[1] [2] [3] [4]
2009年9月25日(金)萩京子

ルーマニアで作ったドア枠のキャスターの具合が悪く、直してもらうことにしたが、作った工房の責任者はなんと東京に行っていた。
ブカレストのブランドラ劇場の東京公演が10月1日から紀伊国屋サザンシアターで行われるためだ。
そこで、国立劇場の大道具を作る工房がそちらの作業を中断して、こちらの直しをしてくれることになった。
だが、何時に仕上がるかがわからない。
今日は出演者の集合は12時で、昨日の続き。
15場、子守歌のシーンからラストまで。
私は、音楽演劇雑誌のインタビューを受ける。
インタビューアーは作曲家のミルチャーさん。
カフカのこと、現代音楽の問題、歌手の身体訓練のことなど、話題はひろがった。
東欧ではカフカに関心を持つ人が多い、とおっしゃっていた。

さて、全部のドア枠の直しが仕上がるのが18時くらいということになり、(なんと開演1時間前だ!)、ゲネプロはやらないことにする。
ひとつだけ仕上がっているドア枠を使って、部分的に音楽稽古をする。

18時にドア枠が揃ったところで、開場直前まで動きの稽古をして、いよいよ開場。
萩、土居、田上は、いったいお客は来てくれるのだろうか・・・、と激しい不安を抱えて、劇場のロビーや入り口付近をウロウロする。
ポツリポツリと人がやってくる。
10人、20人・・・とはじめのうちは数えていたが、ありがたいことにだんだんわからなくなってきた(笑)。

近年通常の録音された1ベルではなく、伝統的なドラを打ち鳴らし、開演の合図とする。
19時開演。
客席は集中している。
声と楽器のバランスも良く、響きも思いの外良い感じである。
言葉もクリアに聞こえる。字幕も快調。
ルーマニア語のセリフも通じている模様。反応がある。
K役の大石さん、途中から声が絶好調となり、今まで聞いたことがないほど豊かな声が出始める。
いったいどういうこと?
感動したのは、3場「フモレスケ」や4場「エレジー」などの場面が終わると拍手が起きたこと。
休憩時間、楽屋へ行き、すごくうまくいっている、とみんなを激励。
そして最終場面、「出発」。
合唱も演奏も高まって、ロスコーの煙も具合良く出てきて、「出発できていたら、出発できていたら、出発・・・」という字幕が煙に隠れていくのが、偶然とはいえ、すばらしい効果を生んだ。

終わるとお客様は次々と立ち上がって拍手してくれた。
スタンディングオーベーション。
4時間前にはドア枠が直っておらず、2時間前には客席がガラガラなのでは、と不安におののいていたのだ。
不安の地獄から喜びへ急カーブ。

出演者一同、ロビーでお客様の送り出し。
次々と「とてもすばらしかった!」と声をかけられる。
大石さんなどはルーマニア人の女の子から「これは私の大切なものです。」とペンダントをもらっていた。

ヨーロッパツアー初日は大成功。
だが感動にひたっている時間はなく、さっそく、ばらしとパッキングと積み込み。
このツアーは、チャーターバスのうしろにコンテナーを牽引して移動するのだが、どんなコンテナーが来るのか、それも本日の一大心配事項だった。
なんとか大きさ等クリア。
暑い日が続いていたが、積み込みのときは冷たい風が。
でも興奮している身体には気持ちよい。

積み込み終わったのが23時半ころ。
ホテルに戻り、初日の乾杯をしようということで、有志は街に繰り出し、24時閉店だという「ヴェルディー」という店にすでに24時だというのに強引に入って、飲んで食べてお祝いした。
お蔭様でこんにゃく座初の東欧公演、無事(?)幕があきました。
めでたくスタンディングオベーションいただきました!

ルーマニア国立オペレッタ劇場を借りているので、楽屋は専属歌手達の物がおいてあるまんまです。
決してこの被り物で変身をやっているわけではありません。

そしてすぐにハンガリーに向かって出発!

おそるべしバスの旅です。



2009年9月24日(木)萩京子

舞台と照明スタッフは9時から仕込みの続き。
私は志賀さんと日本大使館へご挨拶に行く。
雨宮大使は赴任してまだ一週間とのこと。
文化担当の畑中さんはすてきな女性だった。

劇場に入った後、コピーやお礼状のための切手を買いにでかける。
とても暑い!汗だくになる。
切手を買いに郵便局に。
ルーマニアの郵便局はラッパのマーク。
窓口の人ひとりひとりが独立して仕事をしているので、ひとつの窓口で切手の枚数が足りないときは隣の窓口からももらうが、窓口ごとの領収書となる。
日本までのエアメール240通分の切手を買うために郵便局2軒はしごする。

15時に全員舞台集合。
場面ごとに照明をつくりながら進める。
その前に、本日は記録で同行してくれている姫田蘭さんのお誕生日。
舞台上で4人の演奏者の生演奏の伴奏によるハッピーバースデー。
こんにゃく座からルーマニアワインをプレゼントする。

さて、稽古進行としては、照明や道具の動き具合などはもちろんのこと、音の聞こえ方、字幕の見え方、現地語のセリフなど、チェックポイント満載だ。
やはり一番の問題は、キャスター付きのドア枠がうまく動かないことで、歌役者たちは腕が筋肉痛になり、どんどんへっぴり腰になっていく。

21時までで全場面は終わらず、15場までいったところで、後は明日に残して終了。

とにかくドア枠のキャスター部分を改良することが必要で、ルーマニアの工房と連絡をとり、直してもらえるよう交渉する。

字幕の直しも必要なので、字幕操作の三宅さんとコーディネーターの志賀さんと萩はホテルに戻ってから1時間半くらい頑張って直しの作業をする。

2009年9月23日(水)萩京子

8時45分、ホテルのロビーに集合。
オペレッタ劇場は歩いて10分の距離。
衣裳や小道具の入っているトランクを皆でゴロゴロと運ぶ。
舞台に集合し、通訳さん、劇場の舞台責任者の方やスタッフの皆さんにご挨拶。
その後、舞台、照明、楽屋に分かれて仕込みに突入する。

舞台は変型。かつ、せりだの盆だのいろいろあって、そのすき間がすごくあいている。
段差もある。
『変身』はキャスター付きのドア枠を役者が動かして場面を変えていくつくりなので、ドア枠がスムーズに動かないと大変なことになる。
舞台の床が凸凹しているということは、とても困ることになる。
とにかく、その舞台床全体に黒のリノリウムを敷き詰める。

さてピアノだが、ベーゼンドルファーがあることはわかっているのだが、舞台上にはすごく古いPRTROFというチェコ製のピアノのフルコンが置いてある。
カフカのオペラだから?
しかしこのピアノはかなりの年代もので、音もビヨーンという感じ。
ベーゼンはどこ?
と騒ぎ立てると、舞台奥の様々のものに囲まれてとても容易にはたどり着けないような場所にしまい込まれていた。
購入して一年半くらいで、まだ5~6回しか使っていないという。
日本のどこやらのホールのようだ。
12時半ころ、やっとひっぱり出して舞台上におさまる。

さて仕込みはこんにゃく座側日本人スタッフと劇場側入り乱れて進んでいく。
日本語とルーマニア語が飛び交う。
ときおり照明プランナーの成瀬さんがイタリア語で叫んでいる。
13時半ごろからピアノの調律が始まるが、舞台上ではテーブルの直しのため、電気ノコギリがキーンといっている。

岡原たちは現地調達の小道具の買い物に出かける。
一番苦労した買い物はブリキのバケツ。
もはやブカレストでブリキのバケツを手に入れることは難しく、挙げ句の果てはどこやらの商店で使っていたもの(かなり使いこまれた代物)をゆずってもらうことにする。
プラスチックのバケツを買って交換してもらう。

午後5時くらいから宣伝のために路上で演奏する。
といっても酒井、佐藤敏之、佐藤久司の三人は、仕込みにつかまっているので、残りのメンバーで。
レパートリーは「岩手軽便鉄道の一月」「夢の番人」「35億年のサーカス」「十二月の歌」「雨の音楽」の5曲。
劇場前、公園の噴水の前、デパートの前等、自動車のクラクションの音にもめげず歌う。
道行く人は足を止めてくれ、こちらが配るチラシもニコニコと受け取ってくれる。
コーディネーターの志賀さんが「日本から来たオペラシアターこんにゃく座です。オペレッタ劇場で公演します。見に来てください!」とルーマニア語で口上を述べる。
約1時間路上で歌い、配るチラシもなくなり劇場にもどる。

仕込みはさらに続く。
21時半まで。

2009年9月22日(火)萩京子

いよいよ『変身』海外公演へ出発です。
リアルタイムで旅の様子をご報告したいと思います。
とはいえ、このデジタル時代に、旅のスタイルがアナログ的なるがゆえ、多分一日遅れのご報告となると思います。

8時30分、成田空港集合。
シルバーウィーク真っただ中、成田空港はかなりの混雑。
まずは全員元気に集合できた。
チェックイン。気になる荷物の総重量は9キロオーバー。
これはアコーディオン機内持ち込みに失敗したためだと思われる。
アヴィニョンに始まり、アジア各地での公演をともに旅した岡原真弓所有の赤いアコーディオンを、今回のヨーロッパツアーにも持って行くことにしたが、ハードケースが機内持ち込みサイズをほんのちょっとはみだしてしまっていたのだった。
今まではどうしていたのだか思い出せない。

10時55分離陸。まずは成田からウィーンへ。12時間のフライト。2回の機内食。
その間に軽食が一回。チキンラーメンorおにぎりorサンドイッチから選ぶ。(岡原と萩はチキンラーメンを選び、食べずに、非常食用にカバンの中へ。)
ウィーン着は現地時間の15時ごろ。予定より早く到着。こんなこともあるのね。
時差7時間だから、このとき日本時間は22時。
短いトランジットなので、空港内で皆比較的おとなしく過ごす。
17時半ウィーン発。ブカレスト着は現地時間の20時10分。
ここで日本との時差が6時間に縮まる。
(携帯電話が自動的に現地時間に切り替わっていたので感動した!)

チャーターバス・・・このバスでこれから4ヶ国旅をする・・・に荷物を積む。
街中のホテルまで約30分。
車中、コーディネーターの志賀さんがブカレストについてガイドしてくれる。
ホテルにチェックインしてから、舞台監督の菊地凡平さんら数名と劇場を見に行く。
国立オペレッタ劇場「イオンダチアン」。
ちょうど中国のオーケストラの演奏会が終わったところで、ロビーでパーティーが行われていた。
人がごったがえし、飲み物や食べ物がたくさん並んでいたので、紛れ込んでしまいたい想いを制して、舞台へ。
古い公会堂のような雰囲気。
ハノイのオペラハウスのような感じかな、と想像していたが違っていた。
注文していたドア枠、テーブル等があることを確認し、解散。

萩と佐藤敏之は、大石さんや楽士さんが先に行っている「ラ・ママ」というお店に行き、これからのツアーの成功を祈って、乾杯した。
荷物で大騒ぎして、オーストリア航空さあ、出発です。
いいてきまあす。



出発当日です。
ハイエース組三人は8時30分成田空港待ち合わせに7時に到着!
やる気満々です。

出発まであと数時間。

では刻々と情報を掲載いたします。



カテゴリー
最新コメント
[06/26 http://www.linux.co.uk/]
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/