[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
呉での公演の次の日は1日空き日だったのでそれぞれが思い思いの休日を過ごしましたー!
ピノッキオは広島のひみつの原っぱへ。
おじいさんは遠くに働きに。
ピアニストあみこさんは、お友達のお家で沢山ピアノを弾き、美味しいお寿司やお蕎麦を食べ。

大工の棟梁は、フェリーに乗って原爆ドーム


そして広島県立美術館で素敵な絵を鑑賞したり。


私、農夫は、さとみさんと一緒に広島へ。とあるミュージカルを観て、パフェとポテトとコーヒーという少し変わったしかし素敵なセットを食べ、お寿司を食べ。



ちゃみさんは、ガラスの里へ行き

ガラスの地球儀をみたり、


分身の術を使ったり。

様々な休日でリフレッシュしたのでしたー♩
そして次の日10日は岡山県の津山へ。
津山といえば、ホルモンうどん
ということで、ホルモンうどんを食べる女子会を開催しました*\(^o^)/*



色んなホルモンがはいってとっても美味しかったです♩美味しいもの食べて元気モリモリ。明日も頑張りまーす!!
今日は広島県呉市の三坂地小学校にやってまいりましたーっ!
なんと6月並みの陽気だそうです…

ということで、いよいよコイツので・ば・ん❤


シャツにかけるとスーッとして気持ちいいんだな、これが。


そして、学校公演にも関わらず相変わらずの御菓子の差し入れの充実ぶり❤


箱に入れてもまだこんなにあるよ~


そして、こんな応援メッセージカードも届きました。


手作りです!ピノッキオが動きます!まさみちゃん、有り難う~☆


だから…今日も張り切っていくよ~ん!



楽屋の隣には、僕の新しいおじいさんが座っています。
机の上にはいつも白い紙。なんだろう…?


う~ん、この絵から察するに、たぶんドンゴロスの箱に入れる小道具の順番の覚え書。大事です…


今日のこどもたちはとても行儀が良かったです。
その中でも、それなりにいろんなコメントが舞台に飛んでくる。
今日のオモシロコメントは、ピノッキオが秘密のはらっぱで、帰り道がわからなくなってどっちに行こうか迷っている時に飛んできたコトバ

「さっきトイレに行った方だよ」

道に迷う度にそう教えてもらいました。
どうも有り難う(^_^;)


終演後のお礼の言葉もとっても立派でした。こんどみんなでミュージカルに挑戦するそうですね。成功を祈ってます☆

明日は呉市でお休み!次の公演は月曜に岡山で公演です。
今度はどんなこどもたちと出会えるか?旅はまだ始まったばかりです!


きゅうッキオ
旅日記 5/7

京都に先乗りしていた私は、朝6時過ぎみんなとホテルを出て駐車場に来てビックリ! 「今回のレンタカーはこれです!」・・・・・・・なんと!軽自動車だ。こんにゃく座の歴史始まって以来の出来事だと思う。旅公演の移動に軽を使うのは(いつもはワゴン車なのだ) 「何で軽なの?」「・・・・・・」「えっーーーそんなに安いの!久ちゃん大ヒット」 おっかなびっくり乗って出発した。四人がきゅうーと集まっていて、誰かが何か共通話題を喋ってないと変な雰囲気になる感じがする。と言う訳でかまびすしく学校に着いた。正門には首を長くして待っていて下さっていた校長先生が朝早くから出迎えに出て下さって??? と思ったらただの近所のおじさんだった。犬を連れてる。
仕込みが始まる。
いつもは学校の体育館公演の場合平土間を舞台に使うのだが、生徒が多いので今日は体育館の舞台を舞台にする。この新メンバーでは初体験なのである。何が違うかというと、奥行きを7メートルで稽古していたが、4.5メートルでやらなければならないのだ。私は舞台部でバミリ(7つのドンゴロスを刻々と動かすオペラなので、その移動位置を色違いのビニールテープで記しする)係りなので、いつもの位置より前後を短くして、感を頼りに貼っていった。
そして、稽古が始まる。
案の定バミリ通り動かすと、ドンゴロスがぶつかったり人が通れなかったりする。その都度、微妙にバミリを貼り直して行く。ちょっと待て!確かにこのシーンはこのバミリでうまく行きそうだが、少しまえのシーンもこのバミリを利用している。「うーーーーーん どうすべ???」「まえのシーンはこのバミリの50センチ前ということで」なんてワイワイやりながら進めて行くので時間がなくなってきた。その時である。バッキーンーーーとなんか前に聞いた事のある音が!・・・鯨の骨が折れた!!!
あと30分で開演だ。もう稽古はやめて全員総がかりで修復工事だ。とはいえ私は舞台部なのに修復のやり方を知らないので、皆に任せ自分のドンゴロスの荷積みにかかった。15分位で終わり定位置に置こうとしたが、手術中の鯨くんが寝そべっている。
仕方ないので、その辺りに置いてメイクにかかる。役者三人も、鯨くんは二人のスタッフに任せドンゴロスにかかっている。生徒入場5分前みんなもメイクにかかり、スタッフは鯨をドンゴロスに詰めている。なんとか間に合った、よかった!
そして開演、役者みんなで気持ちを新たにして、打楽器を叩きながら舞台に出て行った。そして私担当のドンゴロスを回ろうとしたその時・・・・ドンゴロスは・・・なかった。うわーーーーーーーー






※制マネ注※
ドンゴロスのプリセット位置は少し妙でしたが、演者の臨機応変さと機敏さにより公演は滞りなく進行されましたことをここにお知らせいたします。
ピノッキオ組は小金井市の緑小学校にやって参りました。

学校前の道がとても狭くて、やっと学校に入れたものの、搬入場所までの経路もなかなか大変で、しかも体育館が2階で、おまけに2ステージ…。どうなることかと思いましたが、どうにかなりました。先生に素敵な笑顔とご協力を頂きました。ありがとうございます。みんなの力を合わせるとすごいんだなーと朝からひとりで感心しておりました。


新しいピノッキオチームになって3回目と4回目の公演になる今日も、朝からしっかり稽古をしました。



出演者4人で、ある場面について話し合っています。



おやおや。みんな一生懸命稽古してるのに、ピノッキオだけ舞台の真ん中でお昼寝してる。
これ、起きろー!!



というのは冗談で、、♪

今回のピノッキオチームは、なかなか新鮮な組み合わせで、なかなか楽しいんです。

ほらね。楽しそう。



緑小学校のみんなは、集中して最後まで本当によく見てくれました。

「さぁ~いらはい、いらはい」と大石さんの呼び込みが登場した途端に泣いてしまった1年生の男の子。おもちゃの国でピノッキオたちがロバになってしまって泣き出した1年生の女の子。

ついこないだまで幼稚園や保育園に通っていた入学ほやほやの1年生には刺激が強い場面もあったようで。。微笑ましくてニヤニヤしてしまいました。

太鼓作りの競りの場面では「5千万円!」「30円!」などと、太鼓作りの歌が全く聴こえないぐらい大きな声で参加してくれたり、「それは本当のおばけじゃないよ!」と教えてくれたり、ピノッキオがお人形ショーに入っていったら「あ~ぁ入っちゃった。。」とガッカリしていたり、ピノッキオが「あ~疲れたな、クタクタだ」と歌えば「かわいそう。」と言ってくれたり。。 楽しんでもらえて何よりです。

あ、そうそう。日本初演の時のピアニスト関直子さんが来てくださり、大笑いして、最後の場面では涙ぐんでいらっしゃいました。そして「このチームはハーモニーが美しいね!音楽がいい!」とおっしゃっていました。わたくしもそう思いまーす。

さ、旅は始まったばっかり。これからどんな作品になっていくのでしょうか。楽しみです♪
新生ピノッキオチーム、今日は新宿の駅前にある、明治安田生命ホールにやってまいりました。

入場無料の公演だったためか、整理券が配布される何時間も前から並ばれている方もいて、配布開始から15分で用意された300席はなくなってしまったそうです。

というわけでお客様は満席!小さなお子様もたくさんいて、開演前から客席は泣き声やら笑い声やらで、とても賑やかでした。私たちも楽しくやろうと、意気揚々と舞台に立ちました。

終演後はロビーに出て、お客様をお見送りしました。ピノッキオは不動の人気者で、ジェペットおじいさんもかっこいいと人気でした。

お客様の笑顔に支えられて、チームワークで明日も頑張ります!


本日4月28日は、今年度最初のピノッキオの本番がありました!
私にとっても初めての本番で、大変緊張しました。

舞台は青梅市立第七小学校。今朝は早くから、全員で本番前の最終調整を行いました。



体育館はとても大きく、自分の出身学校でもないのにとても懐かしい感じがしました。

本番に備えての練習では、稽古場で感じる緊張感とは違う洗練された空気が流れて、私も身が引き締まりました。

そしていよいよ本番!

本番は、今までのどんな練習よりも良い舞台でした。本番中に響く子供達の笑い声やツッコミに、こちらもほっこり心があたたかくなり、小学校でやることの良さを実感しました。




無事に本番が終わり、片付けを始めようとしたのですが、なんと!キャストの方々に子供達がこんにゃく体操を教えて欲しいとやってきました。



僕にとっての初こんにゃく体操は子供たちとの良い思い出となりました。
本日はロボットの稽古休みということで、Aスタジオのロボット装置を隅に追いやって、約一週間ぶりのピノッキオ稽古がおこなわれました。

「明日、ピノッキオ組は白いご飯を持って11:15に集合」という謎のインフォメーションがあった昨日…

そう!今日は、ピアニストの井口真由子さんが春野菜たっぷりのカレーを持って見学に来てくださったのです!


みんなでカレーパーティー☆



しかも!ピアニスト吉村安見子さんはチョコレートケーキを持って来てくださいました!!


カレーを感じている安見子さんとケーキ


素敵なごちそうでやる気まんまんになったチームピノッキオ。稽古にも気合いが入ります。



ピノくんの服も綺麗になって、いよいよ明後日は新生ピノッキオ旅立ちの日。
どんな出会いが待っているか、楽しみです!

2週間のピノッキオ稽古も19日で一度終了でした。次は25日に最後の稽古をして旅立ちます。
今回「ピノッキオ」は3人キャストがいれかわったのですが、その内の一人、農夫・女の人などを演じる川中です。
これまで2シーズンピノッキオのツアーで制作マネジャーや照明をしてましたので、ピノッキオがどんなに素敵な作品かを沢山観てこれたのですが、いざ自分がやるとなるとこりゃ〜こりゃ〜大変な作品です!!
沢山の段取り、振りや役、沢山の小道具の扱い、そして息が上がってもヘトヘトでも汗だくでも歌って芝居できる体にしなければなりません。
演出の伊藤多恵さんは振りも気持ちあっての動きで、表面だけの嘘つきな体だと「ダメー!」と言われてしまいます。多恵さんの稽古や造り出される世界観はとっても楽しくてあっというまに時間がたってしまいます。


ピノッキオの初演から出演されているさとみさんは今回演出助手、旅では照明として稽古場を明るくしながら、経験者としての助言をくださいます。



今回の旅制作マネジャーのちゃみさんは、稽古中、とっても沢山の小道具などなおしてくださいました。折れてしまったクジラ竿もちゃみさんの手にかかればあっと言う間になおってしまいます!!



25日はもっと、ゲネプロではもっともっと、初日にはもっともっともっと良くなるようにがんばります!!
人生、センスだなーと改めて思う今日この頃。。

こんにちは。
ピノッキオに演出助手としてついている田中さとみです。

今回、初めて演出助手というお仕事をさせてもらっていますが、なぜかとてもお腹がすく。。演出の多恵さんに「あんたまた食べてんの?!」と言われながらもムシャムシャ。自分でもびっくりするぐらいムシャムシャ。そう、演出助手のお仕事はたくさん頭を使うのでお腹がすくようです。言葉で伝えるって難しいなぁ。。でも楽しいなぁ。。毎日そんなことを思いながら稽古に参加しています。





「目指せコメディアン!」
と、演出の多恵さんは言います。多恵さんの選ぶ言葉はいつもとても面白いです。そして繊細であたたかいです。手料理まで持ってきてくださいます。そのおかげで、キャスト達は筋肉痛と疲労でくたくたなはずなのに、稽古場はいつも笑いが絶えません♪





私はピノッキオの初演メンバーのひとりです。マレーシアで初演をし、インドネシア、ベトナム、タイ、ラオスの5ヶ国を1ヶ月かけて回りました。私ひとりだけ新人で、それはそれは大変な日々でしたが、ピノッキオのように「楽しいこと、悲しいこと、いろんな目にあって、びっくりしたり、怖かったり、色々な冒険をして」、「この世界にはいろんな人がいる」ということを学びました。とにかく楽しくて、苦しいこともあったはずなのに、楽しかった思い出しか残っていません。それ以来、私にとっても、大切な作品になりました。


2007年 オペラ『ピノッキオ』初演時の稽古場より


これからも、この作品の楽しさ、メッセージがひとりでも多くのお客さまに届きますように。

さぁみんな!稽古稽古!

みなさま新年度いかがお過ごしでしょうか。

こんにゃく座の稽古場では、4月3日に連続ソロコンサートがあり、4日に春のうた会があり、5日に座議会、そして6日からは既に春の旅の稽古が始まっております。

ピノッキオの今期ツアーでは出演メンバーの4人中3人がキャストチェンジ。初めての激しい動きに、新キャストとドンゴロスとの格闘が開始されました。

稽古初日と7日は、前キャストからの「振りうつし」と呼ばれる、動きの指導がありました。


敏之さんから教えてもらう小道具処理の多さに目を見開く大石さんを新人くんたちが見守ります


あかねさんも、“大御所”岡原さんの厳しくも温かい指導を受けています


こちらは新しいおんなのひと。農夫役も楽しみです


ピアニストいぐまゆさんも太鼓を練習している中


1人黙々と小道具をセットしているのは、唯一役を継続している久司さま。孤独な安心感ですね


登場シーンの面白ツアーが開催され、なんとかうつしを終えた翌日は…



稽古3日目、いよいよ伊藤多恵さまのご指導が入ります!!


罵声と笑いの絶えない稽古。初めからいきなり通してしまうかと思う勢いでぐいぐい進んでゆきました。


わかってはいるつもりだったけれど、やっぱり「ピノッキオ」は、とにかく動きがたいへん!道具がフクザツ!!

てんやわんやの日々ですが、演出助手・田中さとみ先輩の指導のもと、とにかく必死で食らいついています。

本日9日、ひととき落ち着いて自主稽古をしたら、10日からは本格的に怒涛の多恵さん稽古が始まります。

がんばれー!まけるなー!と心の中でエールを送りつつ稽古を見守る熊谷なのでした。
カテゴリー
最新コメント
[06/17 how much is the fake rolex ladies two tone watch]
[06/02 白石静香]
[06/02 井村タカオ]
[06/01 鈴木裕子]
[06/01 冨川博江]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/