[1] [2] [3] [4]
夏の夜の夢のお稽古を見学してきました!

この日は、振り付けの范旅さんがいらっしゃり、まず最初は振り付けのある部分を取り出してのお稽古。
女の子4人の森のコダマ達の動きが可愛くて可愛くてたまりません(u_u*)
お稽古前からコダマ達はBスタジオで練習していました。


こちらはコダマ達のつかえるコダマの女王、カスガ!

…がお食事中。

ついつい、写真を撮ってしまいました(u_u*)



振り付け稽古の後は急遽通し稽古に!
范旅さんが、明日以降いらっしゃれない事や、演出の山元清多さんも、通し稽古ばっかりやっていたよねっと。
私は夏夢を見たことがなく稽古場もこの日初めて来たので、いきなり通しを見られてとてもラッキーでした(・∀・)

「あちゃらかオペラ」と言う事で、本当に最初っから面白くて、始終笑いっぱなしでした。
この日は楽士さんはピアノのみ。
ここからさらに様々な楽器の演奏が入るのだと思うと、楽しみで仕方ありません!


最後に……

おちゃめなうるおさん。



それと!!

こんにゃく座のプロモーション動画が新しくなりました(・∀・)♪
最近の演目も入って、心機一転!「夏の夜の夢」もあります。



是非みてみてください。
ダンダダダダダンッダンダダダダダン!!
稽古がはじまって何日が経ちましたでしょうか……徐々にとても小さな一歩ずつですが、慣れてきたかなー(*^ー^)
この度、新しくコダマに配属されました沖でございます(*´∀`*)ノ

今日のコダマたちは稽古場への入り時間が少し遅かったもので、初演からずーっとコダマ役の西田玲子さんにお願いしてメイク講習会が行われましたヾ(o´∀`o)ノ

さて、まずは普通のメイクします!


でね、一番最初の場面のテニスルックになってみたり…


続きまして、いよいよコダマのメイクに入ります!

目の下にまつげを描きます☆



口紅もおちょぼにして出来上がりっ( ´艸`)



そんな今日は夕方から器楽合わせ♪なんと、この『夏の夜の夢』には、8人もの楽士さんが参加してくださっています!


豪華っ☆★☆

普段の稽古の時にピアノ一台だけでやっても素敵なこのオペラですが、こんなにいろんな楽器の音が聞こえてきて、本当に素敵なんですっ( ´艸`)


恋人たちの場面や、



職人たちの場面、


ヤマト様とガタロの場面

最初っから丁寧に合わせていきます。もーとても楽しそうに演奏してくださって、笑いの絶えない器楽合わせでございました 

さてさて、コダマたちですが、演出の立山ひろみさんにもチェックしてもらい、ちょびちょびやり直したりして…


こんな感じで行くことになりましたよ!(ちゃんと衣装着て、写真撮りなさいよ、自分!)
ハイ、失礼いたしました。


みんなもご満悦なよーです(o´∀`)b

いよいよ明日からは12月。
毎日毎日、少しずつこの作品に馴染み、素敵に進歩していけるよーに頑張りまーすε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
『夏の夜の夢』、新しいキャストも加わって、2年ぶりの復活です!
本日はコダマと職人を中心に稽古をしていきました。


今回新しくコダマになった3人♪


定式幕に対抗しているわけではありません


コダマは歌に振り付けに場面転換にと覚える事がたくさん!
4人で一組のコダマ、3人をまとめるのが、このお方


リーダーはやっぱりレッドなのです


職人はお馴染みの6人組!
稽古のシーンの稽古とか、劇の中の劇とか、もう劇なのか稽古なのか判らなくなるくらい、はちゃめちゃです♪


恋人チームに新しく加わったのは、
女優演じる


女優・弥生嬢!


華やかな器楽陣にも、


打楽器の高良さんが初登場!



衣装も繕いなおして、心機一転


そういう私も舞台部初参戦。
マゴコロ込めて臨みます!


※『真ん中』と『中心』がごっちゃになっちゃいました




あちゃらかオペラ『夏の夜の夢』のお稽古3日目。
今日のお稽古は『森に朝霧立ち込めて~』という曲からスタート。職人さんたちの打ち鳴らす威勢のいい打楽器の音にいきなりワクワクしました☆
そして楽しかったのが結婚式の余興のシーン。個性豊かな職人さんたちがあまりに楽しくて、写真を撮ろうと思っていたのにすっかり忘れて見いってしまいました。稽古を重ねてこれから更に面白くなるのでしょうね!!楽しみです( ´∀`)

さて夏の夜の夢は出演者がとっても多いのです。役者が18人そして楽士さんが8人。本当に豪華なオペラです♪明日には打楽器の高良さんがいらっしゃるということで打楽器たちもスタンバイしてました。


ティンパニーとマリンバ♪楽士さんたち用に椅子と譜面台もたくさんスタンバイしてました!!

今回の公演では女優役のあかねさんと、コダマ役のまどかさん、ちゃみさん、ゆうこさんが新キャストとして加わっています!!動きが多くて大変なコダマさんたちは休憩中も打ち合わせしてました。


今回のコダマさんは4人です☆


今回のツアーは一般の方に見ていただける機会がないのがちょっと残念(>_<")心から楽しめるオペラなのでまた多くの方にみていただける機会もあったらいいなぁ( ´∀`)なんて思いながら稽古を見学させてもらったのでした。
各組の旅公演が一段落つきまして、12月の、あちゃらかオペラ『夏の夜の夢~嗚呼!大正浪漫編~』に向けての稽古が始まりました。
森組と夏夢組が一堂に会し、森組の荷下ろしと夏夢の建て込みをします。なんだか人がいっぱい!
たくさんのものものに囲まれたたくさんのひとびとが、たくさん働いて夏夢のセットを整えたら、初日は音楽稽古。
2011年のツアー以来の夏夢です。女優・弥生役の鈴木あかねさん、妖精・コダマ役の沖まどかさん、川中裕子さん、熊谷みさとが、新たなメンバーとして参入。
音楽稽古から既に爆笑の渦が大量発生していましたが、わたくしは色々な意味でリアルに抱腹絶倒していたので写真を1枚も撮れず…申し訳なしです。

夜はコダマの抜き稽古。演出助手で稽古場についてくれる前回までの黄色コダマ・裕加さんと、本日特別に指導に来てくれた前回までの青色コダマ・太田さんがたくさんのアドバイスをくださり、引き続きの赤色コダマ・西田さんの強力な統率で、夏の夜の森で次から次へと起こる出来事を、一つ一つ頭と体に叩き込んでゆきました。


11月27日。
本日から早速演出家の立山さんが入り、ばばーんと立ち稽古が始まります。


職人の方々は相変わらず激しく愉快です。


イケメンは相変わらずイケメンです。


恋人たち。あかねさんも頑張っています。

夜までかけて、ざざざざーっと、大まかな流れなどを確認しながら、稽古をしました。


全体稽古が終わり、コダマたちは細かい振りの確認中。

明日は振付の范さんがいらして、動きを見てくださいます。楽しみ。その前に行けるところまで行っておかなくては!と気合いが入る私たちなのでした。
怒涛のスケジュールの影響により、御報告が大変遅くなりましたが、10月5日『高崎市文化会館』にて開幕しました夏夢ツアーも、10月15日『深谷市民文化会館』にて、無事閉幕致しました。
出演者も楽士様もスタッフ様も贅沢使いの、盛大なお祭りのようなこのツアー。笑いと拍手の洪水の中を泳ぎながら、瞬く間に千秋楽が訪れたような感じです。

最後に、各チームのメンバー紹介をお届けして、2011年夏夢ツアーの〆とさせて頂きます。

またどこかで、必ずお逢いできることを祈りつつ。



***


★恋人チーム(担当:花ちゃん)

梅村博美
梅村博美(桂木千尋)

あちゃらか伝説を山と抱えるこんにゃく座のプリマ。お櫃に足をつっこむなどのハプニングなどは序の口です。が、実は常に二つ先を考えている回転の速い頭脳派女性。


岡原真弓
岡原真弓(山科五月)
周囲をよく観察し、非常に効率良く仕事をこなす先輩。しかしアルコールが入るとあちゃらか振りを遺憾なく発揮。無理難題をふっかけ、ご無体さまに変身しちゃう事も。

高野うるお
高野うるお(松永三郎)
普段はなんでもござれの修理屋さん。なんとも手先の器用な方。そしてちょっぴり皮肉屋の2枚目。ですが最近、舞台の上ではどんどん自由に、あちゃらかに!自ら三枚目を楽しんでいる様子。

北野雄一郎
北野雄一郎(原田浩三)
浩三役に大抜擢された期待の若手。くりっとした目と低くて温かい声が魅力!ハモるのがちょっぴり苦手。猛特訓中ですが、しばしばあちゃらかな音を自主的に創作しちゃったりも。

大石哲史
大石哲史(大久保公爵)
可愛さ全開の公爵さまと、渋〜い妖精の大王を演じ分けるこんにゃく座の大黒柱。暗算も得意!しかしどこかちょっと慌て者。探し物でばたばたのあちゃらかを披露してしまうこともあるのです。

花島春枝
花島春枝(女優・川上弥生)
清楚なワンピース、豪奢な赤いロングドレス、純白のウェディングドレスと、あらゆる衣裳を着こなすスーパーモデル。ゴージャスな美しさを醸し出しつつ、「そうだっタニ」などと駄洒落を繰り出すあちゃらかな一面も。あちゃらかあでやかな凄腕女優です。


★職人チーム(担当:彦ちゃん)

川鍋節雄
川鍋節雄(鍛冶屋の古井戸)

あちゃらかナンバーワンのちょいワルおやじ。
いとしいお方たしかなの?と台本には書かれてるけどたけし?たかし?たしかなの〜??と必ず言うのがあちゃらかポイント!

佐藤敏之
佐藤敏之(庭師の凡太)
あちゃらかそうで実は真面目ナンバーワン。
劇中劇では発音変えまくり、音符の長さ変えまくりで誰にも真似できない早さで歌い切るところがあちゃらかポイント。

富山直人
富山直人(大工の棟梁)
日々あちゃらかなことを沢山考えてそうな人ナンバーワン
やっぱり心中ものじゃないか?の質問に台本は無言なはずなんだけど、「赤毛もんって言うんだよ〜」とむんなに教えてくれる面倒見のいいやさしいあちゃらか棟梁!

佐藤久司
佐藤久司(建具屋の鮒五郎)
あちゃらかには一番遠〜いイケメンナンバーワン
ひとり物静かに考え、もの作りをする勤勉青年。
獅子のヌイグルミ(ん?)も自作! えぇぃみんなヌイグルミでぃ というセリフは「えぇぃ、みんな職人技でぃ」と真面目に言えば言うほどあちゃらかポイントアップ!

島田大翼
島田大翼(桶屋の砂吉)
早着替えは手伝いナッシングの一人立ちあちゃらかボーイ。
台本では、「ほいきた!」とお返事するところを「オッケー!」(桶屋だけにね〜)と言って大爆笑されるシンプルイズベストあちゃらか!

彦坂仁美
彦坂仁美(紺屋の州太郎)
甘え上手でお料理上手、この人の手にかかれば堕ちない理系男は、いるとかいないとか。舌を出したり一本指を立てたりと、それはそれはあちゃらかなポーズをとりながら、それはそれは響きのある歌声を轟かせる、あちゃらかあざやかなオペラ歌手です。


★妖精チーム(担当:ちぃちゃん)

大石哲史
大石哲史(コダマの王・ヤマト)

御挨拶の達人。
真摯さと温かさと御当地ネタを組み合わせた、大石さんの御挨拶は絶品です。誠実でチャーミング。その姿はまさしく、カーテンコールのキングです。

相原智枝
相原智枝(コダマの女王・カスガ)
おねだりの達人。
「ね~え?」から始まる相さんの言葉には要注意。その愛くるしさと面白さに、誰もが頼みごとを聞かずにはおれないからです。その言葉はまさしく、ランプの精を引きずり出す魔法の呪文。

井村タカオ
井村タカオ(いたずら者のコダマ・ガタロ)
即興の達人。
日々繰り返されるアドリブや瞬間芸はもちろんのこと、彼にとっては歌詞が飛ぶことすら恐るるに足らぬ些末事です。『草木も眠る丑三つの時』を『月夜も踊る丑三つの時』と歌うその姿は、光の中にふわりと現れた吟遊詩人そのものです。

鈴木裕加
鈴木裕加(コダマ・黄)
睫毛の匠。
「私の中で一番根性があるのは睫毛!」と本人が明言してはばからない程、長くてくるんとしたその睫毛の威力は生半可なものではありません。付け睫毛が裸足で逃げ出す、裕加睫毛を御照覧あれ!

太田まり
太田まり(コダマ・青)
鼻歌の匠。
彼女がスタンドバイミーの前奏を口ずさみだしたら要注意。アイロンをかけながら、その後一時間は前奏のみが続きます。人呼んで、スタンドバイミー地獄!。人の鼻歌を自分の持ち歌にする、鼻歌泥棒でもあるので御用心あれ!

西田玲子
西田玲子(コダマ・赤)
ムードメイキングの匠。
舞台袖でも楽屋でも呑み屋でも、彼女が一人いれば、あっという間に曇り一つない晴天に。笑い声がお日さまの光のように、満遍なく降り注ぎます。楽し過ぎて出落ちしないようにお気を付けあれ!

萩千尋
萩千尋(コダマ・紫)
登山リュックの匠。
ひらひらの服を着ていても、くるくるの髪をしていても、実用的な黒いリュックを背負っている。「…なに?登山?」とよく聞かれるので改めてお答えしておきますが、登山じゃありませんのでご安心あれ!
オペラ『夏の夜の夢』ツアー後半戦。

怒濤の三日間の真ん中の日。
劇鑑賞会の方にお手伝いしてもらいながら舞台を仕込み、一段落し、個人の準備の時間。


この方、いじめられているわけではなく、

ゴッドハンド持つ女、相さんが仕込み組女子を気遣ってマッサージをしてくれてるの。
優しい!
どんな疲れも溶けちゃいますね。



腹ごしらえ。



髪型を整えた五月さん



化粧をして衣裳を着るまでくつろぐヤンキー。



この方はもうバッチリですね。



本番直前、テニスルックで元気の前借り。



ぐいっと飲み干し、いざ本番



テニスルックが終わると、みんな急いで衣裳チェンジ。



女子楽屋にはカラフルなコダマちゃんが


みんな鏡に向かって


メイク中



着替えが終わると次々に舞台へ出ていきます。

こうして慌ただしく一幕が終わると、

幕間のお茶場でみんなホッと一息。
いろんな服装の人が混ざっていて不思議リラックスエリアです。


二幕は、早替えはないので比較的ゆっくり、

出番の合間にお茶を飲んだり、


荷物の整理をしたり。


舞台では恋人達がめでたしめでたしとなり、最後の盛り上がりに入る頃、


お助けコダマが



お洗濯したり、



お茶場を片付けたり



小道具を片付けたり
こちらは埼玉県の本庄市民文化会館。
『夏の夜の夢』4日目――公演折り返しの公演にこっそり潜入してきました。


本日は本庄虹の演劇鑑賞会さんが主催です。

なんと今回が第1回の例会!

そんな記念すべき会にこんにゃく座を呼んで下さって、ありがとうございます!


楽屋のほうへ潜入してみると……

たくさんの種類の小屋食が用意されていました

発見した時には、大きな容器の中身は残りわずか。
大所帯の『夏夢』組のお腹を満たしてくれたようです。

私もこっそりつまみ食い。美味しかったです。ごちそうさまでした♪


続いて、ホールへと潜入してみましょう。

舞台は本番前の稽古の真っ只中!

勢揃いの瞬間

気合い充分です。
役者と楽士さん、合わせて26人!
迫力あります。



本番も楽しく幕を閉じ(ちなみに私はこっそり撮影して、こっそり泣いていました)、大きな拍手!
カーテンコールでは、本庄虹の演劇鑑賞会さんの発足と、こんにゃく座40周年を一緒に祝いました。
本庄虹の演劇鑑賞会の皆様、発足おめでとうございます!
このような会や団体が、もっと増えると良いですね。

それからこの、あちゃらかオペラ『夏の夜の夢』〜嗚呼! 大正浪漫編〜、今期は会員制の公演のみでしたが、もっと沢山の方に観ていただけるよう、再びツアーが組まれる事を心から願っています。



以上、『夏夢』いちファンの壹岐隆邦がお送りしました。




(おまけ)
帰りの電車でこっそり撮った、

ニセコダマ
本日は前橋で旅公演2日目です!
高崎に続き前橋労演のお客様もホント〜良く観て下さって、色々ハプニングはあったものの最後のあたたかい拍手や、お見送りの際「楽しかった!」と声をかけて下さる方々が何人もいて、演じているこちらは感謝感激!

明日のもうワンステージも頑張りまするよ〜

オマケ。僕の職人仲間を紹介しましょう


左から、州太郎、鮒五郎、大工の棟梁良い顔してるぜぃっ!


劇中劇で私の恋人役をやる古井戸アップ


劇中劇で石垣をやる砂吉の準備中をパシャリ!


妖艶なこの4人組のコダマ達。


[夏夢]の舞台を舞踊り、彩ってくれております


そして今回丁寧な演出をして下さった立山ひろみさんを、ワタクシ凡太と森の女王カスガ様で挟んでみました!



稽古場から今日までずっと見守り続けて下さいましたが、本日でお別れ
また必ずや次の機会で


佐藤[凡タヌキ]敏之

敏之さんがなにか塗り絵的なことをしています!

そうです、今日が劇場入りというその日なのでした。高崎!
新しいメンバー1名を迎え、12日間ほど稽古してきました夏夢組。
今日からついに旅が始まりました。22ヶ月ぶりの出来事です。

劇場に入ると一気に景色が変わります。なんといっても辺りが黒い。
それから照明です。これまで蛍光灯の下でやってきましたから、
色々な色の灯りの中で歌い踊るとまた気分も新たというわけです。


この演目では吊られてある電球もたいへん綺麗です

照明部の河童の先輩(中央)もまた綺麗な金髪になられましたね!
二年ぶりの河童役にきっと張り切っておられることでしょう。


これはどう見てもハリキッテおられます!

頭もすごいですが爪もまたすごい色をしておられます。
電車でこんな色合いの方が隣に座ったら色々と思い悩んでしまいます。


掃除機のようですが

楽屋部の妖精の先輩がかけておられるのはスチーマーです。
これで衣裳も綺麗になってゆくのですね。文明に感心です。
この時楽屋では他の楽屋部員がシエスタの時間を満喫しておられました!
心豊かな仕事場です。心配りに感心です。


梨を食べる手も絶え間なし

高崎名物の梨をそれはもうたくさん頂きました!
すごい勢いで剥いても追いつかないくらいすごい勢いで無くなっていきます。
みんな梨が大好きなんですね。高崎演鑑の皆様ありがとうございます!
カテゴリー
最新コメント
[11/17 forfait internet illimité]
[11/17 Wiki.Markyrosongaming.com]
[11/17 Coberturas em zinco em curtiba]
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/