[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
6月6日 仕込み&ゲネプロ

6月1日〜5日までの濃密なお稽古を経て、やって来たのは狛江第一小学校☆
わーって搬入し、ざーってそれぞれの部署に分かれて仕込みをした後は、

演出の福田善之先生と振付の吉沢恵さんに見守られる中、舞台での通し稽古が始まります。


その前に制マネひろかさん(左下)からのインフォメーション♪
いよいよ旅が始まったーって感じです( ´艸`)


入念に装置の確認をして…。

夜だから、暗転になるとものすごく真っ暗☆私、暗いの苦手なんですよねー…(;^_^A
でも、無事にゲネプロ終了★


ダメ出しをいただきまして、明日の本番に備えますo(^▽^)o

6月7日 初日2ステージ♪

朝、学校に着きますと、すでに

制作の田上ナナ子さんが!

朝、観てくれたのは1年生から3年生の小さなお客様 
ピアニストの真理子さんが登場すると「かわいいー♪」の声がっ☆
その後もネコになった人々が出てくると「かわいいー♪」と連呼(笑)
ありがとーございまーす(o´∀`)b

その後も、お話の内容にしっかりついてきて、賑やかに元気に楽しく参加してくれました(*'▽'*)

昼食には、この学校に勤めていらっしゃる音楽教育の会の中野先生が
山梨のキュウリやトマト、手作りの水ようかんを差し入れてくださいました(*´∀`*)ノ




さらには、今日が初日ということで、福を招きますよーにと、招福まんじゅうまで♪


本当にありがとうございました☆

お昼、観てくれたのは4年生から6年生の少し大きなお客様♪

朝とは違ってものすごく暑くなってきた体育館だったにも関わらず、ものすごく集中して、観てくれました(^ー^)
最後、帰って行くときには、作品の中に出てくるリズムを手拍子しながら帰って行く子もいて、なんだかほっこりした気持ちになりました( ´艸`)

そんなこんなで、初日の幕は開きました!
これから大阪、福島、仙台、福岡、横須賀と旅をします☆
私たちのメッセージが全国で伝わりますよーに、いざ出発ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
六月から始まりました、
ねこのくにのおきゃくさまツアー、

私は体育館のみついて行くレアキャラスタッフ、小野崎です。



ねこの皆さん、事前に個別稽古はあったものの、
全員での稽古期間はたった5日間!
この5日で集中して仕上げるわけです。
そんな熱い稽古場に潜入して来ました!

茂さんのキメポーズ!



…決まった!カッコいい!


………けど、
なんだかTシャツの後ろから笹が見えているのが何だか笑える…
皆さん真剣なのに、私一人、ニヤニヤしてしまいました。ごめんなさい。




4日目には振り付けのメグさんがいらっしゃり、

新ユニットへの熱血指導!


井村さんが、私の横でボソッと
「ウィンクみたい。」
と言っていました。





4日目、5日目と、
福田先生もいらっしゃり

全員、気を引き締め直して真剣勝負。

福田先生は実際にねこを飼っていて、ねこの動きについては特にリアルな指導でした。

私もねこを飼っていた経験があるので、
「ああ、やるやる!」と思いながら見ていましたw



そんな訳で、
去年とは少しメンバーの入れ替えもあり、
ねこのくに、
リニューアルして、旅立ちました!




\(^o^)/ えいえいおー!
今回の写真は「お気に入りのTシャツ」です!
それぞれの紹介では、Tシャツのエピソードや趣味や特技など。
座員の知られざるあれこれを紹介しちゃいます☆


《王様:大石哲史》


口の中で水玉を作って、それを飛ばす技を持ってます。
出身中学で大はやりした技で、クラスの半分くらいの男子は体得したんじゃなかったかな。
なかにはダブルという技、つまり一度に二個シャボン玉を飛ばすツワモノがいたっけ。
なんでそんな事をしてたって?わかりませんね。
ただ、関西なので、人に出来ない事、受ける事をやるのに毎日必死でしたからねえ。
誰かがやりだしたんでしょうねきっと。
修学旅行の時、東京のどこかの駐車場で隣に停まった他校の中学校のバスに向かって、ほとんど全員がシャボン玉を飛ばしましたね。
あちらの生徒達はただポカーンと眺めていましたね。なんだったんでしょうね
今でも一人で考え事をしている時、時々プカープカーと吐いています。



《王女:豊島理恵》

趣味は料理。特技も料理。
稽古でいくら疲れていても料理をしてリラックス。
お弁当らしからぬ物をよく持参している。パンケーキとかお好み焼きとか。
食べる事が好きなのだけど、しょっちゅうお店に行ってるとお金が続かないので(笑)
食べたい物は自分で作ります!
それが、フレンチやイタリアンであっても。
美味しい味は私の舌が記憶してるみたいで再現するのも中々楽しい☆
このTシャツは沖縄ツアーの時に購入したもの。
黒地にVIVIDなショッキングピンクのロゴがROCKなのに可愛いシーサーがいるのが良いのです!



《王子:沖まどか》

特技は、様々なお料理を美味しそうに食べること 
これは別に、やろーと思ってやってるわけではありませんよ(;^_^A
なんだか、本当にいつも美味しいと思うからそーなるんですね☆
一家に一台沖まどかです♪お料理の作り甲斐があると思います!
そしてこのTシャツ、Disney Seaへ行ったときに、可愛いと思って購入しましたところ、人々に「同じ顔が2つ」とか言われるのですね。
これは…私も可愛いと言ってもらえてるのかというと、そーではなくて、ただ丸い!という形が、どーやら似ているようですね…残念です(笑)
そんな沖まどかは大阪市天王寺区出身です!が、大阪のことはあまり詳しくありません(^_^;)



《大臣:武田茂》

お疲れさま。元気にやってますかな。
大臣は敵役だと演出の福田さんに言われました。
どんな悪役に作るかが大きな課題です。
さて、趣味です。釣りが好きです。
この時期は二子玉川の辺りで子鯉が釣れます。
次に読書。藤沢周平と山田風太郎が慰めてくれます。



《友人:彦坂仁美》

シンプルな服が好きなので、気に入ってるTシャツもやっぱりシンプルな黒Tシャツ。
このTシャツは、USAに行くと必ず行ってたバナナリパブリックで買いました。
袖の長さが大好きだしサイズもピッタリ。
入座前に買ったのだから多分15年位着ているんだと思います。
まだまだ長く着られそうです。


《おきゃくさま・兄:井村タカオ》

千葉県出身
趣味 山登りにしようかと

松江で頂いたゴーシュTシャツです。



《おきゃくさま・妹:西田玲子》

このTシャツはこんにゃく座に入る前に「インサイド マミー展」で買ったものです。
なぜツタンカーメンの顔が緑なの?
その感覚にノックアウトされて、子供用だってかまわないぜ!と手に入れました。
以来10年くらい私のワードローブの第一線で活躍し続けています。
その直後、トラックのロゴがなぜレインボーカラーなの?と思った団体に入ってはや9年。
やっぱり今だに大好き!
謎めいた色使いとの出会いは、私の人生を変えていく。
出身地、東京。



《案内人:金村慎太郎》

写真で着ているシャツは、おいらのお気に入りのシャツです!!
このシャツは、こんにゃく座に入座した一年目に、オペラ「ネズミの涙」の稽古に音響としてついた時に、演出家のチョンさんからいただいたシャツです\(^o^)/
このポールスミスのシャツを着て稽古してまーす( ´ ▽ ` )ノ



《ピアニスト:服部真理子》 

旅先で本番が終わってホテルに着く頃、真理子さんからメールが来る。
「良いお店、見つけたわよ〜。」ついていくと、こんなところに店があるのか?
というところに、あらビックリ!
あるのですよ、素敵なお店が。そして美味しい!
どうやら彼女には聞こえるらしいのです。
「こっちにおいで、美味しいものがあるよ」と言う声が。
出身地は鎌倉
(文章:西田玲子)

 
《制作マネージャー:鈴木裕加》

こんにちは、鈴木ひろかです。
今回着用しているTシャツの主役は皆さんもよくご存知のミッフィーちゃんです。でも、ちょっとメタボちっくだと思いませんか?そのうえカタカナでミッフィーって…あやしい。
これを見た人に「バッタもんだ!」とよく思われるのですが、実はこのTシャツ、ミッフィーちゃんの誕生したオランダからやってきたんです。
ほんまもんなのにインチキくさい。ここがお気に入りポイントなんです。



《舞台スタッフ:小野崎有香》

小野崎有香、ふたご座、B型。
(現こんにゃく座では歌役者でB型は珍しいらしいです)
出身地は宮城県、仙台市。
さて、仙台で有名な戦国武将は誰でしょう?
ー正解は、…そう!伊達政宗です。
その伊達政宗ですが、
実は命日が私の誕生日なのですw
と、言う事で、お気に入りTシャツは伊達政宗 辞世の区Tシャツです。
「曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く」

私の人生もなかなか先の見えない物ですが、心の月を頼りに、自分の信じた道を悔いなく生きたいなぁ、と思います。



《舞台部スタッフ:鈴木あかね》

裏方見習い一年生のあかねです。
茨城県土浦市出身です。
趣味は、あんまりガッツリは読まないプチ読書。
特技は特にありません。
このTシャツは、座が初めてフランスのアビニヨン演劇祭に、『セロ弾きのゴーシュ』でオフ参加した時の、お土産にもらったものです。
これから暑くなりますね。体調を整えて、体力つけて、頑張ります!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オペラ『ねこのくにのおきゃくさま』、2013年度は、以上のメンバーで元気にお送りします!


写真撮影:金村慎太郎
《王様:大石哲史》

今回のツアーでは、王様役と稽古リーダーと制作マネージャーを担当。
そのうえ、トラック助手までやります。
働き者のわれらが王様は、劇中の「聞けーーー!」という歌が大層お気に入りなのか、どんなにゆる〜い稽古の時でもフルボイスで吠えみんなを驚かせています。
威厳のある王様が恋をして、あたふたしているところがとってもキュートなんですよ。
(王様の娘:鈴木裕加より)


《王女:鈴木裕加》

見ている人をきゅんとさせる可愛いお姫様から、泣く子も更に泣く恐怖の老婆まで、幅広い役を演じます。
ほわんとしているのに営業や衣装部のお仕事をいつの間にかどんどん進めてしまっているすごい人です。
時折見せるおもしろい表情でいつもみんなを和ませてくれる優しい姉さんなのです。
(王女の弟:熊谷みさとより)


《王子:熊谷みさと》

謎の女 チャミ! まず、何故熊谷みさとがチャミなのか? 答えを聞いたはずだったが、納得出来なかったからか忘れた。
ほら、こんなメールをうっていると、目の片隅に不思議な倒立をしながら、金太郎さんが熊とお相撲をとるような目で中空を睨んでいる。魅力的で怖い!そのうちにそんな歌を歌うようになるんだろうな 愉しみ愉しみ!
(王子の父:大石哲史より)


《大臣:武田茂》

気は優しくて力持ち!
出てきただけで子供たちが釘付けになってしまう圧倒的な可愛らしさを持つおじちゃま
低音から高音まで響きの揃った熟成された声は、どんな体育館でも響きわたる。
きっとこんにゃく体操を極めたからに違いないっ!!
(大臣の息子:彦坂仁美より)


《友人:彦坂仁美》

大臣の息子役のひこちゃんこと彦坂仁美 さんは、ソプラノです。
藤沢市のずっと先の二宮から錦糸町の稽古場に、稽古開始二時間前に来て、自主稽古をします。
子供だけでなく、お婆さんのような役もやります。さあ、どう演じ分けるか、楽しみですね!また、エンジェルになって登場します。どのシーンか分かりますかな?乞う御期待。
(友人の父:武田茂より)


《おきゃくさま・兄:井村タカオ》

物静かな人です。
どんなヘンテコな意見にもダメ!とか、違う!とか言わずに受け入れて一緒に考えてくれる頼れる、頼れるお兄さんです。
やさしく問いかけるような瞳がとっても魅力的で、あんまり真っすぐ入ってくるので、見つめられるとドキッとしてしまいます。
踊りも素敵だけど、王女さまはこの瞳に惹かれたんじゃないかしら?
(兄の妹:西田玲子より)


《おきゃくさま・妹:西田玲子》

どうゆう人なんでしょうかね。
よく解らないけど、時に厳しく、時に優しく、良く動き、良く喋る、元気な女の子。
そのまま役に反映されるでしょう。
(妹の兄:井村タカオより)


《案内人:金村慎太郎》

金村慎太郎君は、何だか少し僕と似た名前で親近感を覚えています。
彼の放つオーラはとても中性的な香りがし、入座した時から何となく誰かに似ている様な気がしていましたが、最近映画の宣伝を見ていて気づきました。韓流スターだ…。
顔立ちも良いですが、彼の声はとても素敵です。案内人を演じる彼の歌声にいつも惹き付けられています。
いい声してるなぁ〜。
(川合福太郎より)


《ピアニスト:服部真理子》(12月ツアー)

ねこのくにへ帰って来た華麗なるピアニスト・真理子さま。毛皮を着てダイナミックな音楽を奏で、ボス猫さながらに私たちを引っ張ってくれます。
猫耳に付いたキラキライヤリングがキュート!
(熊谷より)


《ピアニスト:大坪夕美》(5〜7月ツアー)

歩くことが趣味。
リボンのよく似合うとっても可愛らしい人です。
そしてその可愛らしさからは想像もつかないほどストイックな人です。
休憩中も稽古後も、常に誰かと合わせをしています。
「大坪さん休憩しなくて大丈夫なのかなー?」とお茶場で話題になるほどに、どこまでもきっちり付き合ってくださいます。ありがたや〜!
(熊谷より)


《舞台監督:坂野早織》

何事にも動じなさそうな安心感のある人ですが、内臓にとんでもないピロリを飼っていたりします。
耳が異常に良くて、地震の前後には地鳴りがうるさくて大変なのだそう。
天文に果てしない興味を抱く、動物好きの楽しい舞台監督です。
(熊谷より)


《舞台スタッフ:富山直人》(12月ツアー)

初演で大臣役を演じて以来の、ねこのくにの富山さん。初演を一緒に創っただけのことはあり、作品のこと、内面のこと、みんなのことをよくわかってくれて、動きやすいように声をかけてくれます。カメラを向けると得意のキュート顔をしてくれるお茶目な先輩。
(熊谷より)


《舞台部スタッフ:川合福太郎》(5〜7月ツアー、12月18日)

ねこのくにの裏方に新人の川合福太郎さんがつくことになりましたー。
彼は、イケメンで力持ち、しかも男らしい声を持っていて、性格も優しい感じ!!
素敵すぎるー!!
こんにゃく座も、ますます女性ファンが増えますね!!
(金村慎太郎より)


今日は毎年お世話になっている、長岡京記念文化会館で公演をして参りました♪

座員は良く知っている


劇場の田原本さん!

今年も温かく迎えてくれました。

そして制作として、またこんにゃく座の関西の母としてご尽力下さいました、


岡原真弓のお母様。

そして素敵な写真を展示して下さった。


岡原パパ

そして、厳しくも温かいお客様に支えられ、無事公演を終える事ができました!
12月18日(火)曇り

久しぶりの本番です!
千葉県佐倉市の西志津小学校の体育館にやって参りました。

PTA主催公演という事で体育館入り口にはPTAの皆さんの手作り看板が飾られていました。



校庭を見てみると、たくさんの生徒さんたちが校庭をお掃除してました。朝の掃除って気持ちいいですね!


トラックと掃除を終えた少年をパチリ


校庭には大きな滑り台もありました!


さて、2学期初の、そしてラストの体育館公演!
午前中は1〜3年生がよ〜く観てくれました。途中ちょっと難しい場面もあるのですが頑張って観てくれました。どうもありがとう!
終わってPTAの皆さんと記念撮影をし、豪華なお弁当を頂き午後のステージ!
又々4〜6年生が集中して観てくれました。
終わってから6年生の生徒さん一名の感想発表がありました。
「楽しかったり面白かったり寂しかったりしました」と聞いた時、うるっとしました。

おまけは本日めでたくウン才になったひろかちゃん


おめでとう!
今日は南足柄文化会館で公演です。
こちらのホールではオペラ「ピノッキオ」「注文の多い料理店」も見ていただいているので、今日の「ねこのくにのおきゃくさま」も楽しみです。

トラック当番の私と西やんは富士山や金太郎さんを眺めながらホールへ移動。トラック当番といっても私は助手席でおしゃべりしているだけなんですが。



到着したら各部所に分かれて仕込みです。さっきまでトラックをころがしていた西やんは照明を仕込んでいます。



それが終わったら自分の小道具のセッティングに装置並べなど大忙し。



ピアニストのまりこさんとも音楽稽古をします。気合いの入った表情です。



全体稽古をし、本番ですが、その前に(*^□^*)
神奈川県西部子ども劇場のみなさんが用意して下さったご飯をペロリ。



美味しいご飯にパワーをいただきいよいよ本番です。



終演後、観ていたたくさんの方に声をかけていただきました。ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。
オペラ『ねこのくにのおきゃくさま』お稽古はじまりした。


一学期にも公演しましたが、


ピアノできっちり音の確認から。

何となく歌ったりすると知らないうちに音があいまいになったりしますからね。

お稽古場にセットや小道具が入り、衣裳も大物は付けてお稽古します。


あら、これは大臣の猫耳。

帽子と髭もついているので形が崩れないように専用のホルダーがあります。
可愛いお顔が描いてありますね。
本物の大臣とはずいぶん違うような…。

早替えや動作に影響のあるものだけ着けてお稽古したりするので、


ちょっとおかしな格好の人もいます。


振り付けは、めぐ様!


めぐ様は、お稽古を観ているときも常にダンサー開脚。
どんな格好をしていてもいつも美しく、そのすらりとした長い足にうっとりしてしまいます。

そのめぐ様の熱烈お稽古に


キャッ!

踊りすぎてズボンのお尻が破けてしまったかたが。
張り切りすぎですぞ、お気を付けあれ!


ご飯休憩でもお仕事をしている人が。

大石さんはこの旅の制作マネージャーでもあるので、スケジュール確認やお弁当、切符の手配などいろいろなお仕事をしなくてはならないのです。


公演の情報が書かれたシートをもとに確認中。


そして最終通し。


通す前にエネルギー補給。

衣裳を汚さないようにきをつけてね。

この日は体育館公演で照明オペレーターをやってくれる福ちゃんも来て、


照明卓を持ち込んでシュミレーション。


ピアニストはキラキラ猫耳の真理子さん。



今回は、稲城、福井、杏と、広島と一般公演もあります。
お近くの方はぜひぜひ会いに来てくださいませ。
さぁ〜今日も5時に起きて、トラックを転がして、本日の公演地[常盤小学校]へやって参りました〜



着いてみたら…おやおや〜何か厳かな感じの門でございます。



ふとその脇にあるプレートを見ると…



な、なんとっこの学校は国の大切な遺産に指定された建物ではありませんか〜

そして中に入って校舎を見上げると…



なる程〜創立140周年の文字が。納得です。

小ジンマリとした講堂の仕込みを手早く終えて本日の舞台をパシャリ



趣のある赤い緞帳が本日の舞台の背景となります。
今にも本当に人形芝居が始まりそうな雰囲気にワクワクします。



仕込みが終わってホッと一息お茶をススるの図であります。

さぁて本番です。
毎度の事ながら子供達の合いの手というかチャチャに笑いをこらえるのに必死!
本日の僕のナンバーワンは、休憩中に楽屋に何やら歌声が…

なんちゃらかんちゃら〜♪

こ、これは休憩直前に唄う首を吊られたピノッキオの歌だっ!
これは笑うを通り越して感動でしたっ
本当に一所懸命観てくれて有り難う〜
感激のジェペット爺さんでした!

明日からしばしのホリデー。
とことん眠るぞ〜!!


佐藤'ジェペット爺さん'敏之
今学期の公演の締めくくりは、『ねこのくにのおきゃくさま』と『よだかの星』のW公演!
代々木の、国立オリンピック記念青少年総合センターで7月21日から催されていた『出会いのフォーラム』の最終日でした。

同じ日に同じ会場で2つの演目を上演するということで、仕込みメンバーは普段の倍…いや、3倍!
あっという間に搬入が終了してしまいました。

搬入口の横からは緑が見える大きな窓が!素敵☆

シルエットで誰だかわかるかな?

はじめは『ねこのくにのおきゃくさま』から。
大人数なので、仕込みもどんどん進みます。


ねこのくにの王子の親友がねことよだかの衣装にいっぺんにスチーマーをかけたり


よだかチームのお姉さんが余裕のVサインをしたり。


制作の人たちも総出で受付を作ります。


麦さんはいつだってカメラ目線です。


仕込みの合間にロビーの一角で歌の確認をしたり


イケメンの隠し撮りをしているところを


隠し撮られたりしているうちに


照明の仕込みも終わって


とうとう開演です!


今学期のラストステージを満席で迎えられ、みんな気合十分に熱い時間を過ごしました。
お客様に心から感謝です。


嬉しいプレゼントもらったよ☆


ねこが終演すると、大急ぎで片付けをし、次はよだかです!


腹ごしらえをしてから


みんなで雨乞いの呪文を唱えたら、


舞台稽古も気合十分☆


カメラ小僧に意気込みの表情を向けるよだかのお兄さん


よだかの星も見事に満席で、ねこのくにに引き続き2公演見てくださったお客さまも大勢いらっしゃいました。
ありがたいことです。
『キルキル』で久司さんがお客様と握手をしたら、黄色い歓声があがっていて、なんだかアイドルみたいでした。

こんなふうに1日のうちに同じ会場で2つの演目をやることはなかなかないことなので、いろいろ新鮮でした。
全国からたくさんのお客様が足を運んでくださり、暑い中目を輝かせて舞台を見てくださって、ありがとうの気持ちでいっぱいです。
前のめりになって、一緒に笑ったり泣いたりしてくださっているのが舞台の上からでも感じられるというのは、本当に幸せなことです。
旅の締めくくりにふさわしい、熱い公演でした。


これでこんにゃく座の旅公演はしばらくお休みです。
8月からは、『森は生きている』に向けて、力を合わせていきます。


どうぞおたのしみに☆
カテゴリー
最新コメント
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
[06/01 冨川博江]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/