[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
2週間の弾丸ツアーの最終日!
前日は大阪におりました。
公演が終わって御殿場に移動して一泊。早朝に公演先である加住小学校に向かって出発しました。

富士山のキレイなこと!
 


こんな富士山や…




あんな富士山まで…



静岡にお住いの方はいつもこんな間近に富士山を拝めているんですねo(^▽^)o

そんなこんなで約2時間。
学校に到着!
加住小学校は22年から中学校と一貫になったようで、校歌も新しくなっていました♪校歌の他にも学園ソングがあるなんて素敵です。



ピノッキオの本番では授業参観、学校開放日も重なり沢山の保護者の方も観にいらっしゃいました。
東京ならではの子供達のツッコミも随所にあり、大工の棟梁やロバの競りのシーンは大変盛り上がりました♪




バラシを終えて、レイコが発見!
袖にこんな可愛いお客様が…どうやら窓から入ってきちゃったみたいです。体育館に閉じ込められては大変とまろちゃんが上手く外に出してあげました。
過去にも鳩やスズメさんが入ってきてしまう事がありましたが赤ちゃんの小鳥に遭遇するのは初めての事でした。さすが東京でも自然の豊かな場所です。

2週間無事に帰ってこれたので、座に帰ってきてツアーメンバーみんなで中締めを一本して帰路につきました。
まだまだツアーは続きますが、17日までしばしおやすみ。
疲れを癒して次の公演までまた元気にピンピンしていきまーす\(^o^)/
前日に京都から移動して、この日は大阪は豊中市の中豊島小学校で公演。中豊島と書いて「なかてしま」と読むこの小学校は座員の岡原さんの母校だそうです。




きっと可愛いかったであろうありし日の岡原さんの小学生時代を想像しつつ学校を眺める…。

その岡原さんが差し入れをもってお父さんと観に来てくれました。あと川崎から製作の麦さんも。ブルベリー生き返りました!



さすが大阪のこどもたちは観劇しながらのツッコミが容赦なかったです。
ピノッキオが金貨を埋めてうとうとするシーンでは「あかん、あかん、寝たらあかん!」の掛け声。
ジェペットじいさんがピノッキオと再会する感動的なシーンで、ロウソクを持って現れのですがそのロウソクの受け皿にしている缶をみて「缶詰…缶詰!缶詰!!」。

体育館の気温がどんどん上がる中、最後まで集中して観劇してくれてました。

お昼は大阪ご当地名物粉もんで盛り上がり。沢井くんが「どうしてもコカ・コーラで食べたい!」と叫んで飲み物を買いに走っていった。


まだ、
これから静岡まで移動なのに…。
そう、明日は東京!
八王子で公演なのだ!

東に向かう長い道のりの途中、三重県の御在所岳SAで、夏場限定・赤福のかき氷をいただく(≧∇≦)。
通常は混んでいてなかなかありつけなかったから、我がまま言わせていただきました。
昨日広島で2ステージやってバラして姫路まで移動。
朝 5:15に姫路のホテルを出発して京都市立御室小学校で 7時から仕込み。


いつもバタバタと仕込んで休む間もなく稽古、本番となだれ込んでしまうことが多いのですが、今日は搬入の条件が良く、スムーズに仕込みができたので、お稽古の前にみんなでティータイム。

そして、ゆっくり念入りにストレッチ、声出し、お稽古。
公演が続くと背中から腰が硬くなってくるので、私は主に、こんにゃく体操のぶらぶらと、寝転んで膝を立てて左右に倒すものと、仰向けで寝転んで足が頭を越えていく + モジモジで体をゆるめます。
背中や腰が柔らかくなると声も出やすい。

連日の本番 + 長距離移動でさすがに疲れがたまってきたところで、こういう時間がとれたのは本当にラッキー!

疲れて声が出にくいときに、ろくにストレッチや声出しせずお稽古に入ると余計な力が入っていろいろ痛めることもあるのでね。


今日のステージの最後、お辞儀して袖にはいる直前に聞こえた女の子の声。
「ピノッキオくん大好きだよ!」
心がほんわかしました。



公演後、ピアニスト井口真由子さんの実家、〔カフェきたら〕へ、いぐまゆの二人の天使と戯れて楽しい時間を過ごしました。





〔カフェきたら〕 看板メニューのスープカレーをお土産にいただき、ホテルのロビーでみんなでいただきました。


カレーパワーで明日も頑張るぞ!
昨日京都で公演と思いきや、今日は広島県福山市にやってまいりましたーっ
深津小学校で2ステージ公演ですっ!!

校舎に入るやいなや、待ち構える人影が…!


と思いきや、それは木彫りの人形


「何が言いたいのかしら?」


こうだと嬉しい…


と、いうわけで今日も張り切っていくよーっ!!


こちらの子どもたちは凄く元気で、凄く礼儀正しかった!
1ステージ目も2ステージ目も公演後は1人1人が「有難うございました!」と大声を出しながら帰っていき、それが声援としてこちらにガツンと響いてきて、何よりの回復剤となりました。
嬉しかった!


そしてもう一つ嬉しかったことといえば、今日の担当の加地先生。中国二期会の準会員としてもご活躍中で、僕たちの公演を本当に喜んで観て下さいました!


(司会進行でもその美声で、丁寧にお話して下さいました。福山の学校にこんにゃく座のことを広めたいです、と心強い言葉もいただき、本当に嬉しい出会いとなりました。)

個人的には今日のこの2ステージ公演が、今期ピノッキオツアーの行程の中で最大の山場だと思っていたので、無事に終えることができてホッとしました…
明日はまたまた京都に戻り公演です。この後、大阪、翌日東京!と公演が続き、やっと家に帰れる日が来ます。

そうそう、今日の印象的な一言は座員のノブブこと山本伸子から。
「ピノッキオがおじいさんに『家に帰るんだ』と言うところ、あたしも息子たちに『もうすぐ家に帰るからね』と思いながら最近は聴いてるの〜」

もう二週間近く家に帰ってないもんね〜
僕も待ち遠しいなーっ



ピノッキオ組は京都府の北部、綾部市の綾部小学校に来ました。

体育館には1年生から6年生約560人がギッチリ。
梅雨入りしてムシムシした体育館で観ていて大丈夫かなと心配しておりましたが、ジーッとどんどん物語に入っていきしっかりと観てくれました。

面白かったのがピノッキオ君がクジラに飲み込まれた時に「あ〜、人生終わった。」と思わず言ってしまう子がいたこと。
ピノッキオ君は簡単に終わりませんよー。

先生方にも大変親切にして頂きました。
ピノ組は再び広島に戻ります!
前日の岡山県のお隣、広島県の己斐上小学校へやってきました。前日に食べた広島のお好み焼きパワーで頑張りますo(^▽^)o
仕込みが終わり、なにやらステージ前に集まる人々



この旅から1度帰るとすぐに稽古があるコンサート組のメンバーです。ピノッキオの稽古の前にトムトムの練習♫楽しいリズムが鳴り響きます。
その後、ピノッキオの稽古をして、プリセットをして、本番です。
ホール公演が続いていたので、少し久しぶりの体育館。始まると子供たちの笑い声や、お話に入り込んでくれている声が聞こえ、「おー!!体育館、この感じこの感じ!!」とこちらもワクワク!!
子供たちが、ピノッキオが困っていると色々教えてくれます。その中で、ピノッキオがひみつの原っぱからの帰り道がわからなくなっていると、「右!右!!」「だからー右っていってるでしょー!!」とみんなが自身満々に帰り道は「右」だと教えてくれます(^^)
太鼓職人がロバを買うシーンでは、子供たちが自然ちロバのセリに参加してしてくれます。「おー!!この感じこの感じ!!」と嬉しくなります。

今日の学校の担当の宇城先生は、以前からこんにゃく座を応援してくださっています!!いつもありがとうございます!!
公演後に一緒に写真撮影してくださいました。ー!!



公演後は広島へ。
まだまだピノッキオの旅は続きます(^O^)/
やって来ました岡山県!
妙高での公演を終え、福井まで移動して一泊し、4日に岡山入り。
弾丸ツアーもちょうど折り返し地点。
梅雨入りして雨模様ですが桃太郎さんがお出迎え。



そして本日の公演でお邪魔したのは、「建部町文化センター」
-TBCフェスティバル2016夏-のメインイベントとして参加して参りました!


建部町の皆さんの文化祭。
オープニングは太鼓の演奏から始まり、子供たちによるミュージカルなど、楽しい催しがあちこちで開催されています。





そしてお昼は館長さんイチオシのとって
も美味しいハンバーグのお弁当でした♪
今回のメンバーは美味しい物を前にすると黙々と食べるので、おしゃべりがない時は美味しいと言う証拠のようです(笑)



美味しいお弁当でエナジーチャージをしたあとはいよいよ本番!
沢山の笑い声や拍手の中キャストとお客様はオペラの旅をしていきます♪

終演後はロビーでお見送りです。


大喜びの子供たちとのふれあい。
ピノッキオくんは大人気!

3月に
「ロはロボットのロ」を公演をした岡山市子どもセンターの皆さんがいらっしゃって下さいました‼





沢山のみなさんに愛されているこんにゃく座なんだなぁと感じた素敵な1日でした。さて次は一路広島へ。
前日2日は移動日。
宮城県の秋保温泉を出発してシロツメ草いっぱいのヴィレッジに寄ってから、新潟県妙高市へ車でGO!。

翌日3日が妙高市文化ホールの大ホールで市内の小学校の4~6年生の合同鑑賞会でした。
このホールは照明の調光室(舞台上の沢山の照明を調節するお部屋。)が客席の後ろではなく、客席から見て右側の花道の上の辺り…というのでしょうか、舞台の横上から眺める感じに作られていて、普通は見られない出演者の動きの裏側、特にくじらのシーンでピノッキオがどんな動きをしてるのかがよく見えて面白かった。
(私の仕事は調光室での照明オペレートだったのです。)

さわやかな風がそよぐ妙高市を後にして、一同日本海側を西へ進む。福井で宿泊。そして次の日、岡山まで向かうのだ!



キラキラする緑のなかをゆうこりんの運転で仙台から一ノ関に移動。

仕込みの前にみんなで腹ごしらえ。
フード・コンシェルジュ豊島の案内でホール近くの直利庵へ。
11時過ぎだと言うのにすでにほぼ満席。すごい。
みんなで天ざるいただきました。
ここのそばの特長は太い麺。
まるで太いつけ麺のような感じで量も多く、蕎麦とは思えないような満足感。






さて仕込み。一ノ関文化センター、広い。


4月の終わりから始まっているこのピノッキオツアーですが、ずうっと体育館での公演だったので、初のホール公演です。

仕込みもちょっと探りながら進めていきます。

一段落で、みんなで一休み。



いつも体育館公演では、仕込んで休むことなく本番に突入していたからこんな光景珍しい。



みんな何を飲んでいるかと言うと、
ホールのかたが用意してくださった「百年茶」。
優しくて香ばしいお茶。
みんなすっかり気に入って、美味しい美味しいと飲んでいたら翌日の本番の時には何と温かいものと冷たいもの両方用意してくださいました。




ピアニストが翌日から井口真由子さんに変わるので、この日は仕込んでゲネプロして終了。

翌日、2ステージ。
近くの小学校の5、6年生にみてもらいました。
ずうっと体育館で公演してきて久し振りにホールでやると、音の返りが良くて歌いやすい。




お昼は、これまた豊島理恵セレクトのカツ丼。
一ノ関ではカツ丼と言うと、このソースカツ丼だそうで、衣が軽くて美味しい。
しかもできたて!
美味しいもの食べてもりもり頑張るピノッキオチームです。



あら、岡持ち。
今日は宮城県仙台市の田子小学校にやってまいりました〜
仙台の朝はとっても爽やか❤公演中もずっとこんな爽やかな気候ならいいけど…と仕込みをしていたところ、担当の緑山先生と共に現れたもう一人の先生の姿にビックリ!以前、鹿野小学校でこんにゃく座が公演をした時にお世話になった鈴木優太先生ではありませんかーっ!!


(記念に一枚、鹿野小学校では「よだかの星」と「ピノッキオ」を観ていただきました。鹿野小の佐藤裕紀子先生、観てますか〜?あっ、今日がお誕生日じゃないですか!おめでとうございます!!(と公共の場でお伝えしたりして…))
公演はとっても盛り上がりました。凄く素直な反応で、ピノッキオが眠ってる間にキツネとネコがやってくる場面では「ピノッキオ、起きろーっ」と大騒ぎになって歌が聴こえないくらいでした。
休憩中にスタッフの理恵ちゃんに泣きながら
「ピノッキオはこの後幸せになれるの?」と聞きに来た女の子もいたそうで、理恵ちゃんは、あまりの可愛さにこの後の顛末を教えてあげたそうです。
そんな中、今日特に印象に残った面白い(不思議な)コメントは、ピノッキオが、ロバになって太鼓づくりに売られる時に、太鼓づくりに向かって言った一言
「ピノッキオをどうするの?白鳥にするの?」

…なぜ白鳥?と謎が頭を駆け巡る一瞬でした。


そしてそして、さらにビックリしたことがもう1つ!
大学で仙台にいた頃にお世話になった先輩がこの学校に勤務されていたのでしたーっ!!
十年以上にもおよぶ再会でした!

(千葉敏行先生は合唱団の指揮者もしていて、僕はその合唱団で歌っていたのでした〜)

というわけで、夜はそのチバトシさん(当時からの愛称)と飲んで、今回の仙台公演を満喫したのでした♪

明日は一関へ移動。張り切っていきますよーっ!!
カテゴリー
最新コメント
[08/17 http://www.minois.co.kr/xe/board_c/2313405]
[08/17 togel sgp]
[08/17 bandar togel sgp terpercaya]
[08/17 sewa villa di batu malang]
[08/16 Kartu kredit]
バーコード
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © All Rights Reserved
/