[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
今日は新宿角筈区民ホールへ「おとみっく」公演、『カルメンゲーム』を観に行ってきました。なんと大石さんが演出なのです〜!!楽しみ☆



参宮橋駅から徒歩で向かったのですが、駅はもうお正月の準備で飾り付けられていました♪
何だか気分もあがります⤴︎



作品は『カルメン』を公演する「スカラベ座」の稽古場の場面から始まり、
オーケストラが演奏するはずの序曲を、歌手たちが早口言葉のような歌詞でアカペラで歌い出します!
これがかなり面白くワクワクとした幕開けです!!
また出演者は歌うのみならず、途中でピアニストになったり、フルートやクラリネットまでサラリと演奏。やりますなー!!

本編の写真は撮れなかったので、姫田蘭さんの写真をお借りしてきました〜!!力強い色気が写真からも溢れてきます!!



そしてバラシの時間。
こんにゃく座の面々も、おとみっく関係者と共に次々と舞台へ上がってテキパキと働き出します。

それというのもホール客席に入るなり、撮影の姫田さんと照明を手伝っていたうるおさんに、お客として来た座員はバラシ要員として次々とスカウトされたからなのです!!時間がない〜、助けてーと。

制作のあずみさんも照明機材のバラシをしています。



もはやプロの照明さんではないかと思ってしまうほど、色々な舞台で照明として活躍したうるおさんは燃え尽きていました…。



びっくりする速さで片付いたバラシを終え、演出、照明の面々の爽やかな笑顔♡



熱くて濃厚な歌や爽やかで軽やかな歌、たくさんの個性が生き生きとした素敵な舞台を楽しみました!!ありがとうございます♪
『森は生きている』稽古中、休憩時間になると、なにやらいつも鳴り響く打楽器の音…


難しい顔付きで稽古をしているのは、島田大翼氏

なんと彼は、『森は生きている』10日間の旅の後、1人高速バスで帰京し、既に幕が開いているあやめ十八番の公演『霓裳羽衣』に20日から打楽器奏者として出演するのです。
そんなとんでもないことをやってしまうなんて、なんというかまあ、ほんとうに、すごい人です。

そんなわけで、行ってきました、東京芸術劇場シアターウエスト(ロボットはこの後20日に公演が入りました)



開場したらすぐにロビーコンサートがあり、明日の能天気「八月十五日:セミファイナル」で共演されていたお三方で、「長井古種 日月」の劇中に出てきた曲を披露されていました。もう既に美しい装いでアコーディオンを持って登場した島田さん…そう、今回の出演者は全て男性なのですが、みなさん女性を演じられるのです!

島田さんが女性(っぽいもの)を演じたのは何度かみたことがありますが、腰のあたりが華奢だったり内股が上手だったりで、結構な美しさなのです。これは期待大です。

丸川さんの歌声って素敵だなあ、吉田さんはカホンも上手なんだなあ…なんて思いながら席につき、本編のはじまり……なんじゃこりゃあ!!

お話は、インドの神々のお話で、なんというか、なんといったらいいのかよくわからないのですが、とにかくカラフルで迫力があって、女の逞しさや儚さ、憎悪や歓び、美しさや醜悪さ…みたいなものが、男性が演じるからこそ滲み出る独特の世界観で、複雑に、でもストレートに、表現されていました。圧倒されました。

この前の「雑種 花月夜」はすごく面白くてとても切なくて、笑ってるうちに切なさの塊で研いだ刃で心臓に丁寧に切り込みを入れられる、みたいな気持ちになったのですが、今回はまた全然違う高揚感のある舞台で、こんなにいろんなものを創れる堀越さんってすごいなあと思いました。

そして何より私が特に心奪われたのは、色欲の女神ダーキニーを演じた笹木皓太さんで、この方は島田さんが所属するSpoon Boysのメンバーの方なのですが、なんていうかびっくりするくらい悪い女で、めちゃくちゃ格好良かったんです!!私は恥ずかしながら笹木さんについては打楽器を演奏しているのと、花月夜でボウフラの役をやっていた、という印象が強かったもので、こんなにかっこよく女神を演じる方だったとはつゆ知らず、わけのわからないくらいに引き込まれてしまいました。あーびっくりした。


終演後にはアフターライブもあり、歌あり楽器あり踊りありで、あー!あの踊りも格好良かったなあ…!!!



いろんな興奮を味わいながら島田さんと壹岐くんとぱちり

島田さんは太鼓を叩いたりボウルを叩いたり鉄板を鳴らしたりピアノを弾いたりしていました。台詞はとっても可愛らしかったし、サリーも似合ってた!


楽しい休日だなあ、とお腹がいっぱいになった気分で、池袋のダンジョンに迷い込む熊谷なのでした。
12月15日(木)晴れ
こんにゃく座の公演でお馴染みのピアニスト、服部真理子さんが毎年行っているファブリス・モレティサクソフォンリサイタルツアーに行ってきました!

緑と赤のチラシはクリスマスっぽいですね(^-^)


会場はルーテル市ヶ谷
ステージにはエレガントなクリスマスツリーが飾られていました
今日はこのツアーの初日です。
今年は各回ゲスト出演があるリサイタルです。初日のゲストは我らが大石哲史!


手書きのプログラム付きです
前半はサクソフォンソロでソナタを3つ。
アメリカ、ドイツ、フランスの作曲家の作品でした。ファブリスさんの音色はそれはそれは美しくて大好きです!

休憩後は大石哲史のシャンソンを日本語で。ピアノとサックスと歌の組み合わせってなんとな~く『おぐりとてるて』を思い出します。
訳詞はこんにゃく座の数々の作品の演出でお世話になっている加藤直さん、真理子さん、そして大石さんによるものでした。これがすごく面白かったです!そして日本語の美しさや味わいのある響きを体中で、会場中で楽しみました!ファブリスさんも愉しげに演奏されていらっしゃいました。
そして又々サックスソロを2つ。音色も素晴らしいしピアノとのアンサンブルの楽しさや超絶技巧に目をまんまるくしちゃいました! 

終わってからの、ロビーは満員電車のようでした!お客様方がファブリスさん真理子さん大石さんの回りに集まって大にぎわいで…写真が撮れませんでした~(*^o^*)
寒さも感じないくらいぽかぽかになって帰ったのでした。
おしまい
彦坂仁美
やってまいりました!
11月12日☆
ファンクラブ秋の大感謝祭♪♪♪
~多摩川でのんびり秋空教室~

天気は快晴!前日までの寒さなんて嘘のように暖かな、ぃや暑いくらいの陽射しが( ´ ▽ ` )ノ
今年のファンクラブ感謝祭は何をするかといいますと、稽古場から歩いて5分くらいの多摩川の河川敷にあります【多摩川球's倶楽部】さんのBBQスペースをお借りして、バーベキュー♡

ファンクラブ委員会のメンバーと若々しい座員の何名かで準備準備!!

富山先輩!何してるのー?

なんだか肉のかたまりがオシャレなことにっ!!


今回のバーベキューは野菜や肉を切るのもご一緒に、火を焚くのもご一緒に…ということでホントに設営だけ…なので、お客さんが来るだいぶ前にできちゃった。…できちゃった…お腹が空いた……


やっちゃった♡
ポップコーン♡

うるおさんが牛乳パックで風除けを作ってくれて、お鍋に豆入れて、ふたをして、待つ。出来たら一同、いっきに貪り食う( ̄ー ̄)
幸せそうだから、いいですよねっ♡

ファンクラブのお客様が到着!

まずは富山校長先生がご挨拶、自己紹介をして、そして乾杯(=´∀`)人(´∀`=)

今回は教室ということで、
1時間目は、家庭科の授業なのです♪

テントの下で食材を切って…
火をおこす!!!



焼くっ!


肉を運んで、また切って、食べる♪♪♪
食べる♪♪♪食べる♪♪♪楽しく食べる♪♪♪



塊り肉もご登場♡幸せの時♡

存分にバーベキューを楽しんだあと、三時間目は音楽!!『三十五億年のサーカス』と『十二月の歌』をみんなで歌います!
男子と女子で分かれてまずはパート練習♪♪♪ピアニカでメロディをふくと、あっという間に歌えるようになりまして…


音楽のうるお先生の指揮で大合唱(*ノ´∀`*)ノ♪♪♪
伴奏は我らが島田氏、フルートはチャミ氏で高岡さんの鈴も素敵です♡
間奏になりますと、うるお先生の指示でダンシングタイムもあり、みんなノリノリです♪♪♪ノリノリでないと、うるお先生のダメ出しがあってやり直しになっちゃうのです♪ヾ('∀'o)ノ
ダンスリーダーはもちろん、玲子さんヽ(〃v〃)ノ

こうなると、歌えようが歌えなかろうが、河原で大きな声出して!ってのが楽しい!!


最後にみんなでパシャり☆
見えますでしょうか?みんなが持っているのは音楽の教科書♪♪♪素敵な表紙は朋さんが描いてくれました♡


ファンの方同士でもお喋りしていただき、


まるで兄弟のように仲良くなって、

お祭りも終わりを告げたのでした。
片付けも終わったこんにゃくの人たちの一部は事務所でもまた、残った食材で焼きそばを作って食べましたとさっ(*≧∀≦*)
ご参加くださった皆さま、楽しんでいただけましたでしょうか?そして、本当に楽しい時間をありがとうございました!!

このように毎年、色々企画を考えて感謝祭をやっております!!
これを読んで楽しそうだなと思ったあなた!もし、ぜひこんにゃく座のファンクラブへ♡そして感謝祭にも是非ぜひご参加くださいましヽ(〃v〃)ノ来年は何しよっかなぁ♪♪♪♪♪
ご報告が遅くなりました☆
先日、11月12日、こんにゃクラブ感謝祭の準備のさなか、
下記メンバーは、地元緑化センターのお祭りに出演しておりました!



※左から、高岡由季 佐藤敏之 西田玲子 北野雄一郎 島田大翼
にしやん(西田)
が元気よくこんにゃく座の紹介をしてます☆

ぽかぽか暖かい陽気の中、元気いっぱいに
みんなで歌ったり踊ったり・・・♪







小さな子どもたちから、家族連れやご高齢の方まで
いろんな世代の方が思い思いに楽しんでくださってました。
チラシを配っていると・・・
「こんにゃく座知ってます-。」
「道路沿いに看板ありますよねー。」
とか言われることもあり、
少しずつ地元になじんできたかな。とうれしくなりました。


地元で活動している『緑の道』の森平さん。
今回もぜひこんにゃく座に出演してほしい・・・!と
呼んでくださいました。
いつもありがとうございます♪




おなじみのこんにゃく座のソングや親しみやすいポピュラーな歌も織り交ぜ、
ソロあり、合唱ありの盛りだくさんの20分!
大いに楽しんで頂きました♪

終わる頃には抜けるような青空の下、広場にはたくさんの地元の方が
集まっていました。





制作@おおはら
おぐり組、ネズミ組の合間を縫って「たまこみまつり」に参加してきました!



今回が記念すべき第一回目となる、地域のお祭りです。

こんにゃく座の稽古場から、自転車で3分ほどの、東名高速道路の高架下で行われます。

メインは、ソングのステージ!



玲子さんと北野さんは、開会式と閉会式の司会も務められました!

そして空いた時間に、焼き鳥とカキ氷の出店のお手伝いをしてきました。



寒い中のカキ氷も、よいものですよ。



絶賛、焼き鳥の下ごしらえ中。

ときどき、美味しい焼き鳥をつまみ食い。
高架下だからでしょうか?ものすごく風が強いせいで私も北野さんも無表情になっています。



本当に、柔らかくて美味しい!!

つくねもやってるよ!!



「つくね焼く姿、めっっちゃ似合わないですね」というと黒ずくめの大翼さんはニヤリと笑っていました。
どーゆー気持ちなんでしょうか?笑


ステージは野外だし、お客様もいっぱい、ということでマイクを使いましたよ。



リハーサルでは使う楽器をみんな出してマイクチェック。



本番はシルバ〜でジプシ〜な衣裳でした!



「森は生きている」を観てくれた小学校の子がいたり、近所にあるこんにゃく座の存在は知っていたけど観たことがなかったり、今回が初めましての方もいたりして、たくさんのお客様に見ていただくことができました!



「オペラシアターこんにゃく座です!」をこれでもかってくらい言いました。多摩区民の皆さん、名前だけでも覚えていって下さいね〜!



「地球は水の惑星」を歌う前の、佐藤さんがアドリブで繰り出した“雨乞いの呪文”、素晴らしかったです。



玲子さんの身体も心も踊るタンバリンは、一体誰に教わったんでしょうか?彼女の陽気な人柄がそのまま弾む音になったようです。鬼に金棒、玲子にタンバリンです。

旅の合間で、全員で稽古出来る時間はほぼ無かったのですが、楽しいステージになりました!



ありがとうございました!

おまけ



自分達の出番が終わって、ご当地アイドル「川崎純情小町☆」さんのステージライブを少し離れたところから盛り上げる人々。
流れる水と岩の歌~林光バースデーコンサート~
10月21日に日暮里サニーホールで行われました。


こんにゃく座は怒涛の秋の旅公演中ですが、森組から5名、出演させて頂きました。


第一部は、真知子さん・バジさんの[ものがたり]からスタート。


一部の目玉
新原爆小景



第二部では、光さんと誕生日が一日違いの台本演出家である福田善之さんのコーナー。こんにゃく座のオペラ[ねこのくにのおきゃくさま]、と福田善之さん作詞のソング。しかも、今回はパーカッションの高良久美子さんのカッコイイアレンジが入りました。


光さんは福田さんのお芝居にたくさんの劇中歌を作曲されていたそうです。


今回ご一緒した新井純さん。とてもステキなお着物姿。[女葉隠れ]の ときは、袂から出した白ハチマキをササッと巻いてキリリ。


こんにゃく座にはないソングがたくさんあって、私たちもとても楽しい時間でした。


写真:姫田蘭さま
オペラ「森は生きている」秋の旅公演、順調に進んでおります!そしてこの組には、僕を含め、実は密かに毎週東京に帰ってきている座員がいるのです。



その理由は…これだっ!



そう、毎年林光さんの誕生日に行われる「流れる水と岩の歌〜林光バースデーコンサート〜」のお稽古に参加していたのです!!
佐山陽規さん・真知子さんが主催するこのコンサート。詳細はこちら。

出演する座員は、
青木美佐子さん
鈴木あかねさん
齋藤路都さん
武田茂さん
僕、泉です。
さらにゲストとして新井純さんが出演されます。

今回は林光さんと、劇作家の福田善之さんの2人の誕生日を祝うコンサートでもあります。




今日は本番前の最後の稽古。
皆さん、ぐっと気合を込めて、密度の濃い雰囲気で稽古が進んでいきます。



この写真は、今回のコンサートの目玉の一つ、「新原爆小景」の稽古の様子です。
総勢7名で歌い上げるこの曲。広島の原爆を題材に作曲された曲です。

力強く歌い上げる場面があるかと思えば、心にすーっと染み込んでくる美しい音楽もあり…心が揺さぶられるなあと歌うたびに実感します。



他にも、佐山真知子さんと佐山陽規さんのデュオがあったり、


新井純さんの艶やかなソロがあったり。


楽しく、でもより良いものを目指して厳しく稽古が進んで行きます。




また、着物を使った鮮やかな衣装にも注目ですよー!
全員ではないですが写真を公開!





ということで21日は、是非僕たちのコンサートにお越しください。いや、是非きてください!!
9月19日(月祝)曇りのち雨

オペラ『グスコーブドリの伝記』連日満席で無事千秋楽を迎えられました!感謝感謝です!

その翌日、我らが梅さん(梅村博美)がゲスト出演するアンサンブルポトフの第1回目のコンサートに行ってきました!
アンサンブルポトフの楽器はピアノ、ヴァイオリン、フルート、 声(バリトン)の4つで、ピアニストはこんにゃく座が大変お世話になっている服部真理子さんです!

会場は祐天寺にある聖パウロ教会

祭壇にはこんな素敵なパイプオルガンがあります。
祭壇の前のスペースで演奏されました。

前半は宮沢賢治の詩によるソング(独唱、二重唱)やピアノ、ヴァイオリン、フルートによる小品他
後半はバッハのコーヒーカンタータを日本語で聴かせて頂きました!
梅さんの天真爛漫な娘役、可愛らしかったです!梅さんが訳した所もあったそうで会場から笑いが起こってました(^-^)


そして衣裳もステキ!


なんと!大ちゃんが作ったそうで、終演後一緒にパチリ

お疲れ様でした~!


彦坂仁美
8月27日(土)、西田、沢井の「夕涼みコンサート」が、鶴瀬の水野歯科医院の屋上のホールで行われました。


前日、リハーサルの時はすっごく良い天気!


飲み物を冷やすためのクーラーも西田の実家から運び、こりゃいいねーなんてノリノリでお稽古していたら、当日まさかの雨。



午後になって雨がやんできたのでピアニストも一緒に石段の水を拭きます。当初広くとっていた舞台を削って客席を作り、野外の客席に折りたたみ式の屋根をだし、客席数を確保。

そして忙しいこんにゃく座から、受付には路都さん、飲み物係を伸さん、島田くんに手伝っていただき何とか本番を迎えることができました。

前半は、「銀河の底でうたわれた愛の歌」から、CD『世界は劇場』のなかで歌った曲など、ソングを中心に。


「雨の音楽」では、お客様に合いの手の手拍子を練習してもらってセッションしたり。


後半はミュージカルの曲や、歌謡曲などバラエティーにとんだ曲を。

沢井くんのテノールの声を存分に聞かせて欲しい!と、お願いして歌ってもらった三大テノール愛唱歌曲集からの、「Be my love」いや、凄まじいテノール。今まで低い声が好きだった西田が、テノールって素敵!と目がハートになりましたよ。


「見上げてごらん夜の星を」を西田が沢井くんのウクレレ伴奏で歌ったり、かわいいカチューシャをつけて振り付きで「恋のフーガ」を歌ったり。
そして、ピアニスト泣かせの「お祭りマンボ」


今回のピアニストは、関直子さんにお願いしていたのですが、四十肩になってしまい、本番までに治りそうにないということで、急遽、関さんの紹介で現役、東京芸大作曲科3年生の小林祥恵さんにお願いしました。

めちゃ速い「お祭りマンボ 」、譜めくりの暇がない、と暗譜で弾いてくださりました。感謝!

そして、最後の曲は「Tonight」を歌う予定でプログラムも刷りましたが、お稽古で萩さんに見ていただいて、萩さんの提案で変更。アンコールで用意していた「踊り明かそう」と入れ換えて歌いました。この曲順変更のおかげでお祭り気分のままコンサート終了。
いやあ、曲順って大事。
萩さん、ありがとうございます。


終わったあとはそのまま打ち上げ。

あいにくの雨だったけど、たくさんのお客様に来ていただいて、しかも、客席がギュッとしたからか一体感があって歌っていて本当に楽しいコンサートでした。
また、ここでやれたら良いな、次は晴れて欲しいけど。

来てくださったお客様、手伝ってくれたこんにゃく座員、場所を提供してくださった水野歯科医院さま、本当にありがとうございました。

カテゴリー
最新コメント
[10/19 NONAME]
[10/17 こんにゃく座HP係]
[10/15 コルシカ]
[10/13 島田大翼@尼子鬼平]
[10/10 NONAME]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/