパゲーナの二重唱、そしてモノスタトスの奴隷たちの振付稽古。さほど動いていないのに汗だくです。困ったことです。

またそれと並行して衣裳のフィッティング。本日はザラストロ、夜の女王、その侍女たちの衣装を着てサイズ合わせなどをやりました。



太田雅公さんの衣裳は、フィッティングの時にはまだ真っ白…ということが多いです。ここから染めたり塗ったり吹いたりして色を入れたり模様を描いたりするのです。わくわくしますね!

振付も衣裳も、本番をお楽しみに!


「本日のお稽古はオケ合わせです!」(藍乃)

※まだセットをお見せできませんのでモザイクでごめんなさい。



オケ合わせというのはですね、本番同様ピアノ以外の他の楽器も参加してもらって頭から最後まで曲をどんどん合わせていくという行程です。

ピアノ以外の方は事前に楽譜をらっているだけで普段のお稽古を見ていませんので、テンポ感や音のバランス、セリフの何がきっかけで演奏を始めるのか、などなど細かい事柄をここで確認して頂く時間なのです。

今回の魔法の笛ではヴァイオリンに山田百子さんと手島志保さん、フルートに姫田大さん、クラリネットに橋爪恵一さん、ピアノに寺嶋陸也さんという安定感あるゴーヂャスな布陣です。

「では最初に序曲からいきましょう。まずオケだけ聴いてみて。」
の萩さんの声とともにフリーメーソンが重きを置く数字「3」を暗示する3回の和音がババァーンと響きました。
より色彩豊かになった音色に一同、もうコンサートのお客さんモードでしたね。

一部ダブルキャストということもあり、同じ曲を2回ずつ演奏していき、合わないところはちょっと戻してもう一度やったり。

そんなこんなで6時間強のオケ合わせは無事終了したのでありました。
今日は、13:00から昨日あたったところをもう一度。
「パパパ」
「二幕フィナーレ冒頭少年とパミーナ」
今回の少年達は、結構魔法を使います。お楽しみに♪
「火と水の試練」僧侶達の試練宜しくね♪
「奴隷達の踊り」御用だ!捕物帖からの ,…
「忍び込め」そんなに大きなスカートで?
「ラスト」タミーノ何処へゆく?
今日も盛りだくさんでしたね♪
明日、は楽士さん達と器楽合わせです♪
今回の本公演に私は演出部で裏方をさせていただくことになりました。

日に日に少しずつではありますが小道具ができていくのを見るのはとても楽しいです。


これがどうなるのかはまだまだ秘密ですが…

この不細工な骨組みが綺麗に細工されて舞台に登場します!


出演者の方々や有志で駆けつけてくださった方たちのおかげでいつもの3倍は作業が早く驚きました!
そしていつもは少人数な作業場がとっても賑やかに…


…なりました?

出演者の方々に気持ち良く道具を使ってもらえるようこれからも頑張っていきます!
今日の稽古場は朝は森は生きているのプレ稽古、昼からは魔法の笛の振り付け稽古、夜はファンクラブの見学、二幕のフィナーレをやりました。優秀な演出助手のウエバルさんが、「ファンクラブの皆さんの前で結末みせちゃっていいですかね?」と、心配してくださったのですが、そこがこんにゃくらぶの良いところ?隠し事ないです(笑)
ファンクラブの見学がおわってからも、自主稽古があり、ダーメ(夜の女王の三人の侍女)の特訓です。なんせ、全てハーモニーなので猛練習が必要です。モノスタトス役のうるおさんにハーモニーのチェックをしてもらおうと思ったら、ずっと芝居の駄目だしでした。でも、そこからのハーモニーになるはず!終わったら、お茶場で少年たちが中味の話し合いを少年の言葉でやっていたり、Bスタジオでパパゲーノとタミーノが台詞の合わせをしていたり…。どこもかしこも自主稽古自主稽古自主稽古です。







わあい!終わったあ!という事で、ちゃみのおばちゃまからのビールをいただいていると、さらに、Aスタジオで大石さんがあかねちゃんのタミーノのレッスンしてました。因みに、大石さんは、朝は森の稽古の先生、昼は振り付けられる人、夜は沢山歌う人、終わってからも自主稽古。超働き者です。役はいい加減なパパゲーノなのにね!

本日は『魔法の笛』の振り付け稽古が行われました。衣裳を作っている作業場からちょっと稽古場をのぞき見。

↓こんな感じで、振付の山田うんさんが稽古をつけてくれております!


そして夕食後の時間は、衣裳のフィッティングを行いました。
衣裳の太田雅公さんも稽古場にいらっしゃいました!
出演者の一人ひとりに製作途中の衣裳を着せ、細かくサイズ調整やデザインの決定をしていきます。

今回の出演者はなんと歌役者だけで20人です。
しかも一人の役者が更に何役も兼ねるので、衣裳の数もなかなかのものです。
フィッティングは3時間半行いました!

実際の衣裳は舞台で楽しんで頂きたいのでまだお見せできないのですが、製作風景をちょっとお見せいたします!
座員も一部の衣裳を手作りいたします!この日のために出演者の手も借りて、急ピッチで作業が行わておりました。



床に座り込んでいるので、ちょっと見ると何かの罰ゲームですが、これは糸を椅子に留めて編み込み作業をしているところ。

その横では演出部の三人が被り物を試行錯誤しながらも製作中です。



あ、そうそう、申し遅れましたが今回の『魔法の笛』衣裳部はわたくし花島と高岡ゆきちゃんです。

高岡由季

とってもとっても素敵な衣裳です!!どうぞお楽しみに♪
本日は顔合わせ♪♪♪
スタッフの方々と客演の多田羅さんをお迎えして、座員全員が集合する儀式でございます。

そんな訳で、本日はいろんな座員も来ております!


少年たちは何だかウキウキしているよーです☆


全員がいると、なんとも写真に入りきらない!


なんだかね、カメラを向けるとポーズする人がいるんですよねー。


なんだか、舞台装置の形がある形なので、どのアングルから撮ってもなかなかみんなを写すことができないっ!難しいなー…



顔合わせは自己紹介したり、


加藤さんの『魔法の笛』への想いを話していただいたり、
みなさんに、いろいろの場面をお見せしたりしました(*^ー^*)

さてさて、

先日まで台湾に行ってらっしゃった多田羅さんが、みんなにお土産を♡


響声破笛丸という、歌い手の強い味方♪♪♪素敵な漢方なんです!
多田羅さん、ありがとーございますo(^▽^)o




今日のお稽古は、主に多田羅さんの登場する場面をあたりました。


おやおや、私が座日記担当だと聞きつけた楽しい先輩がやってきたので、パシャパシャしておきました☆
それでは、お楽しみください♡


おっと間違えた!と言って照れた笑顔の可愛い富山さんでした!


おや?もう一人来たぞっ☆




お楽しみいただけましたか?

そして、『魔法の笛』ももちろん!楽しみにしていてくださいねっ♪ヾ('∀'o)ノ
こんにちは。太田まりです。
今日は私が生まれて35年と10か月と9日です‼︎
突然何を言いだしましたかといいますと、只今絶賛「魔法の笛」のお稽古中なのですが、こんにゃく座の「魔法の笛」にはモーツァルトが出てきます。私はそのモーツァルトの役をやらせて頂きますっ。もう一人のモーツァルトはしんちゃんがやりますっ✨

で??

…あ、はい、そのモーツァルトさんは35年と10か月と9日生きたのです‼︎
わぁぁぁぁぁ。何だかすごい事です。あぁ、モーツァルトさんはこれだけ生きて、その間にこんなにもみんなに愛される心踊る音楽を紡いで…。
1人でほーぅとかふーむとかうなっていました。

さてさて、稽古場の様子を伝えなくっちゃ!

今日はパンフレットおぺら小屋に載せる写真を撮るため姫田蘭さんが来て下さいました。
蘭さんは座員とも仲良しなので、みんなのリラックスした表情や、いっちばん素敵な表情を切り取って下さいます。
そんな蘭さんを私も撮影してみよう♪



かっちょいいですね(≧∇≦)✨

そして今回、私は初めて見ました!自撮り棒的な新アイテム!


じゃじゃーん!

今回の稽古場写真がどんな風におぺら小屋に載るのでしょう。
楽しみです(*^^*)



私が生まれて35年と10か月と9日の空。…しつこい。。。

みんなで楽しくオペラをしたり、観たり出来る日がずっと続きますように。

*まり*
今公演の舞台装置、詳しく言うわけにはいかないが、見ようによっては鳥かご、船をひっくり返した物、骨組みだけのドームにも見える。

8/6と8/9に挟まれた今日、あらためて現在を生きる自分が、このオペラの最後の合唱を思うと、違った感覚におそわれる。

最後の合唱の歌詞はこうである。

夜をおしのけ 朝を運ぶ あなたたち
今こそ 喜びの歌
今こそ 感謝の祈り

愛と平和 求めゆく 勇気のある人々よ
愛と平和
愛と平和
求め行く 人々よ

終わりなく美しく賢くあれ
終わりなく美しく賢くあれ

美しくあれ 終わりなく
賢くあれ 終わりなく

終わりなく 終わりなく
こんにちはリエです☆
毎日暑いですねー。
皆さんはどんな夏をお過ごしですか?
私達「魔法の笛」チームの稽古場も熱い稽古が繰り広げられております。

モーツァルトの「フィガロの結婚 或いは狂おしき一日」の黒組ケルビーノで本公演デビューをしたわたくしにとって、モーツァルト作品は思い出深く狂おしい日々でありました。
かれこれ12年も前になりますね…(遠い目)

そして今回のわたくしの役どころは「夜の女王」でございます。
はい。あの有名なアリアを歌います。
入座以来出した事のない音域ハイエフ(真ん中のファより2オクターブ上のファ)に挑戦です。

何かと悪いイメージがある女王ですが、ザラストロに娘を取られ、夫に先立たれ、魔力を失い、不幸のどん底にある女王を奮い立たせるのはザラストロへの復讐心。
母性と煮え立つ赤い炎をギラつかせ、カッコイイ女王を演じられる様にダブルキャスト♣︎組のみさこさんと共に励ましあいながら日々探求しております。

カテゴリー
最新コメント
[07/28 相原 まげもん静岡ブロックの制作です^_^]
[07/27 藤枝市民劇場]
[07/23 コネコネコ]
[07/19 とみやま]
[07/14 コネコネコ]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/