[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
『だーれかさんが だーれかさんが だーれかさんがみーつけた
小さい秋 小さい秋 小さい秋みーつけた。 』


秋も深まり、10月21日、やってきました、光和小学校。


わたくしは密かに、体育館にある校歌の詩を毎回チェックするのですが、こちらは宮沢章二作詞、中田喜直作曲という組み合わせ。
中田喜直さんは、『ちいさい秋みつけた』など名曲をたくさん残したお方。
宮沢章二さんもどこかで名前を見たなーっと思ったら、ジングルベルの訳詞をやっておられました。

っと、いきなり雑学でした(u_u*)



光和小学校では体育館を縦に使い、みんなでギュギュッと集まって見てもらいました。

この日は照明も改めてじっくりチェックをし、挑みました。

本番中は兄妹たちの口笛に合わせて一緒に口笛を吹く子、終演後に歌いながら帰る子、など、子どもたちから自然と歌声が聞こえるのが印象的でした。

すると……


学内にこんな貼り紙が。

光和小学校には合唱クラブがあって、その子達はローマ・イタリア歌劇団のオペラ『ラ・ボエーム』に出演したのだとか!?すごい!

さらにNHK全国音楽コンクールにも出場していたりと、音楽がとても盛んな様子。
実は私もこのコンクール、通称“Nコン”の中学校の部で青春時代を過ごしたので、なんだか親近感。。。

後ほど、音楽の先生とお話しさせていただいたら、その私の中学時代の歌を聴いていたとのこと!
当時私が通ってる時に、私の中学校にいらした事もあるとのこと!
なんとなんと(・∀・)♪
そして、座員の鈴木あかねさんの大学の同級生だそうです。
いやはや、世界は狭いですね★


そんな歌や“オペラ”が身近な光和小学校。
子ども達から歌声が自然とこぼれたのも頷けますね!


バラしをしていると、みんなが扉から顔を覗かせ「ありがとうございましたー!」っと挨拶をしてくれました。

(ロバ装置の幕の後ろから撮影)
そのたび、座員もみんな「ありがとー」っと叫ぶので、バラし中はずっとありがとう合戦でした。


ありがとう合戦を終え、バミリを剥がす壹岐さん(u_u*)



帰るころは素敵な夕陽。

素敵な薄紫な夕陽を、同じく素敵な薄紫のストールを巻く素敵な女優さんと一緒に撮ろうとしたら、夕陽が霞んでしまいました。
(注:逆光でピント調整がうまくいかなかった)



帰り道、学校から駅まで歩いていると、下校中の合唱クラブの子ども達に会いました。
いろいろ合唱のおしゃべりなどをしながら帰りました。
今『ふるさと』を練習しているんだとか。「歌詞の意味がよくわからないんだよね〜」「でもこの前おじいちゃんおばあちゃんの前で歌ったら、みんな泣いてたんだよ!」っと子どもらしい正直な意見を言ってくれました。


そのエピソードを20年後、30年後も思い出して欲しいな、なんて思いましたよ(u_u*)
電車の発車ベルがサザンオールスターズの「希望の轍」が鳴る素敵な街茅ヶ崎にやって参りましたー♪
今日は久々のホール公演です!

仕込み開始前に搬入口に集合したら…
マルセル、ココ姉妹も秋らしい装いに。
搬入エレベーターの前でパチリ。



そして舞台上で感動の再会が!

なんと薫の大学の同級生が今日の小屋付きさん\(^o^)/ちなみに私の出身劇団、俳優座の後輩でもありました!
なんと言う素敵な偶然✨

おやこさんの小屋食もとっても美味しかったです!
薫としんちゃんは特にカニカマが入った玉子焼きが感動的だったようです。


なんと可愛いリスのクッキーまで手作り




銀のロバを見て頂くのにぴったりなサイズの真っ赤なシートが印象的な劇場。
この場所で私達キャストがものがたりは旅をします♪






終演後はロビーに出てお見送り。

心が温かくなりました!
迫力のある舞台であっと言う間の時間でした。
とっても優しい作品ですね。
など沢山のお客様から感想を頂きました☆

茅ヶ崎おやこ劇場さん大変お世話になりました!
またお目にかかるのを楽しみにしていますo(^▽^)o
やって来ました、千葉県の行田東小学校。
今回は前日に仕込みをするので、私と薫と壹岐さんとでトラック組はみんなより少し早めに到着。

すぐ駆けつけてくれた先生は爽やかでとても素敵な先生でした。

……っと、
仕込みも進みピアニストの紀保子さんが到着すると…

「久しぶりぃ〜〜!」
っとさっきの爽やか先生とご挨拶!?

なんと、担当の潮見先生と紀保子さんは昔からのお知り合いだったようです(・∀・)!
座員のゆず子ちゃんもお知り合いだとか!世界は狭いですね!(私は共通の友人がいたりしましたよ。)

こんな感じでまったりお喋りしていましたー。


こういう偶然の出会いも、 旅公演の醍醐味ですね★



前日は仕込みをしてお稽古も。
萩さんもいらっしゃいました!


他にも、花さん、ナナ子さん、たくさん集まってお稽古開始前はなんだか賑やかでした(u_u*)♪

ストレッチを花さんが撮ってくれましてくれましたー。



こんにゃく座員は、出演者じゃなくてもストレッチしますよー。萩さんも!



さぁ、
前日の仕込みとお稽古を経て、朝です。
紀保子さんは木漏れ日の中、ピアノを弾きます。


壹岐さんは背が高いので、ルース婆さんの背が高過ぎないように要チェックです。


1ステージ目は1年生〜3年生。
本番は子ども達の賑やかな笑い声も飛び交い、素敵な雰囲気の本番となりました。
ココやマルセルがチューイさんに「じゃあね」っと告げて幕の向こうに行く度に、手を振る子や、ジョンが死んでしまった時には息を飲んで観ていたり、子ども達が物語の世界にすっかり入り込んでいる様子が伝わって来ました。

帰りは「面白かったよ!」「また観たいよ」「銀のロバ、私も欲しい!」と私にもたくさん声をかけてくれました。


暖かい雰囲気にあふれた1ステージ目となりました!!



お昼ご飯は、こんな感じ。


萩先生と銀のロバ組(u_u*)


萩さんのダメ出しをしっかり聞いて、2ステージ目に備えます!


午後は高学年。
午前とはうって変わって、静かな客席でしたが、みんなの集中が舞台に向かっているのがすごく感じられました。
静かかと思えば、ちゃんと笑い声も起こるし、終演後にはその後どうなったんだろうと語り合いながら帰る子など、本当に集中して観ていたんだなって思いました。


低学年と高学年、反応が全然違っていて、やっぱり子ども達は年齢と共に物語から受け取るものもどんどん変化して行くんだなって感じます。
行田東小学校のみんなは、一つ一つ生き生きとした反応をしてくれたので、私もみんなと同世代に戻って『銀のロバ』を観ているような気持ちになりました(u_u*)


♪物語は〜旅をする〜
♪あたためられて〜手から手へ〜
♪めぐりめぐって〜物語は旅をする〜

本当に、子ども達の反応と一緒に旅していく物語なのですね!
行田東小学校の皆さん、本当にありがとうございました。

さぁ、次はどんな子ども達に出会うでしょうか!
宮城県の志津川高校で公演でした!

朝は少し肌寒く、体がなかなか起きない~>_<

本日は、珍しく体育館を斜めに使った舞台!


薫さんは筋トレ!


いっくんも、腕を鍛えてます。


仕込みの時の、あいのちゃんはカッコいい!(^-^)落ちないように気おつけてー、




公演中、高校生のみんなは最初から最後まで集中して観劇してくれました!


終演後、近くの公園で遊ぶ!!
元気だなー(^-^)
今日の小学校は表参道駅近く!



あぁ、残念。今日のトラックはレンタカーです。こんにゃくトラックが表参道を走るところ、見たかったなー!!

本番前はパスカールお兄ちゃんが持ってきた、マッサージグッズにみんな夢中になっていました。きもちぃー!






こちらは、休憩中にお化粧を直すおねえちゃん。



薫ココと理恵さんマルセルの姉妹の組み合わせは今回のツアーがはじめてです。
理恵さんは楽屋でもいつもおもしろいお話をしてくれます。美容の話においしいものの話に流行ってるお笑いの話!たのしいおねえちゃんです!


今日は2ステージでした。ようやく秋らしい涼しいきもちぃお天気になってきました。私は汗っかきなので秋を心待ちにしていましたー\(^^)/

小学校公演では毎回本番中、銀のロバの登場人物と同年代の生徒さん方から出てくる素直な反応やツッコミ?に、『あ!こんな風に感じるんだなぁ!』とか、『あ、私の演技違ってたな』とか勉強させてもらっています。

毎日楽しいです!!


表参道にきた記念に、PRADAの前で記念撮影!!みんな、キマッテマスネー\(^^)/



お疲れ様でしたー!
オペラ『銀のロバ』メンバー紹介
【シェパード・チューイ / 井村 タカオ】

シェパード・チューイは弟と妹をもつお兄さん。演じる井村さんは、“旅リーダー”としてみんなを導いてくれます。常にメンバーの様子を伺い、丁寧に手順を教えてくれる姿は、みんなの兄貴分ですね!そんな井村さん自身はお兄さんと2人兄弟。兄弟喧嘩はいつも負けていたんだとか。なんだか想像できないなー。
【マルセル / 豊島 理恵】

しっかり者のお姉ちゃん・マルセル役の理恵さんは、こんにゃく座でもみんなのお姉さんのように、テキパキお仕事をこなし、お世話をし、お洋服のお下がりをくれたりします!そんな理恵さんはお兄さんと二人兄弟。どうやらグローバルなお兄様らしく、理恵さんの誰にも隔てのない感じは兄さん譲り?
【ココ / 飯野 薫】

自由奔放で観察力抜群の末っ子・ココ役の薫ちゃんは、なんと実際も3兄弟の末っ子。二人のお兄ちゃんがいます。普段から確かに末っ子らしく、チャッカリ者な所(好きなエビフライ弁当の確保とか)もあったり。でも実は誰よりも人の動きをよーく見ていて、常に全体の流れを意識した客観的な視点を持っているんですよ!
【パスカール / 金村 慎太郎】

鏡のチェックは欠かせない!思春期真っ盛りの長男・パスカール役の金村さんは、女子力が高め。化粧水や日傘など美容への意識はかなり高め。もちろん本番前の鏡チェックも欠かさず!金村さんはお姉さんと二人姉弟。金村さんの忘れ物をパジャマのまま走って届けに来てくれたというエピソードもある、弟想いな素敵なお姉さんです。金村さんも思いがけずフワッと気遣いの言葉をかけてくれる素敵なお兄さんです。
【ファブリース / 髙野 うるお】

パスカールにとって兄貴みたいなファブリース役のうるおさんは、お兄さんとの二人兄弟。自転車に乗って二人で出かけたり、車で北海道まで行ったり、乗り物好きで仲良し兄弟ですね!そうそう、ファブリースはバイクに乗っていますが、うるおさんは真っ赤な車、サングラス姿で稽古場にやって来るのです。かっこいいんですよ、ほんとに。
【ファブリース / 壹岐 隆邦】

子ども達の輪に自然と溶け込むファブリース役を演じる壹岐さんは、生粋の子ども好き。こんにゃく座以外でもいつも子ども達に囲まれています。仕込みもひょいひょいっとこなしてしまい、後輩だけでなく先輩へもほっこりするような気遣いのできる素敵なお兄さんです。本人は二人の弟がいる長男。その兄さん気質はお墨付き!
【ピアノ / 榊原 紀保子】

みんなを引っ張って行くピアニスト・きほこさんは本当にカッコいい!カッコよくて女子が黄色い悲鳴をあげたくなります。そう、宝塚のOGとも間違えられることもあったとか。頼れるお姉様の紀保子さんは、お兄様と2人兄妹。きほこさんがこんなにカッコいいから、きっとお兄様も頼りになるかっこいいお方に違いない!
【ピアノ / 井口 真由子】

たくましい女性ピアニストといえば、いぐまゆさんも忘れてはいけません!グイグイとみんなを支えてくれます。そんないぐまゆさんは弟との二人姉弟。子どもの頃はあまり遊んでなかったなーなんて言っていたのですが、大人になってから弟さんのギターといぐまゆさんのピアノで共演した事があるのだとか。姉弟で演奏なんて素敵ですね!
【制作マネージャー / 山本 伸子】

旅公演の母と言えば制作マネージャー・のぶさんは実際2児の母でもあり、その存在感はまるでみんなの母。ついつい「おかーさーん」って呼びたくなるのですが「私はあなたのお母さんではありません!」っとピシャリと言われてしまいます。本人は4人姉弟の末っ子。末っ子である事は隠しているつもり。らしい。
【舞台スタッフ/大久保 藍乃】

一人でコソコソ直し物などが好きな舞台部・藍乃はこのツアー唯一のひとりっ子。銀ロバの兄妹喧嘩のシーンが羨ましいものです。自覚しているひとりっ子的要素は、お茶場のお菓子やお弁当で“好きな物は先に確保すべし!”って競争心が全然無いこと。“お下がりの服”の経験がほとんど無かったので最近は理恵さんからもらえる“お下がりの服”がとても嬉しい。






2016年9月〜11月は、このメンバーで『銀のロバ』の旅をします。
どうぞお楽しみに!



編集:大久保藍乃
今日はオペラ『銀のロバ』秋のツアー、体育館公演の初日です。
体育館が2階なので、搬入のお手伝いをしようと制作担当の私も朝から行ってきました!
(タクシーが全然来ないというトラブルに見舞われ、辿り着くまでひと苦労でしたが‥)

朝日が差し込む体育館の中で、着々と仕込が進んでいきます。

セットのバミリを探し中。

公演を重ねるたびに少しづつ印が薄くなってしまったようです。
舞台写真をチェックして、位置や角度を確認。

さぁこれでひと安心。

一方ステージの楽屋では
 
忙しくてもカメラに向かってニッコリ、衣裳係の理恵さん。

演出助手の花島さんとピアノの紀保子さん。
ビッグなお二人のツーショット。

リハーサルをおこない、いよいよ本番です。

10月に入ったというのに、今日の最高気温は30度超え。
会場は少しばかり暑かったようですが、午前公演の1、3、5年生、
午後公演の2、4、6年生、どちらも最後までしっかり観てくれました。
若宮小学校のみんなはどんなことを感じてくれたかな?

「銀のロバ」の旅はまだまだ始まったばかり。
どうか無事にケガなくがんばってきてね~。

銀のロバ、2016年度初日!

神奈川県立青少年センターホールにて横浜こどものひろばさんをはじめ、たくさんの子どもたちに観てもらいました!
2015年の『ロはロボットのロ』でも来ており、金村さん、薫ちゃんのことを覚えている子どもたちもたくさんいたのではないでしょうか?


さて!初日という事で、舞台部は井村さんの指示のもと、仕込みの手順を丁寧に確認しながら装置を組みました。
青い床面も丁寧に掃除し、壊れものも直し…なんてしてたら、お茶場では賑やかな声が?

恵川さんからシュークリームの差し入れ!
そしてもう一人のココのチャミさんこと熊谷さんからマスクの差し入れをいただきました!ありがとうございます〜!


美味しそうに頬張るココちゃん!
こんにゃく座のココ役者、なんて呼ばれたりする薫ちゃん。ロボットのココを経て、銀ロバのココちゃんはどんな風に舞台を飛び回るのでしょうね!


仕込みが終わると、インフォメーション。
制作マネージャーはのぶさんです!

のぶさんも初めてのロバ組です。みんなのお母さんのようにみんなを温かく包んでくれます。

のぶさんと私はロバ組初参加。
開演するまでの、主催さんやホールの方とのやり取り、照明さんへの合図出しなど、二人で一つ一つ確認し協力して進めました。

無事に開演し「ものがたりは〜旅をする〜♪」の歌が聞こえた時は、袖の中で二人手を取り合って喜んでいたのココだけの話し(u_u*)


開演前、私は客席を“カウベル”を鳴らしながら歩き、前説と呼ばれるお話しをします。
「携帯電話の電源をお切りください」とか言う、アレです。アレ、結構緊張するのです。
でもカウベルを鳴らしながら客席を歩き出すと、会場の雰囲気がスーーっと静まって来てみんなの耳が音に集中していくのを感じました。
私はすごく緊張していましたが、もうすぐ物語が始まるんだ、という、お客様のワクワク感が伝わって来て、とても嬉しかったです。
本番中は私は袖の中にいたので、その後どんな反応があったのか詳しくは分からないのですが、笑い声もたくさん聞こえてきて、素敵な物語が生まれていたのだと思います!

無事に終演し、あっという間にバラしとなります。
エレベーターによる搬出でしたが、皆様にお手伝いいただき、無事に終わる事が出来ました。



最後はみんなでご挨拶。
ロボットに引き続き、またココで公演できて嬉しかったです。
本当にありがとうございました!



おまけ・・・

お手伝いに来てくれた制作の森ちゃん!


「〜♪ 妖精!森の妖精!」
っとココちゃんが歌い出すと妖精さんになってくれました。(動画で掲載したかったな…)

さらに、バラしが終わり着替えて楽屋から出てくると、

いただいたバナナで電話してました。
(ヤラセではありませんよ。本当です。)


そんなみんなの癒しの森ちゃんでした。
9月後半のこんにゃく座は、めまぐるしいのです。
秋冬の旅公演に向け、各チームが入れ替わり立ち替わりでお稽古をし、旅に出発して行きます。

私、大久保藍乃は今回銀ロバ組に舞台部で旅につきます☆
銀ロバチームの旅に着くのは初めて。
仕込みの事など、分からない事ばかりなので、早く覚えてバリバリ仕込むぞー(・∀・)!


私たち『銀のロバ』チームはBスタジオでお稽古。
狭いBスタジオにたて込むのはちょっと大変。
かつては稽古場を斜めに使ってみたりもしましたが、台前の演技スペースをしっかり確保するようにと、絶妙な位置に組み立てました。
なので、観る人たちのスペースはちょっと狭い(>_<)

最後の通しの日は、座員で見学の人も来たから、こんなキツキツでした。

そんなわけで、私は舞台前から通しを観られなかったので、Bスタジオの上から観ました。
Bスタジオの構造を知らない方には想像し辛いかと思いますが、Bスタジオの上には男子楽屋があって、そこから観る事が出来ます。

何気に全体が見渡せる特等席でもあります。
隠し撮り(u_u*)



Bスタジオの狭さもあってなのか、お稽古の時は芝居の迫力がすごいすごい!
役者同士も、意見を言い合い、まるで初めてこの作品に触れるように、どのシーンも、どの人間関係も色々試してどんどん変化して行き、さらなる新しい世界が広がっていきました。
数日の稽古期間なのに、とても濃密な稽古だったと思います(>_<)


最初から各シーン、演出の恵川さんとじーーーっくりお稽古。
どのダメ出しも、繊細でこの生き生きとした世界はこんなにも色んな事が絶妙に積み重ねられて出来ているんだ!っと驚きました。

これから旅に回ってどんな風になって行くのか、とても楽しみです(・∀・)



あっという間だけど濃いお稽古が終わり、装置をバラしてトラックに積みます。
無事終わってホッとしていると……。


ロバの装置がなくなったBスタジオでは何やら衣装合わせが。
おやおや、この衣装は何の演目だ?

これは10月21日、『流れる水と岩の歌〜林光バースデーコンサート〜』の衣装合わせです!

今『森は生きている』に出演している、バジさんこと佐山陽規さん、そして佐山真知子さん、新井純さん、こんにゃく座からは、美佐子さん、路都さん、茂さん、あかねさん、泉くんが出演します!

詳細はコチラにて☆

素敵な衣装がチラッと見えました(u_u*)
ネタバレにならないように写真は白黒にしちゃいました!
気になる方は是非会場にて☆★


さあさあ、
Bスタジオから銀ロバがいなくなり、その後Aスタジオには『おぐりとてるて』が立て込まれます!

このめまぐるしい感じがやってくると、秋来たぞー!!って気分になるのです(・∀・)

各チーム全国に向かいますよ〜。
みなさん、どうぞお楽しみに♪
オペラ『銀のロバ』、2015年のツアーもいよいよ千秋楽です。
あそびあーと☆こども劇場いるまの方々と、所沢こども劇場さんが主催してくださった公演。

あそびあーとのみなさんは道具の搬入も手伝ってくださいました。おかげさまであっという間に完了!

今日は仕込みから、長身の壹岐くんと


ちびっこの制作ナナ子さんと


長身の制作麦さんも来てくれました。



びゃーっと仕込みをして、一息入れようとロビーを進んでいくと、

「銀のカフェ」なるものが!


そっと入ってみると…

キラキラ素敵なごはん!


美味しくて美味しくてもりもりいただきました。


舞台では今日の作戦が練られております。



隙間時間で次のツアーの予習をする人も。


千秋楽は始まりの日でもあるのです。

このツアーも思えばいろいろなことがありました…


伝統を受け継ぐ職人さんがコードを巻き続ける日々。


体育館を船が進んだり


Tシャツが床と馴染んだり


教習所みたいな踏切のある学校にも行ったし


ホールでは笛吹きコラボもありました。


コーラを愛してやまないこの男は


低い枝のある学校ではさすまた使いになり


ヤンママみたいなひとが現れた日もあり


例の写真を撮ってるところを調光室から目撃したりもしました。


そんな日々を乗り越えてきた今日、千秋楽。

なんだか感慨深い気持ちです。

少しきりっとした気持ちで客席から登場して、舞台に上がり、ひんやりした春の朝の空気の中に入ってゆきます。

この、物語に入っていく瞬間が、いつもとても好きだなあ、と思います。

物語が進んでいくあいだ、ココとして生きている時間も、とても好きだなあ、と思います。

そしてココから一人の歌役者に戻って、物語と旅をする瞬間も、とても好きだなあ、と思います。

こんなに好きなことが詰まった『銀のロバ』を、楽しみにしてくださっていたお客さまと共有できることがとても幸せだな、と思います。

エピローグで「ものがたりはたびをする」と歌っていたら、今期のツアーで出会った小さなお客さまたちの顔がわあっと浮かんできました。そしてなぜか、その子たちと一緒に物語を運んでいるような不思議な気持ちになりました。

もしかしたら、ツアーを重ねるごとに、一緒に物語と旅をしてくれるひとが増えていくのかも。そう考えたらなんだかとっても嬉しくなったのでした。


オペラ『銀のロバ』は、今年はこれでおしまい。次のツアーは2016年です。

またどこかでお会いできますように。

ありがとうございました!
カテゴリー
最新コメント
[05/27 コルシカ]
[05/20 NONAME]
[05/20 ちゃみ]
[05/18 NONAME]
[05/15 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/