[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
おかめインコ、彦坂です。
本日の座日記担当です!

7月2日(火)晴れ
オペラ『ねこのくにのおきゃくさま』本日の会場は仙台市の大和小学校体育館です。
体育館の前には、こんなにステキな花壇があって、サルビアが真っ赤です!



朝7時から準備をしました。
今日も良く晴れて体育館は段々と暑くなってきました~
さて、1回目の公演は1、2、3年生がおきゃくさまです。
暑い中最後までよ~く観てくれました。どうもありがとう!!
ねこの王女さまと旅人とのステキなシーンでは一緒に手をたたいてくれて、みんなの気持ちが一つになりました。
1ステージ終了後はお昼ごはんです!

本日のメニュー


全員給食当番です。



温かい給食を美味しくいただきました〜
そして本日のスペシャルおきゃくさま、林光さんの娘さん、みかんさんからいただいたさくらんぼ。


2ステージ目のおきゃくさまは4、5、6年生です。
体育館はどんどん暑くなってきました!
本番前に楽屋でパタパタ扇ぐたちをパチリ



4、5、6年生も暑い中本当に良く観てくれました。どうもありがとう!!!
終演後、みかんさんがニコニコ顔で『お疲れさまでした~』と、楽屋にいらっしゃった時はすんごく嬉しかったです!
一学期のラスト体育館公演、無事終了いたしました。
皆様に感謝!感謝!

王子のともだち役 彦坂仁美
7月1日、仙台の長町小学校。

体育館2ステージ
朝6時30分にホテルのロビーに集合。
しんちゃんの運転するハイエースで学校に向かいます。

7時から仕込み開始。

先生が扇風機を用意してくださいました。夏ですね☆



夏ということで仕込み着も涼しげに、話題のキュートステテコに華麗に模様替え。

張り切って参りましょう。


本番中は緞帳を閉めて隠してしまうステージ上の楽屋はこんな感じをなっております。

男女、それぞれの化粧前とお茶場、奧は校章などをさげるバーを下ろし、衣裳を吊す即席のビッグシュテンダーとして使います。

舞台の方は、リノリウムがはられ、袖幕が立ち、あとは仕上げの大黒幕がはられれば出来上がり。


ザクザク仕込み、お稽古もして10時45分開演。

なんと彦さんの仙台に住むお友達が遊びに来てくださいました

会うのは実に24年ぶりだそうです!

お友達が差し入れてくださった笹かまぼこを食べてあまりの美味しさに、モディリアーニの肖像画のような彦さま。

外側パツ、中ふわっ、の絶品笹かま。
お弁当の時間にみんなでいただきました。

ありがとうございます☆


公演中、セットの転換の場面で眼鏡をかけたらどうかと、持っている小道具の中から余っている眼鏡を試しにかけてみたら、


あら?

古川ロッパさん?

こちらサリバン先生?

いや、同じ眼鏡でもかける人によってかなり印象が違う。おもしろ過ぎるのでやめました。

それを見ている

オカメインコ♪

こんなメールが来た。

件名:おめでとうございます

本文: 沖まどか様

なんと、ねこのメンバーの中から、
沖まどか様、あなたが当選いたしました!




本日の座日記、
宜しくお願いします!

**************

なんだか、嬉しいようなだまされたような複雑ですが、喜んで本日の日記を書かせていただきます(o´∀`)b

というわけで、本日のネコ組は仙台への移動でございました。

車移動の素敵なところは、

もちろんコレっ☆

遠足かっ!!!!

楽しいねぇ( ´艸`)

楽しくお喋りしたり、音楽聴いてたり、お菓子食べたり、
運転してない人は…

気持ちよくおねんね。。。
そんなこともありますね。
しんちゃん曰わく、
しげどんの寝顔は高校生のようで可愛いらしい。
盛り上がってたら、起こしちゃった(;・д・)
ごめんね。しげどん。


そしてコレコレ!!

運転手交代やトイレ休憩、食事休憩などでお世話になるサービスエリア。
各地の名産品などをたくさん売ってるのですね。なんだかいつも何かしらに手を出してしまいます(^_^;
これは東北道上河内SA、
栃木県の名物である餃子、の饅頭♪
そしてなつおとめのクレープ 
なつおとめってイチゴの銘柄♪


トラックの2人も餃子饅頭♪
なんとその10分後には
ハイエースに乗ってた私も餃子饅頭をゲット♪


この餃子饅頭、とーっても美味しかったですのヾ(≧∇≦)


そして、なぜか宮城県の菅生(すごう)PAでは、

外国のお菓子特集☆
すんごいアメリカンなものが大量に!
彦さんによると重さも本当に重かったとか。

そんなこんな5時間30分ほどで仙台へ到着☆

仙台と言えば

“牛タン”!!!

というわけで、女子チームはホテルの近くにある牛タンのお店、利久にてがっつり夕飯です。


これで明日も朝早いけど、
元気もりもり頑張るぞーε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
お疲れさま。
元気にやってますか!

北沢又小、福島市にて

雨。
ホテルを6:30に出て、7:00から舞台作りを始める。
昨日に比べて条件が良く、舞台部は8:00過ぎにはほぼ完了しました。


少し休んで、体を動かし声を出して体調を整える。
「ねこのくにのおきゃくさま」の原作者、シビル・ウェッタシンハさんの母国、スリランカは2、3年前まで激しい内乱のあった国です。
タミルイーラムの虎という武装組織を全滅させることで問題の解決(?)を図りました。
ですからこの作品には、平和共存、他民族理解への深い祈りを感じます。

50半ばを過ぎて、20代や30代の若者とおなじことをするのですから、体のあちこちが悲鳴をあげます。
しかし、それを忘れて深く作品に集中出来る時があります。



大人は、子供には難し過ぎる内容では?と言うけれど、子供達は固唾を呑みながら物語がどう展開するのか実に良く見ています。

黒澤明監督「羅生門」のラスト、人間不信に陥った僧侶が、甲高く泣く、捨てられた赤ん坊を見つけて、宝物を見つけたように大切に抱き抱えて歩き出すシーンが強く印象に残っています。
未来を託す子供達に私は、自分達の持っている最高のものを、毎度毎度見てもらいたいと思う。


北沢又小の生徒に接してこんなことを思いました。
ホテルから小学校までのハイエースの中、たんぼ道を走っていたら、いつもにもまして大きな嬌声があがった。

さくらんぼだ!

僕はあまり果物は食べない。
だからどんな果物が実っていても、そんなに嬉しくはないんだが、さくらんぼだけはどうしてかなあ、昔からついほほえんでしまう。


今日の体育館はかなり残響が少なくちょっと心配だ。
子供達が「こんちわー」と大声で入ってきた。
福島の子供達も元気いっぱい。300人だ。
この子達に音が吸われて、また音楽の響きが薄くなるかなあー?
でも時々はお客さんが沢山入った方がよく通っていく小屋や体育館があるから不思議だ。
その時々の方になれば幸いだ。


校長先生の明快で的確なお話しが始まった。
なかなか素晴らしい!
子供達しっかり聞いている。
そして、担当の女の先生のお話し、優しいトーンでそれでいて優し過ぎずオペラとはこんなもんだよーと子供達に興味をもたす喋り口、素敵だ。


そして極めつけは子供達の僕たちを呼ぶ声
「準備出来ましたよー」
こっちもやる気百倍!

さて、開演だ!

福島とはいえど、体育館。
かなり高温多湿になった。

一年生が心配だが、案内役しんちゃんが運転する階段のセットが登場するともう大騒ぎ、いい関係で舞台と客席が進んでいく。
さすがに王様と大臣の渋い場面はちょっともじもじし始めたが、王子と友達と猫達の場面になったらまたまたのりのりだ。

最後までいい緊張感を保ちながら舞台が最後の暗転となった時、
「ええー、もう終わりー!!」
と二三人の子供の声がした。

これは、物語の終わりがわかりにくい、とも受け取れるし、もっと聞いていたいのに、とも取れる。
僕は後者に違いない、と思う事にした。


バラシが終わった頃、もんのすごく可愛い合唱部の子供達が20人くらい見送りに来た。
三年前、僕とまどかとでやった幻の狼のワークショップに来たか、それに参加した先生に教えて貰ったかした生徒たちが、いきなり狼の遠吠えを聞かせてくれた。

感激!

お礼に井村君が森は生きているの前奏をスキャットした、一瞬ヤバイと思ったがみんなでそのキーで歌ってしまった。
かなり低いキーだったので盛り上がらず終わってしまった。ハハハ



最後に記念撮影 みんなでせーの「オノザキーン」。

6/17(月)晴れ
本日は移動日。.会津若松市に行きます。
私の父母は会津の出身で、子どもの頃は夏休みに必ず行ってました!

さてさて車移動の楽しみといったらサービスエリア!
ここでちょっとリフレッシュ!




福島県といったら桃!こんなジュースも売ってました。




目的地に到着!
ホテルの前の通りの名前はなんと野口英世青春通り!

ホテルの前にこんな広場があったり



街灯も英世さんが





この町は6時でお店が閉まってしまうらしく、可愛い駅目指して出かけました。



駅カフェがあってアイスクリームと水出しコーヒーを頂きま~す!



明日は会津の皆さんに楽しんで頂けるよう頑張ります!!





王子のともだち役 彦坂仁美

大阪市立こども文化センターでの公演も今日で最後。


このホールはこんにゃく座にとって、調度いい広さ、音響で、客席もどこからみても、見やすく、理想的なホールだと思いました。
こんにゃく座の力を充分に発揮できたのではないでしょうか。

大阪市内の子供たちはそれぞれに違った反応をしてくれるので、毎回新鮮な気持ちで演じる事ができました。


それから、この文化センターの職員の方々の暖かさを感じました。

玄関のお花も自分たちで植えていました。


子供たちに良いものを、という思いをひしひしと感じました。
その職員の宮本さんから少しお話を伺うことができました。



「こんにゃく座の『ねこのくにのおきゃくさま』は子供にはちょっと難しいのかなと思っていましたが、子供達の反応をみて、面白い所も難しい所も含めて子供達は子供達なりに受けとめているので、大事な事だと思いました」と仰っておりました。

大阪にこのような素敵な劇場があることを知り感心しました。
有り難く、感謝の思いでラストステージ頑張ります!
写真は宮本さん。



職員の方々ともパチリ

6月11日
今日から学校公演。

朝、劇場に行くとすでにみんな来て楽屋が開くのを待っている。
9時に開いて、9時15分には舞台集合、お稽古開始なので、みんなちょっぴり前のめり行動。

1場から3場までザッ!と通し、これは最後のシーンのお稽古。
音楽と場所の確認をします。

客席を前に頑張るぞ!と意気込むまどかちゃんとしんちゃん。

脇目も振ってくれない井村さんは、小道具のプリセット中。そう、開演までは本当に時間との勝負!ふざけてる暇はないのです。イヒヒ。


午前のステージが終わってお弁当!
今回の楽屋は一つの部屋をカーテンで仕切って男女に分けているのですが、お昼にはカーテンをオープン!
二つのテーブルでみんなで仲良くお昼ご飯。

微笑ましいですね。


2ステージ目までちょっぴり時間があったので、みんなの化粧前を激写!

男の子の化粧前はすっきり。
どうも三喜のファンデーションを使っている人が多いみたい。

しんちゃんはキュートなクマさんのメイクボックス。

井村さんのファンデーションはちょい濃いめ。

大石さんの化粧前に出ているのは、もはやアイブロウペンシルのみ!

しげどんは、のど飴が好きなのね。おりょ?鏡、小さすぎませんか?

それに比べて女の子の化粧前はにぎやか!
そして、化粧品はチャコットが多いみたい。

彦さんはチャコットのカラーパレットを愛用。

西田は土台で陰影をつけるため、クリームファンデーション3色使い。ドンピシャンは欠かせません!

まどかちゃんは演目にちなんでか、猫がついたものが多いみたい。
下に敷いてあるのはドラえもんの手拭い。ドラちゃんも猫だものね。

りえちゃんはポイントメイクは発色重視の海外ブランド。ピンクロマンティック!

みんなメイクの仕方が違うので、使っているものも全然違う。


機会があったらそれぞれのメイクを見てみてね。


今日の2ステが終わったら明日明後日は1ステージ!

頑張るぞ〜☆
今日は大阪公演の初日です。
火曜日から始まる小学校公演の前に、一般のお客様に「ねこのくにのおきゃくさま」をごらんいただきました。

座席には小さなお客様がたくさん座っています。
「どんな風にみてくれるかなぁ」と、ちょっぴりドキドキしましたが、楽しんでいただけたみたいで嬉しかったです。


それから、こんにゃく座をよく知っているお客様たちから美味しい物をたくさんいただきました。
どうもありがとうございます。

元座員のこまちゃんや赤松親子も見に来てくれてうれし楽しな一日でした。
7日に初日を迎えて本日いよいよ大阪ツアーに出発!
トラックとハイエースで目的地大阪まで参ります。

集合場所で新しいキャリーケースを前にご満悦な私。

(皆からインベーダーみたいって言われました(笑)これランプシェードなんですけどね。)


ドライバーはひろかとしんちゃん。
日差しが強いからサングラス姿のひろか嬢。


ビュンビュンと進んで皆でお昼ご飯!
新東名の静岡SAは新しくてキレイ。

土曜日だったので、沢山の人で賑わっていました。


8時間程で大阪のホールに到着!
サクサクと仕込みを開始してちょっと一息ついていたら浪花の漫才コンビを発見。夫婦漫才ならぬ親子漫才のネタ合わせをしているのでしょうか?

いやいや、大石さんの演出でまどか王子が前説の練習をしていました。


頑張れまどか!


いよいよ明日はホール版の初日。
沢山の大阪の子供たちに光さんの音楽が届きます様に☆
カテゴリー
最新コメント
[05/20 NONAME]
[05/20 ちゃみ]
[05/18 NONAME]
[05/15 NONAME]
[05/15 たのうえ@制作]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/