[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
はじめまして!!
この春入座致しました、大久保哲と申します。

僭越ながら自己紹介を。
東京都江戸川区出身、葛飾区水元在住。
好きな事は人と話すこと、身体を動かすこと、自転車に乗ること等々。
そして、歌うことと演じること、踊ることは大好きです!

これからこんにゃく座で、しっかりした基礎を身につけ、誰にも真似できない個性を磨きつつ、こんにゃく座に貢献していく所存です。
これからよろしくお願いいたします!


さて!本日は2016年度最初の「ピノッキオ」の公演でした!
千葉県の「貝の花小学校」での公演です。
朝から断続的に強い雨が降っていて、開場前の稽古の時も、声を大きめにという演出が出ておりました。


ところが!
ピノッキオが開演した途端に!
雨が弱まったのです!


キャストの頑張りを見た神様が、雨を弱めておいてくれたのかな、なんてちょっぴり思いました。
そんなピノッキオ組は、お天気の神様を味方につけて、今年度も頑張っていきます!


私のはじめての稚拙な座日記、最後まで読んでいただきありがとうございました!
まだまだ至らぬ点の多い私ですが、どうか温かい目で見守ってやってください。

今後とも、こんにゃく座ならびに大久保哲をよろしくお願いいたします!!
一学期の旅、おかげさまでどの班も滞りなく千秋楽を迎えました。

既に『魔法の笛』の音楽稽古などがちらほら始まっていますが、本格化する前にピノッキオ組~コンサート組の旅を振り返ってみたいと思います。

よろしくね☆



ちょっと窮屈なBスタジオや


なんだかガランとしたAスタジオで短くも濃密な稽古をした新生ピノッキオチーム


ピノッキオの稽古を終え、へとへとになりながらも旅立ちのために稽古場から荷物を運び出すのを最後まで手伝ってくださった演出の伊藤多恵さん。
新しいチームへの期待や不安、もどかしさもたくさんあった日々だと思います。


この背中が全てを物語っている気がしました



いろんな思いを背負って旅立ったピノッキオ。


衣装もピカピカになり、気合十分☆



各地の小学校や劇場で、たくさんのこどもたちと出会い、笑顔をもらい、大切な時間を共にすごしました。


ありがとうの気持ちで


サービスポーズもします


演出助手として稽古を進め、旅中は小道具係として働いていたのは田中さとみさん。
みんなを和ませるという大切なお仕事をしていました。


「みんな~、仕込みが終わったらお茶が待ってますから、頑張ってね~」

もちろん和ませるだけじゃありません。


調光(照明の操作)もします


みんなの前でこんにゃく体操もやっちゃいます


そうして、時々くてっとなったりもします。

そんなさとみさんに背中を貸していたのは、新人の椎名俊貴


こんな、いかつい身体つきのくせに


牛乳瓶の蓋を開けるのがとっても苦手!
牛乳は大好きなのに、汗をかいてただ瓶と向き合うだけ…という時間が通り過ぎてゆきます。


でも、進入が大変な時はささっとトラックの上に上がってくれたり
(特別に必要があったので乗っています。良い子も悪い子もどちらともいえない子も真似しないでね!)


みんなに隠れて8の字巻きを練習する努力の人だったりします。

そのうちきっと舞台で活躍する椎名俊貴をお見せできると思います。どうぞお楽しみに!



旅先でもいろんな出会いがありました。


幸せの鐘を鳴らしたり


津山のパーキングで昼食☆チキンカツ丼の桃ソースかけ!


久司さまはトマト焼きそば(カレー風味)!


宍道湖で黄昏れてからの


イェーイ☆


出雲大社とこんにゃくレインボーが出会い


島根では、ゆうころん…川中裕子ろんの実家でカレー&胡瓜祭り!

突然押しかけた私たちを快く迎えてくださり、美味しいごちそうを振舞ってくださったご家族の方々。心もお腹も大満足でした。ありがとうございました!!
大石さんは「俺はこの家に婿入りする」などと言い出す始末。そんな風に思ってしまえるほど、素敵な場所、素敵な時間、素敵な方々でした。
ここで生まれ育った日々が今のゆうころんをつくっているのだなあと思うと、感慨深かったです。


お茶目な閃きでよく笑わせてくれるゆうころん


ほわんとした印象を受けるのに、負けず嫌いでしっかりしていて、とっても頑張り屋さん。
初めての役で大変なことがいっぱいあったと思うけど、自分でどんどん課題をクリアしていって、めきめき力をつけました。




こちらは大工や親方、ネコに太鼓職人など、キャラの濃い役と格闘した鈴木あかねさん


それ蝶ネクタイですから…!

声はあんなに美しいのに、中身はとんでもないオヤジで、毎日「あかねさんは男子楽屋でお願いします」と言われていました。
最初の登場シーンの表情で普段使わない筋肉を使うから、と、本番前はずっと変な顔でうろうろしていて、見ると必ず吹き出してしまうので困りました。
千秋楽の我孫子公演でたくさんのお客さんに囲まれていて、あかねさんの人気が垣間見えた気がしました。




サービスエリアでふっとどこかにいなくなったと思ったら、だいたい外のテーブル席で休んでいる大石哲史さん


「美味しかったけど食べたかったアイスと違う」と言っているところです

もうそろそろ身体を労ってもらえてもいい頃なのに、激しく動き回る演目に出ることになってしまい、毎日ものすごい量の汗をほとばしらせて頑張っていました。
『ピノッキオ』はとにかく振付もたくさんあるし、小道具もたくさんあるし、複雑に絡み合っているので一つ間違うと色々崩れてしまって大変なのです。
間違いを指摘されると、ちょっと黙り込む大石さん。怒ってるんじゃないんです、間違えた自分に傷付いているんです。きっちり反省して、次に進みます。
何十年も先輩なのに、後輩からのダメ出しもちゃんと聞いて、いつも対等に話ができるような雰囲気でいてくれるところは、本当にすごいなと思います。



ロボットじゃないよ、ピノッキオだよ!


とにかく大人気だったピノッキオを演じたのは、佐藤久司さん

抜群の身体能力と頭の回転数で、新人だらけのピノッキオチームをぐいぐい引っ張ってくれました。
出演者は久さま以外みんなピノッキオ初出演だし、さとみさんもピノッキオの小道具係は初めてだし、ちゃみは初めての制マネだし…ということで、最初の頃は特に、何もかもが久さまの肩にのしかかっていたのです。久司さまも出演しながらの舞台監督なんて初めてだったのに。
きっとすごくすごく大変だったと思うけど、大変な顔なんて全然見せずにいつも淡々と準備を進め、いろんな工夫をしてピノッキオを進化させていて、毎回驚かされました。


この跳躍力!


飛んでる!


ここでも!

こんな久さまが、座議会での旅のまとめで、「初めてだらけの旅だったけど、みんな部署を越えて協力してくれて、ぼくは舞台や照明や、いろいろ自由に行き来させてもらえてありがたかった。助けられてると思った」というようなことを言ってくれて、もうなんだか涙を堪えるのに必死でした。



今回初めての制作マネージャーを務めた熊谷は、とんでもない人見知りなので、制作マネージャーの主な仕事である、公演先に事前に電話をかけたり、主催の方々と打合せをしたりというようなことにとてつもない苦手意識がありました。制マネなんて絶対できない!と思いながら入座7年目を迎えたわけですが、とうとうこの日が来てしまい、逃げ出したい気持ちを抱えながらも、お仕事をいただいたからには人見知りなどということは気付かれぬようきちんとやろうと決心して旅に臨みました。
結果的には久司さんやゆうころんやさとみさんにたくさん助けてもらってしまったし、そもそも久司さんには結構最初の段階で「ちゃみってよっぽどの人見知りなんだね」と言わせてしまうほどバレバレだったわけなのですが、初めて出会う先生や公演先の方々は本当にみなさんとても親切で温かくて、人見知りの自分がバカバカしく思えたほどでした。
このピノッキオチームで初めての制作マネージャーを経験できたことは、熊谷の人生に新たな光を与えてくれたような気がします。



これまでにないくらい狭い舞台だったり、一番暑い時期に体育館での2ステージが続いたり、かなり過酷なこともあった旅でしたが、みんな弱音を吐かず文句も言わず精一杯やれたのは、公演先のみなさまが温かく迎えてくださり、小さなお客さまたちがキラキラした目でピノッキオの世界を一緒に創ってくれたから。

この作品の力というものをまた改めて感じた日々でした。


そんな『ピノッキオ』を音楽で支えてくれたのは、このお二人のピアニスト。


前半の旅はこの方、吉村安見子さん

旅の始まりの、まだあまり慣れていないメンバーを、時に厳しく、時に優しいピアノで包み込んでくれました。
体育館での公演は全て安見子さんのピアノ。暑い中でもこどもたちが物語から離れずにいられるように、引っ張り続けてくれました。




後半はこの方、井口真由子さん

2児の母である彼女は、それゆえか、なんとも言えない逞しさと、こどもたちの反応をちゃんと受けとめられる柔らかさがありました。
そしてこのキュートな容貌。何枚も写真を撮りたくなります。


ほら!


…ん?


え…


なんだこれは!

知らぬ間に恐怖写真となっていましたが、これは実は…


これ!このさとみさんが持ってるやつ!

ピノッキオチームが7月12日に千秋楽を迎え、息つく間もなく、大石、久司、さとみ、ちゃみの4人は、ピアニストに萩さんを迎え、『ソング・シング・ソング』のコンサートツアーへと変身しました。
そう、あの恐怖写真は、コンサートの中の『魔法の笛』コーナーに出て来る老婆に扮したさとみさんだったのです。


数多の小さなお客さまを大泣きさせたこのマスク、かぶっている本人も苦しみは相当のようで、舞台裏では何も言わず先輩に風を送らせていました。



コンサート組は、関東での3回ほどの公演と、その間に福島県でツアーをしてきました。


これまたとてつもなく楽しい旅で、保育園や幼稚園での公演が主だったのですが、私たちは毎日小さなお客さまにデレデレのメロメロにされてしまっていました。


更に子ヤギにメロメロになったり


車の下にいたネコにデレデレになったり


車を出せないのでねこじゃらしで誘き出そうと必死になったりもしました。


合間に遊びに行ったふるさと村でアイスに舌鼓を打ち


どこかで見たような光景に出くわしたりしながら、


また保育園で公演して…という日々。


今回ピアニストとして旅をしたこんにゃく座代表・萩京子さん

いつも大忙しでなかなか旅公演に出たりできないので、久しぶりの旅をとっても満喫してる様子でした。
萩さんがハイエースの中で旅気分を味わっているのを見ることもあまりないので、一緒に乗っただけでなんだかわくわくが伝染して楽しい気持ちになりました。



そんな福島県の旅を支えてくださった、福島県文化センターの、ともちゃんこと木村智子さん

これまでの福島県でのコンサートツアーや、今学期の『ロはロボットのロ』の福島県ツアーでもお力添えをいただきました。

同じく福島県文化センターの山田幸則さんも、毎回現場に来てくださり、仕込みバラしも手伝ってくださって、もうパネルを組む手順もバッチリ覚えていらっしゃいます。すごい!本当に助かりました。ありがとうございました!




こうして今学期の旅をしてきて、ピノッキオでもコンサートでも、いつも感じたこと。
こどもたちが、目をまん丸にして、一緒に世界を創ってくれること。
こどもたちに楽しい時間をプレゼントしようと思って始めるのに、いつの間にかこっちが元気をもらっていること。
どの土地へ行っても、いろんな子がいて、地域の色みたいなものは素敵に存在するけれど、どこの子たちもキラキラした気持ちをまっすぐに向けてくれているのを感じました。
私たちには舞台はある意味「日常」だけれど、こどもたちにとってはきっと特別な時間のはず。そんな当たり前のことを、なんだか改めて思う機会をいただいたような気がしました。
その特別な時間を一緒に創れる喜びを抱きしめていこうと思いました。



“ぼく たびをしたからね
いろんなところへ いったから
いろんなひとに あったから
このせかいには いろんなひとがいる”




オペラ『ピノッキオ』、今年の旅はこれでおしまい。次は来年です。
きっとまたどこかでみなさまにお目にかかれますように!





ばいばい





写真:姫田蘭さま ピノッキオチームのみんな
文章:熊谷みさと




さあ、いよいよ迎えました2015ピノッキオ千秋楽!

6月中旬にはチケット完売という、主催のお母さんたちの口コミパワー炸裂で、当日を元気に迎えることができました。

朝からお母さん、こどもたちもお手伝いしてくださいました。


大きなエレベーターに大喜び!


荷物もばんばん運んでくれます!


カーペット貼りはちゃみさん指導のもと、みんなで頑張ってくれました!


ロビーではチラシの折り込みも!


お昼ごろからちらほらお客様が…


すごい列に!


開場時間を早めて、あっという間に満員御礼!


受付も大奮闘です!


開演前には、さとみさん、ちゃみさんにお願いして、こんにゃく体操!



こどもたちも、大人のみなさまも、真剣にやってくださいました!


本番はたくさんの笑いと歓声にに包まれ、大成功のうちに幕を下ろし…


終演後にはロビーで送り出しです!



打ち上げも用意してくださいました!カンパーイ!


今回、わたくし鈴木あかねが、「我孫子でピノッキオやりませんか?」と友人にお願いし、この公演が実現しました。そのネットワークで、『我孫子でオペラシアターこんにゃく座のピノッキオを観る会』を結成し、“劇団を呼んで公演をする”という慣れないことに明るく楽しく前向きに、果敢に、挑戦してくださったみなさま、本当にお世話になりました。ありがとうございました!



新生ピノッキオチーム、今期36ステージを、無事に終えることができました。

来年もピンピン!いろいろなところへ旅に出ます!全国のみなさま、またお会いしましょう!ありがとうございました!

写真協力:我孫子でオペラシアターこんにゃく座のピノッキオを観る会
島根の大社公演の次は、私の出身地である雲南市加茂町にある文化ホールラメールでの公演でした。
このホールは1995年に完成しました。ちょうど開館20周年の記念公演としてよんでくださり、市内の小学校6校の子供たちと保護者さんに観てもらうことができました。
私は子供の頃、このラメールで「ビリオネア大学」という子供から大人までが参加して音楽劇をやる団体に参加していました。よく通って稽古していた、私が初めて舞台に立った思い出の場所です。前日の仕込みに来た時、ホールに入って わぁーこの匂い懐かしい!!と嬉しくなりました。

ラメールはとっても変わった形をしています!



真っ白い大きな変わった建物が でーん!と立っているのですぐ見つけられます。この変わった形はヤマタノオロチがたまごを抱いている姿を表しているとか。

ホールの天井も素敵ですよー



雲南市の子供たちは、徒歩やバスで集まってくれました。ロビーでたまたま三刀屋小学校の子供たちに会ったのですが、なんと引率されてた先生が、私が小学校の時にいらっしゃった先生!!嬉しくて話しかけちゃいました。

公演中、子供たちの笑い声も聞こえて、久々にここで歌えて本当に幸せな時間でした!!




終演後に私のピアノの先生、同級生、一緒に舞台に立ってた友達に会えて嬉しかったです!!

昔からお世話になっている館長の陰山さんも一緒にパチリ



この町にラメールができてなかったら私は歌ってなかったと思います。こんにゃく座に入ってからいつかラメールで公演したい!島根の子供たちに観て欲しい!!と思っていたので、夢叶いました!!次の夢は島根でもっともっとこんにゃく座の作品を観ていただくことです!! 笑 ラメールでもうらら館でもまた公演したいです!!

帰りに皆んなで道の駅へ



大石さんは奥出雲ワインを、あかねさんは吉田くんというキャラクターを、さとみさんはしまねっこを見て喜んでいらっしゃいましたー!!
そしてそして、旅の途中、ピアニストいぐまゆさんのご両親が大阪でやっていらっしゃるお店にお邪魔しましたー!


スープカレー!!

どれもとっても美味しいのです!!いぐまゆさんの2人のかわいい娘さんにも会えて、旅の疲れも吹っ飛びましたー!!ご馳走さまでしたー!

次はこのツアー千秋楽!今度はあかねさんの出身地域での公演です!!!こちらはチケット完売!!楽しみです!!




今日は島根県は出雲、式年遷宮で話題になった縁結びの神様、出雲大社からすぐちかくに位置する
大杜文化プレイスうらら館だんだんホールで
ピノッキオ公演(一般公演)です。

島根はゆうころんこと、川中裕子さんの地元!

応援団も駆けつけました♪



昨日までの雨から一転、からっと晴れまして
おでかけ日和。

音だしまでの間、ゆっくり公演の成功祈願に、出雲大社へ。


ここでは、に2礼4拍手なんですね。


さあパワーをいただいて、血がわくわくするのをおさえつつホール入り。

今日のプログラムには名前を書くところがある!


500人ちかいお客様に見守られて
すごい集中して聴いてくださって、わたしも熱が入りました!

ロビーでのお見送りでは、元気なこどもたちのお顔が見れて、疲れも吹っ飛びます。


今日もみなさま、だんだん(ありがとう)ね!
今日は、愛知県愛西市の佐織公民館での公演です。

先日の日立の公演で、一日2ステージの日程はすべて終了し、今日からは一日1ステージ!少し心と体に余裕がもてます。

今日は愛西市教育委員会が主催の親子向け無料公演です。客席は大勢の親子連れで賑わっていました。

しばらく学校公演が続いたせいか、舞台の上で「あれ?ここ受けないな…」とか、「あ、ここで笑ってくれるのか!」など、お客様の雰囲気、反応の違いに少し戸惑うこともありましたが、小さなこどもたちや大人のお客様が最後まで真剣に、暖かいまなざしで観てくださったことが、私たちの力になりました。


終演後はロビーに出てお客様をお見送り。ありがとうございました!


ここまで2ヶ月ピンピン頑張ってきた私たちも、今シーズンはあと3ステージを残すのみとなりました。うう…こうして思うだけでも感無量です(もう泣いてる)。

日々まだまだ進化しています、私たち新生ピノッキオチーム、最後まで全力で頑張ります!よろしくお願いします!



2015年6月23日(火)

「ピノッキオ」組、ピアニストがいぐまゆこと井口真由子さんにチェンジのため、ゲネプロと本番を見るために日立市民会館へ。
登戸で拾ってもらって、座のハイエースに乗って行きます。
先日は、「ロボット」組のメンバーチェンジのため、こどもの森保育園でのゲネプロと本番を見に行き、その帰りは座のトラックに乗って帰って来ました。
私は本隊と別の動きをすることがほとんどなので、座の車に乗る機会があまりなく、座のトラックに乗ったのは30年ぶりだったかも!
「ロボット」の帰り道のトラックの道中も楽しかったし、今日の移動も楽しかったです。
7月に発売されるCD 「世界は劇場」の音編集が終わったので、その最終盤を車中で聞きながら(あまりよく聞こえなかったけど)、久しぶりの車移動を楽しみました。
これも3時間くらいの移動だったから楽しいとか言ってられるのでしょうね。

というわけで、日立市民会館に到着。
5~6年生の合同鑑賞教室で、24日と25日の2日間、各2ステージ、計4回公演。
今日はゲネプロです。


ホール入り口に開演中のランプ。珍しい!

日立の合同といえば、35年前に「あまんじゃくとうりこひめ」で来てます。わたくし、ピアノを弾いていました。

会場は広いけど、音の響きは悪くないです。
「ピノッキオ」組は、4月下旬からもう2ヶ月本番を踏んできているので、さすがにこなれて来てます。4時半ごろからゲネプロ。いぐまゆのピアノとの合わせを中心にチェックして、ダメ出しも7時ころ終了。

ホテルにチェックインして、みんなでいぐまゆ歓迎食事会に行きました。

24日(水)

8時にホール入り。8時15分から短いリハーサルをして、午前は9時半開演。


リハーサル、序の打楽器パレード

こどもたちは、始まるまではにぎやかで、始まったらぴたっと集中して見てくれました。
4つの学校から貸し切りバスに乗って来てくれています。
客席での先生と生徒のやりとりを見ていて、良い関係だなあ、と思いました。

お昼のお弁当を食べながら、楽屋でダメ出し。


原子力発電所から近い!


午後は13時半開演。
午後は6つの学校から集まってくれてます。
私は午前は1階後ろ、午後は2階後ろで見ました。
どの席でも見え方も音の聞こえ方もバランスが良くて、少し古いタイプですが、良いホールだなあ、と思いました。



出演者女子と男前女子スタッフ


出演者女子と男前女子スタッフと萩


明日もここで2回公演。

バラシもないので、みんなはおいわ神社(?)とかいうパワースポットへ行くとか。
私は日立駅に隣接している海に突き出たシーバーズカフェというところで一息ついて、帰途につきました。


海の見えるカフェからの眺め


音楽監督ほっこりタイムは、バナナアサイースムージーというシロモノ


萩京子
ピノッキオ組メンバー紹介
≪2015年4月~7月ツアー≫


今回のテーマ:こどもの頃に好きだった人形


CAST

【ピノッキオ】 佐藤久司

好きだった人形?
いや~、ていうかこれまで生きてきて、一番のお気に入りっていうのが今家に有るんですよ~
ジャ~ン。ファンのTさんからいただいたピノッキオ人形ですっ。
カクカク間接が動くんですよ~
どんな風に動いたら人形みたいに見えるか、このコが僕のセンセーです。
でもこの人形、首が360度まわるけど、さすがにそれはマネできないんだよね。



【農夫ほか】 川中裕子

私が子供の頃好きでベットに置いて一緒に寝ていたぬいぐるみはラッコのぬいぐるみでした。幼稚園の頃夏休みに家族で九州旅行に行きました。大分の水族館でおそらく初めて見たラッコのかわいさにお土産屋さんで欲しくなって買ってもらったラッコさんです。
フワフワしてて、まん丸の目で持っている貝を押すと「プーピー」っと音がします。
私がテレビで観たキョンシーやエイリアンが怖くて頭までスッポリ布団をかぶって寝てたのも、寝相が悪くて深夜二段ベットの上から落ちて大泣きしたのも知ってるラッコさん。いつのまにか一緒に寝なくなってしまって、そういえば今どこにあるのやら??次実家に帰ったときに探して会ってみようと思います!!



【ジェペットほか】 大石哲史

中学、高校とマラソンはからっきしだったけど短距離だけは早かった。50メートルを5秒9で走った記憶が残っている。そのせいでレギュラーになれなかった野球部では、盗塁を期待されたがヘッドスライディングを怖がったため一度も使われなかった。だが、その走る姿を見て(異常な前傾姿勢)誰かが、「エイトマン」とその当時テレビで放映しだした番組のヒーローの名前で僕を呼び始めた。図にのった僕は、8マンに近づけるよう前傾姿勢をますます深くしていった。そして・・・・こけた。



【ネコほか】 鈴木あかね

私の好きだったお人形は、『モンチッチ』です!男の子と女の子を持っていて、妹とよく遊んでいました。女の子の方が泣いた顔をしていて、いつも泣いていてはかわいそうだと思い、目をマジックで塗りつぶしてしまいました。いろんな冒険をして、女の子はいつの日かいなくなってしまいましたが、男の子はあちこち手術して、まだ手元に残っています。愛らしい笑顔は変わらず、今でも大好きです。



【ピアノ】 吉村安見子(〜6月19日)

ヒラタクワガタが好きです。昆虫です。
この、クワガタの人形?模型?は、10年くらい前の誕生日に、友人がプレゼントしてくれました。細部までかなり良く出来ていてお気に入りです。
がつがつしているカブト虫や、凶暴なノコギリクワガタなんかじゃなくて、渋い「ヒラタクワガタ」が好きです。小学校の低学年の時からずっと好きです。美しいと思います。



【ピアノ】 井口真由子(6月24日〜)

いぐまゆです。
こどものころ好きだったお人形は、
アルマジロのぬいぐるみ。
ピアノの発表会のごほうびで、おともだちのお母様から戴きました。
最初カメなのかなんなのかわからず、動物園で同じ生き物を探しましたがわからず、随分たってからアルマジロであるということを知りました。
このコロン感がたまらず好きでした。
ちなみにぬいぐるみ好きは遺伝したらしく、4歳になる娘にも0歳から抱き続けている羊がいます。洗濯しすぎてクタクタです。



STAFF

【舞台スタッフ】 田中さとみ

20歳のお誕生日プレゼントに大きな大きなクマのぬいぐるみをもらいました。その当時お付き合いしていた彼が、バイクで買いに行って背負って持って帰ってきてくれたとのことでした。その光景を想像したらあまりに可愛らしくて、ぴーぴー泣きながらはしゃいでいた私でした。そのクマちゃんとはなかなかさよならできずに今も実家でくたっとしています。クマちゃんは私の青春の1ページです♪



【舞台スタッフ】 椎名俊貴

私の小さい頃お気に入りだった人形は父とゲームセンターでとったドラゴンボールの孫悟空の人形です。人形遊びの時は常にヒーローにして遊んでました。
この間久しぶりにみたら目が凄い方向を向いているのに気がつきました。



【制作マネージャー】 熊谷みさと

「みどりちゃん」と呼んでいた、体を寝かせると目を閉じ、起こすと目を開ける、緑のチェックのシャツに緑のオーバーオールを着ていた人形。大好きだったのだけど、「チャッキー」という映画を見てしまってから怖くて遊べなくなってしまった。みどりちゃんに罪はなかったのに…ごめんねみどりちゃん。



オペラ『ピノッキオ』2015年4月〜7月は、以上のメンバーで元気にお送りします!
今日のこんにゃくん占い

…「体育館が暑すぎる 」…


ところがどっこい、外は雨だよ~ん。
体育館、暑くな~い!

あぁ、占い、はずれて良かった…


ということで、今日はピノッキオの今期最後の体育館公演!

はりきっていくよ~ん!!


おじゃましたのは埼玉県は熊谷東小学校。
とってもきれいで大きな体育館です。

子どもたちは物凄く素直でカワイかった。
ピノッキオがキツネとネコに騙されて金貨を土に埋めるときは「埋めちゃダメーっ!」と大騒ぎになり、眠ってしまったピノッキオにお化けが近づいて来ると「起きてーっ」と大騒ぎになり、ロバになったピノッキオが「ブヒーッ」と哭くと「それブタだよーっ」と大騒ぎになり(^ ^;)、体育館公演の最後にふさわしい楽しい公演でした。

公演後に代表で感想や花束を渡してくれた子たちも凄く立派で感激しました。



感激した出来事といえばもうひとつ!
ピノッキオがキツネとネコに木に吊るされた時に、助けようとしてキツネの大石さんの服を引っ張りに来た男の子!カーテンコールには手を振りにわざわざ舞台までかけよって来てくれました。
大石さんも終演後は大喜び。
必死で観てくれてホントに有り難う!


雨も大降りにならず、体育館の音響にさしさわることがなく無事終了。
残りの公演はホールでの公演のみ。最後の体育館公演が暑苦しくなくて本当に良かったです!

…公演すれば結局汗ダクなんですけどね(^ ^;)
16日は船橋市のアンデルセン公園の近くにある豊富小学校へやってきました。
こんにゃく座では歌役者をしながら旅公演のお仕事の営業をやっている人達もいるのですが、私もこの春から営業の仕事をはじめています。
今日の公演は私の初営業の公演でしたので朝からワクワクドキドキでした。事前に打ち合わせに行った時、校長先生が「今は芸術鑑賞教室をやってない学校も多いけど、この学校の子供たちは普段舞台を観に行ったりということがあまりないので、毎年鑑賞教室を続けている。」とおっしゃっていました。私も小学校の頃はまだ町にホールがなかったので、体育館での公演を楽しみにしていたなぁと思い出しました!!
ピノッキオのお話の中でも出てくるニワトリ小屋が体育館のすぐ近くでしたので、ニワトリの鳴き声を聞きながら仕込みです。
仕込み時間は旅のはじめから比べるととっても早くなってきました!!

湿気のある暑さの体育館でしたが、今日は久しぶりのフロアーが舞台の公演で、広々動けました。暑い中、子どもたちは最初から最後までしっかり観てくれていました。

公演後、代表の子が感想とお礼を言ってくださいました。



帰りに校庭で写生をしていた男の子が、「一ヶ月に6回くらい来て〜」と言ってくれて嬉しかったです!!


次の日17日は2トントラックから座の4トントラックへお引越しのため集合しました。
今回は荷替えのあと、ちゃみさんお手製スイカゼリーでスイカゼリーパーティーです!!




とっても美味しくいただいて元気モリモリです。
金曜は熊谷2ステージ頑張るぞー!!





カテゴリー
最新コメント
[04/08 コネコネコ]
[04/02 コルシカ]
[03/25 ちゅうじ]
[03/20 NONAME]
[03/20 路都]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/